研究業績

第T期 : 平成19年度平成20年度平成21年度

第U期 : 平成22年度平成23年度平成24年度

第V期 : 平成25年度平成26年度 平成27年度

第W期 : 平成28年度平成29年度 | 平成30年度

平成29年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. Nagai Y, Watanabe Y, Honda H, Takatsu K:Chapter 8 Isoliquiritigenin: A unique licorice component that attenuates adipose tissue inflammation and fibrosis by targeting the innate immune sensors. In “Biological activities and action mechanisms of licorice ingredients” (ed. H. Sakagami), InTech, Zagreb, 2017, pp. 121−134(ISBN 978-953-51-3119-9).
原 著
  1. Ikutani M, Tsuneyama K, Kawaguchi M, Fukuoka J, Kudo F, Nakae S, Arita M, Nagai Y, Takaki S, Takatsu K.: Prolonged activation of IL-5-producing ILC2 causes pulmonary arterial hypertrophy. JCI Insight. 2017;2(7):e90721.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28405615
    富山大学からプレスリリースされました。
    http://www.u-toyama.ac.jp/education/news/2017/0407.html
  2. Yamamoto S, Muramatsu M, Azuma E, Ikutani M, Nagai Y, Sagara H, Koo B.N, Kita S, O’Donnell E, Osawa T, Takahashi H, Takano K, Dohmoto M, Sugimori M, Usui I, Watanabe Y, Hatakeyama N, Iwamoto T,  Komuro I,  Takatsu K,  Tobe T, Niida S,  Matsuda N,  Shibuya M,  Sasahara M.: A subset of cerebrovascular pericytes originates from mature macrophages in the very early phase of vascular development in CNS. Sci. Rep., 2017 Jun 20;7(1):3855.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28634350
  3. Nawaz A, Aminuddin A, Kado T, Takikawa A, Yamamoto S, Tsuneyama K, Igarashi Y, Ikutani M, Nishida Y, Nagai Y, Takatsu K, Imura J, Sasahara M, Okazaki Y, Ueki K, Okamura T, Tokuyama K, Ando A, Matsumoto M, Mori H, Nakagawa T, Kobayashi N, Saeki K, Usui I, Fujisaka S, Tobe K.: CD206+ M2-like macrophages regulate glucose metabolism by inhibiting proliferation of adipocyte progenitors. Nat. Commun., 2017 Aug 18;8(1):286.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28819169
  4. Wada T, Ishikawa A, Watanabe E, Nakamura Y, Aruga Y, Hasegawa H, Onogi Y, Honda H, Nagai Y, Takatsu K, Ishii Y, Sasahara M, Koya D, Tsuneki H, Sasaoka T.: Eplerenone prevented obesity-induced inflammasome activation and glucose intolerance. J. Endocrinol., 2017 Dec;235(3):179-191., pii: JOE-17-0351.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28855315
総 説
  1. Yanagibashi T, Satoh M, Nagai Y, Koike M, Takatsu K.: Allergic diseases: From bench to clinic - Contribution of the discovery of interleukin-5. Cytokine, 98:59-70, 2017.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28863833
学会報告
  1. 高津聖志:IL-5とアレルギー性炎症, 第66回日本アレルギー学会学術大会, 2017, 6, 16, 東京.
  2. Nagai Y, Okamoto N, Takatsu K.: Funiculosin variants and their synthetic derivatives are novel agonists for murine and human TLR4/MD-2 complex: Potential reagents for developing vaccine adjuvants, Innovation Forums Basel Life 2017, 2017, 9, 11-13, Basel, Switzerland.
その他
  1. 高津聖志:薬事研究所って、何をしているの?, 平成29年度県民カレッジ富山地区ミニ講座,2017, 7, 14,富山.
  2. 岡本直樹:新規TLRリガンドを活用した自然免疫増強剤及び炎症抑制剤の開発, 北陸ライフサイエンスクラスター最終成果報告会 ポスターセッション, 2017, 7, 31, 石川.
  3. 高津聖志:天然物を活用した炎症・線維化の抑制, 第19回免疫サマースクール2017, 2017, 8, 1, 神奈川.
  4. 長井良憲:慢性炎症の鍵分子インフラマソームを阻害する甘草成分を活用した抗メタボ甘草エキスの開発, Toyama Academic GALA 2017, 2017, 9, 27, 富山.
  5. 渡邉康春:遊離脂肪酸による好中球の内臓脂肪組浸潤と炎症の惹起・憎悪機構による糖尿病の病態形成機序の解析, Toyama Academic GALA 2017, 2017, 9, 27, 富山.

平成28年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. Nagai Y, Honda H, Watanabe Y, Takatsu K.: Chapter 30 Potential therapeutic natural products for the treatment of obesity-associated inflammation by targeting TLRs and inflammasomes. In “Chronic Inflammation –Mechanisms and Regulation-” (M. Miyasaka and K. Takatsu), pp. 379-397, Springer Japan, Tokyo, 2016.
  2. 宮本朋美, 長井良憲, 高津聖志:第3章6.5 天然物由来アジュバント, 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価, 石井健監修, シーエムシー出版, 東京, 2017.
原 著
  1. Jennings RT, Odkhuu E, Nakashima A, Morita N, Kobayashi T, Yamai I, Tanaka M, Suganami T, Haga S, Ozaki M, Watanabe Y, Nagai Y, Takatsu K, Kikuchi-Ueda T, Ichimonji I, Ogawa Y, Takagi H, Yamazaki T, Miyake K, Akashi-Takamura S.: Inflammatory responses increase secretion of MD-1 protein. Int. Immunol., 28 (10):503-512., 2016.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27352793
  2. Takikawa A, Mahmood A, Nawaz A, Kado T, Okabe K, Yamamoto S, Arif A, Senda S, Tsuneyama K, Ikutani M, Watanabe Y, Igarashi Y, Nagai Y, Takatsu K, Koizumi K, Imura J, Goda N, Sasahara M, Matsumoto M, Saeki K, Nakagawa T, Fujisaka S, Usui I, Tobe K.: HIF-1α in myeloid cells promotes adipose tissue remodeling toward insulin resistance. Diabetes,Dec;65(12):3649-3659, 2016.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27625023
  3. Iida R, Shinoda K, Hayano Y, Nagai Y, Takatsu K, Kouro T.: Fetal lymphoid progenitors become restricted to B-1 fates coincident with IL-7Rα expression. PLoS ONE, Oct 28; 11(10):e0165676, 2016.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27792746


