エコチル調査でわかったこと

エコチル調査からこれまでにわかったことをご紹介します。
内容については富山ユニットセンターの見解にもとづいてわかりやすく紹介しています。

発表した論文

全体調査

妊娠中の身体活動量が非常に少ないと、
早産のリスクが増す

 妊娠中は、つわりや体重の増加でお母さんの体には大きな負担がかかります。そのため、今まで余暇に行ってきた運動や、体を動かす家事や仕事をやめたり減らしたりする方も多いと思います。
 これまで、妊娠中の運動は、妊娠中の心や体の健康を維持するとされ推奨されてきました。しかしながら、運動だけではなく日常の業務や家事等を含めた「身体活動量」が、出産にどのような影響を与えるかは明らかではありませんでした。

 そこで、富山大学と横浜市立大学の共同研究グループは、エコチル調査に参加している妊娠中のお母さん約8万6千人について身体活動量を評価し、早産や分娩方法にどの程度影響するか関連を調べました。
 身体活動量は、平均的な1週間で1日にどのくらいの時間、体を動かしているかを尋ねる「国際標準化身体活動質問票(IPAQ)」を用い、活動の強度と時間を妊娠中後期に回答してもらいました。また、妊娠前期には妊娠前の身体活動量について回答してもらいました。
 得られた身体活動量を集計して、量が少ない人から多い人までを順に並べ、等しい人数になるよう4つにグループ分けを行いました。その結果、妊娠中は、「非常に少ない(0~1.0 Met時/週)」、「少ない(1.1~8.2 Met時/週)」、「中等度(8.3~23.0 Met時/週)」、「多い(23.1 Met時/週以上)」に分かれました。


(図)妊娠期の身体活動量
エコチル調査(図)妊娠期の身体活動量
妊娠期の女性約86,000人を、身体活動量を基に4群に分けた(単位:Met時/週)


 次に、「中等度」群と比較してほかのグループでは満期産より早産になりやすかったかどうか、および、自然分娩より帝王切開あるいは器械分娩(「ちょっと詳しく」参照)になりやすかったかどうかを検討しました。
 その結果、妊娠前の身体活動量は早産や分娩方法に影響を与えないことがわかりました。一方、妊娠中の身体活動量は、早産や分娩方法に影響を与えることが明らかになりました。


1) 「非常に少ない」群で「早産」になりやすかった

妊娠中の身体活動量と早産の関連


2) 「少ない」群で「帝王切開」になりやすかった

妊娠中の身体活動量と帝王切開の関連


3) 「非常に少ない」群と「多い」群で「器械分娩」になりやすかった

妊娠中の身体活動量と器械分娩の関連


この度比較の基準とした「中等度」という身体活動量は、厚生労働省が推奨する身体活動量「1週間に23Mets・時」よりやや少ない程度の身体活動をしているグループです。ですので、早産や分娩方法への影響に関しては、「1週間に8~23Mets・時」程度の適度な身体活動をすることが推奨されます。
 ただし、統計学的な観点から言うと、「身体活動量が少なかったから早産・帝王切開・器械分娩になるリスク」および「身体活動が多いから器械分娩になるリスク」は、喫煙や体重増加などが及ぼす影響と比べるとそれほど大きなものではありません。

 今回の結果は、医師から運動をしないように指導される切迫流産、切迫早産、早産や分娩方法に影響を与えると考えられている妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など、多数の要因を除外する形で検討しております。しかし「早産等になりやすいから運動ができない」という可能性を完全に除外できているとは言い切れません。
 妊娠中は自分の体調を考慮しながら、気になることがあればかかりつけの医師と相談して無理のない範囲で体を動かすよう心掛けるとよいでしょう。

論文: Takami M, Tsuchida A, Takamori A, Aoki S, Ito M, Kigawa M, et al. Effects of physical activity during pregnancy on preterm delivery and mode of delivery: The Japan Environment and Children's Study, birth cohort study. PLoS One. 2018;13(10):e0206160.より

エコチル調査富山ユニットセンター 2018年11月

Metsとは?

