修士課程において履修する教科のねらいと達成目標

老年看護学特論I(講義)(1、2年前期:2単位)

高齢者の健康とケアのための理論について学習し、高齢者ケアの現状と課題について探究する。

達成目標

  1. 高齢者の健康と高齢者ケアのための理論について理解する。
    1. 生涯発達理論に基づく高齢者の自我発達について説明することができる。
    2. 「離脱理論」と「活動理論」の論争から、高齢者の幸福について考察することができる。
    3. 社会的学習理論における高齢者と介護者の自己効力感について説明することができる。
    4. カウンセリング技法を活用した高齢者と介護者の行動変容について説明することができる。
  2. 高齢者ケアの実際を理解し、今後の課題を明らかにする。
    1. 高齢者のがん患者に対するケアの実際と課題について説明することができる。
    2. 高齢者の終末期医療の現状を理解し、ケアのあり方について考察を深めることができる。
    3. 認知症高齢者に対する医療の現状を理解し、ケアのあり方について考察を深めることができる。

老年看護学特論II(講義)(1、2年後期:2単位)

  1. 認知症ケアに必要な専門的知識や理論を習得する。
  2. 高齢者の精神保健福祉に関する課題を明らかにする。
  3. 高齢者における倫理的課題を明らかにする。
  4. 高齢者の保健・医療・福祉に関する政策の課題を明らかにする。

達成目標

  1. 認知症高齢者のコミュニケーションの特徴について説明できる。
  2. 認知症評価に用いる検査や尺度の特徴について説明できる。
  3. 認知症ケアにおける心理社会的アプローチについて説明できる。
  4. 高齢者の自殺の特徴と自殺予防活動について説明できる。
  5. 高齢者の身体拘束と拘束廃止の取り組みについて説明できる。
  6. 高齢者虐待の特徴と虐待防止活動について説明できる。
  7. 高齢者の権利擁護の課題について説明できる。
  8. 介護保険の概要と課題について説明できる。
  9. 介護予防の概要と課題について説明できる。
  10. 高齢者の社会参加の現状と課題について説明できる。

老年看護学演習(1、2年通年:4単位)

  1. 老年看護学領域における研究動向について理解し、自己の研究課題を明らかにする。
  2. 老年看護学領域の研究論文を批判的に検討する能力を高める。

達成目標

  1. 老年看護学領域における研究動向について説明できる。
  2. 老年看護学領域における自己の研究課題について説明できる。
  3. 研究論文を批判的に検討する視点について説明できる。
  4. 量的研究と質的研究のパラダイムの違いについて説明できる。
  5. ミックス法について説明できる。
  6. 自己の研究課題に関する研究背景と意義について説明できる。
  7. 自己の研究課題に関する概念枠組みと方法論について説明できる。
  8. 自己の研究課題について計画書を作成できる。
大学院募集要項はこちら

▲このページのトップへ