総 説
  1. 長井良憲, 高津聖志:自然免疫センサーによる炎症性マクロファージの制御と天然薬物による炎症制御.週刊医学のあゆみ 第1土曜特集「代謝調節における免疫細胞の役割」Vol.257, No.6, 613-619, 2016.
学会報告
  1. 渡邉康春, 長井良憲, 高津聖志: TLRのアダプター分子TRIFを介した視床下部炎症と摂食制御異常の解析, 第37回日本炎症・再生医学会, 2016, 6, 17, 京都.
  2. 本田裕恵, 渡邉康春, 長井良憲, 松永孝之, 岡本直樹, 平井嘉勝, 高津聖志: 甘草成分イソリクイリチゲニンは内臓脂肪組織の炎症・線維化を抑制する, 日本生薬学会第63回年会, 2016, 9, 25, 富山.
  3. 渡邉康春, 長井良憲, 本田裕恵, 高津聖志: 天然薬物イソリクイリチゲニンは自然免疫系に作用し、内臓脂肪組織の線維化を抑制する, 第37回日本肥満学会, 2016, 10, 8, 東京.
  4. 大山拓郎, 冨田勇, 螺澤太郎, 松本隼, 守田雅志, 渡辺志朗, 渡邉康春, 長井良憲, 高津聖志, 山本誠二, 石井陽子, 笹原正清, 今中常雄: 骨髄移植による副腎白質ジストロフィー 発症抑制機構の解明:レシピエントマウスの生化学的解析, 第128回薬学会北陸支部会, 2016, 11, 27, 石川.
  5. Okamoto N, Honda H, Akashi-Takamura S, Nagai Y, Takatsu K.: Agonistic effects of synthetic derivatives of funiculosin on mouse/human TLR4/MD-2. 第45回日本免疫学会学術集会, 2016, 12, 5, 沖縄.
  6. Watanabe Y, Nagai Y, Takatsu K.: Adipose tissue neutrophils are primed by the interaction with adipocytes. 第45回日本免疫学会学術集会, 2016, 12, 7, 沖縄.
その他
  1. 長井良憲:慢性炎症における自然免疫系と代謝内分泌系とのクロストーク,和漢医薬学総合研究所 東西医薬学交流セミナー,2016, 4, 12,富山.
  2. 長井良憲:Toll-like receptor 7を標的とした自己免疫病治療薬の実用化研究,富山大学産学交流振興会総会,2016, 4, 18, 富山.
  3. 長井良憲:自然免疫によるウイルス感染防御,富山大学医学部ウイルス学講義,2016, 4, 22, 富山.
  4. 岡本直樹:Toll 様受容体7を標的とした自己免疫病治療薬の創薬研究,第43回研究会フォーラム富山「創薬」,2016, 5, 12, 富山.
  5. 長井良憲:自然免疫を標的とした慢性炎症治療薬の創薬研究,第62回薬事研究会総会特別講演,2016, 5, 23, 富山.
  6. 高津聖志:抗ウイルス免疫に関する最近の話題,「それはありえないよ、常識では」に挑戦した研究,富山大学医学部ウイルス学講義,2016, 7, 6, 富山.
  7. 高津聖志:インフラマソームの活性化を阻害する,天然物による自然免疫と炎症の調節, 第18回免疫サマースクール2016, 2016, 7, 13, 函館.
  8. Yanagibashi T:IL-5-producing ILC2s regulate T cell-independent IgA production in the large intestine, Joint Symposium on Pharmaceutical Research and Drug Development, 2016, 8, 25-26, Basel.
  9. Watanabe Y:The exploration of innate immune sensors and natural products  That regulate obesity-associated adipose tissue inflammation, Joint Symposium on Pharmaceutical Research and Drug Developmen, 2016, 8, 26, Basel.
  10. Ogasawara M:Betulin restores TGF-β- and PGE2-induced immunosuppression in vitro and suppresses tumor growth of B16 melanoma in mice, Joint Symposium on Pharmaceutical Research and Drug Developmen, 2016, 8, 26, Basel.
  11. 長井良憲:産学連携を軸とした富山発の膠原病治療薬の開発研究, Toyama Science GALA 2016, 2016, 9, 30, 富山.
  12. 岡本直樹:土壌菌由来フニクロシン類緑体が自然免疫受容体TLR4を活性化するメカニズムの解明, Toyama Science GALA 2016, 2016, 9, 30, 富山.
  13. 渡邉康春:生薬甘草の成分は,内臓脂肪組織の炎症や線維化を抑制する, Toyama Science GALA 2016, 2016, 9, 30, 富山.
  14. 高津聖志:世界に羽ばたく「薬都とやま」の実現に向けて〜製剤開発・創薬研究支援ラボ〜,第44回研究会フォーラム富山「創薬」,2016, 10, 11, 富山.
  15. 高津聖志, 長井良憲, 岡本直樹:免疫難病の治療を目指した天然薬物シーズによる創薬開発, 北陸技術交流テクノフェア2016, 2016, 10, 20-21, 福井.
  16. 渡邉康春:メタボリック症候群の基盤病態である内臓脂肪組織の炎症・線維化機序の解析とそれを制御する天然物の探索, 第9回北陸合同バイオシンポジウム, 2016, 11, 4, 福井.
  17. 長井良憲:自然免疫の光と影〜慢性炎症における自然免疫異常と天然薬物による制御〜, 第9回高サイトカイン血症研究会講演会, 2016, 11, 5, 東京.
  18. 高津聖志:くすりの富山と医薬品開発研究の新展開を求めて−免疫・炎症を制御する天然薬物の探索−, 富山大学薬学部講義, 2016, 11, 21, 富山.
  19. 長井良憲:免疫系の異常活性化を阻害する天然薬物を用いた新しい膠原病治療薬の開発研究,公益財団法人田村科学技術振興財団 平成27年度研究助成金成果報告会,2016, 11, 29, 富山.
  20. 高津聖志:未来創薬の実現に向けて:甘草成分イソリクイリチゲニンによる内臓脂肪の炎症・線維化の抑制, 和歌山医科大学特別セミナー, 2016, 12, 1, 和歌山.
  21. 長井良憲:免疫システムと創薬研究,平成28年度第5回富山大学イブニング技術交流サロン,2016, 12, 2, 富山.
  22. 高津聖志:IL-5を産生する自然リンパ球による炎症制御, 和歌山医科大学特別セミナー, 2016, 12, 15, 和歌山.
  23. 長井良憲:自然免疫によるウイルス感染防御,富山大学医学部ウイルス学講義,2017, 1, 10, 富山.
  24. 岡本直樹:新規TLRリガンドを活用した自然免疫増強剤及び炎症抑制剤の開発, 北陸ライフサイエンスクラスター推進協議会 ポスターセッション, 2017, 2, 15, 石川.
  25. 渡邉康春:メタボリック症候群の基盤病態である内臓脂肪組織炎症・線維化を制御する自然免疫センサーと免疫細胞の解析,東北医科薬科大学 第17回分子生体膜研究所戦略的研究基盤形成支援事業セミナー,2017, 3, 16, 宮城.

