富山大学医学部臨床分子病態検査学

研究業績

2020年

原著

  1. Higashi Y, Niimi H, Sakamaki I, Yamamoto Y, Kitajima I. Rapid Identification of Candida Species in Candidemia Directly from Blood Samples Using Imperfect Match Probes. Scientific Reports. 2019 Dec; 10(1). doi: 10.1038/s41598-020-62276-5.(2019年未掲載分)
  2. Nukui T, Matsui A, Niimi H, Yamamoto M, Matsuda N, Piao JL, Noguchi K, Kitajima I, Nakatsuji Y. Cerebrospinal fluid ATP as a potential biomarker in patients with mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke like episodes (MELAS). Mitochondrion. 2019 Dec; 19(50): 145-148(2019年未掲載分)
  3. Matsui A, Niimi H, Uchiho Y, Kawabe S, Noda H, Kitajima I. A Rapid ATP Bioluminescence-based Test for Detecting Levofloxacin Resistance Starting from Positive Blood Culture Bottles. Scientific Reports. 2019 Oct. doi: 10.1038/s41598-019-49358-9.(2019年未掲載分)
  4. Kawasuji H, Kaya H, Kawamura T, Ueno A, Miyajima Y, Tsuda T, Taniguchi H, Nakamura M, Wada A, Sakamaki I, Niimi H, Yamamoto Y. Bacteremia caused by Slackia exigua: A report of two cases and literature review. Journal of Infection and Chemotherapy. 2019 Jul. doi: 10.1016/j.jiac.2019.06.00(2019年未掲載分)
  5. 仁井見英樹.ATP発光計測による迅速な薬剤感受性試験法の開発.日本臨床検査医学会誌「臨床病理」.20191200; 67(12): 1231-1237.(2019年未掲載分)
  6. 上島洋二,樋渡えりか,櫻谷浩志,南部隆亮,佐藤智,菅沼栄介,高野忠将,藤永周一郎,荒井孝,仁井見英樹,北島勲,大石勉,川野豊.迅速診断と早期からの治療介入により救命できた侵襲性髄膜炎菌感染症.日本小児科学会雑誌.2019 Jan; 123(1): 53-60.(2019年未掲載分)

症例報告

  1. Sato S, Aoyama T, Uejima Y, Furuichi M, Suganuma E, Takano T, Ikeda M, Mizoguchi M, Okugawa S, Moriya K, Niimi H,Kitajima I, Kawashima H, Kawano Y.. Pyogenic liver abscess due to hypervirulent Klebsiella pneumoniae in a 14-year-old boy. J Infect Chemother. 2019 Feb; 137-140. doi: 10.1016/j.jiac.2018. 07.00(. 2019年未掲載分

学会報告

  1. 仁井見英樹,東祥嗣,宮腰晃央,斎藤滋,山本善裕,北島勲.新たな起炎菌迅速同定・定量技術を基盤とし,「菌数」を感染症の重症度や治療効果判定の新規バイオマーカーとする検査システムの開発.第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会;2020 Jan 31- Feb 2;金沢.(招待講演)
  2. 仁井見英樹,松井篤,北島勲.ATP蛍光発光検出法を基盤とした新たな迅速薬剤感受性試験法.第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会;2020 Jan 31- Feb 2;金沢.
  3. 仁井見英樹,東祥嗣,宮腰晃央,斎藤滋,山本善裕,北島勲.新規バイオマーカーとしての「菌数」の遺伝子検査.第27回日本遺伝子診療学会大会;2020 Sep 10-12(オンライン)(招待講演)
  4. 仁井見英樹,上野智浩,北島勲.ATP蛍光発光検出法を基盤とする新たな迅速薬剤感受性試験法の開発.第60回日本臨床化学会年次学術集会;2020 Oct 30-Nov 2(オンライン)
  5. 仁井見英樹,上野智浩,北島勲.カンジダ血症における起炎菌迅速同定検査法(IM Q-probe法)の開発.第60回日本臨床化学会年次学術集会;2020 Oct 30-Nov 2(オンライン)
  6. 仁井見英樹,Factor X heterozygous mutation in a patient with potential risk of bleeding: A case report. 日本人類遺伝学会第65回大会;2020 Nov 18-20(オンライン)
  7. 仁井見英樹,松井篤,河野麻理,小嶋望実,北島勲.敗血症疑い患者におけるXNの好中球関連パラメーターの有用性の検討.第67回日本臨床検査医学会学術総会;2020 Nov 20-22;岩手(オンライン)
  8. Niimi H, Higashi Y, Ueno T, Mori M, Yamamoto Y, Saito S, Kitajima I. Novel Rapid Identification and Quantification Method of Bacteria in a Septic Blood Sample Can Produce an Effective Biomarker for Monitoring Patient Care. WASPaLM 2019; 2019 Sep 19-21;西安,中国.(2019年未掲載分)
  9. Niimi H, Higashi Y, Ueno T, Mori M, Yamamoto Y, Saito S, Kitajima I. Novel Rapid Identification and Quantification Method of Bacteria in a Septic Blood Sample Can Produce an Effective Biomarker for Monitoring Patient Care. EUROMEDLAB 2019; 2019 May 19-23;バルセロナ,スペイン.(2019年未掲載分)
  10. 仁井見英樹.ATP蛍光発光検出法を基盤として血液培養検体からスタートする新たな迅速薬剤感受性試験法.第66回日本臨床検査医学会学術集会;2019 Nov 21-24;岡山.(2019年未掲載分)
  11. 仁井見英樹.Q probe法による プロテインS徳島簡易スクリーニング検査法 の構築と臨床的有用性の検討.日本人類遺伝学会第64回大会;2019 Nov 6-9;長崎.(2019年未掲載分)
  12. 仁井見英樹.起炎菌迅速同定法(Tm mapping法),起炎菌定量検査法,および迅速薬剤感受性試験法の開発.日臨技中部支部生物化学分析部門/染色体・遺伝子部門研修会;2019 Nov 9-10;富山.(2019年未掲載分)
  13. 仁井見英樹.新規ATP測定技術による迅速な薬剤感受性試験法.第93回日本感染症学会総会・学術講演会;2019 Apr 4-6;名古屋.(2019年未掲載分)
  14. 仁井見英樹.不完全一致配列の線状長鎖プローブを用いた新たなTm mapping法.第93回日本感染症学会総会・学術講演会;2019 Apr 4-6;名古屋.(2019年未掲載分)
  15. 仁井見英樹.新たな起炎菌迅速同定・定量技術を基盤とし,菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする検査システムの開発.第93回日本感染症学会総会・学術講演会;2019 Apr 4-6;名古屋.(2019年未掲載分)
  16. 仁井見英樹.感染症における新たな迅速検査技術と 医薬品製造品質管理法の開発.ビタミンB研究会平成30年度シンポジウム;2019 Mar 8;富山.(2019年未掲載分)

その他

  1. 仁井見英樹.〈特集〉感染症医療の未来を拓く新たな検査.臨床化学.2020 Oct 1; 49(4): 250-250.
  2. 松井篤,仁井見英樹.ATP発光計測による迅速な薬剤感受性試験法.臨床化学.2020 Oct 1; 49(4): 258-264.
  3. 仁井見英樹.乳がんの遺伝子診断 〜乳がんは遺伝する?.富山大学附属病院 乳がん先端治療・乳房再建センター市民公開講座;2020 Jul 23;富山(オンライン).(招待講演)
  4. 仁井見英樹.耳鼻咽喉科専門医に必要な臨床検査学 -感染症遺伝子検査を中心に-.第107回富山県耳鼻咽喉科臨床研究会;2020 Sep 17;富山.(招待講演)
  5. 仁井見英樹.感染症起炎菌の迅速同定・定量・ 感受性試験法の開発.富山大学PME養成プログラム2020 第20回公開セミナー;2020 Nov 27;富山(オンライン).(招待講演)
  6. 仁井見英樹.臨床と研究 ーより良き医療を推進するための両輪ー.初期臨床研修医スキルアップセミナー2020;2020 Dec 5;富山(オンライン).(招待講演)

ページの先頭へ戻る

2019年

原著

  1. Kawasuji H, Kaya H, Kawamura T, Ueno A, Miyajima Y, Tsuda T, Taniguchi H, Nakamura M, Wada A, Sakamaki I, Niimi H, Yamamoto Y. Bacteremia caused by Slackia exigua: A report of two cases and literature review. Journal of Infection and Chemotherapy. 2019 Jul; 1-5. doi: 10.1016/j.jiac.2019.06.00.
  2. Matsui A, Niimi H, Uchiho Y, Kawabe S, Noda H, Kitajima I. A Rapid ATP Bioluminescence-based Test for Detecting Levofloxacin Resistance Starting from Positive Blood Culture Bottles. Scientific Reports. 2019 Oct; 1-9. doi: 10.1038/s41598-019-49358-9. (Epub ahead of print)
  3. Matsui A, Niimi H, Uchiho Y, Kawabe S, Noda H, Kitajima I. Cerebrospinal fluid ATP as a potential biomarker in patients with mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke like episodes (MELAS). Scientific Reports. 2019 Oct; 1-9. doi: 10.1016/j.mito.2019.11.001.

症例報告

  1. 上島洋二,樋渡えりか,櫻谷浩志,南部隆亮,佐藤智,菅沼栄介,高野忠将,藤永周一郎,荒井孝,仁井見英樹,北島勲,大石勉,川野豊.迅速診断と早期からの治療介入により救命できた侵襲性髄膜炎菌感染症.日本小児科学会雑誌.2019 Jan; 123(1): 53-60.
  2. Satoshi Sato, Tomohiro Aoyama, Yoji Uejima, Mihoko Furuichi, Eisuke Suganuma, Tadamasa Takano, Mahoko Ikeda, Miyuki Mizog uchi, Shu Okugawa, Kyoji Moriya, Hideki Niimi, Isao Kitajima, Hiroshi Kawashima, Yutaka Kawano. Pyogenic liver abscess due to hypervirulent Klebsiella pneumoniae in a 14-year-old boy. Journal of Infection and Chemotherapy. 2019 Feb; 25(2): 137-140. doi: 10.1016/j.jiac.2018.07.006.

学会報告

  1. 仁井見英樹.Novel Rapid Identification and Quantification Method of Bacteria in a Septic Blood Sample Can Produce an Effective Biomarker for Monitoring Patient Care EUROMEDLAB 2019; 2019 May 19-23; Barcelona(ポスター).
  2. 仁井見英樹.Novel Rapid Identification and Quantification Method of Bacteria in a Septic Blood Sample Can Produce an Effective Biomarker for Monitoring Patient Care WASPaLM 2019; 2019 Sep 19-21; Xian(ポスター).
  3. 仁井見英樹.感染症における新たな迅速検査技術と 医薬品製造品質管理法の開発 ビタミンB研究会平成30年度シンポジウム;2019 Mar 8; Toyama(. シンポジウム・ワークショップ パネル).
  4. 仁井見英樹.新たな起炎菌迅速同定・定量技術を基盤とし,菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする検査システムの開発 第93回日本感染症学会総会・学術講演会;2019 Apr 4-6; Nagoya. (シンポジウム・ワークショップパネル).
  5. 仁井見英樹.不完全一致配列の線状長鎖プローブを用いた新たなTm mapping法 第93回日本感染症学会総会・学術講演会;2019 Apr 4-6; Nagoya.
  6. 仁井見英樹.新規ATP測定技術による迅速な薬剤感受性試験法 第93回日本感染症学会総会・学術講演会;2019Apr 4-6; Nagoya.
  7. 仁井見英樹.Q probe法による プロテインS徳島簡易スクリーニング検査法 の構築と臨床的有用性の検討 日本人類遺伝学会第64回大会;2019 Nov 6-9; Nagasaki.
  8. 仁井見英樹.起炎菌迅速同定法(Tm mapping法), 起炎菌定量検査法, および迅速薬剤感受性試験法の開発 日臨技中部支部生物化学分析部門/染色体・遺伝子部門研修会; 2019 Nov 9-10; Toyama(招待講演)
  9. 仁井見英樹.ATP蛍光発光検出法を基盤として血液培養検体からスタートする新たな迅速薬剤感受性試験法 第66回日本臨床検査医学会学術集会; 2019 Nov 21-24; Okayama.

その他

  1. 仁井見英樹.トピックス;IRUDが示唆する遺伝子診断体制の未来のかたち.臨床化学.2019 Apr; 48(2): 153-153.
  2. 仁井見英樹.ATP発光計測による迅速な薬剤感受性試験法の開発.臨床病理.2019 Dec; 67(12): 1231-1237.

ページの先頭へ戻る

2018年

著書

  1. 北島勲.腎と透析 ベッドサイド検査事典.東京:東京医学社;2018.フィブリノゲン、可溶性フィブリン、可溶性フィブリンモノマー複合体、フィブリン/フィブリノゲン分解産物、D ダイマー;p. 216-9.

原著

  1. Yoneda N, Yoneda S, Niimi H, Ito M, Fukuta K, Ueno T, Ito MK, Shiozaki A, Kigawa M, Kitajima I, Saito S. Sludge reflects intra-amniotic inflammation with or without microorganisms. Am J Reprod Immunol. 2018 Feb; 79(2). DOI:10.1111/aji.12807.
  2. Ihara H, Kiuchi S, Ishige T, Nishimura M, Matsushita K, Satoh M, Nomura F, Yamashita M, Kitajima I, Tsugawa N, Okano T, Hirota K, Miura M, Totani M, Hashizume N. Surveillance evaluation of the standardization of assay values for serum total 25-hydroxyvitamin D concentration in Japan. Ann Clin Biochem. 2018 Nov; 55(6): 647-56. DOI: 10.1177/0004563218765570.
  3. Yoneda S, Yoneda N, Shiozaki A, Yoshino O, Ueno T, Niimi H, Kitajima I, Tamura K, Kawasaki Y, Makimoto M, Yoshida T, Saito S. 1:17OHP-C in patients with spontaneous preterm labor and intact membranes: is there an effect according to the presence of intra-amniotic inflammation?. Am J Reprod Immunol. 2018 Apr 30: e12867. DOI: 10.1111/aji.12867.
  4. Torai R, Makino T, Mizawa M, Hayashi M, Furukawa F, Niimi H, Shimizu T. Recurrent deep vein thrombosis with a protein S Tokushima mutation. Br J Dermatol. 2018 Jan; 178(1): e7-8. DOI: 10.1111/bjd.15700.
  5. Kawaguchi Y, Kitajima I, Nakano M, Yasuda T, Seki S, Suzuki K, Yahara Y, Makino H, Ujihara Y, Ueno T, Kimura T. Increase of the serum FGF-23 in ossification of the posterior longitudinal ligament. Global Spine J. 2018 Sep. DOI:10.1177/2192568218801015.
  6. 宮腰晃央,仁井見英樹,上野智浩,柳沢秀一郎,北島勲,林篤志.Tm mapping 法による細菌性眼内炎起炎菌の迅速同定法.日本眼科学会雑誌.2018;128(8):580-5.
  7. Sato S, Aoyama T, Uejima Y, Furuichi M, Suganuma E, Takano T, Ikeda M, Mizoguchi M, Okugawa S, Moriya K, Niimi H,Kitajima I, Kawashima H, Kawano Y. Pyogenic liver abscess due to hypervirulent Klebsiella pneumoniae in a 14-year-old boy. J Infect Chemother. 2018 Aug; 18: 30212-5. DOI: 10.1016/j.jiac.2018. 07.00.

症例報告

  1. Arita K, Niimi H, Yamagishi N, Ueno T, Kitajima I, Sugiyama T. Factor X heterozygous mutation in a patient with potential risk of bleeding. Medicene (IF=1.803). 2018 Jun; 97(23): e10950. DOI: 10.1097/MD.

総説

  1. 仁井見英樹.Melting Temperature (Tm) mappnig 法.新たな敗血症起炎菌迅速同定法.日本臨床検査医学会誌.2018;66(3):267-74.
  2. 渭原博,木内幸子,西村基,野村文夫,山下峰,北島勲,津川尚子,岡野登志夫,廣田晃一,三浦雅一,戸谷誠之,橋詰直孝,伊藤昭三,登勉,長村洋一,石橋みどり,前川真人,青木芳和,大橋鉱二,大田好次.自動分析法による血清総25 ヒドロキシビタミンD 測定値の標準化に関する現状調査.臨床化学.2018;47:413-23.

学会報告

  1. Niimi H, Higashi Y, Ueno T, Mori M, Yamamoto Y, Saito S, Kitajima I. Novel rapid quantification method of bacteria in a septic blood sample can produce an effective biomarker for monitoring patient care. 70th AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo; 2018 Aug 1; Chicago.(特別講演、シンポジウム)
  2. 北島勲.トロンビン制御機構における臨床検査の重要性.第58回日本臨床化学会年次学術集会サテライトシンポジウム;2018 Aug 25;名古屋.(一般演題)
  3. 関口敬文,杉江和茂,森田未,坂本純子,上野智浩,酒巻一平,山本善裕,北島勲.胸水培養を契機に診断されたレジオネラ症の1 例.第29回日本臨床微生物学会総会;2018 Feb 9;岐阜.
  4. 杉江奈々,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.ポリープ切除術後に止血困難を来した先天性第X 因子欠乏症ヘテロ接合体の1 例.第57回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会.第336回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会;2018 Mar 11;金沢.
  5. 吉田隼太,安村敏,道野淳子,中出祥代,佐竹伊津子,冨山隆介,大槻晋也,島京子,北島勲.第57回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会.第336回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会;2018 Mar 11;金沢.
  6. 齋藤晶子,杉江奈々,冨山隆介,原田健右,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.QProbe法によるプロテイン徳島スクリーニング検査法開発とその臨床応用.第40回日本血栓止血学会学術集会;2018 Jun 30;札幌.
  7. 杉江奈々,齋藤晶子,上野智,仁井見英樹,北島勲.先天性血液凝固異常症に対する迅速・簡便・安価な遺伝子変異スクリーニング法の検討.第40回日本血栓止血学会学術集会;2018 Jun 30;札幌.
  8. 仁井見英樹,杉江和茂,松井篤,上野智浩,内保裕一,石丸真子,野田英,北島勲.敗血症起炎菌の新たなATP測定技術を基盤とした迅速な薬剤感受性試験法の開発.第30回臨床微生物迅速診断研究会;2018 Jun 30;天理.
  9. 石丸真子,内保裕一,野田英之,杉江和,松井篤,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.敗血症起炎菌のATP 測定による迅速薬剤感受性試験法の感度検討.第30回臨床微生物迅速診断研究;2018 Jun 30;天理.
  10. 関根道和,三原弘,石木学,廣川慎一郎,北島勲.学士編入学制度におけるIR(Institutional Research)を活用した意志決定支援.第50回日本医学教育学会大会;2018 Aug 3;東京.
  11. 石木学,三原弘,廣川慎一郎,関根道和,北島勲.ARCS モデルに基づいた授業アンケートの分類と満足度との比較検討を用いた授業改善方策の検討.第50回日本医学教育学会大会;2018 Aug 3;東京.
  12. 三原弘,石木学,廣川慎一郎,関根道和,北島勲.Moodle3 と携帯端末を用いた少人数教職員によるTBLの実践.第50回日本医学教育学会大会;2018 Aug 3;東京.
  13. 三原弘,石木学,廣川慎一郎,関根道和,北島勲.医学生同士で一連の診療を練習する学習コンテンツ作成の試み.第50回日本医学教育学会大会;2018 Aug 3;東京.
  14. 関根道和,三原弘,石木学,廣川慎一郎,北島勲.学士編入学制度に関するIR(Institutional Research)を活用した意志決定支援.第50回日本医学教育学会大会;2018 Aug 3;東京.
  15. 齋藤晶子,杉江奈々,上野智浩,原田健右,仁井見英樹,北島勲.QProb 法によるプロテインS 徳島簡易スクリーニング検査法の構築と臨床検討.第58回日本臨床化学会年次学術集会;2018 Aug 24;名古屋.
  16. 杉江奈々,齋藤晶子,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.先天性血液凝固異常症に対するCHIPS 法導入による検査効率化.第58回日本臨床化学会年次学術集会;2018 Aug 24;名古屋.
  17. 吉田聡,原田健右,北島勲,齋藤勝彦.RCPC 心不全悪化で紹介された65 歳男性.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  18. 大槻晋也,安村敏,道野淳子,中出祥子,佐竹伊津子,冨山隆介,吉田隼太,山本由加里,上野智浩,北島勲.輸血後血液製剤のバッグ回収を用いた適正使用向上の取り組み.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  19. 森田未香,杉江和茂,関口敬文,坂本純子,上野智浩,北島勲,川筋仁史,酒巻一平,山本善裕.気管内吸引物のグラム染色所見から抗酸菌を疑い、新生児先天性結核と診断された1症例.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  20. 杉江和茂,松井篤,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.敗血症起炎菌の新たなATP 測定技術を基盤とした迅速な薬剤感受性試験法の開発.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  21. 大槻晋也,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.不完全一致配列の線上長鎖プローブを用いた改良Tm mapping 法.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  22. 仁井見英樹,東祥嗣,宮腰晃央,上野智浩,齋藤滋,山本善裕,北島勲.菌数を敗血症の新たなバイオマーカーとする起炎菌迅速同定・定量検査法.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  23. 塩崎真弓,成瀬里穂,内山賢子,角田美鈴,横田綾,上野智浩,原田健右,秋岡直,北島勲.内頚動脈巨大仮性動脈瘤に対し治療効果判定に頸動脈エコーが有効だった1 例.第26回北陸臨床病理集談会セミナー;2018 Sep 1;富山.
  24. 杉江奈々,齋藤晶子,冨山隆介,上野智,原田健右,仁井見英樹,北島勲.プロテインS 徳島変異検出におけるプロテインS 比活性判定基準の検証.日本臨床検査自動化学会第50回大会;2018 Oct 13;神戸.
  25. 齋藤晶子,原田健右,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.QProb 法によるプロテインS 徳島簡易スクリーニング法の構築と臨床的有用性の検討.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京
  26. 仁井見英樹,東祥嗣,上野智浩,山本善裕,北島勲.菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする起炎菌迅速同定・定量検査法の開発.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  27. 杉江和茂,仁井見英樹,上野智,北島勲.新たなATP 測定技術を基盤とした、迅速な薬剤感受性試験法の開発.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  28. 大槻晋也,仁井見英樹,上野智浩,北島勲.不完全一致配列の線状長鎖プローブを用いた改良Tm mapping 法.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  29. 富山隆介,安村敏,大槻晋也,吉田隼太,中出祥代,佐竹伊津子,道野淳子,上野智浩,北島勲.当院における輸血チーム医療による安全で適正な輸血療法への取り組み.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  30. 杉江奈々,在田幸太郎,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.術後止血困難を来した先天性第X因子欠乏症ヘテロ接合型の1例.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  31. 原田健右,齋藤晶子,高杉宗孝,苗鉄軍,上野智浩,北島勲.RH-PATの短所の克服を目指した全自動血管内皮機能検査機器の開発.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  32. 原田健右,杉江奈々,齋藤晶子,仁井見英樹,上野智浩,北島勲.卒前臨床実習におけるプロテインS変異スクリーニング検査を利用した遺伝医学教育の試み.第65回日本臨床検査医学会学術集会;2018 Nov 16;東京.
  33. 仁井見英樹,東祥嗣,山本善裕,北島勲.菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする起炎菌迅速検査法.第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会;2018 Nov 17;鹿児島.
  34. 仁井見英樹,山本善裕,北島勲.敗血症起炎菌の新たなATP 測定技術による迅速な薬剤感受性試験法の開発.第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会;2018 Nov 17;鹿児島.
  35. 仁井見英樹,北島勲,安井治.菌数をバイオマーカーとする、新規起炎菌迅速同定・定量システム.AMED産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/MS).第1回成果発表会(BioJapan2018);2018 Oct 12;横浜.
  36. 仁井見英樹.感染症における新たな迅速検査技術の開発.日本赤十字社 第31回学術講演会(中央血液研究所主催);2018 Aug 28;東京.
  37. 仁井見英樹,東祥嗣,酒巻一平,若杉雅浩,山本善裕,北島勲.菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする起炎菌迅速同定・定量検査法の開発.第25回日本遺伝子診療学会大会;2018 Jul 13;伊勢.
  38. 仁井見英樹,山本善裕,北島勲.敗血症起炎菌の新たなATP測定技術を基盤とした、迅速な薬剤感受性試験法の開発.第92回日本感染症学会学術講演会;2018 Jun 2;岡山.
  39. 仁井見英樹,東祥嗣,山本善裕,北島勲.菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする起炎菌迅速同定・定量検査法.第92回日本感染症学会学術講演会;2018 Jun 2;岡山.

特許

  1. 東祥嗣,仁井見英樹,北島勲,inventors;富山大学,assignee.不完全なマッチプローブを用いたカンジダ菌の迅速同定法.国内特願2018-061350.国際特許出願PCT-TU32-118.2018 Mar 28.
  2. 仁井見英樹,大槻賢也,北島勲,inventors;富山大学,assignee.改良Tmマッピング法.国際特許出願PTC/JP2018/23382.2018 Jun 20.
  3. 仁井見英樹,杉江和茂,北島勲,inventors;富山大学,assignee.血液検体の前処理方法.国際特許出願PTC/JP2018/23388.2018 Jun 20.
  4. 仁井見英樹,北島勲,宮腰晃央,東祥嗣,inventors;富山大学・三井化学(株),assignee.検体中の細菌数の定量方法.国際特許出願PCT/JP2018/023597.2018 Mar 28.

その他

  1. 北島勲.Reverse Clinicopathological Conference(RCPC)入門.第26回北陸臨床病理集談会;2018 Sep 1;富山.
  2. 北島勲.血管系疾患未病を検出できる全自動血管内皮機能検査デバイスの開発.第39回和漢医薬総合研究所特別セミナー;2018 Oct 2;富山.
  3. 仁井見英樹.感染症における新たな迅速検査技術の開発.平成29 年度ファーマ・メデイカルエンジニア(PME)養成プログラムと生命融合科学教育部の共催シンポジウム;2018 Feb 13;富山.
  4. 北島勲.臨床検査精度管理法改正と国際化への対応.富山県臨床検査精度管理調査結果報告書.2018 Jan 30.
  5. 北島勲.地域医療総合支援学講座の役割と期待.平成29 年度地域医療総合支援学講座活動報告書.2018 May.
  6. 北島勲.本物を見極める眼.モダンメデイア750 号記念随筆集.2018:80.
  7. 北島勲.富山大学と医学部の新しい教育方針(3 ポリシー)の改訂版.富山大学医学部後援会会報53.2018:2.
  8. 北島勲.教養教育元年.富山大学医学部後援会会報54.2018:2.
  9. 北島勲.本学医学教育改善のため医学教育分野別評価を受審して思うこと.同窓会員の皆様へのお願い.富山大学医学部同窓会報27.2018:9-10.
  10. 北島勲.巻頭言.平成29 度早期介護体験実習報告書.2018:1.
  11. 仁井見英樹.遺伝子診療部について.富山大学医学部同窓会報27.2018:16.

ページの先頭へ戻る

2017年

著書

  1. 北島勲,黒川清,春日雅人,北村 聖編.臨床検査データブックLAB DATA2017-2018.東京:医学書院;2017 Jun.プロトロンビン、プロトロンビンフラグメント(PF1+2),第V因子、第VII因子、第VIII因子、von Willebrand 因子、von Willenrand 因子マルチマー解析、VWF 切断酵素(ADAMTS13),第IX因子、第X因子、第XI因子、第XII因子、第XIII因子;p.368-92.
  2. 北島勲,黒川清,春日雅人,北村 聖編.臨床検査データブックLAB DATA2017-2018.東京:医学書院;2017 Jun.凝固因子インヒビター定性(クロスミキシング試験)、第VIII因子インヒビター、第IX因子インヒビター、組織因子(組織トロンボプラスチン)、総組織因子経路インヒビター(総TFPI)、アンチトロンビン(AT),トロンビン・ アンチトロンビン複合体(TAT);p.392-6.
  3. 北島勲,黒川清,春日雅人,北村 聖編.臨床検査データブックLAB DATA2017-2018.東京:医学書院;2017 Jun.プロテインC、プロテインS、組織プラスミノゲンアクチベータ(t-PA),プラスミノゲンアクチベータインヒビター1(PAI-1),t-PA・PAI-1 複合体、プラスミノゲン、α2-プラスミンインヒビター、プラスミン・α2-プラスミンインヒビター複合体(PIC テスト);p. 397-404.
  4. 北島勲,高久史麿監修.臨床検査データブックLAB DATA コンパクト版.第9版.東京:医学書院;2017 Oct.血液・凝固・線溶;p. 148-55.

原著

  1. Ichinose A; Japanese Collaborative Research Group on AH13. Autoimmune acquired factor XIII deficiency due to anti-factor XIII/13 antibodies: A summary of 93 patients. Blood Rev. 2017 Jan; 31(1): 37-45. DOI: 10.1016/j.blre.2016.08.002.
  2. Kawaguchi Y, Nakano M, Yasuda T, Seki S, Suzuki K, Yahara Y, Makino H, Kitajima I, Kimura T. Serum biomarkers in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL): Inflammation in OPLL. PLoS One. 2017 May 3; 12(5): e0174881. DOI: 10.1371/journal.pone.0174881.
  3. Higashi Y, Nakamura S, Niimi H, Ueno T, Matsumoto K, Kawago K, Sakamaki I, Kitajima I, Yamamoto Y. Spondylodiscitis due to Parvimonas micra diagnosed by the melting temperature mapping method: a case report. BMC Infect Dis. 2017 Aug 23;17(1): 584. DOI: 10.1186/s12879-017-2690-4.
  4. 一瀬白帝,惣宇利正善,橋口照人,矢冨 裕,小川孔幸,北島勲,朝倉英策,岡本好司,家子正裕,山本晃士,江口 豊.Guidance on Diagnosis and Management of Autoimmune Hemorrhaphilia FXIII/13(AHFXIII/13).日血栓止血会誌.2017;28(3):393-420.

総説

  1. 北島勲.プロテインS 異常が関与する静脈血栓症に対する検査法の進歩.富山市医師会会報.2017 Jun;554:18-21.
  2. 仁井見英樹.Melting Temperature (Tm) mapping 法:検体採取後3 時間以内で敗血症起炎菌迅速同定法.臨床化学.2017 Jul;46(1):47-54.
  3. 仁井見英樹.感染症検査の新たな潮流.臨床化学.2017 Jul;46(3):190.
  4. 仁井見英樹.脳リキッドバイオプシー.脳神経疾患の新たな検査としての可能性.臨床化学.2017 Jul;46(3):252.

