お子さまのアレルギーと腸内フローラの調査

お子さまのアレルギーと腸内フローラの調査

(アレルギー疾患・アレルゲン感作と腸内細菌叢の関連に関する研究)

概要

 アレルギー疾患をもつお子さんが急激に増えています。私たちの生活の変化がその増加に関係していると言われていますが、未だはっきりわかっていません。
 アレルギーは、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーから、次いで気管支ぜんそく、その次にアレルギー性鼻炎、というように年齢が大きくなるにつれて違う症状が出てくる(「アレルギーマーチ」と呼ばれています)ことが多いのですが、どうしてそのように症状が変わっていくのかについても、はっきりとしていません。
 最近の研究で、アレルギーには腸のなかにいる細菌群(「腸内フローラ」と言います)のバランスが関係していることがわかってきました。腸内にいる細菌は300~400種類あり、食べ物の消化や栄養の吸収の手助けをしています。また、口や鼻から入ったばい菌が腸管にまで届いても悪さをしないように腸管を守る役目もしています。こうした腸内細菌と病気との関連を調べる場合には、代表的な腸内細菌だけでなく、腸内フローラ全体のバランスを調べることが必要です。腸内フローラのバランスは、食事の習慣や環境、人種などによってかなり違いがありますので、日本人について調べることがとても大切です。
 そこで、エコチル調査ユニットセンターがある、富山大学(富山ユニットセンター)、千葉大学(千葉ユニットセンター)、兵庫医科大学(兵庫ユニットセンター)、東北大学(宮城ユニットセンター)、高知大学(高知ユニットセンター)の研究グループで、腸内フローラのバランスがアレルギーとどのように関わっているかを調べることになりました。


出典(環境再生保全機構・子どものぜん息&アレルギーシリーズ1 アレルギーってなぁに?)

To Page Top▲