平成27年度

原著総説学会報告その他

原 著
  1. Kudo F, Ikutani M, Seki Y, Otsubo T, Kawamura YI, Dohi T, Oshima K, Hattori M, Nakae S, Takatsu K, Takaki S.: Interferon-γ constrains cytokine production of group 2 innate lymphoid cells. Immunology, 147(1):21-9, 2016.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26425820
  2. Nakamura T, Nishibu A, Yoshida N, Yasoshima M, Anzawa K, Watanabe Y, Nagai Y, Takatsu K, Ogawa K, Mochizuki T.: Glycyrrhetinic acid inhibits contact hypersensitivity induced by trichophytin via dectin-1. Exp. Dermatol., 25:299-304, 2016.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26739065
  3. Watanabe Y, Nagai Y, Honda H, Okamoto N, Yamamoto S, Hamashima T, Ishii Y, Tanaka M, Suganami T, Sasahara M, Miyake, K, Takatsu K.: Isoliquiritigenin attenuates adipose tissue inflammation in vitro and adipose tissue fibrosis through inhibition of innate immune responses in mice. Sci. Rep., 6, 23097; doi: 10.1038/srep23097.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26975571
    富山大学およびJSTからプレスリリースされました。
    http://www.u-toyama.ac.jp/education/news/2016/0316.html
    http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160315-2/index.html
総 説
  1. 長井良憲, 渡邉康春, 高津聖志: 自然免疫系センサーによる慢性炎症制御とメタボリック症候群.別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患「慢性炎症制御による加齢関係疾患治療の展望」第4巻第2号, 67-72, 2015.
  2. Ikutani M, Tsuneyama K, Nakae S, Takatsu K.: Emerging roles of IL-33 in inflammation and immune regulation. Inflam.Regener., 35(2): 69-77, 2015.
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/inflammregen/35/2/35_069/_pdf
  3. 藤岡俊太郎, 坂西義史, 上出功, 宇於崎博, 高津聖志: 世界に羽ばたく「薬都とやま」の実現を目指して〜富山県における医薬品産業振興を目指した産学官の取組み〜. 日本薬理学雑誌 145(6), 311-317, 2015.
学会報告
  1. 長井良憲, 渡邉康春, 高津聖志: 遊離脂肪酸誘発性の内臓脂肪組織炎症モデルにおける好中球とIL-1βの機能解析, 第36回日本炎症・再生医学会, 2015, 7, 21, 東京.
  2. 生谷尚士, 常山幸一, 中江進, 有田誠, 長井良憲, 高津聖志: IL-33誘発性血管肥厚におけるIL-5産生ILC2と好酸球の役割, 第36回日本炎症・再生医学会, 2015, 7, 21, 東京.
  3. Okamoto N, Nagai Y, Kawashima H, Fukui R, Miyake K, Kobayashi Y, Takatsu K.: A compound derived from Psoralea glandulosa L. is a novel inhibitor of Toll-like receptor 7, Basel Life Science Week 2015, 2015, 9, 23, Basel.
  4. 渡邉康春, 長井良憲, 高津聖志: 遊離脂肪酸誘発性の内臓脂肪組織炎症における好中球の機能解析, 第36回日本肥満学会, 2015, 10, 3, 名古屋.
  5. Watanabe Y, Nagai Y, Takatsu K.: Accumulation of and increased IL-1β production by neutrophils in adipose tissue: roles of free fatty acid and leukotriene B4. 第44回日本免疫学会学術集会, 2015, 11, 18, 札幌.
  6. Yanagibashi T, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K.: Role of IL-5-producing ILC2s in T cell independent-IgA production in the large intestine. 第44回日本免疫学会学術集会, 2015, 11, 18, 札幌.
  7. 本田裕恵, 長井良憲, 松永孝之, 岡本直樹, 渡邉康春, 常山幸一, 林宏明, 藤井勲, 平井嘉勝, 高津聖志: 甘草成分イソリクイリチゲニンはNLRP3インフラマソーム活性化を阻害し、2型糖尿病の慢性炎症を改善する, 日本薬学会 第136年会, 2016, 3, 29, 横浜.
その他
  1. 長井良憲: 自然免疫によるウイルス感染防御, 富山大学医学部ウイルス学講義, 2015, 5, 27, 富山.
  2. 高津聖志: ウイルスに対する免疫の誘導, 富山大学医学部ウイルス学講義, 2015, 5, 27, 富山.
  3. 高津聖志: 免疫と炎症の接点 -IL-5とイソリクイリチゲニンの研究から学んだこと, 金沢大学医学部免疫学講義, 2015, 6, 26, 金沢.
  4. 渡邉康春: 2型糖尿病の基盤病態である内臓脂肪組織炎症を抑制する生薬成分の検索, 平成27年度富山第一銀行奨学財団研究助成セミナー研究成果発表会, 2015,7,1, 富山.
  5. 高津聖志: Revisiting the identification of IL-5 and IL-5R: IL-5-producing innate lymphoid cell and its role in the immunity and inflammation, The 5th IRCMS Ad-Hoc Seminar, 2015, 7, 13, 熊本.
  6. 高津聖志: 自然免疫と炎症を制御する天然物:創薬探索へのアプローチ, 第17回免疫サマースクール2015, 2015, 7, 23, 淡路島.
  7. 長井良憲: メタボリック症候群と慢性炎症:炎症を改善する天然薬物の探索, とやま市民公開講座『慢性炎症疾患の発症・進行と制御』, 2015, 10, 3, 富山.
  8. 長井良憲: 2型糖尿病における膵β細胞死またはNLRP3インフラマソーム活性化を抑制しうる化合物シーズ を用いた創薬開発, BioJapan 2015, 2015, 10, 14, 横浜.
  9. 長井良憲: 産学連携を軸とした富山発の膠原病治療薬の開発研究. 富山大学産学連携フェスティバル2015, 2015, 11, 4, 富山.
  10. 長井良憲: 生活習慣病の慢性炎症状態に着目した創薬シーズの開発,とやま産学官金交流会2015,2015, 11, 25,富山.
  11. 高津聖志: 「くすりの富山」を発展させる医薬品開発研究の新展開を求めて:免疫・炎症の制御と天然薬物のシーズ探索, 富山大学薬学部講義, 2015, 12, 8, 富山.
  12. 長井良憲: 慢性炎症における自然免疫の役割:寄附講座における基盤研究と創薬研究, 富山大学薬学部大学院修士課程講義, 2015, 12, 15, 富山.
  13. 高津聖志: 免疫・炎症の接点:サイトカイン研究から学ぶこと, さきがけ「炎症の慢性化機構の解明と制御」研究領域第10回領域会議 特別講演, 2015, 12, 18, 滋賀.
  14. 高津聖志: 研究のおもしろみと奥深さ:天然物による免疫・炎症の調節から学ぶこと, 平成27年度第2回富山県薬学技術公務員協会若年者研修会, 2016, 1, 28, 富山.
  15. 平井義勝: 2型糖尿病治療作用が期待できる膵β細胞死を抑制する低分子化合物, 大阪商工会議所DSANJ疾患別商談会, 2016, 1, 28, 大阪.
  16. 長井良憲: 甘草成分イソリクイリチゲニンを用いたNLRP3インフラマソーム活性化阻害剤(2型糖尿病慢性炎症治療剤)の開発, 大阪商工会議所DSANJ疾患別商談会, 2016, 1, 29, 大阪.

平成26年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. 本田裕恵, 長井良憲, 高津聖志: 第6章 3 植物由来成分によるTLR4/MD-2シグナルの抑制. エンドトキシン・自然免疫研究17. 谷徹, 横地高志編集. 80-85, 医学図書出版株式会社, 東京, 2014.
  2. 長井良憲, 渡邉康春, 高津聖志: 第4章 13節 RP105. 「seriesモデル動物利用マニュアル 疾患モデルの作製と利用ー脂質代謝異常と関連疾患<下巻>」. 尾池雄一, 佐々木雄彦, 村上誠, 矢作直也編集, 133-142, 株式会社エルアイシー, 東京, 2015.
原 著
  1. Hikosaka K, Ikutani M, Shito M, Kazuma K, Gulshan M, Nagai Y, Takatsu K, Konno K, Tobe K, Kanno H, Nakagawa T.: Deficiency of nicotinamide mononucleotide adenylyltransferase 3 (nmnat3) causes hemolytic anemia by altering the glycolytic flow in mature erythrocytes. J. Biol. Chem., 289(21):14796-14811, 2014.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24739386
  2. Katayama H, Mori T, Seki Y, Anraku M, Iseki M, Ikutani M, Iwasaki Y, Yoshida N, Takatsu K, Takaki S.: Lnk prevents inflammatory CD8+ T-cell proliferation and contributes to intestinal homeostasis. Eur J Immunol., 44(6):1622-1632, 2014.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24536025
  3. Mori T, Iwasaki Y, Seki Y, Iseki M, Katayama H, Yamamoto K, Takatsu K, Takaki S.: Lnk/Sh2b3 controls the production and function of dendritic cells and regulates the induction of IFN-γ-producing T cells. J. Immunol.,193(4):1728-1736, 2014.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25024389
  4. Honda H, Nagai Y, Matsunaga T, Okamoto N, Watanabe Y, Tsuneyama K, Hayashi H, Fujii I, Ikutani M, Hirai Y, Muraguchi A, Takatsu K.: Isoliquiritigenin is a potent inhibitor of NLRP3 inflammasome activation and diet-induced adipose tissue inflammation. J. Leukoc. Biol.,96 (6):1087-1100, 2014.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25210146