学会報告

  1. Niimi H, Kitajima I. Tm Mapping. A novel testing method for rapid bacterial identification without blood culture. Singapore international infectious disease conference; 2017 Aug 25; Singapore.
  2. 仁井見英樹.Tm mapping 法概要および複数機関の試験結果.日本臨床微生物学会スポンサードセッション;2017 Jan 21;長崎.
  3. 上野智浩,富山隆介,野手良剛,仁井見英樹,北島勲.プロテインS 徳島スクリーニング簡易遺伝子検査法の開発.第17回TTM フォーラム;2017 Mar 4;東京.
  4. 横田綾,大角友紀,尾川智美,角田美鈴,長田拓哉,関根慎一,北島勲.乳房超音波検査でのみ推測し得た線維腫内に発生した乳がんの一例.第56回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第334回日本臨床化学会東海・北陸支部例会連合大会;2017 Mar 12;名古屋.
  5. 川口善治,安田剛敏,関庄二,鈴木賀代,箭原康人,牧野紘士,北島勲,木村友厚.後縦靭帯骨化症における高感度CRP の意義.第31回日本脊椎脊髄病学会;2017 Apr 13;札幌.
  6. 氏原康裕*,上野智浩,川口善治,北島勲.後縦靭帯骨化症病態形成における炎症の関与.第28回日本臨床化学会東海北陸支部総会・第36回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会;2017 Aug 5;津.
  7. 三原弘,石木学,関根道和,田村健太郎,山田徹,廣川慎一郎,北島勲.Moodle を利用した臨床実習学生の経験,実施データ収集と活用.第49回日本医学教育学会大会;2017 Aug 18;札幌.
  8. 石木学,三原弘,関根道和,廣川慎一郎,山田徹,田村賢太郎,北島勲.効果的な臨床実習前カリキュラム実施の試み.第49回日本医学教育学会大会;2017 Aug 19;札幌.
  9. 三原弘,石木学,関根道和,田村健太郎,山田徹,廣川慎一郎,北島勲.富山大学医学部医学科における試験成績に関する検討.第49回日本医学教育学会大会;2017 Aug 19;札幌.
  10. 山田徹,田村賢太郎,吉野学,武部真理子,若杉雅浩,北啓一郎,吉田樹一郎,三原弘,石木学,関根道和,峯村正実,廣川慎一郎,北島勲.富山大学における地域枠・特別枠学生への取り組み.第49回日本医学教育学会大会;2017 Aug 19;札幌.
  11. 横田綾,古田隼太,上野智浩,北島勲.採血自動受付機導入による受付待ち時間改善効果と課題.第42回北陸臨床病理集談会;2017 Sep 2;金沢.
  12. 峯村友樹*,細川智弘,齋藤晶子,山岸奈々,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.プロテインS 徳島スクリーニング簡易遺伝子検査法の開発.第42回北陸臨床病理集談会;2017 Sep 2;金沢.
  13. 細川智弘*,峯村友樹,齋藤晶子,山岸奈々,上野智浩,仁井見英樹,北島勲.健常若年成人におけるプロテインS徳島スクリーニング検査の有用性に関する検討.第42回北陸臨床病理集談会;2017 Sep 2;金沢.
  14. 内山賢子,成瀬里恵,塩ア真弓,小澤綾佳,廣野恵一,市田蕗子,北島勲.腹部大動脈血流波形が診断に有用であった大動脈弓離断症の1 例.第42回北陸臨床病理集談会;2017 Sep 2;金沢.
  15. 大槻晋也,氏原康裕,上野智浩,北島勲.汎用自動分析装置を用いたIL2R 測定試薬ナノピアRIL2Rの基礎的検討.日本臨床検査自動化学会第49回大会;2017 Sep 21;横浜.
  16. 仁井見英樹,上野智浩,北島勲.菌数を新規バイオマーカーとする迅速検査システムの開発.第57回日本臨床化学年次学術集会;2017 Oct 7;札幌.
  17. 氏原康裕,上野智浩,川口善治,北島勲.後縦靭帯骨化症OPLL における血中FGF-23 高値の意義.第57回日本臨床化学年次学術集会;2017 Oct 8;札幌.
  18. 道野淳子,安村敏,富山隆介,中出祥代,佐竹伊津子,吉田隼太,大槻晋也,島京子,村上純,和田暁法,北島勲.小児の製剤分割に対する当院の取り組み.第35回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会;2017 Nov 11;福井.
  19. 吉田隼太,道野淳子,安村敏,富山隆介,中出祥代,佐竹伊津子,大槻晋也,島京子,村上純,和田暁法,北島勲.緊急輸血が必要な患者で輸血に苦慮した2 症例.第35回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会;2017 Nov 11;福井.
  20. 仁井見英樹.菌数を敗血症の新規バイオマーカーとする迅速な遺伝子検査システムの開発.第64回日本臨床検査医学会学術集会;2017 Nov 17;京都.
  21. 大槻晋也,道野淳子,佐竹伊津子,中出祥代,富山隆介,吉田 隼,上野智浩,安村敏,北島勲.異型輸血後の血液型検査に関する検討.第64回日本臨床検査学会学術集会;2017 Nov 17;京都.
  22. 氏原康裕*,上野智浩,川口善治,北島勲.後縦靭帯骨化症(OPLL)におけるバイオマーカーの検討.第64回日本臨床検査学会学術集会;2017 Nov 18;京都.
  23. 齋藤晶子*,富山隆介,上野智浩,齋藤 滋,北島勲.プロテインS 徳島スクリーニング簡易遺伝子検査法開発と不育症外来患者の血栓性素因スクリーニングの有用性.第64回日本臨床検査学会学術集会;2017 Nov 18;京都.
  24. 吉田 聡*,北島勲.初期臨床研修における検査に関する研修実態と検査の重要性が再認識された症例体験.第64回日本臨床検査学会学術集会;2017 Nov 19;京都.
  25. 杉江和茂,関口敬文,山岸奈々,森田美香,坂本純子,上野智浩,北島勲.Legionella pheumophila の遺伝子型判別法であるSequence-Based Typing(SBT)法の院内導入に向けた検討.第35回日本染色体遺伝子検査学会総会・学術集会;2017 Nov 25;天理.

特許

  1. 仁井見英樹,北島勲,杉江和茂,上野智浩,inventors;富山大学長,assignee.血液中の起炎菌をATP 測定するための血液検体の前処理方法.特願2017-219547.2017 Nov 15.
  2. 仁井見英樹,大槻晋也,北島勲,inventors;富山大学長,assignee.改良Tm マッピング法.特願2017-244461.2017Dec 20.
  3. 仁井見英樹,北島勲,宮腰晃央,東祥嗣,inventors;富山大学長,assignee.感染症患者検体中の細菌数を16Sribosomal RNA 遺伝子コピー数で迅速・正確に定量する検査技術.特願2017-246333.2017 Dec 22.
  4. 仁井見英樹,北島勲,宮腰晃央,東祥嗣,inventors;富山大学長,assignee.感染症患者検体中の細菌数を迅速かつ正確に定量する検査技術.特願2017-246724.2017 Dec 24.

その他

  1. 上野智浩,富山隆介,野手良剛,仁井見英樹,北島勲.プロテインS 徳島スクリーニング簡易遺伝子検査法の開発.第17回TTMフォーラム;2017 Mar 4;東京.
  2. 北島勲.血液凝固学からみたDOAC の薬理学的特徴.Shiga Stroke Expert Meeting;2017 Mar 9;草津.
  3. 北島勲.血栓症未病の迅速簡便な遺伝子検査法開発.平成28 年度富山大学未病プロジェクト進捗報告会;2017 Mar 17;富山.
  4. 北島勲.富山大学附属病院検査部の高度先進医療への取り組み.北海道三井化学学術セミナー2017;2017 Sep 4;砂川.
  5. 北島勲.抗凝固療法の新しいステージ・血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性.鎌倉抗凝固療法セミナー;2017 Oct 26;鎌倉.
  6. 北島勲.トロンビン阻害薬の有用性.OSAKA Network Meeting 2017;2017 Nov 11;大阪.
  7. 北島勲.血液凝固学から視たXa 阻害薬の有用性.柏崎市苅羽郡医師会学術講演会;2017 Nov 29;柏崎.
  8. 北島勲.DTI の抗血小板作用検討.2017Dadigatoran 血液学アドバイザリーボード会議;2017 Dec 17;東京.
  9. 原田健右.検査説明の実際,初級レベル.平成28 年度検査説明・相談ができる臨床検査技術育成講習会;2017 Jan 29;富山.
  10. 北島勲.富山大学医学部創立40 周年記念式典報告.富山大学医学部後援会会報.2017;51:1.
  11. 北島勲.病理組織検査の標準化と精度管理に向けた取り組み.臨床検査精度管理調査結果報告書.2017;29:1.

ページの先頭へ戻る

2016年

著書

  1. 北島勲.新・血栓止血血管学,検査と診療.一瀬白帝,丸山征郎,村田満編.京都:金芳社;2015.DOACsと凝固検査;p.139-47.(2015 年未掲載分)
  2. 北島勲.スタンダード検査血液学.第3 版.日本検査血液学会編.東京:医歯薬出版株式会社;2016.血管の異常;p.345-52.
  3. 北島勲.血栓塞栓症UPTODATE.医学のあゆみ.2016 May;257(7):739-88.
  4. 仁井見英樹.敗血症の起炎菌の迅速検出・同定.検査と技術.2016 May;44(5):366-9.
  5. 仁井見英樹.敗血症起炎菌の新たな迅速同定法.バイオサイエンスとインダストリー.2016 Sep;74(5):422-4

原著

  1. Yoneda N, Yoneda S, Niimi H, Ueno T, Hayashi S, Ito M, Shiozaki A, Urushiyama D, Hata K, Suda W, Hattori M, Kigawa M,Kitajima I, Saito S. Polymicrobial Amniotic Fluid Infection with Mycoplasma/Ureaplasma and Other Bacteria Induces Severe Intra-Amniotic Inflammation Associated with Poor Perinatal Prognosis in Preterm Labor. Am J Reprod Immunol. 2016 Feb; 75(2): 112-25. doi: 10.1111/aji.12456. PubMed PMID: 26668114.
  2. Yoneda S, Shiozaki A, Yoneda N, Ito M, Shima T, Fukuda K, Ueno T, Niimi H, Kitajima I, Kigawa M, Saito S. Antibiotic Therapy Increases the Risk of Preterm Birth in Preterm Labor without Intra-Amniotic Microbes, but may Prolong the Gestation Period in Preterm Labor with Microbes, Evaluated by Rapid and High-Sensitive PCR System. Am J Reprod Immunol. 2016 Apr; 75(4): 440-50. doi: 10.1111/aji.12484. PubMed PMID: 26777387.
  3. Kobayashi S, Hida Y, Ishizaki H, Inoue E, Tanaka-Okamoto M, Yamasaki M, Miyazaki T, Fukaya M, Kitajima I, Takai Y,Watanabe M, Ohtsuka T, Manabe T. The active zone protein CAST regulates synaptic vesicle recycling and quantal size in the mouse hippocampus. Eur J Neurosci. 2016 Sep; 44(5): 2272-84. doi: 10.1111/ejn.13331.
  4. Mochida S, Hida Y, Tanifuji S, Hagiwara A, Hamada S, Abe M, Huan M1, Kitajima I, Sakimura K, Ohtsuka T. SAD-B Phosphorylation of CAST Controls Active Zone Vesicle Recycling for Synaptic Depression. Cell Rep. 2016; 16: 1-13. doi:10.1016/j.celrep.2016.08.020.

症例報告

  1. 金谷雄平,高松和弘,下江豊,仁井見英樹,北島勲,栗山勝.先天性アンチトロンビンV欠損症による脳静脈洞血栓症を併発した多発性硬化症.臨床神経.2016;56:248-54.

総説

  1. 一瀬白帝,和田英夫,惣宇利正善,橋口照人,矢冨 裕,北島勲,朝倉英策,岡本好司,家子正裕,山本晃士,江口豊.自己免疫性出血病FXIII/13 診療ガイド.Guidance on diagnostic criteria for autoimmune emorrhaphillia FXIII/13(AHFFXIII/13).日血栓止血会誌.2015;26(6):653-68.(2015 年未掲載分)
  2. 北島勲.炎症とXa.Xa-Nexia.2016;4:10-1.
  3. 北島勲.DOAC に対する凝固検査UP-TO DATE.日血栓止血会誌.2016;27(4):481-8.
  4. 北島勲.直接経口凝固因子阻害薬(DOAC)の薬理作用と臨床検査.臨床病理.2016;64(8):972-9.
  5. 松本祐之,北島勲.臨床検査領域におけるグローバル化の推進.臨床病理.2016;64(8):895-7.

学会報告

  1. Ueno T, Niimi H, Yoneda N, Yoneda S, Mori M, Saito S, Kitajima I. Eukaryote-Made Taq Polymerase Enables Reliable Detection of Pathogens in Amniotic Fluid of Preterm Labor Cases-Development of a Novel Nested-PCR-Based Assay for Detecting Mycoplasma, Ureaplasma, other Bacteria and Fungi in Amniotic Fluid Samples. The 32nd World Congress of Biomedical laboratory Scinece; 2016 Sep 1; Kobe.
  2. Sugie K, Ueno T, Niimi H, Hayashi S, Mori M, Yamamoto Y, Saito S, Kitajima I. Melting Temperature (Tm) Mapping Method -A Novel Method for Rapid Identification of Unknown Pathogenic Microorganisms within Three Hours of Sample Collection. The 32nd World Congress of Biomedical laboratory Scinece; 2016 Sep 1; Kobe.
  3. 北島勲.凝固線溶系に関する最近の話題.第28回Education Seminar in Cardiology:日本医師会生涯教育;2016 Jan 26;東京.
  4. 北島勲.抗VWF 自己抗体検出のためのイムノクロマト法に関する研究.厚生労働科学研究委託費(難治性疾患実用化研究事業)一瀬班究発表会;2016 Feb 11;東京.
  5. 北島勲.DOAC に対する血液凝固検査の使い方(オーバービュー).第10回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム;2016 Feb 20;東京.
  6. 北島勲.血管病変の未病状態を診断する血管内皮機能検査法の開発.平成27 年度学長裁量経費共同研究報告会;2016 Mar 3;富山.
  7. 北島勲.直接トロンビン阻害薬の可能性を探る.プラザキサスペシャルインタビュー;2016 Mar 7.
  8. 北島勲.血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性.第4回Stroke Expert Meeting in 千葉;2016 Mar 10;千葉.
  9. 北島勲.経口抗凝固薬DOAC の薬理作用と臨床検査.長崎Roche seminar;2016 Jun 3;長崎.
  10. 北島勲.凝血学的視点からのDVT の病態.抗凝固薬の適正使用を考える会;2016 Jun 22;富山.
  11. 北島勲.NOAC/DOAC の薬理作用と血液凝固検査.佐賀県血液凝固検査セミナー日医奨学教育制度認定講座;2016 Jun 24;佐賀.
  12. 北島勲.血栓止血学からみたトロンビン阻害薬有用性.STROKE Meeting 2016;2016 Jul 1;名古屋.
  13. 北島勲.直接経口抗凝固薬(DOACs)の薬理作用と凝固検査への影響.第6回血液検査機器技術セミナー;2016 Sep 22;横浜.
  14. 北島勲.トロンビンを巡るDOAC の薬理作用と血液凝固検査の最近の話題.新潟県凝固線溶研究会;2016 Nov 19;新潟.
  15. 北島勲.血液凝固検査UPDATE.平成28年日本衛星検査技師会中四国医学検査学会;2016 Nov 26;高知.
  16. 北島勲.血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性.上越Network Meeting;2016 Dec 7;上越.
  17. 北島勲.ダビガトラン中和剤の効果と検証.ダビガトラン血液学アドバイザーボード会議;2016 Dec 17;東京.
  18. 岡部素典,吉田淑子,坂本純子,北島勲,小池千加,齋藤 滋,二階堂敏雄.ハイパードライヒト乾燥羊膜の芽胞菌に対する殺菌効果:抗生物質との比較.第15回日本再生医療学会総会;2016 Mar;大阪.
  19. 富山隆介,野手良剛,北島勲.新規プロテインS測定試薬によるプロテインS比活性の臨床的有用性の検討.第55回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会,第332回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会;2016 Mar 6;浜松.
  20. 内山賢子,山岸奈々,塩ア真弓,小澤綾佳,市田蕗子,松尾辰朗,芳村直樹,北島勲.胎児期より心エコー追跡により早期治療が実施できた右房内血管腫の一例.第55回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会,第332回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会;2016 Mar 6;浜松.
  21. 道野淳子,安村敏,富山隆介,中出祥代,佐竹伊津子,島京子,在田幸太郎,和田暁法,村上純,北島勲.ABO血液型亜型における遺伝子解析の実績と有用性について.第64回日本輸血細胞治療学会;2016 Apr 28;京都.
  22. 佐竹伊津子,安村敏,富山隆介,中出祥代,道野淳子,島京子,在田幸太郎,和田暁法,村上純,北島勲.術後に特発性血小板減少性紫斑病(ITP)を発症した1症例.第64回日本輸血細胞治療学会;2016 Apr 28;京都.
  23. 三原弘,石木学,廣川慎一郎,関根道和,北島勲.富山大学医学教育センターにおける教育支援,ICTの活用の取り組み.第48回日本医学教育学会大会;2016 Jul 29;大阪.
  24. 富山隆介,野手良剛,北島勲.プロテインS活性比とDダイマー値の関連性についての検討.第27回日本臨床化学会東海北陸支部総会,第35回日本臨床検査学会東海北陸支部例会連合大会;2016 Jul 30;金沢.
  25. 関口敬文,森田美香,坂本純子,野手良剛,北島勲.微生物検査における質量分析装置MADI-TOF-MS導入にいる有用性の検討.第27回日本臨床化学会東海北陸支部総会,第35回日本臨床検査学会東海北陸支部例会連合大会;2016 Jul 30;金沢.
  26. 富山隆介,野手良剛,北島勲.新規プロテインS測定法によるプロテインS比活性の臨床的有用性の検討.第63回日本臨床検査医学会学術集会;2016 Sep 1;神戸.
  27. 吉田隼太,上野由美,森田美香,片沼晶子,谷みね子,細谷孝子,桑原卓美,野手良剛,釣浩之,西田直徳,中坪久代,野村恵子,北島勲.破砕赤血球を伴った巨赤芽球貧血の1例.第41回北陸臨床病理集談会;2016 Sep 10;福井
  28. 上野智浩,富山隆介,野手良剛,仁井見英樹,北島勲.遺伝子検査の重要性が確認されたプロテインS徳島の2症例.第41回北陸臨床病理集談会;2016 Sep 10;福井.
  29. 謂原博,廣田晃一,三原雅一,北島勲,山下峰,野村文夫,西本基,橋詰直孝,戸谷誠之.自動分析機による血清25-ヒドロキシビタミンD測定値の標準化:SRM972aを校正に用いた測定.第56回日本臨床化学年次学術集会;2016 Dec 2;熊本.
  30. 上野智浩,富山隆介,仁井見英樹,北島勲.比活性測定で検出されなかったプロテインS徳島と簡易遺伝子検査法構築の試み.第56回日本臨床化学年次学術集会;2016 Dec 2;熊本.
  31. 仁井見英樹.敗血症起炎菌迅速同定法(Tmmapping法)の開発.第56回日本臨床化学会年次学術集会;2016 Dec 3;熊本.

その他

  1. 北島勲.新任のご挨拶.富山大学医学部後援会会報.2016;49-2.
  2. 北島勲.地域医療支援学講座閉講にあたって 軌跡とその功績.平成27 年度富山大学医学薬学研究部(医学)地域医療支援学講座活動報告書.2016;3.
  3. 北島勲.von Willebrand 因子抗体症例の調査と実験の実施.厚生労働科学研究補助金難治性疾患等政策研究事業.自己免疫性出血性症治療の「均てん化」のための実態調査と「総合的」診療指針の作成に関する研究平成27 年度研究報告書.2016;35-6.
  4. 北島勲.医学長就任のご挨拶.富山大学医学部同窓会会報.2016;25:4-5.
  5. 小林洋一,北島勲,江頭正人,堀中繁夫.超高齢化社会を迎えたわが国に適した抗凝固療法.Medical Tribune.2016;49(11):8-9.
  6. 北島勲.医療のグローバル化に対応した検査情報共有化と共用基準範囲.臨床検査精度管理調査報告書.2016;28:1.
  7. Niimi H, Kitajima I. PCR primer set for bacterial DNA amplification, kit for detecting and/or identifying bacterial species, and methpd for detecting and/or identifying bacterial species. Application No.14853073.6-1404.PCT/JP2014076864. 2016 Nov 5.(European patent)

ページの先頭へ戻る

2015年

著書

  1. 北島勲. 臨床検査データブック2015-2016. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2015. プロトロンビン, プロトロンビンフラグメント(PF1+2), 第V因子, 第VII因子, 第VIII因子, von Willebrand 因子, von Willenrand因子マルチマー解析, VWF 切断酵素(ADAMTS13), 第IX因子, 第X因子, 第XI因子, 第XII因子, 第XIII因子;p.378-91.
  2. 北島勲. 臨床検査データブック2015-2016. 黒川清,春日正雅,北村 聖編. 東京:医学書院;2015. 凝固因子インヒビター定性(クロスミキシング試験),第VIII因子インヒビター, 第IX因子インヒビター, 組織因子(組織トロンボプラスチン), 総組織因子経路インヒビター(総TFPI). アンチトロンビン(AT), トロンビン・アンチトロンビン複合体(TAT);p.391-5.
  3. 北島勲. 臨床検査データブック2015-2016. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2015. トロンボモジュリン, プロテインC, プロテインS, 組織プラスミノゲンアクチベータ(t-PA), プラスミノゲンアクチベータインヒビター1(PAI-1), t-PA・PAI-1 複合体, プラスミノゲン, α2−プラスミンインヒビター, プラスミン・α2−プラスミンインヒビター複合体(PIC テスト);p.395-403.
  4. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. アンビオテンシン1変換酵素測定;p.82.
  5. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. アンチプラスミン検査;p.85.
  6. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. エラスターゼ1測定;p.252.
  7. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. 凝固因子測定, 凝固因子インヒビター測定;p.558.
  8. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. 血小板機能検査;p.696.
  9. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. C1インアクチベーター;p.1187.
  10. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. 組織プラスミノゲンアクチベータ;p.1482.
  11. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. 第VIII因子様抗原定量;p.1522.
  12. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. D-ダイマー;p.1676.
  13. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. トロンビン・アンチトロンビン複合体測定;p.1792-3.
  14. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. フォンウイルブランド因子定量;p.2125.
  15. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. フィブリノゲン・フィブリン分解産物測定;p.2114-5.
  16. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. プラスミノゲン測定;p.2171.
  17. 北島勲. 南山堂医学大辞典. 第20版. 東京:南山堂;2015. プロトロンビンフラグメント1+2 測定;p.2200.
  18. 安村敏, 渡辺明治. 目でみる臨床栄養学UPDATE.第2版.医歯薬出版編.東京:医歯薬出版;2015.肝疾患(2)−臨床検査・診断, 肝疾患の分類;p.26-33.

原著

  1. Ichinose A, Souri M, Osaki T, Matsushita T, Urano T, Ieko M, Tamai Y, Ito T, Kawamae K, Yamamoto M, Madoiwa S, Kurosawa H, Ogawa Y, Yatomi Y, Hanafusa N, Kawasugi K, Ishida F, Kitajima I, Asakura H, Hosono N, Mouri H, Kobayashi T, Wada H, Miyata S, Kashiwagi H, Ikeda M, Yukawa M, Higasa S, Hato T, Okamoto K, Okamura T, Uchiba M, Hashiguchi T, Maruyama I. On AH13 Hemorrhagic Acquired Coagulopathies. Inhibitors of Factor XIII/13 in older patients. Semin Thromb Hemost. 2014 Sep;40(6):704-11. DOI:10.1055/s-0034-1390151.PMID:25215637(2014 年未掲載分)
  2. Ihara H, Hirota K, Miura M, Kitajima I, Yamashita M, Nomura F, Nishumura M, Kamioka K, Onda K, Sunahara S, Suzuki T, Itabashi M, Ishibashi M, Ito S, Ohashi K, Ohta Y, Nobori T, Fujishiro K, Maekawa M, Miyano H, Ando T, Nishumura K, Tsugawa N, Okano T. National Institute of standards and technology SRM 972 as a reference material for serum total 25-hydroxyvitamin D measurements. Int J Anal Bio-Sci. 2014 Mar 31;2(1):1-6.2014 年未掲載分)
  3. Nakamura M, Nishikawa M, Komuro I, Kitajima I, Uetsuka Y, Yamagami T, Minamiguchi H, Yoshimatsu R, Tanabe K, Matsuoka N, Kanmuri K, Ogawa H. Apixaban for the Treatment of Japanese Subjects With Acute Venous Thromboembolism (AMPLIFY-J Study). Circ J. 2015;79(6):1230-6. DOI:10.1253/circj.CJ-15-0195.PMID:25912695
  4. Ueno T, Niimi H, Yoneda N, Yoneda S, Mori M, Tabata H, Minami H, Saito S, Kitajima I. Eukaryote-Made Thermostable DNA Polymerase Enables Rapid PCR-Based Detection of Mycoplasma, Ureaplasma and Other Bacteria in the Amniotic Fluid of Preterm Labor Cases. PLoS One. 2015 Jun 4;10(6):e0129032. DOI:10.1371/journal.pone.0129032.PMID:26042418
  5. Niimi H, Ueno T, Hayashi S, Abe A, Tsurue T, Mori M, Tabata H, Minami H, Goto M, Akiyama M, Yamamoto Y, Saito S, Kitajima I. Melting Temperature Mapping Method: A Novel Method for Rapid Identification of Unknown Pathogenic Microorganisms within Three Hours of Sample Collection. Sci Rep. 2015 Jul 28;5:12543. DOI:10.1038/srep12543.PMID:26218169
  6. Tajiri K, Kawai K, Minemura M, Yasumura S, Hosokawa A, Kawabe H, Tomizawa G, Sugiyama T. Neutrophil/lymphocyte ratio as a prognostic indicator of hepatic arterial infusion chemotherapy with arterial cisplatin plus continuous 5-fluorouracil. Hepatol Res. 2015 Jul;45(7):755-63.PMID:25196816

総説

  1. 北島勲. NOACsに対するモニタリングの有用性. Int Rev Thromb. 2015 Mar;10(1):22-7.
  2. 北島勲. NOACにおけるモニタリングの必要性. 日本医事新報.2015 Apr;4748:61-2.
  3. 仁井見英樹. 血液検体からの起炎菌の直接検出・同定方法の開発(解説・特集). 化学療法の領域. 2015 Apr;31(Suppl.1):1089-97.
  4. 北島勲. 高脂血症とこむら返り. 医報とやま. 2015 Apr;1620:22-3.
  5. 北島勲. 経口抗凝固薬使用上の基礎知識. 脳と循環. 2015 May;20(2):117-21.
  6. 北島勲, 木村和美, 草野健吾, 高橋尚彦, 三田村秀雄. 心房細動の抗凝固療法up-to-date. 医学ジャーナル. 2015 Aug;51(8):1954-65.
  7. 和田英夫, 北島勲. 適切な抗凝固療法/モニター法と希少出血性疾患. 日血栓止血会誌. 2015 Nov;26(4):480-1.

学会報告

  1. Kitajima I. Pharmacological characteristic of Novel oral anticoagulants. The 79th Annual Meeting of the Japanese Circulation Society; 2015 Apr 24; Osaka.
  2. Nishida K, Sakamoto T, Nakatani Y, Kataoka N, Wada O, Mizumaki K, Kitajima I, Inoue H. Chromogenic anti-factor Xa assay and routin coagulation tests in patients with atrial fibrillation treated with apixaban and rivaroxaban. The 79th Annual Meeting of the Japanese Circulation Society; 2015 Apr 24; Osaka.
  3. Tajiri K, Kawai K, Minemura M, Yasumura S, Takahara T, Sugiyama T. Neutrophil/lymphocyte ratio does not predict the recurrence after curative treatment with radiofrequency ablation for small hepatocellular carcinoma. The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting(APPLE); 2015 Jul 3-5; Osaka.
  4. 北島勲. 神経精神遅滞を呈するATRX 症候群のモデル動物作成による病態解析.愛媛大学神経セミナー;2015 Jan 28;松山.
  5. 北島勲. 血栓症診断と治療の進歩.松山鶴陵会講演会;2015 Jan 28;松山.
  6. 内山賢子, 北島勲, 小沢綾佳, 市田蕗子, 牧本優美, 吉田丈俊, 米田哲, 斉藤滋.当院における胎児診断された18トリソミーの合併心奇形と予後.第21回日本胎児心臓病学会学術集会;2015 Feb 13;東京.
  7. 北島勲.血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性.BRAIN Prorection Core Member Meeting in Owari;2015 Feb 23;名古屋.
  8. 在田幸太郎, 村上純, 和田暁法, 宮園卓宜, 安村敏, 杉山敏郎.抗リン脂質抗体症候群合併SLE患者に生じた急性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植.第37回日本造血細胞移植学会総会;2015 Mar 5-7;神戸.
  9. 島京子, 安村敏.当院における5年間の自己血貯血状況と貯血前後のHb変動の検討.第28回日本自己血輸血学会学術総会;2015 Mar 6-7;東京.
  10. 横田綾, 大角友紀, 角田美鈴, 長田拓哉, 塚田一博, 北島勲. 乳房超音波検査でのみ推測し得た乳房内転移の一例.第54回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会, 第329回日本臨床化学会東海・北陸支部例会連合大会;2015 Mar 8;名古屋.
  11. 上野智浩, 仁井見英樹, 米田徳子, 米田哲, 森正之, 多葉田誉, 南 浩, 齋藤滋, 北島勲. eukaryote-made Taq polymeraseを用いた迅速・正確な子宮内感染症起炎菌検出法の構築.第54回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会, 第329回日本臨床化学会東海・北陸支部例会連合大会;2015 Mar 8;名古屋.
  12. 田尻和人, 河合健吾, 峯村正実, 安村敏, 高原照美, 杉山敏郎.難治性腹水管理におけるトルバプタンの有用性とその効果予測について.第51回日本肝臓学会総会;2015 May 21-22;熊本.
  13. 河合健吾, 田尻和人, 安村敏, 峯村正実, 高原照美, 杉山敏郎.DAA耐性変異を有するHCVウイルスとIL-28BおよびIP-10の関連.第51回日本肝臓学会総会;2015 May 21-22;熊本.
  14. 北島勲.血液凝固検査の最近の話題と検査技術開発.平成26年度日立ハイテクノロジーズ学術講演会;2015 Mar 25;ひたちなか.
  15. 塩ア真弓, 大角友紀, 山岸奈々, 成瀬里恵, 内山賢子, 角田美鈴, 横田綾, 平井忠信, 市田蕗子, 井上博, 芳村直樹, 北島勲.ファロ−四徴症修復術後の妊娠出産例における心エコー図所見について.第26回日本心エコー図学会;2015 Mar 27;北九州.
  16. 安村敏, 島京子, 道野淳子.適正で安全な自己血輸血推進に向けての医師、看護師、臨床検査技師の協力体制.第63回日本輸血・細胞治療学会総会(シンポジウム);2015 May 28-30;東京.
  17. 島京子, 安村敏.チーム医療としてのPBM−看護師の役割と活動−.第63回日本輸血・細胞治療学会総会(シンポジウム);2015 May 28-30;東京.
  18. 安村敏.アルブミン治療のエビデンス解析と使用指針策定について.第63回日本輸血・細胞治療学会総会(ランチョンセミナー);2015 May 28-30;東京.
  19. 富山隆介, 安村敏, 佐竹伊津子, 中出祥代, 道野淳子, 島京子.当院におけるフィブリノゲン製剤の使用状況.第63回日本輸血・細胞治療学会総会;2015 May 28-30;東京.
  20. 仁井見英樹, 山本善裕, 上野智浩, 齋藤滋, 北島勲.Tm mapping 法(感染症起炎菌迅速同定法)の院内試験運用結果と正確性の評価.第89回日本感染症学会学術講演会;2015 Apr 16;京都.
  21. 北島勲.ワルファリンとNOAC, NOAC 間における薬理作用の相違と特徴.第37回日本血栓止血学会学術集会ランチョンセミナー;2015 May 22;甲府.
  22. 北島勲.血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性.浜北抗凝固薬勉強会;2015 Jun 9;浜松.
  23. 北島勲.RCPC 検査値の読み方.研修センターイブニングセミナー;2015 Jun 16;富山.
  24. 北島勲.高感度迅速起因菌同定とNF-κB 活性化定量解析法による敗血症検査システム開発.東北大学薬学研究科薬学セミナー;2015 Jun 29;仙台.
  25. 仁井見英樹.Tm mapping 法:血液検体からの起炎菌の直接検出・同定方法の開発.第27回臨床微生物迅速診断研究会総会;2015 Jul 4;金沢.
  26. 田尻和人, 河合健吾, 峯村正実, 安村敏, 高原照美, 杉山敏郎.初発肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の長期生存に関わる因子の検討.第51回日本肝癌研究会;2015 Jul 23-24;京都.
  27. 北島勲.血栓止血学からみたNOACの違い.豊中血栓治療Network Meeting;2015 Jul 25;豊中.
  28. 北島勲.血栓症における凝固・線溶マーカーの臨床的応用.シスメックスセミナーin さいたま;2015 Aug 29;さいたま.
  29. 上野智浩, 仁井見英樹, 米田徳子, 米田哲, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲.eukaryote-made Taq polymeraseを用いた迅速で正確な子宮感染症起炎菌の検出と切迫早産に及ぼす影響.第40回北陸臨床病理集談会;2015 Sep 12;金沢.
  30. 山岸奈々, 内山賢子, 宮尾成明, 伊吹圭一郎, 小澤綾佳, 廣野恵一, 市田蕗子, 北島勲.心雑音精査目的の心エコーで発見された左冠動脈肺動脈起始症(Bland-White-Garland 症候群)の1例.第40回北陸臨床病理集談会;2015 Sep 12;金沢.
  31. 氏原康裕, 関口敬文, 森田美香, 坂本純子, 野手良剛, 山本善裕, 北島勲.富山大学附属病院における血液培養の日常業務時間外提出状況とその対応効果の考察.第40回北陸臨床病理集談会;2015 Sep 12;金沢.
  32. 富山隆介*, 野手良剛, 北島勲.コアプレスタ2000 を用いたプロテインS測定試薬の検討.日本臨床検査自動化学会第47回大会;2015 Oct 9;横浜.
  33. 北島勲.蛍光相関分光法による転写因子NF-κBのハイスループット定量法開発とその臨床応用.鹿児島大学血管代謝病態セミナー;2015 Oct 13;鹿児島.
  34. 仁井見英樹.Melting Temperature (Tm) mapping 法:検体採取後3時間以内での敗血症起炎菌迅速同定法.第58回日本感染症学会中日本地方会学術集会;2015 Oct 16;奈良.
  35. 島京子.輸血に関わる看護師の役割と活動(セミナー).第22回日本輸血・細胞治療学会秋季シンポジウム;2015 Oct 23;軽井沢.
  36. 上野智浩, 仁井見英樹, 北島勲.eukayote-made Taq polymerase を用いた迅速・高感度・正確な子宮内感染症起炎菌検出法の構築.第55回臨床化学年次学術集会;2015 Oct 30;大阪.
  37. 安村敏, 島京子, 道野淳子, 富山隆介, 中出祥代, 佐竹伊津子, 北島勲.当院における自己血輸血の現状と課題.第33回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会(シンポジウム);2015 Nov 7;富山.
  38. 島京子, 安村敏, 道野淳子, 富山隆介, 中出祥代, 佐竹伊津子, 北島勲.自己血輸血における看護師の役割および問題点.第33回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会(シンポジウム);2015 Nov 7;富山.
  39. 佐竹伊津子, 安村敏, 富山隆介, 中出祥代, 道野淳子, 島京子, 北島勲.当院における自己抗体保有患者への対応.第33回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会;2015 Nov 7;富山.
  40. 富山隆介*, 安村敏, 佐竹伊津子, 中出祥代, 道野淳子, 島京子, 北島勲.輸血後に呼吸不全が出現し, TACOが疑われた症例.第33回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会;2015 Nov 7;富山.
  41. 道野淳子, 安村敏, 富山隆介, 中出祥代, 佐竹伊津子, 島京子, 北島勲.当院における多血小板血漿(PRP)療法に対する当部署での技術協力.第33回日本輸血・細胞治療学会北陸支部例会;2015 Nov 7;富山.
  42. 長田巧平, 田尻和人, 河合健吾, 宮園卓宜, 峯村正実, 安村敏, 高原照美, 三輪重治, 杉山敏郎.黄疸が遷延した薬物性肝障害の1例.日本消化器病学会北陸支部第121回例会;2015 Nov 8;金沢.
  43. 北島勲.血液凝固学からみたXa阻害薬の有用性.抗凝固薬の適正使用を考える会;2015 Nov 18;富山.
  44. 北島勲.非ビタミンK経口抗凝固薬(NOAC)の薬理作用と臨床検査.臨床検査医学Catch upセミナー, 第62回日本臨床検査医学会学術集会;2015 Nov 20;岐阜.
  45. 上野智浩, 仁井見英樹, 米田徳子, 米田哲, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲.eukaryote-made Taq polymerase を用いた迅速で正確な子宮内感染症起炎菌の検出と切迫早産に及ぼす影響.第62回日本臨床検査医学会学術集会;2015 Nov 20;岐阜.
  46. 野手良剛, 三村泰彦, 鳴河宗聡, 山本善裕, 北島勲.当院におけるMRSA の分離状況と薬剤感受性の推移.第62回日本臨床検査医学会学術集会;2015 Nov 20;岐阜.
  47. 峯村正実, 田尻和人, 河合健吾, 島田清太郎, 高木宏明, 安村敏, 高原照美, 杉山敏郎.B 型慢性肝炎に対するPeg-IFNα2a 投与症例の検討.第41回日本肝臓学会西部会;2015 Dec 3-4;名古屋.
  48. 田尻和人, 河合健吾, 峯村正実, 安村敏, 高原照美, 杉山敏郎.Elastographyを用いた肝線維化評価の有用性の検討.第41回日本肝臓学会西部会;2015 Dec 3-4;名古屋.
  49. 北島勲.血液凝固学からみた経口抗凝固薬の薬理作用.CVMW2015 心血管代謝, 第23回日本血管生物医学会学術集会, 第19回日本心血管内分泌学術総会, 第32回国際心臓研究会日本部会, 第37回心筋生検研究会連合セミナー;2015 Dec 11;神戸.

