富山大学大学院医学薬学研究部麻酔科学講座
*
   

Top Page - 臨床研修

 卒後臨床研修

1.初期臨床研修(卒業後2年間)

富山大学附属病院卒後研修プログラムに従い、麻酔科では2〜3ヶ月間、麻酔の基本的な手技(気管挿管、人工呼吸、循環作動薬の使用方法、点滴路確保(中心静脈穿刺を含む)、輸液・輸血管理など)や麻酔管理(呼吸・循環・代謝などのいわゆる全身管理および脊椎麻酔)について学習します。全身状態の良好な症例を麻酔指導医の指導のもとに研修します。通常、麻酔指導医とともに、術前診察がなされた症例を検討した後に麻酔を計画し、術前の患者訪問、手術室における麻酔管理、術後の患者訪問(集中治療室における管理についても学習する)を行います。症例検討会、抄読会にも参加します。
 さらに選択科目として麻酔科を選択した場合、より重症例の麻酔管理を 研修します。麻酔科当直医とともに夜間の麻酔業務に従事することを推奨します。また、外来にてペインクリニックの患者の治療を補佐し、基本的な神経ブロックを経験します。希望があれば、 集中治療室における研修を行います。 これらの研修は、麻酔標榜医取得のための研修期間に含むことができます
 その他、詳しい内容については こちら(卒後臨床研修センター)をご覧ください

 

2.後期臨床研修(卒後3年目以降)

初期臨床研修終了後に、富山大学あるいは富山大学関連病院麻酔科にて後期研修を選択する場合、富山大学附属病院専門医研修プログラムへ参加し、4年間の研修を受けることとなります。この場合、日本麻酔科学会への入会は必須となります。このプログラムに従って、富山大学あるいは関連病院の麻酔科で、小児、帝王切開、心臓、胸部外科、脳外科を含む臨床麻酔やペインクリニック、ICU、救急蘇生を経験し、4年間のプログラム終了後に専門医試験を受け、専門医となることができます。麻酔科専門医は基本診療科の専門医であり、専門医取得後に集中治療、ペインクリニック、心臓血管麻酔、区域麻酔領域の各専門医を規定の研修終了後に受験することができます。なお、このプログラムに従った場合、一定の条件を満たせば麻酔科標榜医、麻酔科認定医を書類申請にて取得できますので、全員になっていただきます。  この後期臨床研修中、積極的に関連学会に参加、発表することを奨励しています。また、大学院での研究に従事することも可能です。関連病院以外の病院での短期の研修や結婚・妊娠などにより一定期間研修を中断することも可能です。復帰の際のプログラムも柔軟な対応をしています。もし、このプログラム終了後に他科などに転出希望する方の場合も歓迎いたします。個々の事情に応じて柔軟に対応する体制は整っていますので、当麻酔科医局長にご相談ください。 。
 後期臨床研修の詳細は こちら をご覧下さい

 

後期臨床研修コース図

後期臨床研修の4つのコースの詳細はこちら