     近年の研究から、肥満や2型糖尿病、動脈硬化等の生活習慣病に「慢性炎症」が関わっている事が明らかにされています。2型糖尿病においては、炎症物質であるインターロイキン-1β(以下IL-1β)の過剰な産生を原因として、インスリン分泌低下及びインスリン抵抗性の状態が惹き起こされます。IL-1βの産生には、NLRP3インフラマソームと呼ばれるタンパク質複合体が必須な役割を果たしている事から、この「NLRP3インフラマソーム」の活性化を阻害する物質は、これらの疾患に対する治療薬となりうる可能性があると考えられます。
     我々は以前に生薬甘草由来のカルコンであるイソリクイリチゲニン(以下ILG)がLPSによるNF-kBの活性化を抑制することを明らかにしてきました。今回、我々はTLR4の阻害効果とは別にILGにNLRP3インフラマソーム活性化抑制効果があることを見出しました。甘草の成分として有名なグリチルリチン(以下GL)もILGと同様にNLRP3インフラマソーム活性化抑制作用を示しましたが、高濃度を要しました。また、二本鎖DNAによって活性化するAIM2インフラマソームについては、GLによっては阻害されますが、ILGによっては阻害されませんでした。また、GLはNLRP3及びAIM2インフラマソームによるASCタンパクの重合化を抑制しましたが、ILGはNLRP3インフラマソーム活性化によるASCタンパクの重合化を抑制しました。
     より低濃度でNLRP3インフラマソーム活性化抑制作用を示したILGをマウスに混餌投与したところ、高脂肪食投与による肥満、脂肪肝及びインスリン抵抗性等が改善されました。また、ILG投与により高脂肪食投与による脂肪組織の炎症が抑制され、ex vivoでの白色脂肪組織からのIL-1b及びカスパーゼ−1の産生が抑制されていることが明らかとなりました。
     以上から、ILGがNLRP3インフラマソーム活性化が関与する炎症性疾患の治療薬として役立つことが期待されます。
     本研究は、富山県及び寄附講座支援企業からの寄附金、科学研究費、ほくりく健康創造クラスター、北陸ライフサイエンスクラスターの支援の下、行った研究の成果で、富山県薬事研究所、富山大学医学部免疫学講座、同病理診断学講座、岩手医科大学薬学部天然物化学講座との共同研究成果です。
  5. Yanagibashi T, Nagai Y, Watanabe Y, Ikutani M, Hirai Y, Takatsu K.: Differential requirements of MyD88 and TRIF pathways in TLR4-mediated immune responses in murine B cells. Immunol Lett.,163(1);22-31, 2015.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25448706

     グラム陰性菌のLPS(エンドトキシン)は、TLR4/MD-2を介してB細胞を活性化し、増殖反応や抗体産生等の様々な免疫反応を誘導します。また、LPSはIL-4やTGF-β等のサイトカイン刺激と共同で、IgG1やIgE、IgAへの抗体クラススイッチ反応を誘導します。TLR4シグナルの下流には、2つの重要なシグナル伝達経路、MyD88経路とTRIF経路が存在します。しかし、これまでB細胞のLPS反応性における両経路の役割を詳細に解析した研究はありませんでした。
     今回、私達はMyD88欠損マウス及びTRIF欠損マウスのB細胞を用いた解析から、MyD88経路及びTRIF経路はB細胞のLPS応答性を異なる機序で制御すること明らかにしました。LPS単独刺激によりB細胞の増殖反応やCD86発現が誘導されます。これらの反応は野生型またはTRIF欠損B細胞に比べてMyD88欠損B細胞で顕著に抑制されることから、LPS単独の刺激はMyD88経路に強く依存することが分かりました(図A)。また、LPS単独またはLPS+TGF-β+IL-5の刺激では、IgG3またはIgAの産生が誘導されますが、これらの抗体産生のほとんどもMyD88経路に依存することを見出しました。一方、LPSとIL-4刺激によって誘導されるIgG1陽性細胞の誘導やIgE産生の誘導は、野生型B細胞に比べてTRIF欠損B細胞で顕著に抑制されていました。LPS+IL-4刺激による細胞分裂とAID発現誘導がTRIF欠損B細胞で低下していたことから、TRIF欠損B細胞におけるIgG1/IgE産生の抑制は細胞分裂とAID発現の低下に由来すると考えられます。以上から、LPSとIL-4の共シグナルはTRIF経路により正に制御されることが分かりました(図B)。また、MyD88欠損B細胞では、LPS+IL-4刺激によるIgG1/IgE産生が野生型B細胞に比べて増強していたことから、MyD88経路はTRIF経路とは逆にLPSとIL-4によるB細胞の反応を負に制御することが示唆されました(図B)。
     以上から、LPS単独刺激によるB細胞応答は、MyD88経路に強く依存する一方、LPS+IL-4刺激によるB細胞応答は、TRIF経路に依存すると共に、MyD88経路により負に制御されることが分かりました。TLR4シグナルとIL-4受容体シグナルは、TRIF経路を介して何らかの形で機能的にリンクすると考えられます。また、TLR4とIL-4受容体のシグナルのバランスを制御するために、MyD88経路とTRIF経路が協調的に作用することが示唆されます。
     本研究は、富山県及び寄附講座支援企業からの寄附金、科学研究費、ほくりく健康創造クラスター、北陸ライフサイエンスクラスター等の支援の下、行った研究の成果です。
  6. Tamura K, Ikutani M, Yoshida T, Tanaka-Hayashi A, Yanagibashi T, Inoue R, Nagai Y, Adachi Y, Miyawaki T, Takatsu K, Mori H.: Increased production of intestinal immunoglobulins in Syntenin-1-deficient mice. Immunobiology, 220(5);597-604, 2015.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25543283
  7. Yamamoto S, Niida S, Azuma E, Yanagibashi T, Muramatsu M, Huang TT, Sagara H, Higaki S, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K, Miyazaki K, Hamashima T, Mori H, Matsuda N, Ishii Y, Sasahara M.: Inflammation-induced endothelial cell-derived extracellular vesicles modulate the cellular status of pericytes. Sci. Rep., 5, Article number:8505, 2015.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25687367
総 説
  1. Ikutani M, Takatsu K.: Mini-review;Roles of IL-5-producing group 2 innate lymphoid cells in eosinophil regulation. Inflammation and Regeneration.,34(3):140-42, 2014.
    http://www.jsir.gr.jp/journal/Vol34No3/pdf/0140-0148.pdf
  2. Takatsu K.: Perspective Article; Revisiting the identification and cDNA cloning of T cell-replacing factor/interleukin-5. Front. Immunol.,5:639, 2014.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25566252
学会報告
  1. 生谷尚士, 常山幸一, 長井良憲, 高津聖志: IL-33に誘導される血管壁肥厚とIL-5産生ILC2, 第35回日本炎症・再生医学会, 2014, 7, 1-4, 沖縄.
  2. 松本隼, 守田雅志, 渡邉康春, 長井良憲, 小林博司, 高津聖志, 今中常雄: モデルマウスを用いた副腎白質ジストロフィーに対する骨髄移植の検討, 日本薬学会第13回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2014, 2014, 9, 20, 富山.
  3. Mizote Keisuke, Saeki Akinori, Honda Hiroe, Okamoto Naoki, Kimura Takahito, Nagai Yoshinori, Takatsu Kiyoshi, Fujimoto Yukari, Fukase Koichi: Structural Determination and Synthesis of Isoprenoids as Immune Activators via TLR4/MD-2, SLB IEIIS 2014, 2014, 10, 23,Salt Lake.
  4. 長井良憲, 渡邉康春, 高津聖志: 遊離脂肪酸誘発性の内臓脂肪組織炎症における好中球とIL-1シグナルの機能解析, 第35回日本肥満学会, 2014, 10, 24, 宮崎.
  5. 松本隼, 守田雅志, 渡邉康春, 長井良憲, 小林博司, 高津聖志, 今中常雄: 副腎白質ジストロフィー:レンチウイルスベクターによるABCD1タンパク質の発現と骨髄移植, 第56回日本先天代謝異常学会総会, 2014, 11, 13-15, 仙台.
  6. 松本隼, 守田雅志, 渡邉康春, 長井良憲, 小林博司, 山本誠士, 石井陽子, 笹原正清, 高津聖志, 今中常雄: 副腎白質ジストロフィーモデルマウスへの骨髄移植とその効果, 日本薬学会北陸支部第126回例会, 2014, 11, 16, 金沢.
  7. Ikutani Masashi, Tsuneyama Koichi, Nagai Yoshinori, Takatsu Kiyoshi.: Roles of IL-5-producing ILC2 in vascular pathogenesis, 第43回日本免疫学会学術集会, 2014, 12, 10, 京都.
  8. Yasuharu Watanabe, Yoshinori Nagai, Koichi Tsuneyama, Kiyoshi Takatsu.: Adipocyte-derived free fatty acids trigger IL-1β production by neutrophils in mouse adipose tissue, 第43回日本免疫学会学術集会, 2014, 12, 10, 京都.
  9. Honda Hiroe, Nagai Yoshinori,Takatsu Kiyoshi.: Isoliquiritigenin Is a Potent Inhibitor of NLRP3 Inflammasome Activation and Diet-induced Adipose Tissue Inflammation, 第43回日本免疫学会学術集会, 2014, 12, 10, 京都.
  10. Naoki Okamoto, Hiroe Honda, Yoshinori Nagai, Kiyoshi Takatsu.: An antibiotics funiculosin derivative is a novel agonist of Toll-like receptor 4, 第43回日本免疫学会学術集会, 2014, 12, 11, 京都.
その他
  1. 高津聖志: サイトカインによる免疫・炎症の制御:IL-5の研究から学んだこと, 金沢大学医学部免疫学講義, 2014, 6, 30, 金沢.
  2. 高津聖志: ウイルス感染と免疫:粘膜ワクチンとアジュバント, 富山大学医学部ウイルス学講義, 2014, 7, 9, 富山.
  3. 岡本直樹: Toll様受容体を標的とした自然免疫増強剤及び炎症抑制剤の開発に向けて, 第16回免疫サマースクール2014, 2014, 7, 28, 小豆島.
  4. 高津聖志: 免疫と自然炎症の接点:創薬探索へのアプローチ, 第16回免疫サマースクール2014, 2014, 7, 30, 小豆島.
  5. 生谷尚士: 新規リンパ球の同定とアレルギー性炎症, 第3回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム, 2014, 8, 12, 富山.
  6. 長井良憲: 自然免疫シグナル分子による摂食反応・肥満制御機構の解明, 新学術領域研究「食欲と脂肪蓄積の制御と破綻の分子基盤の解明」第5回班会議, 2014, 8, 22, 大阪.
  7. 長井良憲: 生活習慣病の慢性炎症状態に着目した創薬シーズの開発, 富山大学コラボフェスタ2014, 2014, 9, 19, 富山.
  8. 高津聖志: 免疫・炎症制御を活用した和漢薬の薬効解明への挑戦-甘草成分によるインフラマソームの制御と肥満抑制効果-, 国立医薬品食品衛生研究所「特別講演会」, 2014, 9, 30, 東京.
  9. 高津聖志:「くすりの富山」を発展させる医薬品開発研究の新展開を求めて, 富山大学薬学部講義, 2014, 11, 5, 富山.
  10. 長井良憲: 生活習慣病の慢性炎症状態に着目した創薬シーズの開発, とやま産学官金交流会2014, 2014,12, 2, 富山.

