子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
富山ユニットセンターが管理するパソコンへのウイルス感染に伴う確認状況及び今後の再発防止について(ご報告)

2015年9月30日 

 この度、富山大学医学部内・エコチル富山ユニットセンターにおいて、パソコン1台がウイルス感染したことに伴い、エコチル調査参加者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。
 その後、本学総合情報基盤センターおよび外部のセキュリティー会社に調査を依頼し、当該パソコンが感染したウイルスの特性、およびエコチル調査に関連する個人情報の流出の有無について確認作業を進めてまいりましたのでご報告いたします。

1. ウイルスの解析結果および個人情報の流出の有無について

外部専門業者と学内調査結果から、感染したウイルスの特性はパソコンの環境やユーザーの閲覧履歴等を外部に発信するものであり、ファイル情報等を抜き取るものではないことが判明しました。また通信記録の解析結果から、外部へ大きなファイルを送信した記録も確認されませんでした。以上のことから、エコチル調査に関連する個人情報流出の事実は確認されず、またその可能性は極めて低いと判断しました。

2. 今後の再発防止に向けた取り組みについて

現在、ユニットセンターでは、個人情報管理の手順に基づく情報管理責任者による管理の徹底、ユニットセンター教員・職員の情報管理の手順の再教育に取り組んでおります。さらに今後は、情報管理責任者による個人情報管理状況の定期的な点検を厳重に実施することにより、一層の再発防止を図ることとしております。

 今回、パソコンへのウイルス感染に伴い、皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことに対し、重ねてお詫び申し上げます。

 〒930-0194 富山県富山市杉谷2630
国立大学法人富山大学杉谷キャンパス
       (医学部公衆衛生学講座内)
エコチル富山ユニットセンター長 稲寺 秀邦

<本件に関するお問い合わせ先>

エコチル富山ユニットセンター事務局
TEL 076-415-8842
(土・日・祝日を除く9時~17時)

To Page Top▲