富山大学大学院医学薬学研究部病理診断学講座

Department of Diagnostic Pathology

本文へジャンプ

診断業務概要
  • 病理組織診断
 はじめに

病理組織診断で得られる情報は、臨床医と病理医が密接に連携して、患者様の現在の病態を正確に評価(診断)し、今後の治療に反映させるための、最も重要な評価基準の一つです。画像診断や特殊検査が発達した現代においても、いまだ病理組織診断が診断のgolden standardと呼ばれるのは、そこから得られる情報が非常に膨大、かつ有益なものであるからにほかありません。病理医は直接に患者様と向き合う機会は多くありませんが、臨床医とともに患者様の診断に大きな責務を負っています。

 
病理診断の流れ

臨床医が内視鏡や外科手術等の際に患者様から直接に臓器・組織の一部を採取し、病理診断用の検体として提出します。病理医は提出された検体を肉眼的、及び顕微鏡的に詳細に観察し、形態学的な変化を指標にその臓器がどのような状態(病態)にあるのかを多角的に検索します。形態変化が示す情報は非常に膨大です。その中には、現在の病態に密接に関与しているものもあれば、直接関与しないものもあるでしょう。病理医は、現在知られている医学的見地に沿って、形態変化の意義を正確に評価し、重要と考えられる情報を抽出して、誰もが共通に理解できる表現(国際的なコンセンサスが得られた診断名や学会等が定めた記載法に準拠)で記載します。記載された「病理診断」は、臨床医に連絡され、患者様の正確な病態把握や今後の治療方針決定の判断基準の1つとなります。

診断過程においては、形態変化のみでは評価が困難な症例も多数あります。そのような場合は抗原-抗体反応を応用した“免疫染色”を追加して蛋白の局在・発現を観察したり、必要に応じて遺伝子検索などを追加する事で、より正確な診断を目指します我々はマイクロウエーブや超音波を用いて免疫染色をより迅速に行うための研究(関連論文@関連論文A関連論文B)もおこなっています。これまでに経験がないような難解な症例や、病理医間の意見が分かれるような症例については、病理学会等が行っているコンサルテーションシステムを積極的に活用することで、より正確な診断を期しています。

 
病理組織診断の種類

 @生検組織診
  A手術で摘出された臓器・組織の診断
  B術中迅速診断
  • CPC
 CPCとは臨床病理検討会 (Clinico-Pathological Conference)の略称で、一般に病理解剖が行われた症例を対象として、主治医を含む臨床医と病理医が合同で行う検討会を意味しています。病歴や身体所見、検査所見、画像所見などを参加者全員で再吟味し、さらに剖検で得られた所見とあわせて当該症例の病態、診断および治療の妥当性などについて意見を交換し合います。学内の検討会に加え、協力病院や医師会における検討会への参加も行っています。また、初期臨床研修ではCPCへの参加とCPCレポートの作成が必修項目となっています。

学外病理診断協力機関
富山県立中央病院
富山赤十字病院
厚生連高岡病院
済生会富山病院
厚生連滑川病院
市立砺波総合病院
南砺市民病院
社会保険高岡病院
真生会富山病院
新潟労災病院
上越総合病院
新潟県立中央病院