平成25年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. Takatsu K.: Chapter 5 Eosinophilopoiesis: Chapter 5.4 Interleukin-5 and its Receptor molecules, In “Eosinophil in Health and Disease” (Eds. J.J. Lee and H.F. Rosenberg), pp97-105,ELSEVIER/Academic Press,New York, 2013.
  2. Nagai Y, and Takatsu K.: Section2. Part E. 26. Role of the immune system in obesity-associated inflammation and insulin resistance. In "Nutrition in the Prevention and Treatment of Abdominal Obesity" (Ronald R. Watson), pp281-293, ELSEVIER/Academic Press, New York, 2014.
原 著
  1. Fujisaka S, Usui I, Ikutani M, Aminuddin A, Takikawa A, Tsuneyama K, Mahmood A, Goda N, Nagai Y, Takatsu K, Tobe K.: Adipose tissue hypoxia induces inflammatory M1 polarity of macrophages in an HIF-1α-dependent and HIF-1α-independent manner in obese mice. Diabetologia., 56(6):1403-1412, 2013.
    富山大学第一内科学講座との共同研究論文です。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23494472
  2. Itakura A, Ikutani M, Takatsu K, Kikuchi Y.: Interleukin-5 plays a key role in mouse strain- dependent susceptibility to contact hypersensitivity through its effects on initiator B cells. Int. Arch. Allergy. Immunol., ;161 Suppl 2:98-106, 2013.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23711860
総 説
  1. Nagai Y, Watanabe Y, Takatsu K.: The TLR family protein RP105/MD-1 complex: A new player in obesity and adipose tissue inflammation. Adipocyte., 2(2) :61-66, 2013.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23805400
  2. Watanabe Y, Nagai Y, Takatsu K.: Activation and regulation of the pattern recognition receptors in obesity-induced adipose tissue inflammation and insulin resistance. Nutrients., 5(9): 3757-3778, 2013.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24064574
  3. 長井良憲, 渡邉康春, 高津聖志.: 自然免疫系受容体RP105/MD-1によるメタボリック症候群の制御. 内分泌・糖尿病・代謝内科. 37(6):610-616, 2013.
学会報告
  1. Honda H., Nagai Y., and Takatsu K.: Isoliquiritigenin and glycyrrhizin inhibit the inflammasome activation in a different manner. The 100th Annual Meeting of The American Association of Immunologists(第100回アメリカ免疫学会), 2013, 5, 5, Honolulu.
  2. Watanabe Y., Nagai Y., and Takatsu K.:Regulatory mechanisms of Radioprotective 105/MD-1 expression in inflammatory macrophages in the adipose tissue. 第78回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 第21回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム 合同学術集会, 2013, 5, 20, Tokyo.
  3. 生谷尚士, 柳橋努, 長井良憲, 高津聖志: 腸管免疫におけるIL-5産生ILC2の役割の解明, 第34回日本炎症・再生医学会, 2013, 7, 2-3, 京都.
  4. 長井良憲, 渡邉康春, 本田裕恵, 戸邉一之, 高津聖志: メタボリック症候群における慢性炎症を制御する自然免疫シグナルの解析, 第34回日本肥満学会, 2013, 10, 11, 東京.
  5. 溝手啓介, 佐伯昭典, 本田裕恵, 岡本直樹, 木村隆仁, 長井良憲, 高津聖志, 藤本ゆかり, 深瀬浩一: 自然免疫受容体TLR4/MD-2複合体の新規リガンド創製を目指したイソプレノイド脂質の構造解析と合成研究, 日本化学会秋季事業 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013, 10, 21, 東京.
  6. 松本隼, 守田雅志, 渡邉康春, 長井良憲, 小林博司, 高津聖志, 今中常雄.: 副腎白質ジストロフィー: レンチウイルスベクターを用いたABCD1遺伝子発現と骨髄移植, 平成25年度日本薬学会北陸支部第125回例会, 2013, 11, 17, 石川.
  7. 本田裕恵, 長井良憲, 高村(赤司)祥子, 齋藤伸一郎, 三宅健介, 高津聖志.: 甘草成分はTLR4及びNLRP3インフラマソーム活性化を阻害する, 第19回日本エンドトキシン・自然免疫研究会, 2013, 12, 7, 滋賀.
  8.  Yanagibashi T., Ikutani M., Nagai Y., Takatsu K.: The roles of IL-5 producing ILC2 in the intestinal immunity, 第42回日本免疫学会学術集会, 2013, 12, 11, 千葉.
  9.  Watanabe Y., Nagai Y., Tsuneyama K., Takatsu K.: β3-adrenergic receptor-mediated lipolysis of adipocytes induces accumulation of large number of neutrophils and pro-inflammatory responses in mouse adipose tissue, 第42回日本免疫学会学術集会, 2013, 12, 13, 千葉.
その他
  1. 長井良憲: 自然免疫によるウイルス感染防御, 富山大学医学部ウイルス学講義, 2013, 6, 25, 富山.
  2. 高津聖志: 自然免疫と炎症の接点 -免疫アジュバントとIL-5の研究から学んだこと-, 金沢大学医学部免疫学講義, 2013, 6, 28, 金沢.
  3. 渡邉康春: 脂肪組織炎症を制御する自然免疫シグナルと天然薬物の解析,新学術領域研究「自然炎症」+「脂質マシナリー」合同若手ワークショップ, 2013, 7, 3, 鳴門.
  4. 高津聖志: 免疫と自然炎症の接点:創薬探索へのアプローチ, 第15回免疫サマースクール2013, 2013, 7, 31, 福岡.
  5. 長井良憲: 自然免疫シグナル分子による摂食反応・肥満制御機構の解明, 新学術領域研究「食欲と脂肪蓄積の制御と破綻の分子基盤の解明」第4回班会議, 2013, 8, 22, 大阪.
  6. 高津聖志:「くすりの富山」を発展させる医薬品開発研究の新展開を求めて, 富山大学薬学部講義, 2013, 11, 18, 富山.
  7. 高津聖志:粘膜免疫. IgA 産生の制御とその異常, 遅延型アレルギー検査 集中セミナー, 2014, 1, 12, 東京.
  8. 高津聖志: ワクチン用新規アジュバント開発のための基盤研究, 第7回次世代アジュバント研究会, 2014, 1, 21, 豊中.
  9. 山崎思乃, 宮本朋美, 田部井美樹, 柳橋努, 本田裕恵, 松永孝之, 長井良憲, 高津聖志:粘膜アジュバント開発のための評価系の確立ー自然抗体産生を指標としたアプローチー, 第7回次世代アジュバント研究会, 2014, 1, 21, 豊中.
  10. 長井良憲: 脂肪組織炎症を制御するRP105/MD-1の機能解析及び内因性リガンドの探索, 新学術領域研究「自然炎症」第4回領域班会議,東京大学医科学研究所, 2014, 1, 30, 東京.
  11. 生谷尚士: IL-5産生自然リンパ球によるアレルギー疾患発症メカニズムの解明, 富山大学学際交流会, 2014, 3, 10, 富山.

