本文へジャンプ

よくあるご質問

参加したいと思うのですが、どうすればよいですか?


このポスターが目印です

 対象者の条件は、

  1. お住まいが調査対象地域(富山市、滑川市、魚津市、黒部市、入善町、朝日町)の方
  2. 協力医療機関に受診可能な方

になります。
 詳しくは、エコチル富山ユニットセンターまでお問い合わせください。

 

現在富山市に住んでいますが、里帰り出産を予定しています。対象者にあてはまりますか?

 里帰り先が調査対象地域であれば、里帰り先で続けて調査に参加していただけます。県外にも協力医療機関があります。詳しくは、エコチル富山ユニットセンターまでお問い合わせください。

 

質問票ではどんなことを聞かれるのですか?

 お母さんご自身や赤ちゃんの健康状態、生活習慣などについてお尋ねします。また、お子さんの成長とともに発育状況や生活環境についてもお尋ねします。

 

参加することで、子どもにメリットはあるのでしょうか?

 子育てに関する相談や調査に関する質問について、専用の電話相談(エコチル調査コールセンター 0120-53-5252 9:00〜21:00 年中無休)をご利用いただけます。育児に役立つ情報や調査の結果をまとめた独自のニュースレターを定期的にお送りいたします。登録参加者の方を対象としたイベント(ママ&キッズの集い、クッキング教室等)にもご参加いただけます。

 

13年間の調査はとても長く続けられるか心配です。

 ただでさえ忙しい子育てのさなかに、半年ごとに送られる質問票に回答することはお手間かと思いますが、お子さまの成長や食生活について振り返る機会にもなります。事情等でどうしても調査継続が難しい場合は、調査を中止することも可能です。

 

13年の間に引っ越すことになったらどうなりますか?

 引っ越し先が各ユニットセンターの調査地区内であれば引き続き調査させていただきます。調査地区外でも質問調査票など実施可能な調査については継続させていただきます。
引っ越し先は、すみやかにエコチルとやまユニットセンターまでお知らせください。

 

この調査でどんなことが分かるのですか?(なぜ必要なのですか?)

 生活環境の中にある様々な要因と、子どもたちの生活習慣、発達や病気の関係を明らかにすることができれば、病気の予防に役立つ政策を立てたり、子どもたちが健やかに育つための環境を整備したりすることができます。

 

なぜ富山で調査するのですか?

 この調査は、「お子さんが生まれる前から13歳になるまでの長期間ご協力いただく」という特徴があります。全国で15のユニットが調査対象地域に選定されています。富山県は

  1. 持ち家率が高く、人の移動が少ないコンパクトな県であること
  2. 県内の産婦人科医、小児科医とユニットセンターのある富山大学が良好な関係にあること

などから選ばれました。

 

環境が子どもの健康に与える影響について、どんなことが分かっているのですか?

 環境中の化学物質が妊娠、胎児・新生児の成長に影響を及ぼしているのではないか、精神神経発達、アレルギー疾患に関与しているのではないか、ということが仮説としてあがっています。そのため、これらを検証するために今回の調査が行われます。

 

プライバシーは保護されますか?

 ご提供いただいた情報や試料は国が定めた基準(個人情報保護法等)にしたがって厳重に保護・管理いたします。

 

質問票以外にはどんな調査を受けるのですか?

 血液や尿、臍帯血、髪の毛などを採取させていただきます。

 

1 人目の子どもが調査に参加中です。2 人目の子どもでの参加は大変ですか?

 2 人目のお子さまも調査の内容は全く同じです。1 人目のお子様で体験された通りの調査が進行します。

 

父親の参加登録について教えてください。

 参加登録された妊婦さんのパートナーの方が対象となります(登録時に入籍していなくても参加いただけます)。協力医療機関を訪問時(妊婦さんの検診に付き添われた際、出産入院時のお見舞いに来られた際など)に、エコチル調査員から声掛けし、調査内容を説明したあと参加可能かお尋ねします。

 

父親の調査内容について教えてください。

 質問票(アンケート)への回答と採血にご協力いただきます。質問票では生活環境(食生活やお酒・たばこ、運動や家族のことなど)、健康状態(現在の体調、これまでにかかった病気など)について調査します。血液は約30mlの採血です。
 パートナーの方の妊娠期間中からお子さま誕生後1ヵ月くらいの期間に1度だけご協力いただきます。

 

父親が単身赴任の場合でも登録できますか?

 参加いただけます。パートナーの方の健診時の付き添いや、出産入院時のお見舞いに来られた際など、赴任先から戻られて協力医療機関を訪問する機会に、エコチル調査員にお声かけください。

 

 

戻る
次へ

ページの先頭へ戻る