その他

  1. 北島勲. 抗VWF自己抗体検出のためのイムノクロマト法に用いる抗原と特異抗体の検索.厚生労働科学研究難治性疾患等実用化研究事業班会議(一瀬班);2015 Jan 25;東京.
  2. 仁井見英樹. 遺伝子検査ビジネス 検査技術の現状と問題点. 臨床化学. 2015 Jan;44(1):76
  3. 安村敏. アルブミン治療のエビデンス解析と使用指針策定について. 第18回福岡県輸血合同委員会;2015 Jan 30;福岡.
  4. 松井祥子,高倉一恵,野口寿恵,北島勲. 大学生における麻疹・風疹抗体価の推移. 学園の臨床研究. 2015 Mar;14:1-4.
  5. 牧野茂義,松下正,米村雄士,安村敏,紀野修一,河野武弘,田中朝志,松本雅則,脇坂明美,日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会アルブミン製剤の使用指針策定に関するタスクフォース. 科学的根拠に基づいたアルブミン製剤の使用ガイドライン(2015年6月1日第1版). 日本輸血細胞治療学会誌. 2015 Jun;61(3):巻末3-22.
  6. 松下正,松本雅則,宮田茂樹,羽藤高明,紀野修一,安村敏,岡崎仁. 科学的根拠に基づく輸血ガイドラインの策定等に関する研究 平成26年度総括・分担研究報告書 厚生労働科学研究費補助金医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業. 名古屋:松下正;2015. p.78
  7. 安村敏. アルブミン治療のエビデンス解析と使用指針策定について. 第18回福岡県輸血合同委員会報告書. 2015 Mar:23-44.
  8. 安村敏. 輸血療法の考え方と内科の輸血. 第14回学会認定・自己血輸血看護師制度合同研修会;2015 Mar 6;東京.
  9. 安村敏. 輸血をめぐる最近の話題. 済生会富山病院輸血療法研修会;2015 Mar 17;富山.
  10. 安村敏. アルブミン治療のエビデンス解析と使用指針策定について. 血漿分画製剤フォーラム;2015 Mar 26;名古屋.
  11. 北島勲. 診療参加型臨床実習実施ガイドライン診療参加型臨床実習における医療安全. 第1回富山大学附属病院医療安全講習会;2015 Apr 23;富山.
  12. 安村敏. インターフェロンフリーのC型肝炎治療 間近に迫ったHCVの撲滅. 第29回肝寿会講演会;2015 Apr 25;富山.
  13. 安村敏. アルブミン治療のエビデンス解析と使用指針策定について. 第1回急性期輸液管理研究会;2015 Aug 1;東京.
  14. 仁井見英樹. CHIPS 法(遺伝子変異スクリーニング法)は遺伝子検査の簡便化・低コスト化に役立つ. 臨床化学. 2015 Oct;44(4):326.
  15. 北島勲. R-CPC 初級レベル. 平成26年度検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会;2015 Mar 15;富山.
  16. 原田健右. 検査説明の実際、初級レベル. 平成26年度検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会;2015 Mar 15;富山.
  17. 北島勲. R-CPC〈初級レベル〉. 平成27年度検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会;2015 Oct 25;富山.
  18. 原田健右. 検査説明の実際〈初級レベル〉. 平成27年度検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会;2015 Oct 25;富山.
  19. 北島勲. 臨床検査精度管理の重要性を再確認しましょう. 臨床検査精度管理調査報告書. 2015;27:1.

ページの先頭へ戻る

2014年

著書

  1. 北島勲. スタンダード検査血液学第3版. 日本検査血液学会編. 東京:医歯薬出版;2014. 血管の異常;p.345-9.
  2. 仁井見英樹監修. ?が!になる遺伝子検査Vol.2 遺伝子. Sysmex. 2014 10.

原著

  1. Hirono K, Sekine M, Shiba N, Hayashi S, Nakaoka H, Ibuki K, Saito K, Watanabe K, Ozawa S, Higuma T, Yoshimura N, Kitajima I. Ichida F. N-terminal pro-brain natriuretic peptide as a predictor of reoperation in children with surgically corrected tetralogy of fallot. Circulation Jurnal. 2014;78(3):693-700.PMID:24334564
  2. Shirahata A, Takahashi H, Kitajima I, Tsuji H, Eguchi Y, Matsushita T, Kajiki M, Honda G, Sataka Y. Recombinant soluble human thrombomodulin (thrombomojurin Alfa) in the treatment of neonatal disseminated intravascular coagulation. European Journal of Pediatrics. 2014;173(3):303-11.PMID:24005342
  3. Shirahata A, Mimuro J, Takahashi, H, Tsuji H, Kitajima I, Matsushita T, Eguchi Y, MD, Kitamura N8, Honda G, Sakata Y:Post-Marketing Surveillance of Recombinant Human Soluble Thrombomodulin (Thrombomodulin Alfa) in Pediatric Patients with Disseminated Intravascular Coagulation. Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis. 2014;20(5):465-72.PMID:24563247
  4. Asakura H, Takahashi H, Matsushita T, Ninomya H, Honda G, Mimuro J, Eguchi Y, Kitajima I, Sakata Y. Post-maketing surveillance of thrombomodulin alfa, a novel drug for treatment of disseminated intravascular coagulation treatment- Safety and efficacy in 1,032 patients assosiated with hematologic makignancy. Thromb Res. 2014;133:364-70.PMID:24440141
  5. Mastusita T, Watanabe J, Honda G, Mimuro J, Tsuji H, Eguchi Y, Kitajima I, Sakata Y. Thrombomodulin alfa treatment in patients with acute promyelocytic leukemia and disseminated intravascular coagulation: a retrospective analysis of a open label multicenter postmarketing surveillance study cohort. Thromb Res. 2014;133(5):772-81.PMID:24636871
  6. Eguchi Y, Gando S, Ishikura H, Saitoh D, Mimuro J, Takahashi H, Kitajima I, Tshuji H, Matsushita T, Tsujita R, Nagao O, Sakata Y. Post-marketing surveillance data of the thrombomodulin alfa: sub-analysis in patients with sepsis-induced disseminated intravascular coagulation. J Intensive Care. 2014 Apr 30;2(1):30.PMID:25520842
  7. Takiwaki M, Tomoda F, Koike T, Taki T, Inoue H, Kigawa M, Kitajima I, Uji Y. Increased level of small dense low-density lipoprotein cholesterol associated with hemorheological abnormalities in untreated early stage essential hypertensive. Hypertens Res. 2014 Nov;37(11):1008-13.PMID:24990092

総説

  1. 北島勲. 新規経口抗凝固薬(NOAC)のモニター法. 医薬ジャーナル. 2014;50(2):97-102.
  2. 北島勲. 新規経口抗凝固薬の薬理学的特徴.循環器内科.2014;75(5):542-8.
  3. 北島勲, 橋口照人, 森下英里子. 新規経口抗凝固薬NOACのモニタリング検査の可能性とその標準化に向けて. 日本血栓止血学会誌. 2014;25(4):552-3.
  4. 北島勲. 心房細動患者における血液凝固亢進のメカニズムと経口抗凝固薬の血栓止血学的考察. 日本心電学会誌. 2014;34(4):S4-3-10.
  5. 諏訪部章, 前川真人, 小柴賢洋, 馬場尚志, 飯沼由嗣, 井原賢治, 古川泰司, 田中靖人, 古市賢吾, 和田隆志, 吉田博, 張替秀郎, 渡邉直樹, 北島勲. 臨床検査のガイドラインJSLM2012の活用−改訂のポイントを一刀両断−. 臨床病理. 2014;62(7):702-9.
  6. 矢坂正弘, 草野研吾, 北島勲, 平野照之, 詠田眞治, 抗凝固療法に伴う頭蓋内出血, Cardio-Coagulation, 2014;1(3):6-14.

学会報告

  1. Niimi H, Ueno T, Kitajima I. The Melting Temperature (TM) Mapping Method: A Novel Method That Enables Rapid Identification of Unknown Pathogenic Microorganisms within Three Hours of Patient Sample Collection. The 9th International Conference of Clinical Laboratory Automation and Robotics; 2014 Apr 19; Yokohama.
  2. Niimi H, Ueno T, Hayashi S, Abe A, Tsurue T, Mori M, Tabata H, Minami H, Goto M, Saito S Kitajima I. The Melting Temperature (Tm) Mapping Method: A Novel Method That Enables Rapid Identification of Unknown Pathogenic Bacteria In Sepsis Within Three Hours of Whole Blood Collection. ECCMID 2014; 2014 May 10-13; Barcelona.
  3. Niimi H, Kitajima I. The Tm mapping method. A noel rapid, easy, and cost-effective method that identifies unknown pathogenic microorganisms within 3 hours of patients sample collection. Microbiology and Infectious Diseases Asia Congress; 2014 Jun 10-11; Singapore.
  4. 仁井見英樹. Tm mapping法患者検体採取後3時間以内での起炎菌迅速同定法.第25回日本臨床微生物学会総会; 2014 Feb 1; 名古屋.
  5. 北島勲. Novel Oral Anticoagulant(NOAC)に対する凝固・線溶検査標準化の動向.第8回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム;2014 Feb 22;東京.
  6. 仁井見英樹. 新規遺伝子変異スクリーニング法の発明と遺伝子診断への応用.第68回富山県医学会;2014 Feb 22;富山.
  7. 北島勲. 血栓止血制御の主役トロンビンを巡る最近の話題. 第43回新都市血栓止血研究会;2014 Mar 7;東京.
  8. 北島勲. 血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性.プラザキサ発売3周年記念講演 in 千葉;2014 Apr 15;千葉.
  9. 北島勲. トロンビン作用の多面性とトロンビン阻害薬の有用性. 心房細動患者さんの脳を護る研究会;2014 Apr 19;神戸.
  10. 北島勲. 直接トロンビン阻害薬の薬理作用と有用性. 抗凝固療法新時代 第2回血栓塞栓学術集会;2014 May 23;横浜.
  11. 仁井見英樹. Tm mapping法:患者検体採取後3時間以内での感染症起炎菌迅速同定法. 第79回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会;2014 Jun 19;札幌.
  12. 北島勲. 新規経口抗凝固薬の安全性と有効性のモニタリング. 第4回血栓止血検査研究会 in Tokyo; 2014 Jun 28;東京.
  13. 北島勲. 血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性. Core Member Meeting;2014 Jul 24;広島.
  14. 北島勲. Novel Oral Anticoagulant (NOAC)のモニタリング検査の現状とその可能性. 第15回日本検査血液学会学術集会;2014 Jul 20;仙台.
  15. 北島勲. 血栓止血制御の主役トロンビンを巡る話題−凝血分子マーカーを中心に−;2014 Sep 27;富山.
  16. 北島勲. 抗凝固療法における頭蓋内出血. Toyama Network Meeting;2014 Nov 26;富山.
  17. 北島勲. 血液凝固学からみた新規経口抗凝固薬の薬理学的特徴. 第35回日本臨床薬理学会学術総会;2014 Dec 4;松山.
  18. 仁井見英樹. 血液中の菌数を敗血症重症度や治療効果の新たな指標とする検査技術の開発. 第61回日本臨床検査医学会学術集会学術推進プロジェクト1;2014 Nov 25;福岡.
  19. 森田未香, 関口敬文, 坂本純子, 野手良剛, 鳴河宗聡, 山本善裕. 当院における過去10年間のPseudomonas aeruginosaの分離状況および薬剤感受性の推移. 第25回日本臨床微生物学会総会;2014 Feb 1-2;名古屋.
  20. 篠原寛明, 鈴木正康, 遠田浩司, 北島勲.医工が連携する化学・バイオセンサの開発と臨床検査の課題解決への応用.2014 富山大学学術交流会;2014 Mar 10;富山. 21) 山下峰*.汎用機によるCK-MB mass 法に有用性.石川県医学検査学会ランチョンセミナー;2014 Mar 23;金沢.
  21. 上野智浩, 仁井見英樹, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲.Eukaryote-made Taq polymerase を用いた迅速で正確な子宮内感染症法の構築.第53回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会 第328回日本臨床化学会東海・北陸支部例会;2014 Mar 9;福井.
  22. 横田綾*, 川添友紀, 野手良剛, 北島勲.直接トロンビン阻害薬ダビガトランモニタリング検査に関する検討.第53回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会 第328回日本臨床化学会東海・北陸支部例会;2014 Mar;福井.
  23. 釈永清志, 原田健右, 服部端樹, 久保田亮平, 北島勲, 山崎光章.遠隔虚血プレコンデショナルによる血栓予防効果.日本麻酔科学会第61回学術集会;2014 May 16;横浜.
  24. 山下峰*, 大槻晋也, 野手良剛, 北島勲.ラテックス凝集比濁法による新規CK-MB蛋白測定試薬の基礎的検討および電気泳動法による解析.第25回日本臨床化学東海北陸支部総会 第33回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会;2014 Aug 2;名古屋.
  25. 仁井見英樹, 上野智浩, 森正之, 杉江和茂, 北島勲.感染症起炎菌迅速同定法(Tm mapping法)の学内試験運用における正確性の評価.第54回日本臨床化学会年次学術集会;2014 Sep 5;東京.
  26. 山下峰*, 北島勲.LC-MS/MSを用いた血清25-ヒドロキシビタミンの測定.第54回日本臨床化学会年次学術集会;2014 Sep 5;東京.
  27. 内山賢子, 仲岡英幸, 伊吹圭一郎, 小澤綾佳, 廣野恵一, 市田蕗子, 北島勲.心臓再同期療法の前後の評価に心エコーが有用であった小児の1例.第22回北陸臨床病理集団会セミナー;2014 Sep 20;富山.
  28. 山下峰*, 大槻晋也, 多賀由紀子, 川島猛志, 野手良剛, 北島勲.CK-MB 蛋白量測定試薬「L タイプワコーCK-MB mass」の機能評価および電気泳動法による解析.第22回北陸臨床病理集団会セミナー;2014 Sep 20;富山.
  29. 上野智浩, 仁井見英樹, 齋藤滋, 北島勲.Tm mapping 法(感染症起炎菌迅速同定法)の院内試験運用結果とその評価.第22回北陸臨床病理集団会セミナー;2014 Sep 20;富山.
  30. 関口敬文, 森田未香, 坂本純子, 野手良剛, 北島勲.意識障害を契機に発見された播種性ノカルジア症の1例.第53回日臨技中部圏支部医学検査学会;2014 Sep 27;富山.
  31. 大槻晋也*, 山下峰, 野手良剛, 北島勲. 汎用自動分析装置を用いたインスリン測定試薬「ノルデイアインスリン」の基礎的検討. 日本臨床検査自動化学会第46回大会;2014 Oct 11;神戸.
  32. 山下峰*, 大槻晋也, 野手良剛, 北島勲.新規CK-MB 蛋白量測定試薬「L タイプワコーCK-MBmass の基礎的検討」日本臨床検査自動化学会第46回大会;2014 Oct 11;神戸.
  33. 横田綾, 北島勲. 直接トロンビン阻害薬ダビガトランのモニタリング検査に関する検討. 日本臨床検査自動化学会第46回大会;2014 Oct 11;神戸.
  34. 杉森弘子, 大原麻衣子, 黒ア宏子, 供田文宏, 小池勤, 井上博, 原田健右, 北島勲.健常な勤労者における有酸素運動の転写因子NF-κB 活性化に及ぼす影響.第37回日本高血圧学会総会;2014 Oct 17;横浜.
  35. 仁井見英樹.迅速簡便な感染症起炎菌同定技術の開発.日立中央研究所講演;2014 Nov 13.
  36. 仁井見英樹, 上野智浩, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 杉江和茂, 齋藤滋, 北島勲.Tm mapping 法(感染症起炎菌迅速同定法)の院内試験運用とその評価.第61回日本臨床検査医学会学術集会;2014 Nov 23;福岡.

その他

  1. 特許取得:北島勲.特許第5504477号.発明名称「指尖脈波解析装置及びこれを用いた血管内皮機能評価システム」出願番号;特願2010-059907.出願日:平成22 年3 月16 日, 登録日:平成26年3月28日
  2. 特許取得: 多葉田誉, 南洋, 仁井見英樹, 北島勲, 上野智浩, 林史郎, 森正之.特許第5583602号.発明名称「耐性DNAポリメラーゼを含む酵素調整物およびその製造方法, 並びに検出対象生物の検出方法」.出願番号:特願2010−546663.出願日:平成22年1月15日, 登録日:平成26年7月25日, 公開日:平成26年9月3日
  3. 北島勲:富山県臨床検査管理協議会の果たす役割.平成16年度臨床検査精度管理調査報告書2014;26:1.
  4. 高倉一恵, 松井祥子, 野口寿美, 島木貴久子, 佐野隆子, 酒井渉, 北島勲.風疹抗体価の動向. 学園の臨床研究 2014;13:11-5.

ページの先頭へ戻る

2013年

著書

  1. 北島勲. 標準臨床検査医学. 第4版. 高木康, 山田俊幸編. 東京:医学書院;2013. 重金属ならびに関連蛋白;p.232-40.
  2. 北島勲. 新規抗凝固薬の選び方・使い方. 豊田一則編. 大阪:フジメディカル出版;2013. 新規抗凝固薬のモニタリング;p. 88-99.
  3. 北島勲. 臨床検査データブックLAB DATA2013-2014. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2013. プロトロンビン時間(PT), トロンボテスト(TT), ヘパプラスチンテスト(HPT), 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT);p.375-9.
  4. 北島勲. 臨床検査データブックLAB DATA2013-2014. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2013. フィブリノゲン, 可溶性フィブリンモノマー複合体(FMC), フィブリン/フィブリノゲン分解産物[FDP], Dダイマー;p.375-87, 388-93, 394-9, 401-4, 404-12.
  5. 北島勲. 臨床検査データブックLAB DATA2013-2014. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2013. プロトロンビン, プロトロンビンフラグメント(PF1+2), 第V因子, 第VII因子, 第VIII因子, von Willebrand 因子, von Willenrand因子マルチマー解析, vWF切断酵素(ADAMTS13), 第IX因子, 第X因子, 第XI因子, 第XII因子, 第XIII因子;p.387-98.
  6. 北島勲. 臨床検査データブックLAB DATA2013-2014. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2013. 凝固因子インヒビター定性(クロスミキシング試験), 第[因子インヒビター, 第IX因子インヒビター, 組織因子(組織トロンボプラスチン), 総組織因子経路インヒビター(総TFPI). アンチトロンビン(AT), トロンビン・アンチ トロンビン複合体(TAT);p.396-404.
  7. 北島勲. 臨床検査データブックLAB DATA2013-2014. 黒川清, 春日正雅, 北村聖編. 東京:医学書院;2013. トロンボモジュリン, プロテインC, プロテインS, 組織プラスミノゲンアクチベータ(t-PA), プラスミノゲンアクチベータインヒビター1(PAI-1), t-PA・PAI-1 複合体, プラスミノゲン, α2-プラスミンインヒビター, プラスミン・α2-プラスミンインヒビター複合体(PICテスト);p.2013-4.

原著

  1. Harada K, Mikuni S, Beppu H, Niimi H, Abe S, Hano N, Yamagata K, Kinjo M, Kitajima I. A rapid and high-throughput quantitation assay of the neclear factor κB activity using fluorescence correlation spectroscopy in the setting of clinical laboratories. PLoS One.2013 Oct;8:e75579. PMID:24124497
  2. Mimuro J, Takahashi H, Kitajima I, Tsuji H, Eguchi Y, Matsushita T, Kuroda T, Sakata Y. Impact of recombinant sokuble thrombomodulin (thrombomodulin alfa) on disseminated intravascular coagulation.Throm Res. 2013 May;131(5):436-43. PMID:23566534
  3. Madoiwa S, Kitajima I, Ohmori T, Sakata Y, Mimuro J. Distinct reactivity of the commercially available monoclonal antibodies of D-dimer and plasma FDP testing to the molecular variants of fibrin degradation products. Thromb Res. 2013 Oct;132(4):457-64. PMID:24011388

総説

  1. 北島勲. 【ワンランク上の小児の臨床検査−生理に基づく選び方・考え方−】小児の臨床検査の基礎知識 臨床検査総論. 小児科学レクチャー. 2013;3(2):281-8.
  2. 北島勲. 静脈血栓塞栓症(VTE). 検査と技術. 2013;41(9):752-8.
  3. 北島勲. 新規経口トロンビン阻害薬における凝固検査の重要性と問題点. 兵庫県医師会医学雑誌. 2013;56(1):2-3.
  4. 山下峰, 北島勲. ビタミンDの抗腫瘍効果に対するエビデンス. 臨床化学. 2013;42(2):356-8.
  5. 仁井見英樹. メタゲノム解析が拓くマイクロバイオーム検査の可能性. 臨床化学. 2013;42(1):83-4.
  6. 仁井見英樹. Tm mapping 法:検体採取後3時間以内での起因菌同定を可能とする新たな検査法. 臨床化学. 2013;42(2):124-30.
  7. 仁井見英樹. 感染症迅速検査技術のUp To Date−核酸検査法の逆襲−. 臨床化学. 2013;42(2):104.

学会報告

  1. Niimi H, Ueno T, Hayashi S, Mori M, Tabata H, Minami H, Saito S, Kitajima I. A New rapid, easyand cost-effective method that identifies unknown pathogenic microorganisms within 3 hours from sample collection. 20th European Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine; 2013 May 19-23; Milano. (Invited lecture)
  2. Kitajima I, Hirano K, Tani M, Tanaka K. Novel haemostatic biomarkers in acute cardioembolic stroke. 20th European Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine; 2013 May 19-23; Milano.
  3. Kitajima I, Hirano K, Tani M, Tanaka K. Novel haemostatic biomarkers in acute cardioembolic stroke. 2013 American Association for Clinical Chemistry Annaul Meetin; 2013 Jul 28-Augst 1; Houston.
  4. Matsushita T, Watanabe J, Goichi Honda, Mimuro J, Takahashi H, Tsuji H, Eguchi Y, Kitajima I, Sakata Y. Thrombomodulin Alfa Treatment For Disseminated Intravascular Coagulation In Acute Promyelocytic Leukemia: A Retrospective Analysis Of The Open-Label, Multicenter Study Cohort. 55th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition; 2013 Dec 10-14; New Orleans.
  5. 北島勲. 新規経口トロンビン阻害薬剤における凝固検査の重要性と問題点. 日本医師会生涯教育協力講座;2013 Jan 26;京都. (招待講演)
  6. 北島勲. 新規経口凝固薬と凝固・線溶検査. 日本医師会福井県支部生涯教育協力講座;2013 Feb 17;福井. (招待講演)
  7. 北島勲. 基礎の観点からトロンビン阻害薬の有用性を考える. 第38回日本脳卒中学会総会STROKE2013;2013 Mar 23;東京. (招待講演)
  8. 北島勲. Novel clinical laboratory markers of blood coagulation and fibrinolysis. 第38回脳卒中学会総会血栓止血学会合同シンポジウム;2013 Mar 23;東京. (招待講演)
  9. 北島勲. 血栓止血学からみたトロンビン阻害薬の有用性. 心臓血管フォーラム2013;2013 Apr 18;大阪. (招待講演)
  10. 北島勲. 心房細動と脳梗塞. 日本医師会生涯教育協力講座;2013 May 11;神戸. (招待講演)
  11. 北島勲. 新規経口抗凝固薬安全性チェックのための凝固検査薬探索. 第35回日本血栓止血学会学術集会会長要請共催シンポジウム;2013 May31;山形. (招待講演)
  12. 北島勲. 凝固学の視点からトロンビン阻害薬の有用性を考える. 第35回日本血栓止血学会学術集会会長ランチョンセミナー;2013 May31;山形. (招待講演)
  13. 北島勲. トロンビン阻害薬の特徴を理解する. 第4回National Stroke Summit;2013 Jun 29;東京. (招待講演)
  14. 北島勲. 心房細動における凝固亢進とトロンビン阻害薬の有用性. 第28回犬山不整脈カンファレンス;2013 Aug 24;名古屋. (招待講演)
  15. 北島勲. 循環器疾患のバイオマーカー検査の進歩 凝固・線溶マーカー. 日本臨床検査自動化学会第45回大会;2013 Oct 11;横浜. (招待講演)
  16. 北島勲. 血栓・止血分子マーカーの最前. 第60回日本臨床検査医学会学術集会;2013 Oct 31;神戸. (招待講演)
  17. 北島勲. 心原性脳塞栓症の予防と最新治療・長野日本医師会生涯教育協力講座;2013 Oct 13;長野. (招待講演)
  18. 仁井見英樹. eukaryote-made Taq DNA polymerase およびTm mapping 法による感染症迅速検査システムの構築. 第22回信大臨床検査セミナー;2013 Sep 15;松本. (招待講演)
  19. 仁井見英樹. 一般細菌における遺伝子検査. 山梨県臨床衛生検査技師会微生物・遺伝子検査研究班合同研修会;2013 Feb 15;中央. (招待講演)
  20. 野手良剛, 林龍二, 三村泰彦, 北川洋子, 青木雅子, 山本善裕, 田代将人. 当院におけるアンチバイオグラムと薬剤耐性菌の分離状況. 第28回日本環境感染学会総会;2013 Mar 2;横浜.
  21. 滝脇正貴, 山下峰, 宇治義則, 供田文宏, 小池勤, 井上博, 北島勲. 本態性高血圧症における血中脂質と血液粘性の関係. 第52回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第326回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会;2013 Mar 10;津.
  22. 山下峰, 滝脇正貴, 宇治義則, 供田文宏, 井上博, 北島勲. 本態性高血圧患者における血清25-ヒドロキシビタミンD3濃度とCa, P 代謝指標の関係. 第52回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第326回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会;2013 Mar 10;津.
  23. 山下峰, 滝脇正貴, 宇治義則, 北島勲, 供田文宏, 井上博. 本態性高血圧症患者における血清25-OHビタミンD3濃度測定の評価. 第24回生物試料分析科学会年次学術集会;2013 Mar 13;博多.
  24. 滝脇正貴, 山下峰, 宇治義則, 供田文宏, 井上 博, 北島勲. 本態性高血圧症における血中脂質と血液粘性. 第24回生物試料分析科学会年次学術集会;2013 Mar 13:博多.
  25. 関口敬文, 滝脇正貴, 宇治義則, 田部井洋介, 浅野泰久, 北島勲. 酵素法による血漿Threonine定量法の確立. 第24回生物試料分析科学会年次学術集会;2013 Mar 13:博多.
  26. 塩崎真弓, 山岸奈々, 成瀬里恵, 吉田千晶, 宇治義則, 平井忠和, 市田蕗子, 井上博, 芳村直樹, 北島勲. 循環器内科外来の成人先天性心疾患における心エコー図所見の特徴. 第77回日本循環器学会学術集会;2013 Mar 16;横浜.
  27. 川添友紀, 吉田聡, 別府秀幸, 北島勲. 肝がん細胞におけるトロンビンによるTFとPAI-1発現と古典的NF-κBシグナル低反応性との関連. 第35回日本血栓止血学会学術集会;2013 Jun 1;山形.
  28. 田川寛子, 仁井見英樹, 上野智浩, 北島勲. 液相Cell Counting法, 迅速で簡便な薬剤感受性試験法の開発の試み. 第24回日本臨床化学東海・北陸支部総会/第32回日本臨床検査医学会東海・北陸支部例会;2013 Jul 20;浜松.
  29. 上野智裕, 仁井見英樹, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲. eukaryote-made Taq polymeraseを用いた迅速な子宮内感染症・相対的定量検出法の構築. 第24回日本臨床化学東海・北陸支部総会/第32回日本臨床検査医学会東海・北陸支部例会;2013 Jul 20;浜松.
  30. 山岸奈々, 北島勲. 骨形成因子(BMP)受容体変異とシグナル異常は上皮細胞腫瘍化に影響を与える. 第53回日本臨床化学会年次学術集会;2013 Aug 30;徳島.
  31. 仁井見英樹, 上野智浩, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 北島勲. Tm mappng法:検体採取3時間以内で不特定の起因菌を同定する迅速検査法. 第53回日本臨床化学会年次学術集会;2013 Aug 31;徳島.
  32. 山岸奈々, 塩崎真弓, 成瀬理恵, 井上博, 北島勲. 心臓内腫瘤の検出における経胸心エコーの有用性. 第38回北陸臨床病理集談会;2013 Sep14;金沢.
  33. 上野智浩, 仁井見英樹, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲. eukatyote-made Taq polymeraseを用いた迅速な子宮内感染症・菌検出法の構築. 第38回北陸臨床病理集談会;2013 Sep 14;金沢.
  34. 山下峰, 滝脇正貴, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲. AQT90FLEX免疫測定装置によるCK-MB蛋白量測定の基礎的検討. 日本臨床検査自動化学会第45回大会;2013 Oct 11;横浜.
  35. 関口敬文, 滝脇正貴, 上野智浩, 宇治義則, 北島勲. 全自動生化学分析装置による血漿Threonin, Tryptophan, Glycine分析法構築と臨床への応用. 日本臨床検査自動化学会第45回大会;2013 Oct 11;横浜.
  36. 吉田聡, 吉田淑子, 古市恵津子, 吉田加奈美, 岡部素典, 北島勲. Image J を用画像解析の適応性. 日本解剖学会中部地区地方会;2013 Oct 5;山梨.
  37. 仁井見英樹, 上野智浩, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲. Tm mapping法:患者検体採取後3時間以内での迅速起因菌同定法. 第60回日本臨床検査医学会学術集会;2013 Oct 31;神戸.
  38. 上野智浩, 仁井見英樹, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 齋藤滋, 北島勲. eukaryote-made Taq polymeraseを用いた子宮内感染症の相対的定量検出法. 第60回日本臨床検査医学会学術集会;2013 Oct 31;神戸.
  39. 田川寛子, 仁井見英樹, 北島勲. 液相Cell Counting法:迅速かつ簡便な薬剤感受性試験法開発の試み. 第60回日本臨床検査医学会学術集会;2013 Oct 31;神戸.
  40. 滝脇正貴, 関口敬文, 宇治義則, 田部井陽介, 浅野泰久, 北島勲. 酵素法による血漿Threinine定量法の確立. 第60回日本臨床検査医学会学術集会;2013 Oct 31;神戸.
  41. 山下峰, 滝脇正貴, 北島勲, 供田文宏, 小池勤, 井上博, 宇治義則. 本態性高血圧症における交感神経・副腎髄質系と血中FGF-23との関係. 第60回日本臨床検査医学会学術集会;2013 Oct 31;神戸.