平成24年度

原著総説学会報告その他

原 著
  1. Nagai Y, Yanagibashi T, Watanabe Y, Ikutani M, Kariyone A, Ohta S, Hirai Y, Kimoto M, Miyake K, Takatsu K.:The RP105/MD-1 complex is indispensable for TLR4/MD-2-dependent proliferation and IgM-secreting plasma cell differentiation of marginal zone B cells. Int. Immunol., 24(6):389-400, 2012.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22354914

    Marginal zone B細胞(以下MZB細胞)は、LPSなどの病原体に対して強力且つ急速なT細胞非依存性の応答を誘導することが知られています。LPSの認識・応答にはTLR4/MD-2複合体が必須の分子ですが、MZB細胞には、もう一つのLPSセンサーとしてTLR4/MD-2類似分子であるRP105/MD-1複合体が発現しています。しかしながら、MZB細胞におけるRP105/MD-1の機能やTLR4/MD-2とRP105/MD-1の関係については数多くの不明な点が残されています。本論文では、これらの点を明らかにするために、TLR4とRP105に対するagonisticなモノクローナル抗体を用いて解析を行いました。
    前述の通り、TLR4はLPSの応答に必須の分子ですが、今回用いた抗TLR4抗体でMZB細胞を刺激しても、急速な形質細胞への分化や強力なIgM産生等、MZB細胞を特徴付けるT細胞非依存性の反応は誘導されませんでした。抗RP105抗体でも同様の結果でしたが、興味深いことに抗TLR4抗体と抗RP105抗体でMZB細胞を同時に刺激すると、急速な形質細胞への分化や強力なIgM産生が誘導されました。さらに、これらの反応は、RP105欠損MZB細胞では非常に低下しており、またLPSによる形質細胞への分化、IgM産生誘導もRP105欠損MZB細胞で非常に低下していました。以上から、TLR4シグナルによるMZB細胞のT細胞非依存性応答には、RP105が重要な役割を果たしていることが示唆されました。そこでRP105刺激により、どのような応答がMZB細胞に誘導されるのかを解析したところ、抗TLR4抗体と抗RP105抗体の共刺激により、抗アポトーシスタンパクの一つであるBcl-xLや増殖反応に重要なc-Mycの発現が誘導されることが分かりました。さらに抗TLR4抗体と抗RP105抗体の共刺激により、実際にMZ B細胞が細胞死に抵抗性を示すことが分かりました。
    以上から、LPSによるMZB細胞の強力且つ急速なT細胞非依存性応答にはTLR4のシグナルだけでは不十分で、RP105シグナルによるMZ B細胞の生存や増殖、抗アポトーシスを誘導する反応が重要であることが分かりました。
  2. Watanabe Y, Nakamura T, Ishikawa S, Fujisaka S, Usui I, Tsuneyama K, Ichihara Y, Wada T, Hirata Y, Suganami T, Izaki H, Akira S, Miyake K, Kanayama HO, Shimabukuro M, Sata M, Sasaoka T, Ogawa Y, Tobe K, Takatsu K, Nagai Y.: The radioprotective 105/MD-1 complex contributes to diet-induced obesity and adipose tissue inflammation. Diabetes., 61(5):1199-1209, 2012.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22396206

    メタボリック症候群は、内臓脂肪型肥満が基盤病態であり、その本態は脂肪組織の慢性炎症であることが近年明らかになっています。すなわち、脂肪組織へ浸潤するマクロファージなどの免疫担当細胞が炎症反応を惹起し、炎症が慢性に持続することにより、肥満症や糖尿病などが引き起こされることが分かってきています。さらに、自然免疫系の病原体センサーが、内在性のリガンドとして脂肪酸などを認識し、脂肪組織の炎症反応を惹起することも明らかになってきました。例えば、グラム陰性菌のLPSを認識するToll-like receptor 4(TLR4)は、脂肪細胞より分泌されるパルミチン酸などの飽和脂肪酸を認識し、炎症反応を惹起することが報告されています。今回我々は、TLR4に高い相同性有する分子RP105が脂肪組織の慢性炎症において、重要な役割を果たすことを見出しました。
    これまでの報告より、RP105はTLR4と同様にLPSの認識・応答に関わる分子であることが知られてきましたが、慢性炎症における関わりについては良く分かっていませんでした。そこで我々は、高脂肪食摂餌による肥満・メタボリック症候群モデルマウスを用いて、脂肪組織炎症におけるRP105の役割を検討しました。
    まず高脂肪食を摂餌した野生型マウスの内臓脂肪組織において、RP105とその会合分子MD-1のmRNA発現が増加していることを見出しました。さらにヒトにおいても、肥満度の指標であるBody mass index(BMI)値と相関し、ヒトRP105mRNAの発現が増加していることが分かりました。また、野生型マウスを用いた解析より、RP105/MD-1複合体は脂肪組織のマクロファージに主に発現し、高脂肪脂肪食の摂餌により、炎症性マクロファージにおいてRP105/MD-1の発現が増加することを見出しました。さらにRP105及びMD-1欠損マウスは、野生型マウスと比較し、高脂肪食摂餌による体重増加が緩和し、脂肪組織での炎症反応やインスリン抵抗性が改善していることを見出しました。興味深いことに、これらの症状はTLR4欠損マウスよりさらに改善していました。以上より、肥満に伴う慢性炎症の病態においてRP105はTLR4よりも重要な役割を果たしていることが強く示唆されます。今後は、RP105/MD-1の内因性リカンドやそのシグナル伝達機構を明らかにし、RP105/MD-1が脂肪組織炎症を惹起する分子機構を解明していきたいと考えています。
  3. Nakamura T, Nishibu A, Yasoshima M, Tanoue C, Yoshida N, Hatta J, Miyamoto T, Nishii M, Yanagibashi T, Nagai Y, Takatsu K, Mochizuki T, Ogawa K.: Analysis of Trichophyton antigen-induced contact hypersensitivity in mouse. J. Dermatol. Sci., 66(2):144-153, 2012.
    本研究室の中村知矢協力研究員((株)池田模範堂)との共同研究論文です。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22459756
  4. Honda H, Nagai Y, Matsunaga T, Saitoh S, Akashi-Takamura S, Hayashi H, Fujii I, Miyake K, Muraguchi A, Takatsu K.: Glycyrrhizin and isoliquiritigenin suppress the LPS sensor toll-like receptor 4/MD-2 complex signaling in a different manner. J. Leukoc. Biol., 91(6):967-976, 2012.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22422925

