ページ内を移動するためのリンクです。

教育内容

1年次

授業科目 内容
看護学原論 看護の本質について理解し、理論構築のプロセスと看護の基礎理論について学ぶ
看護対象論 看護の対象である人間について、看護に必要な対象の見つめ方となる人間一般論を理解する。
看護方法論Ⅰ 人間の健康と生活の概念を明らかにし、看護の技術とは何かについて、その専門性と看護者としての基本的知識、技能、態度について学習する。看護のすべての対象者に共通する看護技術としての観察、コミュニケーション、記録、報告、安全安楽の技術を習得する。 人々の健康と深く関連する生活行動について、人間の解剖生理学的ならびに、心理社会的な側面からの理解を深め、看護の視点から対象の健康問題を見出す能力を養う。その上で、一人ひとりが異なる生活行動をより健康的に行うための日常生活行動の援助方法を学習する。
生化学・栄養学 生化学:生命を維持していく上で必要な諸現象の分子構造を理解し、種々の生化学的指標と病態との関連を理解する。 栄養学:疾病予防に資する健康学の一部門としての栄養学を学び、適切な食事指導ができるために必要な栄養学の知識を習得する。

2年次

授業科目 内容
看護方法論Ⅱ 人々の健康と深く関連する生活行動について、人間の解剖生理学的ならびに心理、社会的な側面からの理解を深め、看護の視点から対象の健康問題を見出す能力を養う。その上で、一人ひとり異なる生活行動をより健康的に行うための日常生活行動の援助方法を学習する。さらに、健康に障害を持ち、医療を受けている人々に適切な看護を行うための援助技術を学習する。
看護方法論Ⅲ 看護過程の本質について理解し、看護過程展開の技術を身につける。また、看護診断の位置づけ及び基本的理解を得る。
基礎看護実習 学習したことを実際に実践することにより、〈あたまづくり〉と〈わざづくり〉を統合するための科目である。一人の患者を受け持って、全体像を描き、持てる知識を活用して看護の方向性を見定め、もてる業を十分に工夫して看護を実践する。さらに、その体験を「看護たり得ていたか」を視点に評価する。
微生物 看護活動の中で、患者、自己のみならず看護環境を含めた感染管理に必要な基礎的知識、方法、原理を理解する。

3年次

授業科目 内容
感染看護 現代社会の感染問題に関する基礎知識を身につけ、臨床状況における感染制御に対して看護の果たす役割を理解する
 看護管理        看護管理の原理を探求し、より良い看護・医療を実現するための看護管理の仕組みと機能について学習する


卒業論文


2013年度

  • 手のケアによる心理的・精神的効果に関する文献検討
  • 手術を迎える患者を適切にとらえるための研究~患者の気持ちになることの必要性~
  • 患者とのより良い関わりを目指して自らの看護実践を振り返る
  • 新人看護師のリアリティショックに関する文献の検討
  • 医療用PHSの細菌汚染状況と管理方法に関する研究
  • 臨床実習における看護学生のストレスコーピングに関する文献検討
  • 視覚障がい者の日常生活における問題点と対処行動


2012年度

  • 不安がある患者に対する不安緩和のための関わり方とその重要性~慢性期実習での1例を振り返って~
  • 行動変容へのアプローチについて~糖尿病患者との関わりから~
  • 意識変容への働きかけについて~慢性期実習での患者との関わりから~
  • 2week交換タイプソフトコンタクトレンズの汚染調査
  • 看護学生における社会的スキルの実態調査
    2011年度
  • 対象をとらえることによってみえる看護の方向性~ライフサイクルや生活過程をふまえたとらえ方~
  • コンピューター端末の細菌汚染調査~キーボード、マウスからのstaphylococcus属菌の検出状況~
  • 看護学生の職業アイデンティティと共感性との関係

2010年度

  • 患者の持てる力を引き出すコミュニケーションを行うには~母性看護実習での患者2名との関わりから~
  • 患者―看護師関係の中で入院患者が感じるストレスの要因に関する文献検討
  • 個別性のある看護とは~癌性疼痛患者への疼痛緩和のためのケアを通して~
  • 施設入所者が安楽に生活していくために必要な看護の関わり~老年看護実習での一事例を振り返って―
  • 学生における手荒れ及びハンドケアの実態調査

2009年度

  • 看護職として働く自覚形成のプロセス
  • 患者の潜在的な力を生かすための看護のあり方についての考察~自己の看護実践における患者との関わりを振り返って
  • 患者を理解し、看護の必要性(方向性)を認識するために重要となる視点~実習中と再構成後との認識の変化からの考察~
  • 自己の看護実践における看護の構造~実習で受け持った患者との看護実践からの気付き~
  • 医療従事者の手荒れとハンドケアの実態

2008年度

  • 看護として患者を捉えることについて家族看護の視点からの考察
  • 患者が「退院後の生活においても健康行動ができる」を実感を得られるための援助
  • 対象特性を理解したことにより、対象にとってよりより看護を導き出した過程~かかわりたくないとさえ思っていた認識からの変化~
  • 患者の認識に近づくために必要とされる看護師の認識のあり方~患者に対するかこのかかわり方を振り返って~
  • ペットボトル飲料のカテキン含有量の違いによる抗菌作用に関する研究~大腸菌・黄色ブドウ球菌を用いた増殖抑制効果の検討~

2007年度

  • 富山県内の看護学生における喫煙状況と喫煙意識の実態調査~看護学生と看護者の喫煙防止に向けて~
  • 新卒看護師が抱く職務継続への思いのプロセス
  • 脳腫瘍患者が術後励まされた看護師の言動
  • 速乾性擦式消毒剤の使用に対する看護学生の意識及び実態調査~アンケート・細菌学的研究の視点から~