その他

  1. 欧州特許条約許可:Miimi H, Kitajima I. Method for identifying pathogenic microorganisms responsible for infection by extracting the DNA of a microorganism. 出願番号(07714581. 1)(PTC-TU4-33)
  2. 本田孝行, 松尾収二, 正木充, 原田健右, 高崎匡, 中村文彦. 臨床で利用しやすい検査結果を提供しよう. 第59回学術集会Reversed Clinicopathological Conference(R-CPC). 臨床病理. 2013;6(3):271-82.
  3. 松井祥子, 高倉一恵, 島木貴久子, 野口寿美, 佐野隆子, 酒井渉, 北島勲. 麻疹アウトブレークその後. 学園の臨床研究(富山大学保健管理センター紀要). 2013;12:1-4.
  4. 酒井渉, 松井祥子, 高倉一恵, 島木貴久子, 立瀬剛志, 吉永崇史, 水野 薫, 原澤さゆみ, 瀬尾友徳, 日下部高史, 島木貴久子, 佐野隆子, 四間丁千枝, 島田尚佳, 宮村健壮, 舟田久, 廣川慎一郎, 宮脇利男, 北島勲. 医薬キャンパスにおける学生支援の現状と課題−安全配慮義務との関連から−. 学園の臨床研究(富山大学保健管理センター紀要). 2013;12:77-82.

ページの先頭へ戻る

2012年

著書

  1. 北島勲, 康東天, 桑克彦, 安東由喜雄:「臨牀化学 勧告法総集編2012年度版」日本臨床化学会編, 日本臨床化学会, 東京, 2012.

原著

  1. Uji Y., Motomiya Y., and Ando Y.:Effect of heparin on conformation of the β2-microglobulin molecule. Ther Apher Dial. Apr;16(2):159-62.2012. PMID:22458395
  2. Motomiya Y., Uji Y., and Ando Y. :Capillary electrophoretic profile of β2-microglobulin intermediate associated with hemodialysis. Ther Apher Dial. Aug;16(4):350-4.2012. PMID:22817123
  3. Hirano K., Takashima S., Dougu N., Taguchi Y., Nukui T., Konishi H., Toyoda S., Kitajima I., and Tanaka K. :Study of hemostatic biomarkers in acute ischemic stroke by clinical subtype. J Stroke Cerebrovasc Dis. Jul;21(5):404-10.2012. PMID:22516429
  4. 滝脇正貴*, 宇治義則, 北島勲:化学発光酵素免疫法を用いたHBs抗原測定のB型慢性肝炎患者での評価. 生物試料分析, 35:127-132, 2012.
  5. 久保田智美*, 林史朗, 仁井見英樹, 北島勲:当院6年間のおける細菌性眼感染症の検出菌動向調査−検査室の視点から−. 臨床病理, 60(7):605-11.2012. PMID:22973718

総説

  1. 北島勲, 仁井見英樹:菌血症/全身炎症反応症候群に対する迅速・高感度検査システムの構築. 臨床病理, 60:46-51, 2012.
  2. 北島勲, 横田浩充:チーム医療を支える臨床検査. 臨床化学, 41(suppl. 1): 149, 2012.
  3. 宇治義則, 滝脇正貴*, 北島勲:新しいCK-MB 活性測定法. 臨床化学, 41: 86-87, 2012.
  4. 宇治義則: 国際標準化機構(ISO).「南山堂医学大辞典 2012」,南山堂, 東京, 2012.
  5. 宇治義則: 血清アルブミン, その他の蛋白質.「メディカルサイエンス病態生化学/臨床化学検査学」, 近代出版, 東京, 2012

学会報告

  1. Niimi H., Ueno T.*, Hayashi S., Mori M., Tabata H., Minami H., and Kitajima I. :A novel rapid method enables identification of pathogenic micro-organisms within 3 hours after samples are collected. 22nd European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, 2012, 4, 2, London.
  2. Uji Y., Yamashita M. *, Takiwaki M. *, and Kitajima I. :Evaluation of Sysmex new automated hematology analyzer XN-9000 in routine clinical laboratory. AACC Annual Meeting 2012 & Clinical Lab Expo, 2012, 7, 15-19, Los Angeles.
  3. Yamashita M. *, Takiwaki M. *, Uji Y., Kitajima I., Honda T., and Hidaka H. :Quantitative measurement of serum phosphatidylcholine and lysophosphatidylcholine using matrix-assisted laser desorption/ ionization time-of-flight mass spectrometry. AACC Annual Meeting 2012 & Clinical Lab Expo, 2012, 7, 15-19, Los Angeles.
  4. Harada K. *, Mikuni S., Tomoda F., S. Kagitani., Koike T., Kinjo M., Inoue H., and Kitajima I. :Nuclear factor-kappa B activity in the peripheral blood lymphocytes measured with the novel quantitative system using the fluorescent correlation spectroscopy correlates with intra-abdominal fat area in patients with essential hypertension. AACC Annual Meeting 2012 & Clinical Lab Expo, 2012, 7, 15-19, Los Angeles.
  5. Niimi H., Ueno T. *, Hayashi S., Mori M., Tabata H., Minami H., Saito S., and Kitajima I. :A novel TM-mapping methodthat enables identification of pathogenic microorganisms within 3 hours after samples are collected. 52nd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 2012, 9, 11, San Francisco.
  6. Taki T., Tomoda F., Koike T., Ohara M., Hirose M., Kagitani S., Inoue H., Takiwaki M. *, Uji Y., and Kitajima I. :Relation of small dense low-density lipoprotein cholesterol to carotid atherosclerosis in essential hypertensives with normal renal function. The 24th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2012, 9, 30 -10, 3, Sydney.
  7. Miyamoto M., Yamazaki H., Tomoda F., Koike T., Kagitani S., Nakagawa T., Inoue H., Takiwaki M. *, Uji Y., and Kitajima I. :Small dense low-density lipoprotein cholesterol, and its clinical features in patients with nephrotic syndrome. The 45th Annual Meeting of American Society of Nephrology, 2012, 10, 30 -11, 4, San Diego.
  8. 川添友紀*, 宇治義則, 北島勲, 井上 博:直接トロンビン阻害薬ダビガトランエテキシラート投与におけるPT, APTT モニターの必要性. 第51回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第32回日本臨床化学会東海北陸支部例会 連合大会, 2012, 3, 11, 小田原.
  9. 久保田智美*, 林 史朗, 野手良剛, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:当院における眼科感染症の菌検出に関する分析. 第51回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第32回日本臨床化学会東海北陸支部例会 連合大会, 2012, 3, 11, 小田原.
  10. 滝脇正貴*, 宇治義則, 吉田千晶, 仁井見英樹, 供田文宏, 本宮善恢:透析によるβ2-ミクログロブリン中間体除去能の評価. 第22回生物試料分析科学会学術集会, 2012, 3, 10-11, 福岡.
  11. 原田健右*, 別府秀幸, 仁井見英樹, 阿部滋樹, 羽野陽子, 山形浩一, 北島勲:蛍光相関分光法(FCS)による転写因子NF-κB 活性のハイスループット定量法開発. 第51回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第32回日本臨床化学会東海北陸支部例会 連合大会, 2012, 3, 11, 小田原.
  12. 原田健右*, 別府秀幸, 仁井見英樹, 供田文宏, 鍵谷聡, 小池勤, 井上博, 北島勲:転写因子NF-κB 活性が高血圧に及ぼす影響とその規定因子の臨床的意義. 第51回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会・第32回日本臨床化学会東海北陸支部例会連合大会, 2012, 3, 11, 小田原.
  13. 山下峰*, 滝脇正貴*, 宇治義則, 北島勲:MtCK活性阻害抗体を用いた新規CK-MB 測定法の臨床評価. 第52回日本臨床化学会年会, 2012, 9, 6-7, 盛岡.
  14. 山下峰*, 滝脇正貴*, 日高宏哉, 宇治義則, 北島勲:MALSI-TOF MSを用いたホスファチジルコリンおよびリゾホスファチジルコリンの定量分析. 第23回日本臨床化学会東海北陸支部総会・第31回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会, 2012, 8, 4, 富山.
  15. 上野智浩*, 仁井見英樹, 林 史朗, 野手良剛, 北島勲:Tm mapping 法を用いた感染症起炎菌迅速同定システムの開発. 第23回日本臨床化学東海北陸支部総会・第31回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会 連合大会, 2012, 8, 4, 富山.
  16. 久保田智美*, 林史朗, 上野智浩, 野手良剛, 仁井見英樹, 北島勲:当院6年間における細菌性眼感染症の検出菌動向調査−検査室の視点から−. 第23回日本臨床化学会東海北陸支部総会・第31回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会, 2012, 8, 4, 富山.
  17. 滝脇正貴*, 山下峰*, 宇治義則, 北島勲:MtCK活性の影響を回避した新規CK-MB測定法の臨床評価. 第23回日本臨床化学会東海北陸支部総会・第31回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会 連合大会, 2012, 8, 4, 富山.
  18. 滝知彦, 供田文宏, 小池勤, 大原麻衣子, 廣瀬雅代, 井上博, 滝脇正貴*, 宇治義則, 北島勲:本態性高血圧症における脂質異常症と大血管の構造異常との関係:小型高密度LDL の重要性. 第35回日本高血圧学会総会, 2012, 9, 20-22, 名古屋.
  19. 滝脇正貴*, 山下峰*, 宇治義則, 供田文宏, 小池勤, 井上博, 北島勲:本態性高血圧におけるsmall dense LDLと血液粘性との関係. 第59回日本臨床検査医学会学術集会, 2012, 11, 29-12, 2, 京都.
  20. 仁井見英樹, 上野智浩*, 林史朗, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 野手良剛, 斎藤滋, 北島勲:Tm mapping法を用いた感染症起炎菌迅速同定システムの開発. 第59回日本臨床検査医学会学術集会, 2012, 11, 29 -12, 2, 京都.
  21. 上野智浩* , 仁井見英樹, 林史朗, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 野手良剛, 斎藤滋, 北島勲 :eukaryote-made Taq polymerase を用いた迅速な子宮内感染症検査法の構築. 第59回日本臨床検査医学会学術集会, 2012, 11, 29 -12, 2, 京都.
  22. 山下峰*, 滝脇正貴*, 宇治義則, 供田文宏, 井上博, 北島勲:本態性高血圧症における血中25-ヒドロキシビタミンD3の評価. 第59回日本臨床検査医学会学術集会, 2012, 11, 29 -12, 2, 京都.
  23. 久保田智美*, 林史朗, 上野智浩*, 野手良剛, 仁井見英樹, 北島勲:当院6年間における細菌性眼感染症の検出菌動向調査−検査室の視点から−. 第59回日本臨床検査医学会学術集会, 2012, 11, 29 -12, 2, 京都.
  24. 原田健右*, 上野智浩*, 仁井見英樹, 山城清二, 北島勲:新規HMBS遺伝子変異を認めた急性間欠性ポルフィリン症の一例. 第59回日本臨床検査医学会学術集会, 2012, 11, 29 -12, 2, 京都.
  25. 滝脇正貴*, 山下峰*, 桑原卓美, 宇治義則, 北島勲:多項目自動血球分析装置XN-9000 の基本性能と業務効率の評価. 日本臨床検査自動化学会第44回大会, 2012, 10, 11-13, 横浜.
  26. 川添友紀*, 吉田聡, 上野亨敏, 別府秀幸, 北島勲:トロンビンによる組織因子およびプラスミノーゲンアクチベータインヒビター1 の発現機構の解析−NF-κB とTGF-βシグナルの役割. 第85回日本生化学会大会, 2012, 12, 15-16, 福岡.
  27. 山岸奈々*, 石井彰, 別府秀幸, 北島勲:BMPR2 変異間質細胞におけるNF-κB 活性化亢進とCD34発現誘導. 第85回日本生化学会大会, 2012, 12, 15-16, 福岡.

その他

  1. 北島勲, 平野恒治, 谷みね子, 田中耕太郎:脳梗塞急性期における凝固分子マーカーの病型別解析. 第11回TTMフォーラム記録, 103-110, 2012.
  2. 北島勲, 矢坂正弘, 松本直樹:プラザキサを適正に使用するために必要なことを考える. Medical Tribune, 2012年7月26日号.
  3. 宇治義則:測定の不確かさとトレーサビリティ. (財)新潟県予防医学協会セミナー, 2012, 1, 6, 新潟. (招聘講演)
  4. 宇治義則:ISO15189 認定取得の実際. 東京慈恵会医科大学・臨床検査医学セミナー, 2012, 9, 25, 東京. (招聘講演)
  5. Niimi H., and Kitajima I. :Method for identifying pathogenic microorganisms responsible for infection by extracting the DNA of a microorganism. United States Patent, Patent NO. US8, 323, 898 B2, Date of patent:12, 4, 2012.
  6. 宇治義則, 北島勲(編):第23回日本臨床化学会東海北陸支部・第31回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会 抄録集, 富山, 2012.

ページの先頭へ戻る

2011年

原著

  1. Niimi H., Mori M., Tabata H., Minami H., Ueno T*., Hayashi S.and Kitajima I.: A novel “eukaryote-made” thermo stable DNA polymerase which is free from bacterial DNA contamination. Journal of Clinical Microbiology,49(9): 3316-3320, 2011. PMID:21775543
  2. 滝脇正貴*, 宇治義則, 北島勲:小児心不全患者における血清BNP, 血漿NT-ProBNP の評価. 生物試料分析, 34(4):287-292, 2011.

症例報告

  1. Takano A., Niimi H., Atarashi Y., Sawasaki T., Terasaki T., Nakabayashi T., Kitajima I., Tobe K., and Takahara T. :A novel Y231del mutation of HFE in hereditary hemochromatosis provides in vivo evidence that the Huh-7 is a human haemochromatotic cell line. Liver International, 31(10): 1593-1594, 2011.

学会報告

  1. Kitajima I., Yoshioka K., Kabata T., Tani M., Tomita K., and Uji Y. :Rapid change of the finbrin monomer complex level during the perioperative period for early diagnosis of venous thrombolism. 21st Internatinal Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine. 2011, 5, 15-19, Berlin, Germany.
  2. Kitajima I., Harada K. *, Tomoda F., Kagitani S., Koike T., and Inoue H. :NF-κB activity in the peripheral blood lymphocytes correlates with metabolic syndrome-related biomarkers in patients with essential hypertension. 2011 American Society for Clinical Pathology Annual Meeting/WASPaLM XXVI Wordld Cobgress, 2011, 10, 19-23, Las Vegas, USA.
  3. Kitajima I., Beppu H., Nogami T., Shoda N., and Fukunaga K. :Reduced expression of the ATRX gene, A chromatin-remodeling factor, causes abnormal behaviors and learning impairment. XXth World Congress of Neurology, 2011, 11, 12-17, Marrakesh, Morocco.
  4. Uji Y., Takiwaki M. *, Yoshida C. *, Niimi H., Motomiya Y., Ando Y., and Kitajima I. :Beta-2 microglobulin intermediate in serum by capillary electrophoresis. 21st International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine. 2011, 5, 15-19, Berlin, Germany.
  5. Takiwaki M*., Uji Y., Yoshida C*., Niimi H., and Kitajima I. :Plasma B-trype natriuremic peptide (BNP) and serum N-terminal pro-BNP (NTP-BNP) and LVEF levels with heart failure children. 21st International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine. 2011, 5, 15-19, Berlin, Germany.
  6. Niimi H., Mori M., Minami H., Ueno T. *, Hayashi S., and Kitajima I. :Highly sensitive detection of bacteria using novel “eukaryote-made” Taq polymerase. 21st International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine. 2011, 5, 15-19, Berlin, Germany.
  7. Sakata Y., Mimuro J., Takahashi H., Tshuji H., Eguchi Y., Kitajima I., Matsushita T., and Kuroda T. :Post-marketing surveillance of the safety and effectiveness of thrombomodulin alfa in Japanease patients with DIC. XXIII Congress of the International Society of Thrombosis and Haemostasis. 2011, 7, 26, Kyoto, Japan.
  8. Takiwaki M*., Uji Y., Ueno T. *, Niimi H., and Kitajima I. :Evaluation of HBs antigen enzyme immunoassay for chronic hepatitis B patients, 2011 Annual meeting of American Association for Clinical Chemistry, 2011, 7, 24-28, Atlanta, USA.
  9. 原田健右*, 別府秀幸, 仁井見英樹, 阿部滋樹, 羽野陽子, 山形浩一, 北島勲:蛍光相関分光法を用いた生体試料中の転写因子NF-κB 測定法の開発. 第21回生物試料分析化学年次学術集会, 2011, 2, 19, 松山.
  10. 滝脇正貴*, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:BNP, NT-proBNP, 小児心不全患者についての評価. 第21回生物試料分析化学年次学術集会, 2011, 2, 19, 松山.
  11. 北島勲, 谷みね子, 平野恒治, 田中耕太郎:脳梗塞急性期における病型別解析. 第11回TTM フォーラム, 2011, 3, 5, 東京.
  12. 滝脇正貴*, 上野智浩*, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:化学発光免疫測定法によるHBs抗原測定の基礎的検討. 第50回日本臨床検査学会東海・北陸支部総会 第322回日本臨床化学会東海・北陸支部例会連合大会, 2011, 3, 13, 金沢.
  13. 仁井見英樹, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 上野智浩*, 林史朗, 北島勲:eukaryote-made Taq polymerase の開発による高感度なバクテリア検出法. 第322回日本臨床化学会東海・北陸支部例会連合大会, 2011, 3, 13, 金沢.
  14. 市川久美, 供田文宏, 廣瀬雅代, 劉和幸, 大原麻衣子, 山崎秀憲, 中川泰三, 小池勤, 鍵谷聡志, 井上博, 北島勲, 宇治義則, 菅原秀穂, 横田力:β2-ミクログロブリン分画の透析除去能:ポリスルフォン(PS)膜とポリエーテル膜(PES)膜との差異. 第56回日本透析医学会学術集会, 2011, 6, 18, 横浜.
  15. 吉田千晶*, 原田健右*, 片沼晶子, 川島猛志, 廣瀬雅代, 供田文宏, 宇治義則, 北島勲:Endo-PAT2000 および改良型血管解析システムPRASの評価. 第22回日本臨床化学会東海北陸支部総会, 第30回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会, 2011, 8, 6, 名古屋.
  16. 滝脇正貴*, 上野智浩*, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:HBs抗原定量測定の基礎的検討と臨床評価, 第51回日本臨床化学会年次学術集会, 2011, 8, 26, 札幌.
  17. 仁井見英樹, 上野智浩*, 林史朗, 森正之, 多葉田誉, 南洋, 宇治義則, 北島勲:"eukaryote-made" Taq polymerase を用いた高感度・迅速な感染症起因菌同定システムの構築. 第51回日本臨床化学会年次学術集会, 2011, 8, 26, 札幌.
  18. 安本由佳, 森下英理子, 関谷暁子, 丸山恵子, 仲林泰代, 仁井見英樹, 北島勲, 朝倉英策, 大竹茂樹, 中尾眞二:深部静脈血栓症を発症した先天性第X因子(FV)欠乏症の一例. 第36回北陸臨床病理集談会, 2011, 9, 10, 金沢.
  19. 滝脇正貴*, 宇治義則, 吉田千晶, 供田文宏, 本宮善恢, 仁井見英樹, 北島勲:β2-ミクログロブリン中間体の透析による除去能について. 第36回北陸臨床病理集談会, 2011, 9, 10, 金沢.
  20. 上野智浩*, 仁井見英樹, 林史朗, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲:迅速な敗血症起因菌同定システムの構築と正確性の評価. 第36回北陸臨床病理集談会, 2011, 9, 10, 金沢.
  21. 滝脇正貴*, 上野智浩*, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:慢性B型肝炎患者におけるHBs抗原定量の評価. 日本臨牀検査自動化学会第43回大会, 2011, 10, 8, 横浜.
  22. 宇治義則:医療現場のニーズに応える研究と知識を活用できる教育”新しい臨床検査法の開発と医療への貢献”. 九州大学 保健学研究院セミナー 2011, 10, 24, 福岡.
  23. 仁井見英樹, 上野智浩*, 林史朗, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲:eukaryote-made Taq polymerase を用いた正確で迅速な感染症起因菌同定システムの構築. 第58回日本臨床検査医学会学術集会, 2011,11,18, 岡山.
  24. 上野智浩*, 仁井見英樹, 林史朗, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲:迅速な敗血症起因菌同定システムの構築と正確性の評価. 第58回日本臨床検査医学会学術集会, 2011, 11, 18, 岡山.
  25. 滝脇正貴*, 宇治義則, 吉田千晶, 供田文宏, 本宮善恢, 仁井見英樹, 北島勲:β2-ミクロブログリン分画の透析による除去能についての検討. 第58回日本臨床検査医学会学術集会, 2011,11,18, 岡山.
  26. 近藤匠, 仁井見英樹, 北島勲:Huh-7を用いたヘモクロマトーシス病態メカニズムの解析―Hepcidin 発現異常に関するkey mediator の探索―. 第58回日本臨床検査医学会学術集会, 2011,11,18, 岡山.
  27. 桑原卓美, 柴則子, 細谷孝子, 宇治義則, 北島勲:XN-9000基礎検討, 運用例. 富山県臨床検査技師会血液検査研究班セミナー, 2011, 12, 12, 富山.

その他

  1. 宇治義則:最新医療探訪―世界最高水準の検査を目指す―. 富山大学附属病院だより かわら版, 116:8-9, 2011.
  2. 野手良剛, 久保田智美*, 関口敬文*:インストラクター, 第2回塗抹鏡検スキルトランスファー in 富山, 2011, 12, 11, 富山.

ページの先頭へ戻る

2010年

著書

  1. 原田健右, 北島勲:バイタル異常・急変・ME機器でのアラームサインのアプローチ. 緊急治療を要する疾患の病態生理と薬物治療. (小野寺憲治編), 薬事日報社(東京)p1-186, 2010.

原著

  1. Nogami T., Beppu H., Tokoro T., Moriguchi S., Shioda N., Fukunaga K., Ohtsuka T., Ishii Y., Sasahara M., Shimada Y., Nishijo H., Li E., Kitajima I.:Reduced expression of the ATRX gene, a chromatin-remodeling factor, causes hippocampal dysfunction in mice. Hippocampus; 21(6):678-87, 2011.PMID:20865721
  2. Yoshioka K., Kitajima I., Kabata T., Tani M., Kawahara N., Murakami H., Demura S., Tsubokawa T., Tomita K.:Venous thromboembolism after spinal surgery: Changes of the fibrin monomer complex and D-dimer level during the perioperative period. Journal of Neurosurgery. Spine, 13(5):594-599, 2010.PMID:21039150
  3. Shioda N., Beppu H., Fukuda T., Li E., Kitajima I., Fukunaga K.:Aberrant Calcium/Calmodulin-Dependent Protein Kinase II (CaMKII) Activity Is Associated with Abnormal Dendritic Spine Morphology in the ATRX Mutant Mouse Brain. J Neurosci., 31(1): 346-58, 2011.PMID:21209221
  4. 仁井見英樹, 尾川智美, 野手良剛, 林史朗, 上野智浩, 原田健右, 宇治義則, 北島勲:遺伝子検査室におけるスプライシング異常の遺伝子診断−ピットフォールとアプローチ方法−. 臨床病理58:1162-1168, 2010.PMID:21348235

総説

  1. 北島勲:DIC診断のための新規マーカーとその評価. 血栓と循環17 (4):30-35, 2009.
  2. 北島勲:I型プロコラーゲンC末端プロペプチド(PICP), I型コラーゲンC末端テロペプチド(ICTP). 日本臨牀. 広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査2: 252-255, 2010.
  3. 北島勲:動き始めたわが国のファーマコゲノミクス. 臨床検査54(10): 1105-1106, 2010.
  4. 別府秀幸:BMPシグナル伝達異常と疾患. 実験医学28(4):888-893, 2010.

学会報告

  1. Kitajima I.:Anti-inflammatory effect of pitavastatin on NF-κB activated by TNF-alfa through Rho kinase pathway in breast cancer cells. Keystone Symposia 2010 NF-kappa B in inflammation and Disease, 2010, 1, 5-10, Santa Fe, USA.
  2. Kitajima I., Tani M., Uji Y., Yoshioka K., Kabara T.:Elevated levels of the fibrin monomer compex and D-dimer indicate high risk of venous thromboembolism after spinal surgery. 2010 AACC (American Association for Clinical Chemistry) Annual Meetin, 2010, 7, 25-29, Anaheim, CA, USA.
  3. Uji Y., Takiwaki M., Ueno T., Taga Y., Shiba N., Yoshida C., Kuwabara T., Niimi H., Kitajima I.:Plasma B-type natiuremic peptide (BNP) and serum N-terminal-proBNP (NTpBNP) levels with heart faifure children. 2010 AACC (American Association for Clinical Chemistry) Annual Meetin, 2010, 7, 25-29, Anaheim, CA, USA.
  4. Harada K., Kitajima I.:Nuclear factor-kappa B activity correlates with metabolic syndrome-related biomerkers in patients with essential hypertension. 2010 AACC (American Association for Clinical Chemistry) Annual Meetin, 2010, 7, 25-29, Anaheim, CA, USA.
  5. Niimi H., Takano A., Takahara T., Kitajima I.:A HEF-mutated hemochoromatotic cell line, which suggests the mechanism hepcidine expression rehulated by HEF-BMP-6-Samd pathway. Annual TGF-β meeting, 2010, 9, 3 Leiden, The Netherland.
  6. Beppu H., Leyton P., Liu R., and Bloch K. D.:BMP7 induces enhanced Smad1/5/8 phosphorylationin BMPR2 tail domain-deficient cells. TGF-β meeting, 2010, 9, 1-3, Leiden.
  7. Beppu H.:BMPR2-deficiency causes abnormal cell proliferation in cardiovascular and intestinal tracts. The 59th Fujihara Seminar, Molecular Mechanisms of TGF-beta signaling and disease, 2010, 7, 14-17, Hokkaido.(Invited lecture)
  8. 北島勲:新しい動脈硬化検査法の開発. 平成21年度国立大学法人附属病院技師会研修会, 2010, 2, 5, 富山
  9. 北島勲:動脈硬化検査のup to date. 第23回中部地区生理検査研修会, 2010, 2, 27, 富山
  10. 北島勲, 別府秀幸, 野上達也, 石井陽子, 笹原正清, 森口茂樹, 塩田倫史, 福永浩司, 西条寿夫:クロマチンリモデリング因子ATRX蛋白発現低下マウスの海馬・扁桃体機能異常とその分子機構. 戦略的創造研究事業推進事業(CREST)「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第7回領域内研究会, 2010, 3, 1, 大阪.
  11. 北島勲:新規血管機能検査法開発による血管エイジングの科学的評価と臨床応用. 第4回未病予防システム研究会, 平成21年度知的クラスター地域プロジェクト事業, 2010, 3, 4, 富山.
  12. 原田健右, 供田文宏, 鍵谷聡志, 小池勤, 井上博, 北島勲:転写因子NF-κB活性化が高血圧に及ぶす影響とその規定因子の臨床的意義. 第49回日本臨床検査学会東海北陸支部総会・第320回日本臨床化学会東海北陸支部例会, 2010, 3, 14, 名古屋.
  13. 上野智浩, 野手良剛, 仁井見英樹, 宇治義則, 北島勲:Staphylococcus aureusの菌体外毒素に関する検討. 第49回日本臨床検査学会東海北陸支部総会・第320回日本臨床化学会東海北陸支部例会, 2010, 3, 14, 名古屋.
  14. 原田健右, 供田文宏, 鍵谷聡志, 小池 勤, 井上博, 北島勲:未治療本態性高血圧患者における転写因子NF-κBの活性化とその機序. 第107回内科学会総会, 2010, 4, 10, 東京.
  15. 原田健右, 仁井見英樹, 扇谷晶子, 宇治義則, 北島勲:先天性第V因子欠損症(Phe160Ser)における分子病態解析. 第33回日本血栓止血学会学術集会, 2010, 4, 22, 鹿児島.
  16. 仁井見英樹, 北島勲:先天性アンチトロンビン欠乏症の遺伝子解析. 第33回日本血栓止血学会学術集会, 2010, 4, 22, 鹿児島.
  17. 北島勲:αサラセミア・精神遅滞症候群モデルマウスは, 文脈記憶能力の低下を示す. 第51回日本神経学会総会, 2010, 5, 20, 東京.
  18. 仁井見英樹, 野手良剛, 上野智浩, 宇治義則, 北島勲:Staphylococcus aureusの菌体外毒素産生に関する検討. 第17回日本遺伝子診療学会大会, 2010, 8, 7, 三重.
  19. 滝脇正貴, 日高宏哉, 宇治義則, 北島勲:質量分析を用いたコレステロールエステラーゼのリン脂質分画に関する反応性の検討. 第21回日本臨床化学会東海北陸支部総会・第29回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会, 2010, 8, 28, 福井.
  20. 吉田千晶, 原田健右, 扇谷晶子, 川島猛志, 廣瀬雅代, 供田文宏, 宇治義則, 北島勲:生体血管機能を反映するEndo-PAT2000の性能評価と検査精度向上に向けた検討. 第21回日本臨床化学会東海北陸支部総会・第29回日本臨床検査医学会東海北陸支部例会連合大会, 2010, 8, 28, 福井.
  21. 北島勲:POCTの考え方とその活用法を導入した検査部実習の取り組み. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 10, 東京.
  22. 北島勲:X連鎖αサラセミア・精神遅滞症候群を理解するためにネズミを使った研究. 第2回X連鎖αサラセミア・精神遅滞症候群(ATR-X症候群)患者勉強会, 2010, 9, 18, 横浜.
  23. 北島勲:NF-κBから斬る癌・炎症性疾患・生活習慣病の分子病態解析. 第50回日本臨床化学年次学術集会, 2010, 9, 25, 山梨.
  24. 北島勲:血栓症早期発見へ向けたモニタリング. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  25. 北島勲:DICの病態・診断・治療―分子マーカーからの提言―. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  26. 仁井見英樹, 宇治義則, 北島勲:関節リウマチの病態メカニズムにおけるE1AFの機能解析. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 11, 東京.
  27. 仁井見英樹, 野手良剛, 宇治義則:HFE遺伝子に変異を認めた遺伝性ヘモクロマトーシス症例における病態メカニズムの解析. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 11, 東京.
  28. 原田健右, 供田文宏, 鍵谷聡志, 小池勤, 井上博, 北島勲:蛍光相関分光法を用いた転写因子NF-κBの新たな測定法の確立とその臨床応用. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 10, 東京.
  29. 滝脇正貴, 上野智浩, 多賀由紀子, 柴則子, 吉田千晶, 桑原卓美, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:小児心不全患者における血漿BNP値, 血清NT-ProBNP値の評価. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 12, 東京.
  30. 林史朗, 仁井見英樹, 上野智浩, 坂本純子, 吉田郁子, 森田未香, 宇治義則, 北島勲:子宮内感染症における迅速な検査. 診療システムの構築. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 12, 東京.
  31. 上野智浩, 仁井見英樹, 林史朗, 宇治義則, 北島勲:masked primer dimer法と感染症簡易定量システムの開発. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 12, 東京.
  32. 林史朗, 仁井見英樹, 上野智浩, 坂本純子, 吉田郁子, 森田未香, 宇治義則, 北島勲:迅速な抗生剤感受性検査法の開発. 第57回日本臨床検査医学会学術集会, 2010, 9, 12, 東京.
  33. 滝脇正貴, 宇治義則, 北島勲, 山下峰, 川崎健治, 菅野光俊, 日高恵以子, 本田孝行, 日高宏哉:コレステロースエステラーゼ処理における血清HDL脂質の分析. 第50回日本臨床化学会年次学術集会, 2010, 9, 24, 山梨.
  34. 滝脇正貴, 上野智浩, 多賀由紀子, 柴則子, 吉田千晶, 桑原卓美, 宇治義則, 北島勲:全血中, 血漿中BNPおよび血清中NT-ProBNPの評価. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  35. 吉田千晶, 原田健右, 扇谷晶子, 川島猛志, 廣瀬雅代, 供田文宏, 宇治義則, 北島勲:生体血管機能を反映するEndo-PAT2000の評価と精度向上を目指した自動化への取り組み. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  36. 原田健右, 別府秀幸, 仁井見英樹, 阿部滋樹, 羽野陽子, 山形浩一, 北島勲:蛍光相関分光法を用いた生体試料中の転写因子NF-κB測定法の開発. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  37. 上野智浩, 仁井見英樹, 林史朗, 宇治義則, 北島勲:masked primer dimer法 & one step nested PCR法による高感度・高特異度な感染菌簡易定量システムの開発. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  38. 林史朗, 仁井見英樹, 上野智浩, 宇治義則, 北島勲:迅速な抗生剤感受性試験法の開発と子宮内感染症における迅速検査システムへの応用. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  39. 仁井見英樹, 林史朗, 上野智浩, 原田健右, 宇治義則, 北島勲:遺伝子検査室におけるスプライシング異常の遺伝子診断―ピットフォールとアプローチ法―. 日本臨床検査自動化学会第42回大会, 2010, 10, 9, 神戸.
  40. 西野主眞, 道野淳子, 中出祥代, 佐竹伊津子, 島京子, 安村敏, 北島勲:当院における時間外輸血検査業務の現状について. 日本輸血・細胞治療学会第28回北陸支部例会, 2010, 10, 9, 福井.
  41. 中出祥代, 佐竹伊津子, 道野淳子, 西野主眞, 島京子, 安村敏, 北島勲:PBSCTによる院内のCD34+細胞数の測定の必要性. 日本輸血・細胞治療学会第28回北陸支部例会, 2010, 10, 9, 福井.
  42. 滝脇正貴, 上野智浩, 多賀由紀子, 柴則子, 吉田千晶, 桑原卓美, 宇治義則, 北島勲:小児におけるBNP, NT-ProBNPの評価. 第35回北陸臨床病理集談会, 2010, 10, 16, 富山.
  43. 仁井見英樹, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲:HFE変異を認めた遺伝性ヘモクロマトーシス症例における病態メカニズムの解析. 第35回北陸臨床病理集談会, 2010, 10, 16, 富山.
  44. 飛田耶馬人, 深谷昌弘, 俵田真紀, 吉岡寿倫, 北島勲, 井上英二, 渡辺雅彦, 大塚稔久:平面内細胞極性制御分子Prickleは後シナプス肥厚部に局在しPSD-95およびNMDA受容体と複合体を形成する. 第33回日本分子生物学会年会, 2010, 12, 9, 神戸.