    生薬である甘草は古来より日本や中国をはじめとして世界中で広く使用されており、様々な薬理効果があるとされています。今回我々は、甘草の抗炎症効果に着眼し、自然免疫系への影響を解析しました。その結果、甘草成分であるイソリクイリチゲニン(以下、ILGと略す)及びグリチルリチン(以下、GLと略す)が以下のように自然免疫系を制御していることを分子・細胞レベルで解析し、明らかにしました。
    @甘草エキス及びその成分であるILGとGLは、TLR4シグナル活性化によるマクロファージからのIL-6 及び TNF-a 産生を抑制する。
    AILG及びGLは、TLR4シグナルによるNF-kB及びMAP kinaseの活性化を抑制する。
    BILG及びGLは、LPS刺激により誘導されるTLR4/MD-2の二量体形成を阻害する。
    CGLは、細胞表面でのTLR4/MD-2とLPSとの結合を阻害するが、ILGにはそのような作用を認めない。
    以上より、今回解析した甘草由来の2つの成分は、異なる作用機序でTLR4/MD-2の活性化をレセプターレベルで制御すること、甘草は自然免疫系を制御する複数の成分から構成されていることが分かりました。今回明らかにした作用機序が甘草の抗炎症作用を説明していることが示唆されます。
    図A:LPSはMD-2に結合し、TLR4/MD-2の二量体形成が誘導される。
    図B:GLはTLR4/MD-2へのLPS結合を阻害する。
    図C:ILGはTLR4/MD-2へのLPS結合を阻害しないが、TLR4/MD-2の二量体形成を阻害する。
  5. Kusano S, Kukimoto-Niino M, Hino N, Ohsawa N, Ikutani M, Takaki S, Sakamoto K, Hara-Yokoyama M, Shirouzu M, Takatsu K, Yokoyama S.: Structural basis of interleukin-5 dimer recognition by its α receptor. Protein Sci., 21(6):850-864, 2012.
    理化学研究所との共同研究論文です。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22528658
  6. Hara-Yokoyama M, Kukimoto-Niino M, Terasawa K, Harumiya S, Podyma-Inoue KA, Hino N, Sakamoto K, Itoh S, Hashii N, Hiruta Y, Kawasaki N, Mishima-Tsumagari C, Kaitsu Y, Matsumoto T, Wakiyama M, Shirouzu M, Kasama T, Takayanagi H, Utsunomiya-Tate N, Takatsu K, Katada T, Hirabayashi Y, Yokoyama S, Yanagishita M.:Tetrameric interaction of the ectoenzyme CD38 on the cell surface enables its catalytic and raft-association activities. Structure., 20(9):1585-1595, 2012.
    東京医科歯科大学, 理化学研究所との共同研究論文です。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22863568
  7. Tsukamoto H, Fukudome K, Takao S, Tsuneyoshi N, Ohta S, Nagai Y, Ihara H, Miyake K, Ikeda Y, Kimoto M.: Reduced surface expression of TLR4 by a V254I point mutation accounts for the low lipopolysaccharide responder phenotype of BALB/c B cells. J. Immunol.,190(1):195-204, 2013. 
    佐賀大学医学部分子生命科学講座免疫学分野との共同研究論文です。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23203928
  8. Rachmawati NM, Fukudome K, Tsuneyoshi N, Bahrun U, Tsukamoto H, Yanagibashi T, Nagai Y, Takatsu K, Ohta S, Kimoto M.: Inhibition of antibody production in vivo by pre-stimulation of Toll-like receptor 4 before antigen priming is caused by defective B-cell priming and not impairment in antigen presentation. Int. Immunol., 25:117-128,2013.
    佐賀大学医学部分子生命科学講座免疫学分野との共同研究論文です。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23075507
  9. Howard M, Farrar J, Hilfiker M, Johnson B, Takatsu K, Hamaoka T, Paul WE.: Pillars article: Identification of a T cell-derived B cell growth factor distinct from interleukin 2. J. Exp. Med. 1982. 155: 914-923. J Immunol., 190(3):864-73, 2013.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23335802
総 説
学会報告
  1. Nagai Y., Yanagibashi T., Watanabe Y., Ikutani M., Kariyone A., Tsuneyama K., Hirai Y., and Takatsu K.: Potential roles for soluble MD-1 in disease progression of autoimmune prone MRLlpr/lpr mice. The 99th Annual Meeting of The American Association of Immunologists(第99回アメリカ免疫学会), 2012, 5,7, Boston, MA.
  2. Watanabe Y., Nagai Y., Nakamura T., Akira S., Miyake K., and Takatsu K.: The radioprotective 105/MD-1 complex contributes to diet-induced obesity and adipose tissue inflammation. The 99th Annual Meeting of The American Association of Immunologists(第99回アメリカ免疫学会), 2012, 5,7, Boston, MA.
  3. Kiyoshi Takatsu. Regulatory roles of innate IL-5-producing non-T cells in the immune surveillance in the lung and IgA production in the intestine, “Macrophage 2012”, 20th International Symposium on Molecular Cell Biology, June 15, 2012, Tokyo.
  4. 長井良憲,渡邉康春,菅波考祥,井崎博文,審良静男,三宅健介,金山博臣,島袋充生,佐田政隆,笹岡利安,小川佳宏,戸邉一之,高津聖志:TLRファミリー分子RP105/MD-1は高脂肪食誘発性の肥満、脂肪組織炎症、インスリン抵抗性を制御する.第33回日本炎症・再生医学会,2012,7,5-6,福岡.
  5. Nagai Y., Watanabe Y., and Takatsu K.: Regulation of adipose tissue inflammation by TLR family protein RP105/MD-1. IEIIS2012 Homeostatic Inflammation Symposium, 2012, 10, 24, Tokyo.
  6. Ikutani M., yanagibashi T., Nagai Y., Takaki S., and Takatsu K.: Roles of lung innate IL-5-producing cells in antimetastatic activity through eosinophils. IEIIS2012 Homeostatic Inflammation Symposium, 2012, 10, 24, Tokyo.
  7. Honda H., Nagai Y., and Takatsu K.: Isoliquiritigenin and glycyrrhizin, representative components ofGlycyrrhiza uralensis, inhibit activation of NALP3 inflammasome. 第41回日本免疫学会学術集会, 2012, 12, 6, 神戸
  8. Yanagibashi T., Ikutani M., Nagai Y., Takaki S., and Taktsu K.: Characterization of innate IL-5-producing non-T cells in the large intestine regarding responsiveness to IL-33 and IgA production. 第41回日本免疫学会学術集会, 2012, 12, 7, 神戸
その他
  1. 高津聖志:ウイルス感染と免疫・炎症応答,富山大学医学部ウイルス学講義,2012, 5, 22, 富山.
  2. 高津聖志:自然免疫と炎症の接点 -免疫アジュバントとIL-5の研究から学んだこと-,金沢大学医学部免疫学講義,2012,6,8,金沢
  3. 長井良憲:脂肪組織炎症を制御するRP105/MD-1の機能解析及び内因性リガンドの探索,新学術領域研究「自然炎症」第3回領域班会議,東京大学医科学研究所,2012,6,26,東京
  4. 高津聖志:免疫と自然炎症の接点:創薬探索へのアプローチ,第14回免疫サマースクール2012,ラフォーレ那須,2012,7,24,那須
  5. 柳橋努:B細胞クラススイッチを制御する天然物の探索,ほくりく健康創造クラスター 若手研究者交流会,金沢都ホテル,2012,8,1,金沢
  6. 本田裕恵:自然免疫を制御する天然物の探索ー甘草成分による自然免疫抑制機構の解析ー,ほくりく健康創造クラスター 若手研究者交流会,金沢都ホテル,2012,8,1,金沢
  7. 高津聖志:プロフェッショナルとはー研究生活から学んで、伝えたいことー,富山大学同窓会連合会2012,名鉄富山ホテル,2012,8,2,富山
  8. 渡邉康春:脂肪組織の自然炎症におけるRP105/MD-1の機能解析,伊香保BSの会・第2回多分野交流会 地方から世界へ 〜これからの日本の学術研究発展のために〜,群馬大学医学部刀城会館,2012,8,25,前橋
  9. Hiroe Honda:Molecular basis of regulatory effect of natural products on innate immunity. BioVally Science Day / Basel Toyama Symposium, 2012, 9, 25,  Basel, Switzerland
  10. Masashi Ikutani, Tsutomu Yanagibashi, Kiyoshi Takatsu:Identification of innate IL-5-producing cells and their roles in antitumor immunity. BioVally Science Day / Basel Toyama Symposium, 2012, 9, 25,  Basel, Switzerland
  11. 渡邉康春:肥満に伴う慢性炎症を制御するタンパク質の探索と新規治療薬スクリーニング法の開発,BioJapan2012 World Business Forum, パシフィコ横浜,2012,10,10-12,横浜
  12. 高津聖志:免疫と自然炎症の接点.第8回ケミカルメディエーター学術講演会,和歌山医科大学,2012,10,11,和歌山
  13. 高津聖志:免疫関係の医薬品開発と研究の最前線  -免疫・炎症とその制御-,富山大学薬学部「富山のくすり学」講義,2012,11,12,富山
  14. 長井良憲:生薬由来の天然物による自然免疫・インフラマソーム活性化制御. 佐賀免疫研究会, ホテルニューオータニ佐賀, 2013, 3, 30, 佐賀