 運動強度の単位で、安静時(横になったり座って楽にしている状態)を1としたときと比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示します。

例えば、
3 Mets:歩く・軽い筋トレをする・掃除機をかける
4 Mets:速歩・ゴルフ(ラウンド)・自転車に乗る・子供と屋外で遊ぶ・洗車する
6 Mets:軽いジョギング・エアロビクス・階段昇降
8 Mets:長距離走を走る・クロールで泳ぐ・重い荷物を運搬する

 Metsで表された活動強度に活動実施時間(時)をかけたものをMets・時と言い、活動量の単位として国際的に使われています。エクササイズガイド2006では、Mets・時をエクササイズ(Ex)と呼んでおり、1週間に23Exの身体活動をすることが推奨されています。

参考:健康・体力づくり事業財団 エクササイズガイド
http://www.health-net.or.jp/etc/exercise.html

器械分娩とは?

 自然分娩が困難な状況が続いた時に、吸引器や鉗子(かんし)を使って出産を促す方法です。

発表した論文―これまでの掲載

テーマ 掲載年月 内容
全体調査
エコチル調査に参加されたお父さんお母さんの約半数にアレルギーがあることが判明!
著者:山本(国立成育医療研究センター)ほか
2018年10月 エコチル調査に参加されているお父さん、お母さんのアレルギーについての研究です。
全体調査
エコチル調査と国の統計情報を比較しました
著者:道川(国立環境研究所)ほか
2018年6月 エコチル調査の全国のユニットセンターから集めた基礎情報と、2013年の国の統計情報を比較した研究です。
全体調査
「つわりでご飯が食べられない!」は、赤ちゃんの発育に影響しません
著者:諸隈(九州大学)ほか
2018年2月 妊娠初期のお母さんの体重減少と、生まれた赤ちゃんの体重との関連を調べた研究です。
全体調査
魚を食べると「抑うつ状態」になりにくい~妊娠中のお母さんとお父さんから見えた結果~
著者:浜崎(富山大学)ほか
2017年12月 妊娠中のお母さんとそのお父さんについて、魚食の状況と「抑うつ状態」との関連を調べた研究です。
追加調査
黄砂が来るとアレルギー症状が出やすくなる
~妊娠期のお母さんの結果~

著者:金谷(京都大学)、
   浜崎(富山大学)ほか
2017年12月 黄砂が飛んで来た時の、妊娠中のお母さんたちのアレルギー症状との関連性を調べた研究です。
追加調査
妊娠前期における抑うつ症状と血中ω(オメガ)3系多価不飽和脂肪酸の研究
著者:浜崎(富山大学)ほか
2016年4月 妊娠前期に起こる抑うつ症状(気持ちが沈んですっきりしない、落ち着かないなど)と、魚に多く含まれるDHA・EPAなどの「ω3系多価不飽和脂肪酸」との関連性を調べた研究です。

その他、エコチル調査に関する論文発表はこちらをご覧ください(環境省のサイトに移動します)


全国と富山の集計結果

エコチル調査の暫定データからまとめた集計結果より、全国の傾向と富山の傾向を比較できるテーマを紹介しています。

出産時のお母さんの年齢構成は?

画像

◆ 富山県で参加しているお母さんは、全国と比較するとやや年齢が高めの人が多い傾向がありました。

妊娠初期、お母さんたちは
どんな職業についていましたか?

画像

◆ 富山県で参加しているお母さんは、全国と比べて専業主婦の人はやや少なく、職についている人が多かったです。

妊娠前のお母さんのBMIは?

画像

◆ 富山県で参加しているお母さんは、全国と比べてBMI25以上の体型の人はやや少なかったです。

赤ちゃんは何週で生まれてきましたか?

画像

◆ 全国と比べて富山県では、37週未満(早産)で生まれた赤ちゃんの割合はわずかに少なかったです。

生まれた子どもの性別は?

画像

◆ 全国と富山県で、男女の割合は同じでした。

全国と富山の集計結果―これまでの掲載

テーマ 発表年月 内容
パートナーの育児や家事の状況に満足していますか? 2018年5月 3歳6か月時にご協力いただいた質問票からの集計です。
満足と回答した人・不満足と回答した人に分け、パートナーの家事・育児の分担状況を見ると…
お子さんは何時間ねていますか? 2018年1月 出生1カ月〜3歳までにご協力いただいた質問票からの集計です。
お子さんを何時ごろねかせていますか?
妊婦さんの喫煙について 2014年6月 妊娠初期および中~後期にご協力いただいた質問票からの集計です。
パートナーの喫煙について
妊婦さんの飲酒について

To Page Top▲