その他

  1. 国際特許出願:〔発明者〕多葉田誉, 南洋, 仁井見英樹, 北島勲, 上野智浩, 林史朗, 森正之 〔発明名称〕耐熱性DNAポリメラーゼを含む酵素調整物およびその製造方法, 並びに検出対象物の検出方法 〔国際特許出願番号〕PTC/JP2010/050443 〔国際出願日〕2010年1月15日.
  2. 国内特許出願:〔発明者〕北島勲〔発明名称〕指尖脈波解析装置及びこれを用いた血管内皮機能評価システム 〔出願番号〕特願2010-59907号 〔出願日〕2010年3月16日.
  3. 国内特許取得:〔発明者〕仁井見英樹, 北島勲 〔特許権者〕国立大学法人富山大学 〔発明名称〕感染症起因菌の迅速同定方法 〔特許番号〕特許4590573号.
  4. 国際特許出願:〔発明者〕仁井見英樹, 北島勲 〔特許出願人〕富山大学 〔発明名称〕感染症起因菌の迅速同定方法 〔番号〕特願2008-501721 〔認定日〕平成22年8月10日.
  5. 谷みね子, 吉岡克人, 加畑多文, 宇治義則, 北島勲:脊椎手術におけるVTE発症と術中, 術後の凝固・線溶系分子マーカーの変動の意義. 第9回TTMフォーラム記録:69-76, 2010.
  6. 北島勲:プロフェショナルリズムの教育を目指して. 富山大学医学部後援会会報37:3, 2010.
  7. 北島勲:平成22年度医学教育ファカルテイ・デベロプメントのご報告. 富山大学医学部後援会会報38:3-4, 2010.
  8. 北島勲:平成22年度富山大学医学部医学科FDの総括. 平成22年度富山第額医学部医学科FD報告書:1-2, 2010.

ページの先頭へ戻る

2009年

著書

  1. 北島勲:EDTA負荷試験. 医学大辞典(第2版), 258, 医学書院, 東京, 2009.
  2. 北島勲:カルシウム吸収試験. 医学大辞典(第2版), 471, 医学書院, 東京, 2009.
  3. 北島勲:腎原性サイクリックAMP. 医学大辞典(第2版), 1406-7, 医学書院, 東京, 2009.
  4. 北島勲:ビタミンD 測定法. 医学大辞典(第2版), 2335, 医学書院, 東京, 2009.
  5. 北島勲:副甲状腺機能検査. 医学大辞典(第2版), 2429, 医学書院, 東京, 2009.
  6. 北島勲:副甲状腺ホルモン関連蛋白質. 医学大辞典(第2版), 2430, 医学書院, 東京, 2009.
  7. 北島勲:副甲状腺ホルモン負荷試験. 医学大辞典(第2版), 2340-1, 医学書院, 東京, 2009.
  8. 北島勲:インタクト副甲状腺ホルモン. 医学大辞典(第2版), 180, 医学書院, 東京, 2009.
  9. 北島勲:I型コラーゲン架橋N-テロペプチド. 医学大辞典(第2版), 133, 医学書院, 東京, 2009.
  10. 北島勲:β-クロスラプス. 医学大辞典(第2版), 2535, 医学書院, 東京, 2009.
  11. 北島勲:臨床検査の原点は診察室にあり. 医療を変える机の上の検査室, 14-29, 緒方医学化学研究所, 東京, 2009.

原著

  1. Tsuboi Y, Kurimoto M, Nagai S, Hayakawa Y, Kamiyama H, Hayashi N, Kitajima I, Endo S. Induction of autophagic cell death and radiosensitization by the pharmacological inhibition of nuclear factor-kappa B actication in human glioma cell lines. J Neurosurg. 2009;110(3):594-604.
  2. Tamura N, Kitajima I, Kawamura Y, Toda E, Eguchi Y, Ishida H, Goto S. Important regulatory role of activated platelet-derived procoagulant activity in the propagation of thrombi formed under arterial blood flow conditions. Circ J. 2009;73(3):540-8.
  3. Yamamoto M, Beppu H, Takaoka K, Meno C, Li E, Miyazono K, Hamada H. Antagonism between Smad1 and Smad2 signaling determines the site of distal visceral endoderm formation in the mouse embryo. J Cell Biol. 2009;184(2):323-34.
  4. Beppu H, Malhotra R, Beppu Y, Lepore JJ, Parmacek MS, Bloch KD. BMP type II receptor regulates positioning of outflow tract and remodeling of atrioventricular cushion during cardiogenesis. Dev Biol. 2009;331(2):167-178.

症例報告

  1. Katayama Y, Kitajima I, Niimi H, Kitahara H, Kawai H. Diagnosis of cerebral cortical vein thrombosis with T2*-weighted magnetic resonance imaging. BMJ Case Reports published online 6 Sep 2009, doi:10.1136/bcr.03.2009.1651.

総説

  1. 北島勲, 原田健右:教育と啓蒙活動が病院検査部を活かす. Laboratory and Clinical Practice, 2008;26(29):78-89.
  2. 北島勲:ALPが高い! 臨床研修プラクティス. 2009;6(3):60-5.
  3. 北島勲:臨床検査医学教育のあるべき姿, 医学部1年生の科学的興味と進路希望(臨床検査を担う医師育成に向けて). Laboratory and Clinical Practice. 2009;27(1):8-12.
  4. 北島勲:チーム医療総論:医療従事職種を知る. 薬剤師. チーム医療と臨床検査. チーム医療ネットワーク・臨床検査関連企業の支援. 臨床病理レビュー. 2009;144:15-7.
  5. 北島勲:血小板・単球・血管内皮細胞由来のマイクロパーティクル. 臨床検査. 2009;53(10):1133-8.
  6. 北島勲:リピッドパーオキシド(LPO). 日本臨牀 広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査. 2009;1:581-4.
  7. 原田健右, 北島勲:患者向け検査相談. 臨床検査. 2009;53(3):275-9.
  8. 原田健右, 北島勲:検査相談の実際, 富山大学. 臨床検査. 2009;53(3):333-4.
  9. 宇治義則, 川島猛志, 桑原卓美, 吉田千晶, 仁井見英樹, 北島勲:富山大学附属病院検査部におけるISO15189認定の効果. 臨床病理. 2009;57:752-60.

学会報告

  1. Niimi H, Kitajima I. Fastest ID system for detecting septic bacteris. 2009 Bio International Convention. The Global event for Biotechnology., 2009, 5, 18-21, Atlanta, USA.
  2. Uji Y, Miura M, Motomiyta Y, Ando Y, Yoshida C, Kitajima I. Meagerment of beta-2 microblobulin intermediate in serum by capillary electrophoresis. 2009 AACC Annual Meeting, 2009, 7, 21, Chicago, USA.
  3. 北島勲:全身性炎症反応症候群患者救命率向上を目指した統括的検査システムの構築. 2009 年シスメックス中央研究所セミナー, 2009, 4, 21, 神戸.
  4. 北島勲:内科医が知っておくべき臨床検査の進歩. 内科学会北陸支部第47回生涯教育講演会, 2009, 6, 7, 富山
  5. 仁井見英樹, 北島勲:cDNAマイクロアレイ発現プロファイルの評価. 第49回日本臨床化学会年次学術集会, 2009, 9, 19, 長崎.
  6. 野手良剛, 仁井見英樹, 宇治義則, 北島勲:感染症遺伝子検査における感度測定と定量法, およびDNA 抽出法による変動についての検討. 第19回生物試料分析科学会大会, 2009, 2, 21, 名古屋.
  7. 多賀由紀子, 上野由美, 角田美鈴, 柴則子, 桑原卓美, 宇治義則, 北島勲:小児におけるNT-proBNPとBNPとの関係. 第48回日本臨床検査東海・北陸支部総会, 2009, 3, 8, 岐阜.
  8. 谷みね子, 吉岡克人, 加畑多文, 宇治義則, 北島勲:脊椎手術における術中, 術後の凝固・線溶マーカーの変動の意義. 第48回日本臨床検査東海・北陸支部総会, 2009, 3, 8, 岐阜.
  9. 上野智浩, 仁井見英樹, 林史朗, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲:迅速・簡便・安価な敗血症同定ITシステムの構築. 第48回日本臨床検査東海・北陸支部総会, 2009, 3, 8, 岐阜.
  10. 谷みね子, 吉岡克人, 加畑多文, 宇治義則, 北島勲:脊椎手術におけるVTE 発症と術中, 術後の凝血・線溶分子マーカーの変動の意義. 第9回TTMフォーラム, 2009, 3, 7, 東京.
  11. 野上達也, 所崇, 仁井見英樹, 塩田倫史, 別府秀幸, 福永浩司, 北島勲:男児精神遅滞ATRX 症候群モデルマウスにおける海馬体と扁桃体の遺伝子発現プロファイル解析. 戦略的創造研究事業推進事業(CREST)「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第6回領域内研究会, 2009, 3, 11, 大阪.
  12. 谷みね子, 北島勲:脊椎手術における術中, 術後の凝固・線溶分子マーカー変動と静脈血栓塞栓症発症との関連. 第32回日本血栓止血学会学術集会, 2009, 6, 6, 小倉.
  13. 北島勲:新規血管機能検査法開発による血管エイジングの科学的評価と臨床応用. 知的クラスター地域プロジェクト「第1回未病予防システム研究会」, 2009, 6, 16, 富山.
  14. 松井篤, 大井田憲泰, 北島勲, 仁井見英樹:迅速・簡便な遺伝子異常スクリーニング法の開発とキットの開発. 第2回とやまビジネスプランコンテスト, 2009, 6, 24, 富山.
  15. 谷みね子, 吉岡克人, 加畑多文, 宇治義則, 北島勲:3 種類の可溶性フィブリン/フィブリンモノマー複合体経時測定による脊椎手術におけるVTE発症の評価. 第10回日本検査血液学会学術集会, 2009, 7, 4, 甲府.
  16. 仁井見英樹, 北島勲:先進医療としての先天性アンチトロンビン欠乏症の遺伝子診断‐近年の機能解析症例を中心に‐. 第10回日本検査血液学会学術集会, 2009, 7, 4, 甲府.
  17. 原田健右, 仁井見英樹, 扇谷晶子, 宇治義則, 北島勲:先天性第V因子欠損症(Phe190Ser)における発症メカニズムの解明. 第56回日本臨床検査医学会学術集会, 2009, 8, 27, 札幌.
  18. 谷みね子, 宇治義則, 北島勲:脊椎手術におけるVTE発症と術中, 術後の凝固・線溶系分子マーカーの変動の意義. 第56回日本臨床検査医学会学術集会, 2009, 8, 27, 札幌.
  19. 仁井見英樹, 松井篤, 大井田憲泰, 宇治義則, 北島勲:定量PCR法を用いた新規遺伝子変異スクリーニング法の考案と実用化への試み. 第56回日本臨床検査医学会学術集会, 2009, 8, 27, 札幌.
  20. 仁井見英樹, 宇治義則, 北島勲:定量的PCR 法を用いた迅速で簡便な新規遺伝子変異スクリーニング法の考案と実用化への試み. 第41回日本臨床検査自動化学会大会, 2009, 10, 9, 横浜.
  21. 北島勲:1分子蛍光相関法を用いた転写因子NF-κB計測法開発と迅速な炎症病態解析. 2009, 10, 9, 横浜.
  22. 谷みね子, 宇治義則, 北島勲:3種類の可溶性フィブリンモノマー複合体同時測定による周術期凝固能の評価. 2009,10,9, 横浜.
  23. 上野智浩, 吉田千晶, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲, 安東由喜雄:キャピラリー電気泳動(CE)装置を用いたβ2mアミロイド前駆蛋白測定法の開発. 2009,10,9, 横浜.
  24. 仁井見英樹, 上野智浩, 林史朗, 宇治義則, 北島勲:先天性アンチトロンビン欠乏症II型の遺伝子解析. 第34回北陸臨床病理集談会, 2009,9,26, 金沢.

その他

  1. 特願2009-23707. 発明者:仁井見英樹, 上野智浩, 北島勲, 林史朗. 発明名称「プライマーダイマー非表示方法」. 出願日:平成21年2月4日.
  2. 特願2009-40052. 発明者:多葉田誉, 南洋, 仁井見英樹, 北島勲, 上野智浩, 林史朗. 発明名称「検出対象生物の高感度定量方法」. 出願日:平成21年2月23日.
  3. 特願2009-181755. 発明者:仁井見英樹, 上野智浩, 北島勲, 林史朗. 発明名称「高感度・高特異度なPCR変法」出願日:平成21年8月4日.
  4. 国際特許出願:仁井見英樹, 北島勲, 松井篤, 大井田憲泰. 発明名称「定量法を利用した遺伝子変異スクリーニング法」. 出願日:平成21年7月17日.
  5. 北島勲:第31回日本血栓止血学会報告, 血栓症の評価が可能に. Medical Tribune, 42(9): 31, 2009.
  6. 北島勲:第19回日本臨床検査専門医会春季大会総括. JACLap News, 105: 4, 2009.
  7. 仁井見英樹, 北島勲:real-time PCR 法を用いた迅速な敗血症起因菌同定システムの構築に関する研究. 中谷電子計測技術振興財団Annual Report 2009, 42-56, 2009.

ページの先頭へ戻る

2008年

著書

  1. 北島勲:DIC における血漿分画製剤の使い方. 血液製剤の考え方, 使い方. (大久保光夫編), 229-232, 中外医学社, 東京, 2008.
  2. 北島勲:凝固・線溶・血小板機能検査. 血液・造血器疾患学(小澤敬也, 直江知樹, 坂田洋一編), 94-99, Medical view社, 東京, 2008.
  3. Ohtsuka T and Takai Y. Roles of the ELKS/CAST family and SAD kinase in neurotransmitter release: Chapter 9, 157-170, molecular mechanisms of neurotransmitter release. 2008.

原著

  1. Kwan E, Xie L, Sheu L, Ohtsuka T, Gaisano HY. Interaction between Munc13-1 and RIM is Critical for Glucagon-like Peptide-1-mediated Rescue of Exocytotic Defects in Munc13-1-deficient pancreatic β-cells. Diabetes. 2007;56:2579-88.
  2. Wang J, Xu Z, Kitajima I, Wang Z. Effects of different statins on endothelial nitric oxide synthase and AKT phosphorylation in endothelial cells. International Journal of Cardiology. 2008;127:33-9.
  3. Misaki T, Kitajima I, Kabata T, Tani M, Kabata C, Tsubokawa T, Asakura H, Tomita K. Changes of the soluble fibrin monomer complex level in the perioperative period of hip replacement surgery. J Orthop Sci. 2008;13:419-24.
  4. 原田健右, 市毛由希子, 角田美鈴, 多賀由紀子, 柴則子, 北島勲:医学生に対する卒前生化学検査実習の課題と解決, 検査測定原理を効果的に実習できるツールへのPOCT 対応型小型自動分析器の改造とその学習効果. 臨床病理. 2008;56(9):753-760.

症例報告

  1. 川人浩之, 中原祥文, 星野温, 榎本聖子, 倉田博之, 中村隆志, 北島勲, 仁井見英樹. Catheter-directed Intrathrombus Thrombolysis が著効した深部静脈血栓症合併アンチトロンビン欠損妊婦の1例. 呼吸と循環. 2008;56:219-23.

総説

  1. 北島勲:クリニックにおける臨床検査の現状と新たな可能性. 地域医療, へき地医療, そして特定健診・特定保健指導への対応. 別冊ASAHI Medical. 2008;37(4):1-6.
  2. 北島勲:凝固・線溶と臨床検査. 日本血栓止血学会雑誌. 2008;19(4):462-6.
  3. 北島勲:富山大学附属病院検査室が国際規格ISO18159 認定を取得. 富山市医師会報. 2008;450:5-6.

学会報告

  1. Kitajima I: Role of Nuclear factor-kappa B (NF-κB) in tumor progresion. The 1st International traditional chinese medicine (TCM) and Interative Medicine Oncology Formum. 2008, 10, 18-19, Shanghai, China. (invited lecture)
  2. Kitajima I, Note R, Ogawa T, Abe S, Kadowaki M, Yamagata K: A new assay for NF-κB activity in biological samples using fluorescence correlation spectroscopy and its application to perioperative cardiac monitoring. 2008 Keystone symposia NF-κB. 2008, 2, 12-17, Banff, Canada.
  3. Kitajima I, Motomura H, Niimi H.:mRNA and micro RNA expression profile in chondrogenic differentiation regulated by BMP. Annual TGF-β meeting Leiden, 2008, 9, 4-6, Leiden, The Netherland.
  4. Ohtsuka T.:Phosphorylation network at the presynaptic active zone. US-Japan Brain Research Collaborative Program - "Workshop on Receptor Trafficking and Cell Biology of Neurons: Physiology and Disease. 2008, 2, 24-27. Asilomer, CS, USA.
  5. Niimi H, Motomura H, Kitajima I.:Gas 6, a new regulator of chodrogenic diffetentiation promoted by BMP. Annual TGF-β meeting Leiden, 2008, 9, 4-6, Leiden, The Netherland.
  6. 北島勲:クロマチンリモデリング蛋白ATRX 変異マウスの行動・学習障害とヒト精神遅滞病との関連. 第81回日本薬理学会年会, 2008, 3, 19, 横浜. (招待講演)
  7. 福永浩司, 塩田倫史, 所崇, 別府秀幸, 原英彰, 北島勲:精神疾患モデルマウスのスパイン形成異常のメカニズム. 第81回日本薬理学会年会, 2008, 3, 19-21, 横浜.
  8. 桑原卓美, 川島猛志, 宇治義則, 北島勲:ISO15189 認定申請直前施設‐申請までの現状‐. 第47回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  9. 北島勲:可溶性フィブリンモノマー複合体測定の臨床的意義. 第57回日本医学検査学会, 2008, 5, 29-31, 札幌. (招待講演)
  10. 北島勲:血栓症早期診断法開発とその普及による臨床への貢献. 第2回北陸血栓止血検査懇話会, 2008, 7, 5, 金沢. (招待講演)
  11. 北島勲:網羅的遺伝子発現解析手法を用いた関節リウマチの漢方方剤薬効解析. 第11回天然薬物研究方法論アカデミー呉羽山シンポジウム, 2008, 8, 1, 富山. (招待講演)
  12. 北島勲:ファーマコゲノミクス(PGx)実用化の現状. 第2回JMCoE ネットワーク学術フォーラム, 2008, 8, 9, 東京. (招待講演)
  13. 仁井見英樹, 野手良剛, 上野智浩, 林史朗, 宇治義則, 北島勲:迅速, 簡便, 安価な敗血症起因菌同定IT システムの開発. 第48回日本臨床化学年次学術集会, 2008, 8, 30, 浜松. (招待講演)
  14. 大塚稔久:プレシナプス機能制御の分子生理学. 第31回日本神経科学学会大会, 横浜, 2008, 7, 9. (招待講演)
  15. 野手良剛, 尾川智美, 扇谷晶子, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:先天性アンチトロンビン欠乏症の遺伝子解析に関する検討. 第18回生物試料分析科学会学術集会, 2008, 2, 10, 大阪.
  16. 所崇, 塩田倫史, 別府秀幸, 福永浩司, 北島勲:ATRX 変異マウスの学習記憶障害とスパイン形態異常. 戦略的創造研究事業推進事業(CREST)「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第5回領域内研究会, 2008, 3, 5, 大阪.
  17. 林史朗, 佐竹伊津子, 細谷孝子, 延野真弓, 成瀬里恵, 宇治義則, 市田蕗子, 北島勲:ホルター心電図検査における小児を対象としたQT 延長基準参考範囲の検討. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  18. 成瀬里恵, 佐竹伊津子, 林史朗, 宇治義則, 福田信之, 北島勲:注意深く評価したい心臓超音波検査の1例(心雑音精査). 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  19. 延野真弓, 林史朗, 成瀬里恵, 細谷孝子, 佐竹伊津子, 宇治義則, 北島勲:Heart rate turbulence (HRT)の日内変動と臨床的意義. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  20. 扇谷晶子, 橋本麻衣子, 吉田慧, 川島猛志, 谷みね子, 桑原卓美, 山口由明, 江幡和美, 宮園卓宣, 村上純, 杉山敏郎, 石澤伸, 高野康雄, 宇治義則, 北島勲:形質細胞の著明な増加を認めたAngioimmunoblastic T-cell lymphoma(AILT)の1例. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  21. 森田未香, 坂本純子, 吉田郁子, 宇治義則, 西田悠, 藤坂実千郎, 北島勲:Mycobacterium fortuitum が分離された中耳炎の一症例. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  22. 原田健右, 尾川智美, 野手良剛, 仁井見英樹, 北島勲, 杉本真也, 常田孝幸, 亀山智樹, 井上博:若年発症の肺血栓塞栓症で入院となったプロテインS 欠乏例の遺伝解析. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  23. 尾川智美, 野手良剛, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:先天性アンチトロンビン欠乏症の遺伝子解析と機能異常研究. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  24. 野手良剛, 尾川智美, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:遺伝性ヘモクロマトーシスの遺伝子解析. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  25. 所崇, 仁井見英樹, 引網宏彰, 北島勲:関節リウマチ患者を対象とした桂枝加朮附湯服用効果のマイクロアレイを用いた解析. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  26. 上野智浩, 宇治義則, 桑原卓美, 川島猛志, 柴則子, 角田美鈴, 多賀由紀子, 北島勲, 安東由喜雄, 吉田千晶, 三浦雅一, 本宮全恢:血清中β2m アミロイド前駆体蛋白質分析法の評価. 第47回日本臨床検査医学会東海北陸支部総会, 2008, 3, 9, 富山.
  27. 北島勲:男児精神運動遅滞を呈するATR-X 症候群のモデルマウス作製とその高次脳機能解析. 第49回日本神経学会総会, 2008, 5, 17, 横浜.
  28. 仁井見英樹, 尾川智美, 野手良剛, 上野智浩, 宇治義則, 北島勲:先天性アンチトロンビン欠乏症の遺伝子解析と機能異常研究. 第15回日本遺伝子診療学会大会, 2008, 8, 1, 仙台.
  29. 北島勲, 所崇, 野上拓也, 仁井見英樹:cDNA マイクロアレイを用いた関節リウマチにおける漢方薬薬効の検証. 第48回日本臨床化学会年次学術集会, 2008, 8, 29-30, 浜松.
  30. 大井田憲泰, 松井篤, 仁井見英樹, 北島勲:real-time PCR を用いた迅速・簡便な遺伝子変異スクリーニング法. 第48回日本臨床化学会年次学術集会, 2008, 8, 29-30, 浜松.
  31. 林史朗, 上野智浩, 仁井見英樹, 北島勲:先天性アンチトロンビン欠乏症の遺伝子診断と機能解析. 第6回北陸血栓研究会, 2008, 10, 25, 金沢.
  32. 村上純, 宮園卓宜, 米澤和美, 佐竹伊津子, 中出祥代, 道野淳子, 西野主眞, 島京子, 安村敏, 北島勲:頻回にHLA適合血小板輸血を要した骨髄異形成症候群の1例. 第26回日本輸血・細胞治療学会北陸地方会, 2008, 11, 15, 富山.
  33. 島京子, 宮林千鶴子, 安村敏, 佐竹伊津子, 中出祥代, 道野淳子, 西野主眞, 米澤和美, 北島勲:ハイリスク妊産婦の貯血式自己血輸血の現状と課題. 第26回日本輸血・細胞治療学会北陸地方会, 2008, 11, 15, 富山.
  34. 仁井見英樹, 宇治義則, 北島勲:定量PCR 法を用いた迅速で簡便な新規遺伝子変異スクリーニング方法の考案. 第55回日本臨床検査医学会学術集会, 2008, 11, 27-30, 名古屋.
  35. 仁井見英樹, 尾川智美, 野手良剛, 宇治義則, 北島勲:先進医療としての先天性アンチロンビン欠乏症の遺伝子診断−近年の機能解析症例を中心に−第55回日本臨床検査医学会学術集会, 2008, 11, 27-30, 名古屋.
  36. 仁井見英樹, 野手良剛, 上野智浩, 林史朗, 宇治義則, 北島勲:迅速, 簡便, 安価な敗血症起因菌同定IT システムの構築. 第55回日本臨床検査医学会学術集会, 2008, 11, 27-30, 名古屋.
  37. 北島勲, 元村拓:軟骨分化を調節する分子Gas6 の発見とその機能解析. 第55回日本臨床検査医学会学術集会, 2008, 11, 27-30, 名古屋.
  38. 野手良剛, 尾川智美, 吉田千晶, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:HFE 遺伝子の新規変異を認めた遺伝性ヘモクロマトーシスの1例. 第55回日本臨床検査医学会学術集会, 2008, 11, 27-30, 名古屋.
  39. 扇谷晶子, 川島猛志, 谷みね子, 桑原卓美, 宇治義則, 宮園卓宜, 村上純, 石澤伸, 北島勲:末梢血および胸水中に形質細胞が多数出現した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(AILT)の1症例. 第55回日本臨床検査医学会学術集会, 2008, 11, 27-30, 名古屋.

その他

  1. 北島勲:cDNA マクロアレイを用いた関節リウマチにおける「証」の検証. 富山大学21 世紀COE プログラム「東洋の知に立脚した個の医療の創生」活動報告書:43-46, 2008.
  2. 北島勲:編集後記, 臨床検査の質. 臨床病理56(9): 833, 2008.
  3. 原田健右, 北島勲:血液検査結果のとらえかた〜メタボ検診項目を中心に〜. 富山大学付属病院だよりかわら版103号2008, 8, 1 発行.
  4. 国際特許願:Hideki N, Kitajima I: Rapid method for identifying causative microorganism for infectious disease. Priority JP/21. 02. 06/JPA20006043469, JP/12. 1006/JPA2006278371, Date 15. 10. 08 Date of filing 20. 02. 07.
  5. 国内特許願:仁井見英樹, 北島勲, 松井篤, 大井田憲泰2008-18678 PS08HOIJP 国際特許分類C12Q1/68 発明名称:遺伝子変異のスクーリング法出願日:2008, 7, 18.

ページの先頭へ戻る

2007年

著書

  1. 北島勲, 木村裕三, 廣川慎一郎訳:「メルボルン大学式統合型PBL, コア臨床症例から基礎病態生理へ」. Core Clinical Cases in Basic Biomedical Science. A problem-based learning approach. Samy A. Azer著, エルセビア・ジャパン, 東京, 1-412, 2007
  2. 北島勲:神経・筋疾患. 「知っておきたい臨床検査値」日本薬学会編, 東京化学同人, 東京, 132-135, 2007

原著

  1. Yao I, Takagi H, Ageta H, Kahyo T, Sato S, Hatanaka K, Fukuda Y, Chiba T, Morone N, Yuasa S, Inokuchi K, Ohtsuka T, MacGregor GR, Tanaka K, and Setou M. SCRAPPER-dependent ubiquitination of active zone protein RIM1 regulates synaptic vesicle release. Cell. 2007;130:943-57.
  2. Grigoriev I, Splinter D, Keijzer N, Wulf P, Demmers J, Ohtsuka T, Modesti M, Maly I, Grosveld F, Hoogenraad CC, Akhmanova A. Rab6A regulates transport and targeting of exocytotic carriers. Dev Cell. 2007;13:305-14.
  3. Niimi H, Pardali K, Vanlandewijck M, Heldin CH, Moustakas A. Notch signaling is necessary for epithelial growth arrest by TGF-β. J Cell Biol. 2007;176:695-707.
  4. Suzuki S, Singhirunnusorn P, Mori A, Yamaoka S, Kitajima I, Saiki I, Sakurai H. Constitutive activation of TAK1 by HTLV-I Tax-dependent overexpression of TAB2 induces activation of JNK-ATF2 but not IKK-NF-κB. J Biol Chem. 2007;282:25177-81.
  5. Siksou L, Rostaing P, Lechaire JP, Boudier T, Ohtsuka T, Fejtov A, Kao HT, Greengard P, Gundelfinger ED, Triller A, Marty S. Three-dimensional architecture of presynaptic terminal cytomatrix. J Neurosci. 2007;27:6868-77.
  6. Matsuda N, Hatakeyama N, Shakunaga K, Sugano M, Kitajima I, Yamazaki M, Hattori Y. Silencing of caspase-8 and caspase-3 by RNA interference prevents vascular endothelial cell injury in septic mice. Cardiovascular Res. 2007;76:132-40.
  7. Motomura H, Niimi H, Sugimori K, Otsuka T, Kimura T, and Kitajima I. Gas6, a new regulator of chondrogenic differentiation in mesenchymal cells. Biochem Biophys Res Commun. 2007;357:997-1003.
  8. Tokoro T, Higa S, Deguchi-Tawarada M, Inoue E, Kitajima I, and Ohtsuka T. Localization of the active zone protein CAST, ELKS, and Piccolo at neuromuscular junctions. Neuroreport. 2007;18:313-6.
  9. Wang J, Kitajima I. Pitavastatin inactivates NF-κB and decreases IL-6 production through Rho kinase pathway in MCF-7 cells. Oncology Report. 200715:1149-54.
  10. Moustakas A, Valcourt U, Kowanetz M, Pardali K, Niimi H, Thuault S. Tumor suppressor and tumor promoting pathways under the control of TGF-β. Eur J Clin Invest. 2007;37:49.
  11. 野手良剛, 扇谷晶子, 山岸萌子, 森田未香, 多賀由紀子, 坂本純子, 吉田郁子, 大門良男, 仁井見英樹, 北島勲:薬剤耐性遺伝子の検出と遺伝子型別法の臨床応用. 富山県衛生検査技師会誌. 2007;32:35-44.

総説

  1. 北島勲, 尾川智美, 谷みね子:わが国で開発された血栓症急性期を捉える血液凝固分子マーカー, 可溶性フィブリン(SF)/フィブリンモノマー複合体(FMC). 医報とやま. 2007;1422:8-10.
  2. 北島勲, 山口桂司, 尾川智美, 谷みね子:可溶性フィブリン(SF)とフィブリンモノマー複合体(FMC)試薬間による乖離検討と各検査の有用性について. TTMフォーラム. 2007;6:53-63.
  3. 北島勲:血栓と循環の検査法. トロンビン生成目安としてのTATとfibrin monomer測定法とその意義. 血栓と循環. 2007;15:126-33.
  4. 北島勲:病院検査室で実践できる分子病態検査法開発, 転写因子活性化検査の臨床応用に向けて. 臨床病理. 2007;55:262-71.
  5. 北島勲:NF-κB研究の新展開. 臨床化学. 2007;36:249-50.
  6. 北島勲:教育力. 臨床病理. 2007;55:596.
  7. 北島勲:臨床化学の今後の方向と「臨床化学」誌の役割. 臨床化学. 2007;36:236-48.
  8. 榛澤和彦, 土田桂蔵, 北島勲:新潟県中越地震被災者循環器外来患者のDVTと血液凝固マーカーについて. TTMフォーラム. 2007;6:71-3.

学会報告

  1. Kitajima I.:Molecular role of tumor angiogenesis in hepatoma cells through constitutive interleukin-8 expression. 12th World congress on Advantages in Oncology and 10th Internatinal Symposium on Molecular Medicine, 2007, 10, 11-13, Crete, Greece. (Invited lecture)
  2. Kitajima I., and Tokoro T.:In search of Chinese Medicine showing molecular pharmacology efficacy against rheumatoid arthritis. Innovantive Team Program in Peking University-21st Century COE program in University of Toyama Joint Symposium. 2007, 6, 25, Biejing, China.
  3. Ohtsuka T.:Biochemistry of the presynaptic active zone , Gordon Research Canferencers, 2007, 6, 10-15, New Hampshire, USA(Invited lecture)
  4. Niimi H, and Moustakas A.:Notch signaling is necessary for epithelial growth arrest by TGF-β. The 8th TGF-β meeting, 2007, 5, 21-23, Uppsala, Sweden.
  5. Niimi H., and Moustakas A.:Notch signaling is necessary for epithelial growth arrest by TGF-β. International Conference "Phosphorylation, Signaling and Disease", 2007, 5, 16-20, Cold Spring Harbor Laboratory, USA.
  6. Tokoro T, Beppu H, Moriguchi S, Shioda N, Fukunaga K, Nishijo H, Niimi H, Ohtsuka T, En Li, and Kitajima I.:The analysis of ATRX mutant mice as a model of mild mental retardation. 2007 Keystone Synposia Epigenetics. 2007, 4-15, Cororado, USA
  7. Tokoro T and Kitajima I.:Proof of "SHO" in Rheumatoid Arthritis by cDNA array analysis. Innovantive Team Program in Peking University-21st Century COE program in University of Toyama Joint Symposium. 2007, 6, 25 , Biejing, China
  8. Tokoro T, Beppu H, Moriguchi S, Shioda N, Fukunaga K, Hori E, Nishijo H, Kitajima I and Li E.:The chomatin-remodeling gene ATRX mutant mice related to ADHD. 37th Annual meeting of Neuroscience. 2007, 11, 5, 2007, San Diego, USA
  9. Motomura H, Sugimori K, Kimura T and Kitajima I.:GAS6, New regulator of chondrogenic diffrentiation in mesenchymal cells. 53rd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, 2007, 2, 11-14, San Diego, USA
  10. Shioda N, Tokoro T, Kitajima I, Beppu H and Fukunaga K.:Actication of CaM kinase II is implicated in generation of abnormal dendritic spines via Tiam1/PAK signaling in ATRX mutant mouse brain. 37th Annual meeting of Neuroscience 2007, 11, 5, 2007, San Diego, USA
  11. 北島勲:血栓症急性期を反映する凝血分子マーカー探索とその臨床応用, 第7回分子血管研究会, 2007, 1, 5, 大阪(招待講演)
  12. 北島勲:冷えと痛みに由来する骨・関節疾患に対する漢方薬の探索とその薬理機序の解明, 富山県漢方薬講演会, 2007, 1, 23, 富山
  13. 北島勲, 尾川智美, 谷みね子, 三崎智範, 加畑多文:股関節手術の術中・術後における凝血分子マーカー変動とDVT・PE発症の関係―選択的Xa阻害剤の発症予防効果の検討― 第7回TTMフォーラム, 2007, 3, 10, 東京
  14. 北島勲:血栓症急性期を反映する凝血分子マーカーについて, 第22回中部地区血液検査研修会, 2007, 3, 11, 富山(招待講演)
  15. 北島勲:転写因子活性化解析法の新たな確立と臨床検査への応用, 第26回日本臨床化学会夏期セミナー, 2007, 7, 6, 伊勢志摩
  16. 北島勲:凝固線溶分子マーカーの臨床応用―フィブリンモノマー複合体と各種血栓症について−, 第8回日本検査血液学会学術集会セミナー, 2007, 7, 21, 福井(招待講演)
  17. 北島勲:遺伝子の不思議, 富山県民の健康を考える会市民公開講座, 2007, 8, 12, 富山
  18. 北島勲, 所崇, 仁井見英樹, 引網宏彰:cDNAマイクロアレイを用いた関節リウマチにおける証の検証と漢方薬の分子薬理機構解明, 富山大学21世紀COEプログラムシンポジウム, 2007, 11, 16, 富山
  19. 北島勲, 仁井見英樹, 所崇, 林史朗:代表的脈診と疾患の関連. 平成18年度科学技術振興調整費. 科学技術に必要な調査研究, 漢方「脈診」診断法のカオス解析と科学化研究報告会, 2007, 3, 16, 鹿児島
  20. 北島勲, 原田健右, 仁井見英樹, 市毛由紀子:臨床検査実習効果向上を目指した卓上型検査機器活用とその学習評価, 第39回日本医学教育学会大会, 2007, 7, 27, 盛岡
  21. 北島勲:メタボリックシンドロームとは, 平成19年度前期富山大学公開講座, 2007, 8, 4, 富山
  22. 北島勲, 野手良剛, 尾川智美, 宇治義則, 仁井見英樹, 阿部滋樹, 門脇正和, 山形浩一:1分子蛍光相関法を用いた転写因子NF-κB測定による心臓周術期モニターへの応用, 第54回日本臨床検査医学会学術集会, 2007, 11, 23, 大阪
  23. 大塚稔久:神経シナプスアティブ・ゾーンの生化学, 第30回日本分子生物会年会, 2007, 12, 11-15, 横浜
  24. 仁井見英樹:遺伝子検査の現状と将来展望, 教育講演, 第22回中部地区血液検査研修会, 2007, 3, 10, 富山
  25. 仁井見英樹:real-time PCRを用いた迅速な敗血症起因菌同定システムの構築, 第46回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会, 2007, 3, 4, 三重
  26. 仁井見英樹, 野手良剛, 北島勲:real-time PCR法を用いた迅速な敗血症起因菌同定システムの構築に関する研究, 第39回日本臨床検査自動化学会大会, 2007, 9, 27, 横浜市
  27. 仁井見英樹, 野手良剛, 北島勲, :迅速な敗血症起因菌同定システムの構築に関する研究, とやま産学交流会2007, 2007, 11, 21, 富山市
  28. 仁井見英樹, 尾川智美, 扇谷晶子, 野手良剛, 宇治義則, 小澤哲夫, 北島勲:高度先進医療としての先天性第VII因子欠乏症遺伝子診断の取り組み, 第54回日本臨床検査医学会学術集会, 2007, 11, 24, 大阪市
  29. 原田健右, 坂本純子, 角田美鈴, 北島勲:NST活動の栄養管理におけるrefeeding syndromeと低リン血症の重要性. 第46回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会, 2007, 3, 4, 津
  30. 原田健右:メタボリックシンドロームに関する血液検査値の読み方. 平成19年度前期富山大学公開講座, 2007, 8, 4, 富山
  31. 原田健右:超音波でみるメタボリックシンドローム. 平成19年度前期富山大学公開講座, 2007, 8, 4, 富山
  32. 原田健右, 北島勲, 市毛由希子:検査測定原理を効果的に実習できるツールへのPOCT対応型小型自動分析器の改造とその学習効果. 第54回日本臨床検査医学会学術集会. 2007, 11, 23, 大阪
  33. 上野智浩, 宇治義則, 桑原卓美, 川島猛志, 扇谷晶子, 谷みね子, 柴則子, 奥田忠行, 北島勲, 本宮善恢, 三浦雅一, 吉田千晶, 安東由喜夫. 第54回日本臨床検査医学会学術集会. 2007, 11 , 24, 大阪
  34. 阿部滋樹, 門脇正和, 山形浩一, 北島勲:蛍光相関分光法を用いた転写因子活性迅速測定法の開発. 第22回生体機能関連化学シンポジウム, 2007, 9, 28, 仙台
  35. 三崎智範, 加畑多文, 前田亨, 坂越大悟, 内藤充啓, 安藤智成, 富田勝郎, 谷みね子, 北島勲:股関節手術における術中, 術後の凝固・線溶系マーカーの変動. 可溶性フィブリンモノマー複合体に着目して, 第37回日本人工関節学会, 2007, 2, 3, 東京
  36. 山岸萌子, 森田未香, 多賀由紀子, 坂本純子, 吉田郁子, 大門良男, 仁井見英樹, 北島勲, 広羽可奈呼, 小橋親晃, 荒井信貴, 小林正:L. pneumophilaによる肺炎を起こした2症例. 第46回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会, 2006, 3, 4, 津
  37. 比嘉 進, 所崇, 北島勲, 大塚稔久: SAD kinase directly phosphorylates the active zone protein Bassoon. 研究領域「脳の発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会. 2007, 3, 6, 大阪
  38. 所崇, 別府秀幸, 西条寿夫, 仁井見英樹, 大塚稔久, En Li, 北島勲:軽度精神遅滞モデルATRX変異マウス解析. 研究領域「脳の発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会. 2007, 3, 6, 大阪
  39. 所崇, 別府秀幸, 森口茂樹, 塩田倫史, 福永浩司, 西条寿夫, 仁井見英樹, 大塚稔久, En Li, 北島勲:軽度精神遅滞モデルATRX変異マウスの解析. 第127回日本薬学会. 2007, 3, 28, 富山
  40. 上野智浩, 宇治義則, 桑原卓美, 川島猛志, 谷みね子, 柴則子, 野手良剛, 奥田忠行, 北島勲:キャピラリー電気泳動装置を用いたリポ蛋白分析法の評価. 第32回北陸臨床病理集団会・第15回同セミナー, 2007, 9, 8, 金沢
  41. 上野智浩, 宇治義則, 桑原卓美, 川島猛志, 谷みね子, 柴則子, 野手良剛, 奥田忠行, 北島勲:血清中β2mアミロイド前駆体蛋白質の分析法. 第32回北陸臨床病理集団会・第15回同セミナー, 2007, 9, 8, 金沢
  42. 尾川智美, 谷みね子, 宇治義則, 北島勲:股関節手術の術中・術後における凝血分子マーカーの変動と選択性Xa阻害剤による静脈血栓症の予防効果判定. 日本臨床検査自動化学会第39回大会, 2007, 9, 27, 横浜
  43. 野手良剛, 尾川智美, 宇治義則, 仁井見英樹, 北島勲:検査部における高度先進医療としての先天性血液凝固異常症遺伝子解析10年の取り組みと今後の展望. 日本臨床検査自動化学会第39回大会, 2007, 9, 27, 横浜
  44. 三崎智範, 加畑多文, 前田亨, 内藤充啓, 多賀正, 安藤智成, 富田勝郎, 北島勲, 谷みね子, 加畑千春, 山本 健, 朝倉英策:股関節手術における術中, 術後の凝固・線溶系マーカーの変動―可溶性フィブリンモノマー複合体に着目してー. 第5回北陸血栓研究会. 2007, 10, 6, 金沢
  45. 釈永清志, 渋谷伸子, 南 雅美, 谷みね子, 北島勲, 山崎光章:人工膝関節置換術における血栓症・酸化ストレスマーカーの解析‐麻酔方法による比較‐. 第5回北陸血栓研究会, 2007, 10, 6, 金沢
  46. 所崇, 北島勲:関節リウマチの薬効を示す漢方方剤の探索と転写因子活性調節機能の解明. 富山大学21世紀COEプログラムシンポジウム, 2007, 11, 16, 富山
  47. 阿部滋樹, 門脇正和, 山形浩一, 北島勲:蛍光相関分光方を用いた生体試料中の転写因子活性迅速測定法の開発. 第54回日本臨床検査医学会学術集会, 2007, 11, 24, 大阪
  48. 尾川智美, 野手良剛, 宇治義則, 仁井見英樹, 前川真人, 北島勲:非症候群性頭蓋骨早期癒合症の原因遺伝子探索. 第54回日本臨床検査医学会学術集会, 2007, 11, 24, 大阪

その他

  1. 工業所得権, 仁井見英樹, 北島勲:感染症起因菌の迅速同定方法, 国際出願番号:PCT/JP2007/053078, 2007
  2. 工業取得権, 北島勲, 山形浩一, 阿部滋樹:ステロイド感受性の判定方法及び全身性炎症反応症候群の発症予測方法, 特許願2007-177135, 2007

ページの先頭へ戻る

2006年

著書

  1. 北島勲:重金属ならびに関連蛋白. 標準臨床検査医学(猪狩淳, 中原一彦編集, 医学書院, 東京, 233-238, 2006
  2. 北島勲:流れがわかる実践検査マニュアル上巻(検査の基礎知識, 検査概要)(北島勲監修), メディカルレビュー社, 東京, 1-235, 2006
  3. 北島勲:流れがわかる実践検査マニュアル下巻(臓器別疾患に対する検査の流れ)(北島勲監修), メディカルレビュー社, 東京, 10-495, 2006
  4. 小澤哲夫, 北島勲:活性化プロテインC レジスタンス, 血栓症ナビゲーター(池田康夫, 内山慎一郎, 後藤信哉, 重松宏, 半田誠編), メデイカルレビュー社, 東京, 102-103, 2006.

原著

  1. Deguchi-Tawarada M, Inoue E, Takao-Rikitsu E, Unoue M, Kitajima I, Ohtsuka, T, Takai Y. The active zone protein CAST is a component of conventional and ribbon synapses in mouse retina. J Comp Neurol. 2006;495:480-96.
  2. Wang J, Tokoro T, Higa S, Kitajima I. Anti-inflammatory Effect of Pitavastatin on NF-кB Activated by TNF-α in Hepatocellular Carcinoma Cells. Biol Pharm Bull 2006;24:634-9.
  3. Matsui K, Sugimori K, Motomura H, Ejiri N, Tsukada K, Kitajima I. PEA3 cooperates with c-Jun in regulation of HER2/neu transcription. Oncology Reports. 2006;16:153-8.
  4. Inoue E, Mochida S, Takagi H, Higa S, Deguchi-Tawarada M, Unoue M, Yao I, Takeuchi K, Kitajima I, Setou M, Ohtsuka T, Takai Y. SAD: a novel presynaptic kinase associated with synaptic vesicles and the active zone cytomatrix that regulates neurotransmitter release. Neuron. 2006;50:261-75.
  5. Inoue E, Deguchi-Tawarada M, Takao-Rikitsu E, Inoue M, Ohtsuka T, Takai Y. ELKS, a protein structurally related to the active zone protein CAST, is involved in Ca-dependent exocytosis from PC12 cells. Gene Cells. 2006;11:659-72.
  6. Lansbergen G, Grigoriev I, Mimori-Kiyosue Y, Ohtsuka T, Higa S, Kitajima I, Demmers J, Galjart N, Houtsmuller AB, Grosveld F, Akhmanova A. CLASPs attach microtube plus ends to the cell cortex through a complex with LL5β. Dev Cell. 2006;11:21-32.
  7. Fujioka S, Hamazaki K, Itomura M, Huan M, Nishizawa H, Sawazaki S, Kitajima I, Hamazaki T. The effects of eicosapentaenoic acid-fortified food on inflammatory markers in healthy subjects-A randomized, placebo-controlled, double-blind study. J Nurtr Sci Vitaminol. 2006;52:261-5.
  8. Higa S, Tokoro T, Inoue E, Kitajima I, Ohtsuka T. The active zone protein CAST diretly associates with ligand of Numb protein X. Biochem Biophysic Res Commun. 2007;354:686-92.
  9. 尾川智美, 谷みね子, 川島猛志, 大門良男, 北島勲:Point of Care Testing(POCT)導入を目指した可溶性フィブリンモノマー複合体(SFMC)全血測定法の検討. 日本臨床検査自動化学会会誌 2006;30:727-31.
  10. 北島勲:可溶性フィブリン(SF)とフィブリンモノマー複合体(FMC). 日本検査血液学会雑誌 2006;7:470-7.

総説

  1. 北島勲:検体検査ピットフォール. 医報とやま. 2006;1409:10-1.
  2. 北島勲:卓上電子顕微鏡. 富山市医師会会報. 2006;424:6-8.
  3. 北島勲:臨床化学の視点によるアルツハイマー病最前線. 臨床化学. 2006;35:320-1.
  4. 大塚稔久:私が名付けた遺伝子, アクティブゾーンのメインキャストCAST 実験医学. 2006;24:875-7.
  5. 大塚稔久, 井上英二:神経細胞の極性形成を司るSAD キナーゼは神経伝達物質の放出を制御する. 細胞工学. 2006;25:776-7.
  6. 大塚稔久:神経シナプスアクティブゾーンの構造と機能 生化学. 2006;78:979-86.
  7. 仁井見英樹, 北島勲:細胞内シグナル伝達解析の臨床検査現場への展開. Medical Technology. 2006;34:122-3.
  8. 尾川智美, 北島勲:可溶性フィブリン. 新しい臨床検査・未来の臨床検査. 検査と技術. 2006;34:1099-100.

学会報告

  1. Kitajima I, Sugimori K: Bone morphogenic protein-2 requires phosphorylation of NF-κB p65 and nuclear accumulation of IKK-α in chondrocyte differntiation and survival. 2006 Keystone Synposia Conference. NF-κB: 20 years on road from biochemistry to pathology. 2006, 3, Banff, Canada.
  2. Sugimori K, Motomura H, Kitajima I, Matsui K, Kimura T: The relationship between BMP-2 and PI3K/Akt-NF-κB activation pathway in chondrogenesis. 52nd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, 2006, 3, Chicago, USA.
  3. Niimi H, Pardali K, Heldin C-H, Moustakas A: Notch signaling is necessary for epithelial growth arrest by TGF-β. 7th TGF-β meeting, 2006, 5, Uppsala, Sweden.
  4. Hanzawa K, Hayashi J-I, Nakajima T, Kitajima I, Tsuchida K: Economy class syndrome (venous thromboembolism) in midle Niigata prefecture earthquake 2004. 8th Asia Conference on Disaster Medicine (APCDM)-Global Collaboration for Disaster response-, 2006, 11, Tokyo, Japan
  5. 北島勲:検査部の意識改革. 富山県臨床衛生検査技師生涯教育セミナー. 2006, 1, 富山.
  6. 北島勲:血栓症の急性期を捉える凝固分子マーカー・フィブリンモノマー複合体. フォーラム富山「創薬」第18回研究会. 2006, 2, 富山.
  7. 北島勲:SF とFMC. 第7回日本検査血液学会学術集会テクニカルセミナー. 2006, 7, 東京.
  8. 北島勲:次世代臨床化学のために今すべきこと:人材育成, 医師教育の立場から, 第25回日本臨床化学夏期セミナー, 2006. 8, 札幌.
  9. 北島勲:医療に質の向上と患者中心の医療を目指した検査部のマネジメント. 第25回日本臨床検査医学会東海・北陸支部例会. 2006, 9, 内灘.
  10. 北島勲:医療の質の向上と検査部存在価値を高める新しい検査システム導入ストラテジー. 第45回中部医学検査学会ランチョンセミナー, 2006, 9, 津.
  11. 北島勲:転写因子研究の視点から見た臨床検査医学の魅力. 第1回病態情報解析学セミナー. 2006, 10, 熊本.
  12. 北島勲:臨床検査の未来を切り開く新しい検査シンポウム:病院検査室で実践できる分子病態検査法開発(転写因子活性化検査の分子病態検査法開発). 第53回日本臨床検査医学会学術集会. 2006, 11, 弘前.
  13. 北島勲:膠原病の症状と診断. 第1回膠原病支援ネットワーク総会医療講演会. 2006, 11, 金沢.
  14. 北島勲. 宮崎良一, 梅原久範:若年膠原病と妊娠出産. 第1回膠原病ネットワーク総会ワークショップ, 2006, 11, 金沢.
  15. 北島勲:転写因子NF-κBから斬る分子病態. 第3回富山大学病院病理部セミナー. 2006, 2 富山.
  16. 大塚稔久:神経細胞の極性形成を司るSAD キナーゼの構造と機能. 日本分子生物学会2006 フォーラム, 分子生物学の未来. 2006, 12, 名古屋.
  17. 大塚稔久 神経終末アクティブ・ゾーンの形成と機能におけるSAD キナーゼの役割. 第29回日本神経科学学会大会. 2006, 7, 横浜.
  18. 大塚稔久:SAD キナーゼによる神経伝達物質放出の分子機構. 生理学研究会シナプス可塑性の分子基盤. 2006, 6, 岡崎.
  19. 山岸萌子, 森田未香, 多賀由紀子, 坂本純子, 吉田郁子, 大門良男, 北島勲:マイクロスキャンRapid plus パネルを用いた菌血症の迅速診断報告の試み. 第45回日本臨床検査医学会・東海北陸支部総会. 2006, 3, 浜松.
  20. 野手良剛, 扇谷晶子, 森田未香, 多賀由紀子, 坂本純子, 吉田郁子, 大門良男, 仁井見英樹, 北島勲:Real-time PCR法を用いた迅速な敗血症起因菌同定システム構築の検討. 第45回日本臨床検査医学会・東海北陸支部総会. 2006, 3, 浜松.
  21. 尾川智美, 谷みね子, 川島猛志, 大門良男, 北島勲:フィブリンモノマー複合体(FMC)と可溶性フィブリン(SF)の乖離状況と臨床的意味. 第45回日本臨床検査医学会・東海北陸支部総会. 2006, 3, 浜松.
  22. 所崇, 別府秀幸, 森口茂樹, 塩田倫史, 福永浩司, 堀悦郎, 上野照子, 小野武年, 西条寿夫, 大塚稔久, En Li, 北島勲:クロマチンリモデリング分子ATRX 発現低下マウスの記憶・学習障害. CREST 第3回脳の機能発達と学習メカニズムの解明領域内研究報告会. 2006, 3, 大阪.
  23. 北島勲, 山口桂司, 尾川智美, 谷みね子:SF・FMC 試薬間における乖離検討と各検査の有用性について. 第6回TTM (Thrombosis & Thrombolysis Markers Forum). 2006, 3, 東京
  24. 榛沢和彦, 土田桂蔵, 北島勲:新潟県中越地震被災者患者循環器外来患者のDVT と血液凝固マーカーについて. 第6回TTM (Thrombosis & Thrombolysis Markers Forum). 2006. 3, 東京.
  25. 元村拓, 仁井見英樹, 杉森一仁, 大塚稔久, 木村友厚, 北島勲:未分化間葉系細胞のGrowth Arrest Specific 6 を介する軟骨分化調節機構. 第24回日本骨代謝学会学術集会. 2006, 7, 東京.
  26. 仁井見英樹, 野手良剛, 扇谷晶子, 北島勲:富山大学附属病院遺伝子検査室開設に伴う先天性血液凝固異常症解析状況. 第2回北陸血栓止血セミナー. 2006, 7, 金沢.
  27. 扇谷晶子, 野手良剛, 岸田みか, 大門良男, 仁井見英樹, 北島勲:アミノ酸側鎖フェニル基の有無がFV 蛋白機能に影響を与えることが解明できた新規先天性第V 因子欠乏症(Phe190Ser). 第7回日本検査血液学会学術集会. 2006, 7, 東京.
  28. 吉田慧, 高倉理恵, 尾川智美, 扇谷晶子, 川島猛志, 谷みね子, 桑原卓美, 大門良男, 榊久乃, 野村恵子, 金兼弘和, 北島勲:赤芽球系細胞の増加を伴った若年性骨髄単球性白血病(JMML)の1 症例. 第31回北陸臨床病理集談話会. 2006, 8, 富山.
  29. 吉田郁子, 山岸萌子, 森田美香, 坂本純子, 野手良剛, 大門良男, 平島小百合, 北島勲:日立卓上電子顕微鏡TM-1000Miniscope の使用経験. 第31回北陸臨床病理集談話会. 2006, 8, 富山.
  30. 細谷孝子, 佐竹伊津子, 成瀬理恵, 延野真弓, 林史郎, 原田健右, 北島勲, 道具伸浩:頚動脈エコーで診断に苦慮する巨大血栓様構造物を認めた一症例. 第31回北陸臨床病理集談話会. 2006, 8, 富山.
  31. 佐竹伊津子, 細谷孝子, 成瀬理恵, 延野真弓, 林史郎, 原田健右, 北島勲:意識消失発作を伴った肺塞栓血栓症の経過報告. 第31回北陸臨床病理集談話会. 2006, 8, 富山.
  32. 柴則子, 角田美鈴, 多賀由紀子, 上野智浩, 横田綾, 大門良男, 北島勲:PhD システムIFA モジュールを用いた抗核抗体検査(Hep-2)測定の基礎的検討. 第31回北陸臨床病理集談話会. 2006, 8, 富山.
  33. 北島勲, 原田健右, 市毛由希子, 酒井千樹:卓上自動検査機器を用いた臨床化学に関する医学部学生実習への応用. 第46回日本臨床化学年会. 2006, 9, 東京.
  34. 北島勲, 只野重太郎:テーマは「臨床検査の原点は診察室に有り〜どのような医師を育てるか〜」. 日立製作所パーソナル・ヘルスケアベンチャーカンパニー・セミナー. 2006, 9, 東京.
  35. 奥田忠行, 北島勲, 福永壽張晴:自動血液ガス分析装置Roche 社OMNIS およびラジオメーター社ABL800 における検討. 第38回日本臨床検査自動化学会大会. 2006, 10, 神戸.
  36. 柴則子, 角田美鈴, 上野智浩, 大門良男, 北島勲:EVOLIS を使用したPIVKA-II 短時間測定の基礎的検討. 第38回日本臨床検査自動化学会大会. 2006, 10, 神戸
  37. 桑原卓美, 谷みね子, 尾川智美, 高倉理恵, 扇谷晶子, 上野智浩, 川島猛志, 大門良男, 北島勲:多項目自動血球分析装置XE-2100 を用いた破砕赤血球測定の有用性について. 第38回日本臨床検査自動化学会大会. 2006, 10, 神戸.
  38. 仁井見英樹, 北島勲, 野手良剛:Real-time PCR を用いた迅速な敗血症起因菌同定システムの構築. 第38回日本臨床検査自動化学会大会. 2006, 10, 神戸.
  39. 仁井見英樹, 林史郎, 酒井伸也, 南澤潔, 嶋田豊, 北島勲:脈診・証とカオス解析の相関について(第2報). 平成18年度第一回科学技術振興調整費「漢方「脈診」診断法のカオス解析と科学化」成果検討会. 2006, 11, 富山.
  40. 奥田忠行, 北島勲, 福永寿晴:富山県における血液ガス分析コントロールサーベイ基準値を外れた原因の検討. 第53回日本臨床検査医学会学術集会. 2006, 11, 弘前.
  41. 谷みね子, 淵上映子, 山口桂司, 榛澤和彦, 林純一, 土田桂蔵, 北島勲:新潟中越地震被災者における経時的凝血分子マーカーの変化. 第53回日本臨床検査医学会学術集会. 2006, 11, 弘前.
  42. 仁井見英樹, 野手良剛, 扇谷晶子, 尾川智美, 北島勲:遺伝子検査室開設に伴う遺伝子検査診断システム構築の意義とその解決すべき問題点. 第53回日本臨床検査医学会学術集会. 2006, 11, 弘前.
  43. 桑原卓美, 上野智浩, 川島猛志, 吉田慧, 尾川智美, 上野由美, 高倉理恵, 横田綾, 角田美鈴, 谷みね子, 柴則子, 大門良男, 北島勲:経費削減を目的とした生化学免疫分析システムの構築とその導入効果について. 第53回日本臨床検査医学会学術集会. 2006, 11, 弘前.
  44. 吉田郁子, 森田美香, 山岸萌子, 坂本純子, 野手良剛, 大門良男, 平島小百合, 北島勲:日立卓上顕微鏡TM-100Miniscope を用いた細菌画像について. 第53回日本臨床検査医学会学術集会. 2006, 11, 弘前.
  45. 宮林千鶴子, 安村敏, 多葉田祥子, 道野淳子, 江幡和美, 西野主眞, 北島勲:新任看護士への安全な輸血の取り扱いのための教育について. 第24回日本輸血学会北陸支部総会. 2006, 11, 福井.
  46. 道野淳子, 多葉田祥子, 西野主眞, 宮林千鶴子, 江幡和美, 安村敏, 北島勲, 山谷明子:抗Dib を有する不適合妊娠の一例. 第24回日本輸血学会北陸支部総会. 2006, 11, 福井.
  47. 原田健右, 北島勲, 吉村直樹, 三崎拓郎, 渡邊綾佳, 市田蕗子, 宮脇利男:ワーファリンコントロール良好も血栓弁を繰り返す単心室の人工弁置換術後3歳児男児. 第4回北陸DIC研究会. 2006, 11, 金沢.
  48. 鈴木俊輔, Singhirunnunsom Pattama, 山岡昇司, 北島勲, 済木育夫, 櫻井宏明:HTLV-I Tax のよる恒常的TAK1活性化とその細胞内シグナル機構における役割. 分子生物学会2006 フォーラム, 分子生物学の未来. 2006, 12, 名古屋.
  49. 所崇, 比嘉進, 北島勲, 大塚稔久:マウス神経筋接合部におけるアクテイブゾーン蛋白質CAST/ELKS の局在. 分子生物学会2006 フォーラム, 分子生物学の未来. 2006, 12, 名古屋.
  50. Higa S, Inoue E, Tokoro T, Kitajima I, Ohtsuka T: The active zone protein CAST directly associates with the ligand Numb. 分子生物学会2006フォーラム, 分子生物学の未来. 2006, 12, 名古屋.
  51. 原田健右:蛋白, アミノ酸代謝の一般検査. 第28回NST 勉強会. 2006, 7, 富山.
  52. 原田健右:低リン血症とRefeeding Syndrome. 第33回NST 勉強会. 2006, 12, 富山.

その他

  1. 北島勲:分子病態解析法を用いた東洋医学診断法解明. 上原記念生命科学財団研究報告集19: 65-67, 2005.
  2. 北島勲:第18回研究会報告. フォーラム富山「創薬」News No6: 6-7, 2006.
  3. 大塚稔久:神経回路のメカニズムを分子レベルで解明. 実業之富山No8: 40-42, 2006.

ページの先頭へ戻る

2005年

著書

  1. 北島勲:トロンビン、酸化ストレスナビゲーター(倉林正彦、山岸昌一編)、メデイカルレビュー社、p90-91、2005
  2. 北島勲:SIRSの臨床検査-転写因子による病態解析。医学のあゆみ:血液疾患-state of arts (坂田洋一、小澤啓也編) 医歯薬出版株式会社、p272-273、2005
  3. 北島勲:血液・凝固線溶検査(日本糖尿病学会 編)、糖尿病学の進歩2005、診断と治療社、p50-52、2005
  4. 北島勲:50人の専門医が教える病気と検査のはなし。(日本臨床検査医会 監修)、(社)日本衛生検査所教会、(株)星雲社、p60-62、2005

原著

  1. Wang J, Tokoro T, MatsuiK, Higa S, Kitajima I: Pitavastatin at low dose activates endothelial nitric oxide synthase through PI3K-Akt pathway in endothelial cells. Life Siences 76(19):2257-2268, 2005
  2. Sugimori K, Matsui K, Motomura H, Tokoro T, Wang J, Kimura T, Kitajima I: BMP2 prevents apoptosis of N1511 chodrocytic cells through PI3K/Akt-mediated NF-κB activation. J. Bone Miner. Metab. 23:411-419, 2005
  3. Terauchi R, Arai Y, Takahashi KA, Inoue A, Tonomura H, Asada H, Kishida T, Imanishi J, Mazda O, Kitajima I, Kubo T: The effect of apoptosis signal-regulating kinase 1 gene transfer on rat collagen induced arthritis. J Rheumatol 32(12):2373−2380, 2005
  4. Tanaka Y., Ueda K., Ozawa T., Kitajima I., Okamura S., Morita M., Yokota S., and Imanaka T. :Mutation study of antithrombin: the role of disulfide bonds in the intracellular accumulation and formation of Russell body-like structures. J. Biochem, 137(3):273-285, 2005
  5. Takayama K, Hashimoto N, Tanaka Y, Ozawa T, Emi Y, Ikeda T, Katayama M, Nomura S, Kitajima I, Nakano T, Imanaka T: Identification of a novel aminoacid deletion mutation and a very rare single nucleotide variant in a Japanese family with type 1 antithrombin deficiency. Thromb. Res 116:215-221, 2005
  6. Michino J, Hata Y, Matsui K, Takizawa H, Kominato Y, Tabata S, Nishino K, Yasumura S, Kitajima I: Demonstration of a antigen and a allele ofABOhisto-blood group in nail in a case with the absence of a antigen and anti-A antibody in blood. Legal Medicine 7:194-197, 2005
  7. Valcourt U, Kowanetz M, Niimi H, Heldin CH, Moustakas A: TGF-b and Smad signaling pathway support transcriptomic reprogramming during epithelial-mesenchymal cell transcription. Mol. Biol. Cell. 16(4):1987-2002, 2005
  8. Kakunaga S, Ikeda W, Ito S, Deguchi-Tawarada M, Ohtsuka T, Mizoguchi A, Takai Y: Nectin-like molecule-1/TSLL1/SynCAM3: a novel tissue-specific immunoglobulin-like cell-cell adhesion molecule localizing at non-junctional contactsites of presynaptic nerveterminals, axons and glia cell processes. J Cell Sci 118:1267-1277, 2005
  9. Inagaki M, Irie K, Ishizaki H, Tanaka-Okamoto M, Morimoto K, Inoue E, OhtsukaT, Miyoshi J, Takai Y: Roles of cell-adhesion molecules nectin 1and nectin 3 in ciliary body develoment. Development 132:1525-1537, 2005
  10. Hagiwara A, Fukagawa Y, Deguchi-Tawarada M, Ohtsuka T, Shigemoto R: Differentiatial distribution of release-relatedproteins in the hipocampal CA3 area as revealed by freeze-fracture replica labeling. J Comp. Neurol. 489:195-216, 2005
  11. Ohhara-Imaizumi M, Ohtsuka T, Matsushima S, Akimoto Y, Nishiwaki C, Nakamichi Y, Kikuta T, Nagai S, Kawakami H, Watanabe T, Nagamatsu S: ELKS, a protein structurally related to the active zone-associated protein CAST, is expressed in pancreatic β cells and functions in insulin exocytosis: Interaction of ELKS with exocytotic machinery analyzed by total internal reflection fluorescence microscopy. Mol. Biol. Cell. 16:3289-3300, 2005
  12. Deguchi-Tawarada M,  Inoue E, Takao-Rikitsu E, Unoue M, Kitajima I,  Ohtsuka, T., and Takai Y: The active zone protein CAST is a component of conventional and ribbon synapses in mouse retina. J. Comp. Neurol. 495:480-96, 2006.
  13. 坂本純子、角田美鈴、北島勲:慢性肝疾患に併発した糖尿病におけるグリコアルブミンの臨床的評価。日本臨床検査自動化学会会誌30(1):85-88、2005
  14. 柴則子、森田美香、大門良男、北島勲:糖尿病病態把握におけるアデイポネクチン測定の意義―アデイプネクチン値、トリグリセライド値、高感度CRP値および生活歴との相関解析―。日本臨床検査自動化化学会会誌 30(2):172-176、2005
  15. 野手良剛、岩城有佳、森田未香、多賀由紀子、吉田郁子、大門良男、小澤哲夫、北島勲:院内感染対策における遺伝子検査の有用性。耐性遺伝子の検出と遺伝子型別について。日本染色体遺伝子検査学会誌23(1):28-36、2005
  16. 金森志津子、中河竜也、岩城有佳、吉田郁子、米田郁子、米田真喜子、辻田由加利、林喜代志、中村政雄、佐々木収一、笹嶋安希子、石橋史子、小路聡美、西野一美、一谷祐子、上野勝、柏木他喜子、前田恵美:富山県内におけるメタロ-β-ラクタマーゼ産生菌調査(第2報)。富山県技師会報165:、2004
  17. 奥田忠行、桑原卓美、川島猛志、野手良剛、大門良男、北島勲:心拍変動スペクトラム解析におよぼす影響(とくに日常行動について)富山県臨床衛生検査技師会会報168:7-9、2005

総説

  1. 北島勲:転写因子Nuclear Factor-kappa B (NF-κB)から斬る疾患分子病態解析―転写因子活性化検査の自動化に向けて−。日本臨床検査自動化学会会誌 2005;30(1):3-17.
  2. 北島勲:酸化ストレスマーカー研究と臨床検査の発展。臨床検査. 2005;49(2):119-120.
  3. 北島勲:LPOとその検査法。臨床検査. 2005;49(2):188-91.
  4. 北島勲、柴則子:血中アディポネクチン測定による2型糖尿病の病態把握。Medical Practice. 2005;22(8):1428.
  5. 北島勲、富永真琴、前川真人:検査室から個人と地域。Modern Media. 2005;51:1-21.
  6. 田中陽子、北島勲:血管内皮機能、血小板と凝固線溶系:接着分子。Medical Technology. 2004;32:1506-10.
  7. 小澤哲夫、北島勲:アンチトロンビン欠乏症・第Z因子欠乏症(先天性血液凝固異常症)。日本臨床. 2005;63(3):408-12.
  8. 山口桂司、北島勲:血栓症急性期の病態把握に有用な凝血分子マーカー、フィブリンモノマー複合体。検査と技術 2005;33(8):785-8.
  9. 扇谷晶子、北島勲:抗ガラクトシルIgG抗体。日本臨床. 2005;63:469-71.
  10. 山口桂司、田中陽子、高森映子、北島勲:富山医科薬科大学附属病院検査よろず相談室開設1年の経過とその役割。日本臨床検査医学学会誌. 2005;53(7):609-16.
  11. 大塚稔久:プレシナプスアクティブゾーンの構造とその分子基盤CASTを介した巨大分子複合体の解析。細胞工学. 2005;24(1):66-71.
  12. 安村敏、北島勲、樋口清博:輸血事業の現状と反省。外科. 2004;66:931-6.

学会報告

海外発表

  1. Matsui K, Tsukada K, Sugimori K, Tokoro T, Higa S, Motomura H, Kitajima I: Ets gene PEA3 cooperates with c-Jun in regulation of HER2/neu transcription in breast cancer cell. Keystone Symposia Cancer and Development, Feb5-10, 2005, Banff, CANADA
  2. Ohtuka T: Molecular mechanisms of the presynaptic active zone atructure and function. Max-Plank Institute Dr Nils Brose’s Lab Invited seminar, May17, 2005, Gottingen, Germany
  3. Ohtuka T: Molecular mechanisms of the presynaptic active zone atructure and function. Max-Plank Institute Dr. Suzanne tom Dieck’s Invited seminar, May18, 2005, Frankfrut, Germany
  4. Ohtsuka T: The active zone protein CAST is component of conventional and ribbon synapses in mouse retina. Molecular Anatomy and Physiology of Ribbon Synapses Symposium. Sept. 23-24, 2005, Gottingen, Germany
  5. Tokoro T, Kitajima I: The bihabial abnormality of ATRX hypomorpholic mutant mice. Novartis Institute for Biomedical research, En Li lab meeting. Augst 26, 2005, Boston, USA

国内学会

  1. 北島勲:易血栓性を把握できる凝血分子マーカー。第39回糖尿病学の進歩。平成17年2月19日(仙台)
  2. 北島勲:重症感染症における転写因子NF-κB活性化の意義と迅速診断法開発、そしてその制御による治療戦略。第32回日本集中治療医学会学術集会、平成17年2月24日(東京)
  3. 北島勲:臨床検査の読み方、臨床検査のピットフォール。第1回同友会春日クリニック検診セミナー。平成17年6月10日(東京)
  4. 北島勲:血栓症急性期を捉える凝血分子マーカー、可溶性フィブリンモノマー複合体の意義と臨床応用。新潟血予防研究会。平成17年6月17日(新潟)
  5. 北島勲:検査値の正しい解釈のトレーニング、リバースCPCの実践、北陸地区医学生合同勉強会セミナー。平成17年7月3日(富山)
  6. 北島勲:富山医科薬科大学検査よろず相談室開設1年半における検査相談活動とその意義。第30回北陸臨床病理集談会、第13回同セミナー。平成17年9月10日(金沢)
  7. 北島勲:SNPsを用いた個の検査とオーダーメイド医療。平成17年度知的クラスター創成事業「とやま医薬バイオクラスター」第一回BME研究会・第1回事業化検討委員会。平成17年9月26日(富山市富山技術交流センター)
  8. 北島勲:独立行政法人下における大学附属病院検査室の変化と今後の展望。日立ハイテクノロジーズセミナー、平成17年10月4日(日立那珂市)
  9. 大塚稔久:Scaffolding proteins and the active zone funtion:プレシナプス研究の新展開―分子構造とその機能―The Cutting Edge of Presynaptic Research:Molecular mechanisms of presynaptic structure and function. 第28回日本神経科学学会大会、平成17年7月26-28日 (横浜)
  10. 大塚稔久:Scaffolding proteins and the active zone funtion. 富山大学・ブリテッシュコロンビア大学神経科学ジョイントミーテング2005. 平成17年11月24日(富山市)
  11. 角田美鈴、坂本純子、田中陽子、北島勲:当院におけるNST活動について。第44回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会、平成17年3月6日(福井)
  12. 岸田みか、多喜博文、平野恒司、藤下隆、岩田実、佐藤啓、山崎勝也、浦風雅春、小林正、小澤哲夫:2型糖尿病の治療中に発見された遺伝性球状赤血球症と先天性第5因子欠乏症の合併例。第102回日本内科学会講演会。平成17年4月9日(大阪)
  13. 杉森一仁、北島勲、松井恒志、元村拓、所崇、王菊勇、比嘉進、木村友厚:軟骨細胞株におけるBMP-2のアポトーシス抑制機構。第37回日本結合組織学会学術大会。平成17年5月26日、富山
  14. 西野主真、安村敏、道野淳子、多葉田祥代、宮林千鶴子、延野真弓、北島勲:I&A受検により改善された当院の輸血業務について。第53回日本輸血学会総会。平成17年5月27日、東京
  15. 延野真弓、道野淳子、多葉田祥代、西野主真、安村敏、北島勲:PeG自己抗体吸収法が同種抗体に及ぼす影響。第53回日本輸血学会総会。平成17年5月27日、東京
  16. 野手良剛、扇谷晶子、森田未香、多賀由紀子、坂本純子、吉田郁子、大門良男、仁井見英樹、北島勲:PCR法を用いた迅速な細菌同定システム構築。第30回北陸臨床病理集談会、第13回同セミナー。平成17年9月10日(金沢)
  17. 扇谷晶子、野手良剛、仁井見英樹、岸田みか、北島勲:遺伝性球状赤血球症と先天性第V因子欠乏症の合併例。第30回北陸臨床病理集談会、第13回同セミナー。平成17年9月10日(金沢)
  18. 坂本純子、北島勲、野村恵子、金兼弘和:骨髄移植後BKウイルス感染により尿中ウイルス感染細胞が認められた一症例。第30回北陸臨床病理集談会、第13回同セミナー。平成17年9月10日(金沢)
  19. 奥田忠行、上野智浩、大門良男、北島勲、加藤輝隆:集合住宅における騒音。第30回北陸臨床病理集談会、第13回同セミナー。平成17年9月10日(金沢)
  20. 谷みね子、尾川智美、川島猛志、大門良男、北島勲:エピトープの異なる二種類の抗体によるフィブリンモノマー複合体値乖離の問題とその臨床的意義。日本臨床検査自動化化学会総会。平成17年9月29日(横浜)
  21. 山口桂司、北島勲:緊急検査のピットフォール。正しい緊急検査の使い方。第8回富山大学附属病院研修医イブニングセミナー。平成17年10月6日(富山)
  22. 榛沢和彦、林純一、土田桂蔵:新潟中越地震被災者における静脈血栓塞栓症と凝血分子マーカー。第12回肺塞栓研究会・学術集会。平成17年11月5日(東京)
  23. 釈永清志、渋谷伸子、山口桂司、谷みね子、北島勲、山崎光章:人工膝関節置換術の駆血帯開放による可溶性フィブリンモノマー複合体の変化。第3回北陸DIC研究会。平成17年11月12日(金沢)
  24. 山口桂司、田中陽子、高森映子、北島勲:臨床検査医のコンサルティング業務活動の場としての大学病院検査部内よろず相談室開設1年の考察。第52回日本臨床検査医学会総会。平成17年11月18日(福岡)
  25. 高森映子、田中陽子、山口美鈴、坂本純子、北島勲。第52回日本臨床検査医学会総会。平成17年11月19日(福岡)
  26. 奥田忠行、大門良男、佐藤啓、北島勲:各疾患(糖尿病、高血圧、起立性低血圧疑い)における心拍・血圧変動スペクトル解析の検討。第52回日本臨床検査医学会総会。平成17年11月20日(福岡)
  27. 多葉田祥代、道野淳子、西野主眞、宮林千鶴子、安村敏、北島勲:当院で試みた輸血によるC型肝炎患者の掘り起こしについて。第23回日本輸血学会北陸支部総会、平成17年11月19日(金沢)
  28. 西野主眞、多葉田祥代、道野淳子、宮林千鶴子、安村敏、北島勲:I&Aの認証を受けて。第23回日本輸血学会北陸支部総会、平成17年11月19日(金沢)
  29. 宮林千鶴子、安村敏、多葉田祥代、道野淳子、江幡和美、西野主眞、北島勲:当院輸血・細胞治療部における看護師の役割。第23回日本輸血学会北陸支部総会、平成17年11月19日(金沢)
  30. 大塚稔久:プレシナプスアクティブゾーンにおけるリン酸化プロテオーム。平成17年度生理学研究所研究会 シナプスの一生:誕生・維持・除去過程の統合的理解へ向けて。平成17年12月1−2日(岡崎)
  31. 北島勲:冷えと痛みに対する和漢薬の探索。和漢薬・バイオテクノロジー研究成果発表会。平成17年12月6日(富山)
  32. 北島勲:富山大学の東西医学融合研究とカオス脈波計を用いた脈波解析の取り組み。平成17年度科学技術振興調整費「科学技術に必要な調査研究:漢方「脈診」診断法のカオス解析と科学化研究報告会。平成17年12月16日(鹿児島)

その他

  1. 北島勲:HTLV-T関連疾患発症におけるプロウイルス感染量とHTLV-I Tax遺伝子変異の関連に関する研究。黒住医学研究振興財団研究業績集:75、2005
  2. 北島勲:冷えと痛みに対する和漢薬の探索。関節リウマチに薬効を示す転写因子活性調節機構解明。平成16年度受託研究和漢薬・バイオテクノロジー研究研究成果報告書:1-14、2005
  3. 北島勲:和漢薬による血管新生転写因子の活性化制御-和漢薬の新しい使い方- 平成16年度受託研究和漢薬・バイオテクノロジー研究研究成果報告書:69-72、2005
  4. 北島勲:本物を見極める眼。Modern Media 51(February 2):24, 2005
  5. 北島勲:平成17年度編集後記。臨床病理 53(12):1206, 2005

ページの先頭へ戻る

2004年

著書

  1. 北島勲:リピッドパーオキシド(LPO)。広範囲血液・尿化学検査、免疫学的検査【第6版】日本臨床62、p530-532、日本臨床社, 東京、2004
  2. 田中陽子、北島勲:I型コラーゲンC末端テロペプチド(ICTP)。広範囲血液・尿化学検査、免疫学的検査【第6版】日本臨床62、p240-243、日本臨床社, 東京、2004
  3. 田中陽子、北島勲:I型プロコラーゲンC末端プロペプチド(PICP)。広範囲血液・化学検査、免疫学的検査【第6版】日本臨床62、p244-246、日本臨床社, 東京、2004
  4. 小澤哲夫、北島勲:モデル動物各論 血小板. 「モデル動物の作製と維持」森脇和郎他編, 286-292, エル・アイ・シー,東京,2004

原著

  1. Wang J, Tokoro T, MatsuiK, Higa S, Kitajima I. Pitavastatin at low dose activates endothelial nitric oxide synthase through PI3K-Akt pathway in endothelial cells. Life Siences 2005;76:2257-68.
  2. Kainuma M, Sakai S, Sekiya N, Mantani N, Ogata N, Shimada Y, Terasawa K. The effects of a harbal medicine (Mao-to) in patients with chronic hepatitis C after injection of IFN-β. Phytomedicine 2004;11:5-10.
  3. Tokoro T, Wang J, Kitajima I. The novel HMG-CoA reductase inhibitor, Pitavastatin, induces a protective action in vascular endothelial cells through the production of nitric oxide (NO). Yakugaku Zasshi. 2004;124:121-6.
  4. Katayama K, Hashimoto N, Tanaka Y, Ozawa T, Emi Y, Ikeda T, Katayama M, Nomura S, Kitajima I, Nakano T, Imanaka T. Identification of a novel amino acid deletion mutation and a very rare single nucleotide variant in a Japanese family with type I antithrombin deficiency. Thromb Res. 2005;116:215-21.
  5. Tanaka Y, Ueda K, Ozawa T, Kitajima I, Okamura S, Morita M, Yokota S, Imanaka T. Mutation study of antithrombin: the role of disulfide bonds in the intracellular accumulation and formation of Russell body-like structures. J Biochem. 2005;137:273-85.
  6. 林史朗、藤木明、菅生昌高、佐竹伊津子、細谷孝子、井上博:24時間ホルター心電図を用いた新しいQT時間の定量評価法。日本心電図学会誌2004;24:199-207.
  7. 中嶋晶子、柴則子、大門良男、北島勲:血中脳性Na利尿ペプチド(BNP)の病院検査室導入にむけて-RIA法からEIA法への転換によるルーチン化―. 日本臨床検査自動化学会会誌2004;29:617-20.
  8. 角田美鈴、大門良男、北島勲、大野雅憲、木下良治:総蛋白・脂質回収率向上をめざした中空糸膜利用プール血清作製方法。医学検査 2004;53:43-6.
  9. 多賀由紀子、岩城有佳、森田美香、吉田郁子、林喜代志、中村政雄、金森志津子、北島勲:富山県内14施設におけるメタロ-β-ラクタマーゼ産生菌の検出状況. 医学検査2004;53:882-5.
  10. 赤井卓也, 山本謙二, 飯塚秀明, 川上重彦, 柿沼宏明, 小澤哲夫:頭蓋骨早期癒合症と発達遅滞 -FGFR遺伝子異常の検討-. 小児の脳神経, 2004;29:224-8.
  11. Sakai M, Kitagawa Y, Yoshida I, Nakagawa T, Mizushima Y, Ochiai H. Bacteriological study on the contamination of flow vase water. 富山医科薬科大学看護学雑誌. 2003;5:41-8.

総説

  1. 北島勲:医学部の学生教育改革。Lab. Clin. Pract., 22(1):68-76、2004
  2. 北島勲:富山の産学共同研究はどこまで進んでいるか。-もう一つの「サーズ」―。実業之富山4月号:38-40、2004
  3. 北島勲:転写因子と炎症。臨床検査48(3):315-325、2004
  4. 北島勲:シグナル伝達系異常と疾患。臨床化学33:163-176、2004
  5. 北島勲:シグナル伝達病としての血栓症。血管医学5(2):19-28、2004
  6. 北島勲:高感度CRPによる腰椎椎間板ヘルニアの評価。Medical Practice 21(11):1923, 2004
  7. 所崇、北島勲:サイトカイン。臨床検査47(13):1687-1692, 2003
  8. 山口桂司、北島勲:トロンビン・アンチトロンビン複合体(TAT)。血栓症検査ガイドブック。血栓と循環12(4):76-79、2004
  9. 山口桂司、北島勲:FDP、FgDP,  FDP-E。血栓症検査ガイドブック。血栓と循環12(4):101-104、2004
  10. 柴則子:アディポネクチンをご存知ですか。富山県臨床衛生検査技師会会報:7-11, 2004
  11. 大門良男:学会印象記 医学検査フォーラム。 メディカルリスクマネジメント Medical Technology 32:868-869, 2004

学会報告(特別講演、教育講演、シンポジウムのみ)

  1. Isao Kitajima: Upregulation of Toll-like receptor 2 gene expression in macrophage response to high concentration of lipopolysaccharide is involved in NF-κB activation. Keystone symposia NF-κB: Biology and Pathology, 2004, Jan 19, Solt Lake City, USA
  2. Tokoro T, Kitajima I: Behavioral analyses and molecular pathogenesisi of ATRX mutant mice. Cardiovascular Research Center/MGH Kenneth D. Boch’s Lab Meeting, 2004, 10, 25
  3. 北島勲:宇宙医学、研究の進め方。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)北陸地区交流会、平成16年2月15日、(富山市、富山県立富山高校)
  4. 北島勲:肺血栓塞栓症と凝血マーカー。ONOスプリングフォーラムin山形。平成16年6月23日(山形)
  5. 北島勲:ナノテクノロジーを活用した21世紀型臨床検査構築。平成15年厚生労働科学研究:ナノメデシンフォーラムNMF2003(III)、ナノマイクロイメージングの医療応用。平成16年3月18日(東京ビッグサイト)
  6. 北島勲:独立行政法人化における大学病院検査部。平成16年度全国検査技師会大会。平成16年5月13日(富山市)
  7. 北島勲:遺伝子情報を組み込んだ21世紀型臨床検査の構築。第53回日本医学検査学会。平成16年5月15日(富山市)
  8. 北島勲:ロコモーションサイエンスとの歩み。近畿鶴陵会総会、平成16年6月12日(大阪)
  9. 北島勲:独立行政法人化を迎え打つ大学病院検査部。第23回日本臨床化学会夏期セミナー。平成16年7月15日(鹿児島市)
  10. 北島勲:病院検査部を活用した卒前・卒後検査教育のあり方。第23回日本臨床化学会夏期セミナー。平成16年7月15日(鹿児島市)
  11. 北島勲:血栓急性期診断に対応できるフィブリンモノマー複合体のPOCT導入に向けて。第51回日本臨床検査医学会総会イブニングセミナー。平成16年9月4日(東京)
  12. 北島勲:独立行政法人下における21世紀対応型検査部にむけて。北海道大学附属病院検査部セミナー。平成16年11月5日(札幌)
  13. 北島勲:富山医科薬科大学病院におけるNST立ち上げと今後の展望:病院検査部の立場から。第2回北海道大学NST講演会。平成16年11月5日(札幌)
  14. 北島勲:血栓形成急性期を反映する凝血分子マーカーを探る。第7回日本栓子検出と治療学会大会。平成16年12月5日(横浜)

ページの先頭へ戻る

2003年

著書

  1. 北島勲:副甲状腺機能検査、医学書院医学大辞典(伊藤正男、井村裕夫、高久史麿編)、東京、医学書院pp2138、2003
  2. 小方則夫:デルタ(D型)肝炎ウイルスゲノム:特異的なゲノム構造・複製と病原性との関連。新世紀の感染症学(下巻):ゲノム・グローバル時代の感染症アップデート。(山口恵三、岩本愛吉編)、日本臨床社、東京、pp634-639, 2003
  3. 小方則夫、島木貴久子、桑守美千代、高島修太郎、渡辺明治:ウイルス肝炎対策:医療系学生のB型肝炎ワクチン接種状況および獲得HBs抗体評価の問題。CAMPUS HEALTH第40巻、全国大学保健管理協会、京都、pp252-253, 2003

原著

  1. Shibakura M, Niiya K, Kibuchi K, Kitajima I, Niiya M, Asaumi N, Huh N-K, Nakata Y, Harada M, Tanimoto M. Induction of interleulin-8 and monocyte chemoattractant protein-1 by doxorubicin in human small-cell lung cartinoma cells. Int J Cancer. 2003;103:380-6.
  2. Sarker KP, Biswas KK, Yamakuchi M, Lee KY, Hashiguchi T, Kuracht M, Kitajima I, Maruyama I. ASK-1-p38 MAPK/JNK signaling cascade mediates anandamide-ondeced PC12 cell death. J Neurochem. 2003;85(1):50-61.
  3. Arisato T, Sarker KP, Kawahara K, Nakata M, Hashiguchi T, Osame M, Kitajima I, Maruyama I. The agonist of the protease-activated receptor1- (PAR) but not PAR3 mimics thrombin-inducedvascular endothelial growth factor release in human smooth muscle cells. Cell Mol Life Sci. 2003;60(8):1716-24.
  4. Sugimori K, Kawaguchi Y, Morita M, Kitajima I, Kimura T. High-sensitive analysis of serum C-reactive protein in young patients with lumbar disc herniation. J Bone Joint Surg Br. 2003;85(8):1151-4.
  5. Ogata N, Ichida T, Aoyagi Y, Kitajima I. Development of peptide nucleic acid mediated polymerase chain reaction clamping (PMPC). Direct sequencing method for detecting lamivudene-resistant hepatitis B virus (HBV) variants with high sensitive and specificity. J Jpn Soc Lab Med. [Rinsho Byori] 2003;51:313-9.
  6. Ogata N, Takashima S, Shimaki K, Kuwamori M, Kitajima I, Watanabe A. Antibody to hepatitis B surface antigen (anti-HBs) induced by recombinant hepatisis B vaccine consisting of subtype adr antigen is underestimayed on the World Health Organization (WHO)-standardized assay. Inter Med. 2003;42(5):446-7.
  7. Okoshi S, Ogata N, Ichida T: The long-term clinical outcome of 1-year treatment of chronic hepatitis B with lamivudine-5 year observation. Hepatol Res. 2003;27:13-7.
  8. 安村敏、樋口清博、多葉田祥子、道野淳子、西野主眞、三崎拓郎、北島勲、渡邊明治、塩原康司、平井肇、西野治身、鍛治友昭:抗IgA抗体保有者の抗体価測定の意義と輸血上の対応。日本輸血学会雑誌49(5)646-652、2003
  9. 岩城由佳、森田未香、多賀由紀子、野手良剛、吉田郁子、小澤哲夫、北島勲:Serratia marcescensのnucleaseによるPCR産物の分解. 検査と技術. 2003;13:468-9.
  10. 奥田忠行、松井祥子、柴原直利、関根道和、上野智浩、大門良男、北島勲:血液ガス分析機器の相違によるPaCO2値乖離の検討. 臨床検査 2003;47:553-8.
  11. 延野真弓、角田美鈴、林史朗、大門良男、北島勲、大野雅範、木下良治:総Ca測定における問題点とその改良薬-「エスパ・Ca」-の有用性 医療と検査機器・試薬. 2003;26(3):235-9.
  12. 奥田忠行、野手良剛、桑原卓美、川島猛志、大門良男、梅野克身:市民ランナーを対象とした好気的・嫌気的トレーニング効果の評価―自覚的最大酸素摂取量(peakVO2)、嫌気的代謝域値(AT)および生化学分析よりー富山県臨床検衛生検査技師会誌. 2003;29:9-11.
  13. 多賀由紀子、岩城由佳、, 森田未香、野手良剛、吉田郁子、小澤哲夫、北島勲:メタローβ-ラクタマーゼ産生菌の保有調査。富山県臨床衛生検査技師会誌. 2003;29:16-9.
  14. 桑原卓美、坂本純子、扇谷晶子、田村なおみ、小澤哲夫、北島勲:ITPが遺伝する。先天性血小板減少症。Medical Tecnology. 2003;31:893-6.

総説

  1. 北島勲:骨吸収マーカー;デオキシピリジノリン、I型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTTx)、I型コラーゲンCテロペプチド(ICTP). 総合臨床. 2003;52:101-7.
  2. 北島勲:医学教育実践の場としての大学検査部の役割. JACLaP News 2003;68:4-5.
  3. 北島勲:シリーズ最新医学講座・II. シグナル伝達概要. 臨床検査 2003;47(1):89-101.
  4. 北島勲、奈良信雄、溝上雅史、前川真人:新しい血清マーカー. Medico. 2003;34(4):16-30.
  5. 北島勲:臨床検査医学のコア・カリキュラムへの対応(国立大学). 臨床病理. 2003;51:357-61.
  6. 北島勲:卒前の検査医学教育における実習のあり方. 臨床病理. 2003;51:983-94.
  7. 北島勲:大腿骨頭壊死とアポトーシス. 医学のあゆみ. 2003;205(10):824-8.
  8. 北島勲:遺伝子情報(SNPs、シグナル伝達)を活用した疾患分子病態解析検査. 日本臨床化学会九州支部例会誌. 2003;13:1-10.
  9. 小方則夫:SIRS. sespsisと敗血症:定義の意義と今後. 化学療法の領域. 2003;19:941-6.
  10. 延野真弓、北島勲:高Mg血症をみたらCa測定法に注意. Medical Practice. 2003;20:695.
  11. 扇谷晶子、北島勲:関節リウマチ診断におけるリウマトイド因子とMMP3同時測定の有用性. Medical Practice. 2003;20(8):1417.
  12. 坂本純子、北島勲:慢性肝疾患に併発した糖尿病の血糖コントロール指標に何が最適か. Medical Practice. 2003;20(11):1955.

学会報告(特別講演、教育講演、シンポジウムのみ)

  1. 北島勲:関節リウマチの骨破壊と骨粗鬆症発症メカニズム. 第1回熊本骨粗鬆症研究会 2003年2月15日(熊本)
  2. 北島勲: 遺伝情報(SNPs, シグナル伝達)を活用した疾患分子病態解析. 第13回臨床化学九州支部総会 2003年2月22日(福岡)
  3. 北島勲:生活習慣病における転写因子調節異常と分子病態解析. 第47回日本臨床検査医学会九州地方会 2003年2月22日(福岡)
  4. 北島勲:遺伝情報をいかに医療現場に伝えるか. 日立ハイテクノロジーズ・ライフサイエンスセミナー 2003年3月6日(日立那珂市)
  5. 北島勲::どうする・どうなる臨床検査. 第26回日本医学会総会分科会第7回日本臨床検査医学会特別例会 2003年4月3日(福岡)
  6. 北島勲:ポストシーケンス時代の臨床検査医学と独立行政法人化後の検査部を考える. 信州大学検査部セミナー 2003年10月14日(松本)
  7. 北島勲:血栓症予知マーカーとしての可溶性フィフリンモノマー測定の有用性。第50回日本臨床検査医学会総会ランチセミナー 2003年10月30日(広島)
  8. 北島勲::骨代謝異常からみた関節リウマチの病態。第12回京都骨代謝研究会。2003年11月6日
  9. 北島勲:骨代謝異常からみた関節リウマチの骨破壊機序。第76回日本整形外科学会学術集会。2003年5月25日(金沢)
  10. 北島勲:消化器疾患におけるReversed CPC。平成15年度富山医科薬科大学公開講座 2003年8月3日(富山)
  11. 北島勲:動脈硬化Up to date.  第17回中部地区生理検査研修会。2003年11月15日(高岡市)
  12. 小方則夫:症候からみた腹部超音波診断のすすめ方。平成15年度富山医科薬科大学公開講座 2003年8月3日(富山)
  13. Ozawa T., Tanaka Y., Imanaka T., Kitajima:Intracellular behavior of antithrombin Morioka (Cys95Arg), a mutant protein causing type I deficiency: escape from intracellular protein degradation systems and accumulation within newly formed Russell Body-like structures. The International Society on Thrombosis and haemostasis, XIX Congress, Oral Communication, July 2003, Birmingham, UK
  14. Kitajima I: Development of Laboratory testing systems and Research for new biomarker. Seminar of Pathology Core Lab and Biomarker Discovery Center, Johns Hopkins Medical Institutions. 2003, 12, 1
  15. Tokoro T, Kitajima I: The novel HMG-CoA reductase inhibitor, Pitavastatin. Induce a protective action in vascular endothelial cells through the production of nitric oxide. Cardiovascular Research Center/MGH Kenneth D. Boch’s Lab Meeting, 2003, 11, 24
  16. Tokoro T, Kitajima I: Behavioral analyses of ATRX mutant mice. Novaritis Institutes for BioMedical Research. En Li lab Meeting. 2003, 11, 25

ページの先頭へ戻る

2002年

著書

  1. 北島勲、劉彦、丸山征郎:マクロファージにおけるToll-like receptor 2. 4の遺伝子発現調節機構 エンドトキシン研究5(望月英陸、小野聡、小玉正智、横地高志、谷徹、編) 医学図書出版株式会社、東京、2002、p152-159
  2. 小方則夫:Peptide nucleic acid mediated polymerase chain reaction clamping (PMPC)の開発・応用におけるYMDDモチーフ塩基ダイナミクスの解析(谷川久一, 他)肝疾患研究の新しい展開第W巻、メディカルレビュー社、大阪、2002、8

原著

  1. Shoji Y, Noguchi A, Shoji Y, Matsumori M, Takasago Y, Takayanagi M, Yoshida Y, Ihara K, hara T, Yamaguchi S, Yoshino M, Kaji M, Yamamoto S, Nakai A, Koizumi A, Hokezu Y, Nagamatsu K, Mikami H, Kitajima I, Takada G. Five novel SLC7A7 variants and y+L gene-expression pattern in cultured lymphoblasts from Japanese patients with lysinuric protein intolerance. Hum Mutat. 2002;20(5):375-81.
  2. Yamahata H, Takeshima H, Kuratsu J, Sarker KP, Tanioka K, Wakimaru N, Nakata M, Kitajima I, Maruyama I. The role of thrombin in the neo-vascularization of malignant gliomas: An intrinstic modulator for the up-regulation of vascular endothelial growth factor. Int J Oncol. 2002;20(5):921-8.
  3. Obara S, Nakata M, Takeshima H, Kuratsu J, Maruyama I, Kitajima I. Inhibition of migration of human cells by ceribastatin in association with focal adhesion kinase (FAK). Cancer Lett. 2002;185(2):153-61.
  4. Nishimura S , Nakata M, Matsuo K, Nakajima T, Kitajima I, Saito H, Maruyama I. Human lactiferous mammary gland cells produce vascular endothelial growth factor (VEGF) and express the VEGF receptors, Flt-1 and KDR/Flk-1. Cytokine. 2002;18(4):191-8.
  5. Tezono K, Sarker KP, Kikuchi H, Nasu M, Kitajima I, Maruyama I. Bioactivity of the vascular endothelial growth factor trapped in fibrin clots: production of IL-6 and IL-8 in monocytes by fibrin clots. Haemostasis. 2002;31(2):71-9.
  6. Kainuma M, Ogata N, Kogure T, Kohta K, Hattori N, Mitsuma T, Terasawa K. The efficacy of a herbal medicine (Mao-to) in combination with intavenous natural interferon-beta for patients with chronic hepatitis C genotype 1b and high viral load: a pilot study. Phytomedicine. 2002;9:365-72.
  7. Ohkoshi S, Igarashi M, Suda T, Ogata N. Remote development of hepatocellular cartinoma in patients with liver cirrhosis type B serologically cured for HBs antigenemia with long-standing normalization of ATL values. Dig Dis Sci. 2002;47:2002-6.
  8. Tanaka Y, Ueda K, Ozawa T, Sakuragawa N, Yokota S, Sato R, Okamura S, Morita M, Imanaka T. Intracellular Accumulation of Antithrombin Morioka (Cys95Arg), A Novel Mutation Causing Type I Antithrombin Deficiency. J Biol Chem. 2002;277, 51058-67.
  9. Akai T, Iizuka H, Kishibe M, Kawakami S, Kobayashi A, Ozawa T. A Case of Beare-Stevenson Cutis gyrata Syndrome Confirmed by Mutation Analysis of the Fibroblast Growth Factor Receptor 2 Gene. Pediatr Neurosurg. 2002;37:97-9.
  10. 北島勲、劉彦、丸山征郎. Toll like receptor (TLR)を介する転写因子NF-κB活性化分子機構とアンチセンスNF-κBによるエンドトキシン血症治療法開発. エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2001;5:173-7.
  11. 小澤哲夫. 血栓性疾患の予知・診断に役立つ凝固・線溶検査―遺伝子検査を含む-。日本臨床検査自動化学会会誌 2002;27:131-4.
  12. 奥田忠行、佐藤啓、大角誠治、関根道和、北島勲. 健常成人における男女別の血圧・心拍変動スペクトル解析の加齢の検討. 臨床病理. 2001;50:186-90.
  13. 奥田忠行、吉田稔、川城昭代、三日市惠子、北島勲、福永寿晴. 富山県における12年間の血液ガス分析コントールサーベイの評価. 臨床検査. 2002;46:1051-7.
  14. 谷みね子、川島猛志、大門良男、小澤哲夫、平井忠和、北島勲. 新しい可溶性フィブリンモノマー試薬オートLIA FMの検討:左心耳血栓症診断の有用性. 医学と薬学. 2002;48(4):600-5.

総説

  1. 北島勲:21世紀のエンドトキシン血症。エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2001;5:184-194.
  2. 北島勲:繰り返す意識障害発作と成人発症型リジン尿性蛋白不耐症。Medical Practice. 2002;19:505.
  3. 北島勲:ポストシーケンス時代の臨床検査最前線。富山県臨床衛生検査技師会誌. 2002;28(1):2-11.
  4. 北島勲:One Point Meno No182: 血液、尿での骨粗鬆症の診断と重症度の判定.  モダンメデイア. 2002;48(4):20-6.
  5. 北島勲:ポストゲノム時代における新しい検査部・臨床検査医学への挑戦. 富山医科薬科大学医学会誌. 2002;14(1):27-31.
  6. 北島勲:転写因子解析を基盤にした疾患分子病態解析検査への挑戦. Laboratory and Clinical Practice. 2002;20:79-84.
  7. 北島勲:軟骨細胞とメカニカルストレス。Rheumatology. Clinical Update. 2002;8:37-9.
  8. 北島勲:遺伝子治療。臨床に有用な遺伝子検査. 臨床病理レビュー.  2002;123:207-13.
  9. 杉森一仁、北島勲:【関節リウマチに伴う骨粗鬆症の病態と治療】ステロイド誘発性骨粗鬆症. リウマチ科. 2002;28(1):24-30.
  10. 小方則夫:和漢薬による薬物性肝障害―検査前診断の問題と将来. 臨床検査. 2002;46:197-200.
  11. 小方則夫:内科100年のあゆみ(感染症):敗血症. 日本内科学会雑誌. 2002;91:2975-82.
  12. 小澤哲夫 血栓性疾患の予知・診断に役立つ凝固・線溶検査-遺伝子検査を含む-. 日本臨床検査自動化学会会誌. 2002;27:131-4.
  13. 北島勲:新しい臨床検査医学への挑戦. 鶴陵会会報. 2001;30:18-9.
  14. 北島勲:EBM(Evidence based medicine)実施における臨床検査医の役割. 医報とやま. 2002;1314:6-7.
  15. 北島勲:実験室における至福の瞬間. 内藤記念財団時報. 2002;70:25.

学会報告

  1. Isao Kitajima, Akihiro Iguchi, Ikuro Maruyama: Molecular role of angiogenesis in hepatocellular cartinoma cells through constitutive interleukin-8 gene expression. Angiogenesis in Cancer and Other Diseases: From Genes to Function to Therapy. Keystone Symposia, 2002, Feb8-13, Banff, Canada.
  2. Isao Kitajima: Topics of angiogenesis in cancer and other diseases. The 18th International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicene, 2002 Oct 20-25, Kyoto
  3. Tetsuo Ozawa, Yuki Tanaka, Tsuneo Imanaka, and Isao Kitajima. Antithrombin Morioka (Cys95Arg) Is Accumulated in the Newly Formed Intracytoplasmic Membrane Structures Without Degradation: An Experimental Study. The 29th World Congress of the International Society of Hematology, August 24 - 28, 2002, Seoul.
  4. Isao Kitajima: Molecular role of tumor angiogenesis through constitutivr interleukin-8 gene expression. 5 th Endothelome Conference. 2002, Feb 2, (Okayama)
  5. 北島勲:血液凝固と動脈硬化進展のクロストーク。第26回心血管系の調節に関する研究会。2002年2月15日、東京
  6. 北島勲:転写因子NF-κB活性化測定DNAチップ開発によるエンドトキシンショック迅速診断。第18回中谷電子計測技術振興財団研究助成講演会。2002年2月22日
  7. 北島勲:エンドトキシンショック新規診断法開発。シスメックッス社研究所研究セミナー。2002年3月4日、神戸
  8. 北島勲:転写因子解析を基盤にした疾患分子病態検査への挑戦。第12回日本臨床検査医会春季大会。2002年4月20日、福岡
  9. 北島勲:慢性関節リウマチの関節破壊とその検査試薬開発。第7回フォーラム富山「創薬」。2002年5月23日、富山
  10. 北島勲:大学病院マネージメント改革と臨床検査医学講座・検査の将来。鹿児島大学臨床検査医学講座10周年記念会。2002年6月1日、鹿児島
  11. 北島勲:慢性関節リウマチの骨破壊機構。第19回立山セミナー。2002年7月6日、富山
  12. 北島勲:これからの臨床検査がめざすもの。遺伝子情報をいかに臨床検査に応用してゆくか。第41回中部医学検査学会。2002年10月5日、富山
  13. 北島勲:臨床検査医学のコア・カリキュラムへの対応(国立大学)。第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月22日、大阪
  14. 川島猛志、桑原卓美、谷みね子、坂本純子、大門良男、北島勲:検査評価システムの構築。平成13年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議。2002年1月弘前
  15. 矢野彩子、延野真弓、森田未香、角田美鈴、大門良男、北島勲:デタミナーLPOを用いた過酸化脂質の臨床的有用性についての検討。第41回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会。2002年3月10日、金沢
  16. 延野真弓、森田未香、角田美鈴、大門良男、北島勲:高Mg血症におけるアルセナゾIII色素を用いた新規カルシウム試薬の有用性。第41回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会。2002年3月10日、金沢
  17. 角口理恵、柴則子、野手良剛、小澤哲夫、北島勲:二峰性アルブミンを呈した1家系の異常アルブミン蛋白解析。第41回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会。2002年3月10日、金沢
  18. 扇谷晶子、柴則子、角口理恵、大門良男、小澤哲夫、北島勲:RAおよび膠原病患者におけるガラクトース欠損IgG抗体測定の臨床的有用性の検討。第41回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会。2002年3月10日、金沢
  19. 林史朗、佐竹伊津子、細谷孝子、田村なおみ、大門良男、北島勲、菅生冒高、藤木明:ホルター心電図におけるRRとQT時間の相関分析の評価。第41回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会。2002年3月10日、金沢
  20. 森田未香、延野真弓、角田美鈴、林史朗、大門良男、北島勲:糖尿病における高感度CRPの有用性。第51回医学検査学会。2002年5月16日、仙台
  21. 角田美鈴、大門良男、北島勲、大野雅範、木下良治:第51回医学検査学会。2002年5月16日、仙台
  22. 扇谷晶子、柴則子、角口理恵、大門良男、小澤哲夫、北島勲:抗ガラクトース欠損IgG抗体測定におけるRAと膠原病の鑑別。第33回富山県臨床衛生検査学会。5月22日、富山
  23. 延野真弓、森田未香、角田美鈴、大門良男、北島勲:O-CPO法と比較したアルセナゾIII色素を用いた新規Ca試薬の有用性。第33回富山県臨床衛生検査学会。5月22日、富山
  24. 北島勲、小原壮一、丸山征郎:スタチン系薬剤は神経膠芽腫細胞の浸潤を抑制し、アポトーシスを誘導する。第43回日本神経学会総会。2002年5月30日、札幌
  25. 川島猛志、桑原卓美、谷みね子、坂本純子、扇谷晶子、大門良夫、北島勲。検査評価システムの機能評価。日本検査血液学会2002年7月6日、東京
  26. 谷みね子、川島猛志、坂本純子、扇谷晶子、桑原卓美、大門良夫、北島勲、平井忠和: 新しい可溶性フィブリンモノマー試薬の基礎検討。日本検査血液学会2002年7月6日、東京
  27. 北島勲、泉正和:検査部門の展開、各領域における展開。第21回日本臨床検査医学会、東海・北陸支部例会。2002年8月31日、名古屋
  28. 北島勲、 野島孝之:臨床検査と医療改革 ?医療の質の向上と患者中心の医療を目指して。第10回北陸臨床病理セミナー。2002年9月8日、富山
  29. 川島猛志、桑原卓美、谷みね子、坂本純子、扇谷晶子、大門良男、北島勲:検査評価シシテムの活用。第27回北陸臨床病理集談会、2002年9月8日、富山
  30. 坂本純子、奥田忠行、北島勲、山崎勝也:慢性肝疾患に併発した糖尿病におけるグリコヘモグロビン測定の問題点と現状。第27回北陸臨床病理集談会、2002年9月8日、富山
  31. 杉森一仁、川口善治、北島勲、森田未香、大森一生、金森昌彦、石原裕和、木村友厚:整形外科領域における高感度CRP。第27回北陸臨床病理集談会、2002年9月8日、富山
  32. 扇谷晶子、柴則子、大門良男、小澤哲夫、北島勲:RAにおけるMMP-3テスト「BS」とパナクリアMMP-3「プレート」との臨床的有用性の比較検討。第27回北陸臨床病理集談会、2002年9月8日、富山
  33. 吉田郁子、森田未香、多賀由紀子、岩城由佳、野手良剛、大門良男、小澤哲夫、北島勲:A群溶レン菌による壊死性筋膜炎の起こした2症例。第27回北陸臨床病理集談会、2002年9月8日、富山
  34. 桑原卓美、坂本純子、扇谷晶子、川島猛志、谷みね子、大門良男、小澤哲夫、北島勲:血小板減少症の鑑別診断と臨床検査。-先天性血小板減少症の1家系を例に-。第27回北陸臨床病理集談会、2002年9月8日、富山
  35. 野手良剛、岩城有佳、森田未佳。多賀由紀子、吉田郁子、大門良男、小澤哲夫、北島勲. 第41回中部医学検査学会、2002年10月6日、富山
  36. 北島勲、木村友厚、谿忠人:骨関節疾患に薬効を示す漢方薬探索とその転写因子調節機構解明. 平成13年度教育研究学内特別経費実施報告会、2002年10月15日、富山
  37. 小方則夫、北島勲:PMPC-DS法による逆転写酵素YMDD塩基解析系の開発と応用:HBV・HIVの相違と薬剤耐性テスト. 第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月22日、大阪
  38. 扇谷晶子、柴則子、大門良男、小澤哲夫、北島勲:抗核抗体陽性患者RA及び膠原病患者におけるMMP-3、CA. RF検査の臨床的意義。第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月24日、大阪
  39. 小澤哲夫、赤井卓也、北島勲:頭蓋骨早期癒合症におけるFGFR遺伝子解析の臨床的有用性について. 第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月23日、大阪
  40. 森田未香、延野真弓、角田美鈴、大門良男、小澤哲夫、北島勲:糖尿病患者における高脂血症とCRP値との関連。第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月23日、大阪
  41. 延野真弓、森田未香、角田美鈴、大門良男、北島勲、大野雅範、木下良治。高濃度Mg検体(血清及び尿)におけるアルセナゾIII法を用いたCa測定の臨床的有用性。第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月23日、大阪
  42. 奥田忠行、松井祥子、柴原直利、関根道和、柴則子、上野智浩、大門良男、北島勲:血液ガス分析における高PCO2のメーカー間差の検討(ラジオメーター社 vs Bayer社)第49回日本臨床検査医学会総会。2002年11月24日、大阪
  43. 小方則夫、北島勲、朝倉均:遺伝子型C・HBV感染症に対するラミブジン治療効果に関与する要因:HBVカイネティクス、YMDD領域非野生型塩基、逆転写酵素遺伝子亜型の解析。第38回日本肝臓学会総会。2002年6月、大阪
  44. 小方則夫、島木貴久子、桑守美千代、高嶋修太郎、渡辺明治:ウイルス肝炎対策:B型肝炎ワクチン摂取状況およびHBs抗体評価の問題点。第40回全国大学保健管理研究総会、2002年10月、東京
  45. 大越章吾、高橋達、市田隆文、小方則夫:B型慢性肝炎に対するラミブジン1年間投与例の長期予後:長期投与例との比較。第88回日本消化器病学会総会、2002年4月、旭川

ページの先頭へ戻る

2001年

著書

  1. 北島勲:止血・血栓、血管内科(江頭健輔、久米典昭、倉林正彦、栗原裕基、堀内正嗣、森下竜一編)、メディカルレビュー社、東京、pp95-104、2001
  2. 北島勲:血管内皮細胞、最新膠原病・リウマチ学 (宮坂信之編)、朝倉書店、東京、pp6-13, 2001
  3. 山口宗一、北島勲:LPS, Vascular Biology ナビゲーター. (丸山征郎、安藤譲二、佐藤靖史編)、メディカルレビュー社、東京、pp362-363、2001
  4. 小方則夫:上村朝輝、畠山重秋. D型肝炎. 市田文弘、他、編、臨床肝臓病、pp 64-68, 日本メディカルセンター, 東京, 2001.

原著

  1. Kubo T, Kitajima I, Makinodan A, Nirastuka S, Inoue S, Otsuka G, Ohashi S, Ueshima K, Hirasawa Y. Fibrin Monomer would be useful predictor of pulmonary embolism following total hip arthropathy. -preliminary report- J Orthopaedic Sci. 2001;6:119-22.
  2. Yoneda T, Maruyama Y, Uji Y, Motomiya Y, Hashiguchi Y, Miura M, Kitajima I, Mariyama I. A possible role of leptin in the normo or hypoparathyroidism uremic bone in postmenopausal dialysis women. J Bone Miner Metab. 2001;19:119-24.
  3. Sarker KP. Nakata M, Kitajima I, Nakajima T, Maruyama I. Inhibition of caspase-3 activation by SB203580, p38 Mitogen-activated protein kinase inhibitor in nitric oxide induced apoptosis of PC12 cells. J Mol Neurosc. 2001;15:243-50.
  4. Saker KP, Uchimura T, Nakajima T, Sorimachi M, Kitajima I, Maruyama I. Epinephrine prevents oxide-/peroxynitrite induced apoptosis of neural cell death through b-adrenergic receptor activation. Neurosci Res Commun.
  5. Wang Y, Liu Y, Ito Y, Hashiguchi T, Kitajima I, Yamakuchi M, Shimizu H, Matsu S, Imaizumi H, Maruyama I. Simultaneous measurement of anandamide and 2-arachidonoylglycerol by polymyxin B-selective adsorption and subsequent high-performance liquid chromatography analysis: Increase in endogenous cannabinoids in the seraof patients with endotoxin shock. Anal Biochem. 2001;249:73-82.
  6. Liu Y, Wang Y, Yamakuchi M, Masuta S, Tokioka T, Yamaoka S, Maruyama I, Kitajima I. Phosphoinositide-3 kinase-PKB/Akt pathway activation is involved in fibroblast Rat-1 transformation by human T-cell leukemia virus type-1 tax. Oncogene. 2001;20:2514-26.
  7. Iguchi A, Kobayashi R, Yoshida M, Kobayashi K, Matsuo K, Kitajima I, Maruyma I. Vascular endothelial growth factor (VEGF) is one of the causative and predictive cytokines of hepatic veno-occlusive disease (VOD) in stem cell transplantation. Bone Marrow Transplantation. 2001;27:1173-80.
  8. Kishida A, Matsuyam T, Kitajima I, Maruyama I. Study of cell-material interaction by estimating NF-κB activation in HeLa S3 cells adhered on to hydrophilic substrates, Biomaterials. 2001;22:541-6.
  9. Liu Y, Wang Y, Yamakuchi M, Iwasaki S, Nagata E, Kanmura Y, Kitajima I, Maruyama I. Upregulation of toll-like receptor 2 gene expression in macrophage response to peptidoglycan and high concentration of lipopolysaccharide is involved in NF-κB activation. Infect Immun. 2001;69:2788-96.
  10. Kubo T, Arai Y, Takahashi K, Ikeda T, Ohashi S, Kitajima I, Mazda O, Takigawa M, Imanishi J, Hirasawa Y. Expression of transduced HSP70 gene protects chondrocytes from stress. J Rheum. 2001;28:330-5.
  11. 小方則夫、北島勲、市田隆文、朝倉均、高橋則彦、木下盛敏. ラミブジン耐性B型肝炎ウイルス:peptide nucleic acid mediated PCR clamping (PMPC)法によるポリメラーゼYMDDモチーフ塩基変異の高感度検出. 肝臓. 2001;42:223-4.

症例報告

  1. Niimi H, Arimura K, Jonosono M, Hashiguchi T, Kawabata M, Osame M, Kitajima I: VEGF is causative for pulmonary hypertension in apatients with Crow-Fukase (POEMS) syndrome. Internal Medicine. 39:1101-1104, 2000.

総説

  1. 北島勲:検体サンプリング、血液保存と高K血症。Medical Practice 18: 317, 2001
  2. 北島勲:多発性骨髄腫と赤沈。Medical Practice 18:1028, 2001
  3. 北島勲:ポストゲノム時代における大学診療部の果たすべき役割。遺伝子診療の重要性。鹿児島大学医学部遺伝子治療研究会年会誌。4-6、2001
  4. 北島勲:遺伝子医薬品開発とその臨床応用を目指して:HTLV-I感染症の治療応用、血管新生抑制法への応用。鹿児島大学医学部遺伝子治療研究会年会誌。8-9、2001
  5. 北島勲:ステロイド誘発性骨粗鬆症。CLINICAL CALCIUM 11:34-40, 2001
  6. 北島勲:臨床検査医学の新しいチーズを楽しもう。JACLaP NEWS 60:5、2001
  7. 北島勲:ポストゲノム時代の臨床検査最前線。第8回中部地区臨床検査研修会誌:27-28, 2001
  8. 北島勲:血管新生における転写調節機構。血管医学2:553-560, 2001
  9. 北島勲:comments for the paper of “Vascular endothelial growth factor enhances atherosclerotic plaque progression. Nature Medicine, 2001;7:425-429”. Chugai Selected Cardiovascular Evidence, Excerpta Media. 10:2, 2001
  10. 北島勲:Molecular pathomechanisms of human T-cell leikemia virus type I (HTLV-I) rax-mediated tumorgenesis.  千葉工業大学ハイテクリサーチセンター 平成12年度「アンチセンス核酸の分子設計」研究成果報告書:26、2001
  11. 山口宗一、北島勲:炎症における血管新生に関する最近の進歩。臨床免疫33:544-540, 2000
  12. 久保俊一、北島勲:肺塞栓予測にフィブリンモノマー測定。Medical Practice 18:1727, 2001
  13. 小方則夫:和漢薬による薬物性肝障害:検査室診断の問題と将来. 臨床検査

学会活動

国際学会

  1. Kabata T,  Kubo T,  Matshumoto T,  Nishino M,  Horii T, Kitajima I,  Tomota K:Apoptotic cell death in steroid-induced osteonecrosis: an experimental study in rabbits. The 46th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society. 2001, 3, SanFransico, USA
  2. Kabata T,  Kubo T,  Matshumoto T,  Nishino M,  Horii T, Tomota K, Kitajima I:Apoptotic cell death in steroid-induced osteonecrosis in rabbits. The 4th Korea-Japan Combined Meeting of Rheumatology, 2001, 3, Tokyo

国内学会

シンポジウム

  1. 北島勲、劉彦、丸山征郎:Toll like receptor (TLR)を介する転写因子NF-κB活性化分子機構:アンチセンスNF-κBによるエンドトキシン血症治療法開発。第5回エンドトキシン血症治療研究会、2001年1月、横浜
  2. 北島勲:21世紀のエンドトキシン血症治療。第5回エンドトキシン血症治療研究会、2001年1月、横浜
  3. 北島勲: 血管新生、炎症を標的にした遺伝子医薬品の開発。第44回日本腎臓病学会2001年5月、東京
  4. 北島勲:ウイルス感染症治療の進歩と展望。感染症病態形成過程を考慮した遺伝子医薬品の開発。第73回日本生化学会大会 2001年10月、京都
  5. 北島勲:エンドトキシン血症に対する新しい治療戦略:高濃度LPS刺激状態ではNF-κB活性化を介してToll-like receptor 2の発現誘導が生じる。第7回日本エンドトキシン研究会。2001年11月大宮
  6. 北島勲:骨粗鬆症の診断と治療。第16回日本臨床リウマチ学会総会。2001年11月、名古屋

招聘講演

  1. 北島勲:動脈硬化進展とプラークラプチャーにおける血管内皮細胞活性化の重要性、第2回心筋虚血研究会2001年5月、大阪
  2. 北島勲:慢性関節リウマチの骨破壊と骨代謝異常について。金沢整形外科夏期セミナー。2001年7月、金沢
  3. 北島勲:ポストゲノム時代の臨床検査最前線。第8回中部地区臨床化学検査研修会。2001年9月、富山
  4. 小方則夫: HBV感染症に対するラミブジン治療とHBVポリメラーゼ変異 第87回日本消化器病学会総会ランチョンセミナー, 2001年4月、東京(日経メディカル社取材記録:Nikkei Medical 2001年6月号、pp 102-105. )
  5. 小方則夫: HBV YMDDモチーフ塩基変異の高感度検出
  6. 第3回ゼフィックス治療研究会, 2001年7月、新潟
  7. 小方則夫:B型肝炎ウイルス感染症に対するラミブジン治療 第1回肝疾患治療カンファレンス、2001年12月、富山

一般演題

  1. 佐藤啓、石木学、山崎勝也、中村典雄、浦風雅春、大角誠治、小林正、奥田忠行:血圧長変動スペクトルによる糖尿病自律神経障害の評価。第9回富山糖尿病合併症研究会。2001年2月15日 富山市
  2. 長澤智子、林史朗、角田美鈴、森田未香、大門良男、北島勲:急性心筋梗塞の臨床経過におけるトロポニンT有用性の検討。第40回日本臨床検査医学会、東海北陸支部総会。2001年3月11日、静岡
  3. 奥田忠行、北島勲、佐藤啓、大角誠治、関根道和:心拍・血圧変動スペクトル解析における参考正常値について。第40回日本臨床検査医学会、東海北陸支部総会。2001年3月11日、静岡
  4. 北島勲、大門良男:大学生の飲酒習慣とaldehyde dehydrogenese 2 遺伝子多型との関連。第12回日本臨床化学会東海北陸支部総会。2001年6月23日
  5. 桑原卓美、川島猛志、谷みね子、坂本純子、大門良男、北島勲、加藤勤:血液細胞画像ファイリングシステムの構成およびその活用。第2回日本検査血液学会学術集会。2001年6月、大阪
  6. 北島勲:: 慢性関節リウマチの関節破壊機序(骨芽細胞のアポトーシス誘導分子機構について)。第31回富山リウマチと免疫研究会。2001年8月、富山
  7. 北島勲、加畑多文、久保俊一:ステロイド誘発骨頭壊死におけるアポトーシスの関与。第19回日本骨代謝学会。2001年8月、富山
  8. 奥田忠行、大門良男、北島勲、佐藤啓、大角誠治、関根道和:血圧変動・心拍変動スペクトラム解析における疾患(糖尿病、高血圧)との関係。第48回日本臨床検査医学会総会。2001年8月、横浜
  9. 長澤智子、多賀由紀子、小野裕子、野手良剛、吉田都子、大門良男、北島勲:Haemophilus類の薬剤感受性試験について。デイスク法とMIC法の比較。第26回北陸臨床病理集団会。2001年9月、金沢
  10. 大門良男、奥田忠行、桑原卓美、北島勲:患者サービス向上を目指した大学病院検査部内改革の取り組み:検査部内活性化と時間外緊急検査整備。第26回北陸臨床病理集団会。2001年9月、金沢
  11. 柴則子、林史朗、野手良剛、大門良男、小澤哲夫、北島勲。小児抗核抗体についての検討。第26回北陸臨床病理集団会。2001年9月、金沢
  12. 谷みね子、扇谷晶子、坂本純子、川島猛志、桑原卓美、大門良男、北島勲、渡辺綾佳、栗原真紀子、野村惠子、金兼弘和、本郷和久、八木信一、宮脇利男:末梢血リンパ球の空胞形成と好酸球の異常果粒出現を契機に診断されたGM1ガングリオシドーシスの1例。第26回北陸臨床病理集団会。2001年9月、金沢
  13. 福永寿晴、中村正人、奥田忠行、岩佐一郎、谷渉、梅本雅夫、桑克彦:血液ガス測定用標準物質による標準化の試み(第3報)。第33回日本臨床検査検査自動化学会。2001年9月、横浜
  14. 佐藤啓、石木学、山崎勝也、岩田実、鷹田美智子、浦風雅春、岸田みか、五十嵐保史、笹岡利安、大角誠治、奥田忠行、北島勲、小林正:血圧変動スペクトラム解析による糖尿病性心血管系自律神経症外の評価。第16回日本糖尿病合併症学会。2001年10月、大阪
  15. 貝沼茂三郎、小方則夫、萬谷直樹、他. 難治性C型慢性肝炎に対するインターフェロンと麻黄湯の併用療法について. 第34回日本肝臓学会西部会、2001年12月、高知

その他(講演、研究会、勉強会等)

  1. 北島勲:宇宙旅行から骨の健康を考える。 平成13年度富山医科薬科大学公開講座。6月16日、富山
  2. 小方則夫: 「B型肝炎の治療」 Mutation検出系 第6回 Otsuka Liver Symposium, 2001年11月、大阪

研究費

  1. 科学研究費補助金(基盤研究C2):「癌進展におけるインターロイキン8恒常発現機構解明と発現抑制による血管新生抑制療法」研究代表者(北島勲)
  2. 文部省大学院特別経費:分担者 (北島勲)
  3. 日本漢方医学研究所研究助成:「慢性関節リウマチに薬効を示す和漢薬の転写因子NF-κB)活性調節機構解明。研究代表者(北島勲)
  4. 内藤記念科学振興財団:「血管遺伝子の転写調節機構解明と血管新生病の新規遺伝子医薬品開発。研究代表者(北島勲)
  5. 平成13年度教育研究学内特別経費:「骨・関節疾患に薬効を示す漢方薬探索とその転写因子調節機構解明」研究代表者(北島勲)

社会的活動

  1. 北島勲:臨床検査精度管理協議会顧問
  2. 北島勲:鹿児島大学医学部非常勤講師
  3. 北島勲:医療関連サービス調査指導員
  4. 北島勲:臨床病理査読委員
  5. 北島勲:日本骨代謝学会評議員、日本臨床検査学会評議員
  6. Isao Kitajima: membership of New York Academy of Science
  7. 小方則夫:相談員. 肝がん撲滅フォーラム2001 「肝炎110番」−肝臓病電話相談室、2001年5月, 富山 (北日本新聞社取材記事:平成13年5月21日)

ページの先頭へ戻る

2000年

学会活動

国際学会

symposium

  1. Isao Kitajima:Molecular pathomechanisms of human T cell leukemia virus type I (HTLV-I) Tax mediated tumorigenesis. Antisense, ribozyme development for HTLV-I related diseases 1st symposium of Chiba High Technology Research Center. Drug Discovery for Virus. (September 6-7, 2000) (Chiba, JAPAN)

国内学会

シンポジウム

  1. 北島勲:遺伝子医薬品による疾患治療への新たな研究展開:遺伝子医薬品の異なる作用点を利用した血管新生への応用, 第73回日本生化学大会 10月23日2000年(横浜)

招聘講演

  1. 北島勲:ポストシークエンス時代における臨床検査医学の展望, 第6回プロジェクトフォーラムイン飛鳥 12月2日2000年(富山)
  2. 北島勲:血腫の役割と血管新生の制御に関する最近の研究
    第3回 Cardiovascular Research Forum 12月9日2000年(東京)

一般演題

  1. 北島勲、井口晶裕、向田直史、丸山征郎:肝臓癌におけるインターロイキン8の恒常的発現分子機構とその制御による血管新生抑制療法開発, 第47回日本臨床病理学会総会 11月3日2000年(郡山)
  2. 井口晶裕、北島勲、山口宗一、上野真一、愛甲孝、松島綱治、向田直史、丸山征郎:The transcription factor, PEA3 and AP-1 are required for constitutive Il-8 gene expression in human hepatoma cells. 第23回日本分子生物学会年会 12月13日2000年(神戸)

原著

  1. Yamakuchi M, Higuchi I, Masuda S, Ohira Y, Kubo T, Kato Y, Maruyama I:Type I muscle atrophy caused by microgravity-induced decrease of myocyte enhancer factor 2C (MEF2C) protein expression. FEBS Lett. 2000;477:135-140.
  2. Saker KP, Obara S, Nakata M, Kitajima I, Maruyama I:Anandamide induced apoptosis of PC12 cells. Involvement of superoxide and caspase-3. , FEBS Lett. 2000;472:39-44.
  3. Wang Y, Liu Y, Sarker KP, Nakashima M, Serizawa T, Kishida A, Akashi M, Nakata M, Kitajima I, Maruyama I. :Polymyxin B binds to anandamide and inhibits its cytotoxic effect., FEBS Lett. 2000;470:151-5.
  4. Kabata T, Kubo T, Matsumoto T, Nishino M, Tomita K, Katsuda S, Horii T, Nuto N, Kitajima I. :Apoptotic cell death in steroid-induced osteonecrosis: An experimental study in rabbits., J. Rheumatol. 2000;27:2166-71.
  5. Kabata T, Matsumoto T, Nishio M, Horii T, Kubo T, Kitajima I, Tomita K. :Histopathological and immunohistochemical study of femoral bone and bone marrow tissue in steroid treated rabbit. J., Neurol Orthop Med Surg. 2000;20:41-6.
  6. Ogata N:J. Gastroenteol Hepatol. 2000;15:100.
  7. Hayakawa Y, Hayashi T, Jung-Bum Lee, Ozawa T, Sakuragawa N.:Activation of heparin cofactor II by calcium spirulan. J., Biol. Chem. 2000;275:11379-82.
  8. Ozawa T, Sakuragawa N.:A thymine base is missed out of the published nucleotide sequence data of the antithrombin gene.,Br J Haematol. 2000;110:493.
  9. Ohta S, Ozawa T, Izumino K, Sakuragawa N, Fuse H.:A novel missense mutation of the WT1 gene causing Denys-Drash syndrome with exceptionally mild renal manifestations., J. Urology 2000;163:1857-8.
  10. Ohta S, Ozawa T, Shirage H, Fuse H. Genetic analysis of two female patients with incomplete Denys-Drash syndrome., Endocrine J. 2000;47:683-7.

総説

  1. 北島勲:リボザイムの遺伝子治療への応用。医学のあゆみ. 2000;129:240-1.
  2. 北島勲:血栓症。21世紀の分子医学。心血管病の克服をめざして。分子血管病. 2000;1:63-71.
  3. 劉彦、北島勲:エンドトキシンの受容体とシグナル伝達。血液フロンテア. 2000;10:27-32.
  4. 森下竜一、石橋敏幸、北島勲:急性冠症候群とそのリスクファクター. Pharma Medica. 2000;18:155-164.
  5. 小澤哲夫:先天性アンチトロンビンIII欠乏症および異常症。血液フロンテイア. 2000;10:13-9.
  6. 小澤哲夫:櫻川信男:DIC治療薬の薬理−ヘパリンとプロテアーゼインヒビターはなぜ効くのか−.Medical Practice. 2000;17:237-9.

ページの先頭へ戻る