ページの先頭へ

平成23年度

著書原著学会報告その他

著 書
  1. 長井良憲,高津聖志:第4項 IL-5.series モデル動物利用マニュアル 疾患モデルの作製と利用−免疫疾患.岩倉洋一郎編集,240-243,株式会社エル・アイ・シー,東京,2011.
  2. Takatsu, K., M. Ikutani, and Y. Nagai. Regulatory roles of B cells in the allergy and inflammation. In “Inflammation and Allergy Drug Design” (Eds. Izuhara K, Holgate ST, Wills-Karp M.),pp67-77, Blackwell Publishing Ltd, Oxford, England, 2011.
原 著
  1. Fujisaka S., Usui I., Kanatani Y., Ikutani M., Takasaki I., Tsuneyama K., Tabuchi Y., Bukhari A., Yamazaki Y., Suzuki H., Senda S., Aminuddin, Nagai Y., Takatsu K., Kobayashi M., and Tobe K.: Telmisartan improves insulin resistance and modulates adipose tissue macrophage polarization in higf-fat fed mice. Endocrinology. 152(5):1789-1799, 2011.
  2. Otsubo K., Kanegane H., Kamachi Y., Kobayashi I., Tsuge I., Imaisumi M., Sasahara Y., Hayakawa A., Nozu K., Iijima K., Ito S, Horikawa R, Nagai Y., Takatsu K, Mori H, Ochs H, and Miyawaki T.: Identification of FOXP3-negative regulatory T-like (CD4+CD25+CD127low) cells on patients with immune dysregulation, polyendocrinopathy, enteropathy, X-linked syndrome. Clin. Immunol., 141:111-120, 2011.
  3. Takatsu K.: Interleukin-5 and IL-5 receptor in health and diseases. Proc. Jpn. Acad. Ser. B Phys. Biol. Sci., 87(8):463-485, 2011.
  4. Sasaki S., Nagai Y., Yanagibashi T., Watanabe Y., Ikutani M., Kariyone A., Tsuneyama K., Hirai Y. and Takatsu K.: Serum soluble MD-1 levels increase with disease progression in autoimmune prone MRL/lpr-lpr mice. Mol. Immunol., 49(4):611-620, 2012.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22118968
  5. Ikutani M., Yanagibashi T., Ogasawara M., Tsuneyama K., Yamamoto S., Hattori Y., Kouro T., Itakura A., Nagai Y., Takaki S., and Takatsu K.: Indentification of innate IL-5-producing cells and their role in lung eosinophil regulation and antitumor immunity. J. Immunol., 188:703-713, 2012.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22174445

     IL-5は2型ヘルパーT(Th2)細胞より産生され、IL-4とIL-13とともにTh2サイトカインと総称されます。Th2サイトカインはIgE産生と肥満細胞活性化、好酸球誘導、寄生虫の感染防御に関わり、IL-5はTh2細胞のみならず肥満細胞や好酸球、好塩基球などからも産生されます。マウスおよびヒトIL-5は好酸球の分化や生存維持に必須であり、好酸球を介した寄生虫感染防御に大きく貢献しますが、気管支喘息や接触性皮膚過敏症などのアレルギー疾患において、好酸球は炎症局所で組織傷害を惹起し、炎症を増悪させることも知られています。そのため、好酸球の局在、遊走、活性化や好酸球を制御するIL-5産生細胞の動態は極めて重要な研究課題となっています。また、マウスにおいてIL-5はIgMやIgAなどの自然抗体の産生に寄与するB細胞(B-1細胞)の生存や分化に不可欠なサイトカインとしても知られています。
     我々は生体レベルでのIL-5産生細胞を同定することを目的とし、今回IL-5レポーターマウスの作出に成功しました。このマウスの解析から既知のIL-5産生細胞以外の細胞が主要なIL-5産生細胞であることを見出し、原始IL-5産生細胞(Innate IL-5-Producing Cell)と名付けました。この細胞は定常状態で肺、腸管粘膜固有層、腹腔に存在しており、アレルギーの誘導因子として注目されているIL-25やIL-33に応答性を示しました。原始IL-5産生細胞は肺において最も多く存在しているため、本論文では肺での機能に焦点を当てて研究を行いました。その結果、原始IL-5産生細胞から常時産生されるIL-5は好酸球の維持に必須であり、IL-5により肺に配備された好酸球が癌の肺転移を監視、抑制していることを見出しました。今後は、原始IL-5産生細胞の制御機構の解明やアレルギー症状誘導時における動態の観察が重要な課題になってくると思われます。また、この細胞群の表面マーカーを観察したところ、近年自然免疫に貢献する新規の細胞群として注目されているInnate Lymphoid Cell(ILC)に類似していることが分かりました。そこで比較検討を行った結果、これまで報告された種々のILCとの相違点も観察されたため、今後原始IL-5産生細胞がILCの中で独立した細胞群であるのか、既知のILCの前駆細胞または分化の異なる細胞であるか、など詳細な検討を行う必要があると思われます。
  6. Nambiar J. K., Pinto R., Aguilo J. I., Takatsu K., Martin C., Britton W. J. and Triccas J. A.: Protective immunity afforded by attenuated, PhoP-deficient Mycobacterium tuberculosis is associated with sustained generation of CD4(+) T-cell memory. Eur. J. Immunol., 42(2):385-392, 2012.
学会報告
  1. Nagai Y., Watanabe Y., Nakamura T., Ikutani M., Kariyone A., Akira S., Miyake K. and Takatsu K.: The RP105/MD-1 complex plays critical roles in diet-induced obesity and adipose tissue inflammation independent of palmitate-TLR4 signaling. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 28, 千葉.
  2. Kariyone A., Ikutani M., Nagai Y. and Takatsu K.: 天然物によるTh1依存性交叉提示増強の探索 Various phorbol esters promote Th1-dependent antigen cross-presentation by APCs. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 29, 千葉.
  3. Ogasawara M., Ikutani M., Kariyone A., Nagai Y. and Takatsu K.: 植物成分ベツリンはTGF-betaおよびPGE2によるナチュラルキラー活性の抑制を解除する A plant product betulin restores suppression of natural killer activity mediated by transforming growth factor-beta or prostaglandin E2. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 28, 千葉.
  4. Yanagibashi T., Ikutani M., Kouro T., Itakura A., Nagai Y., Takaki S. and Takatsu K.: The major IL-5-producing cells in the intestine and lung are c-kit+ CD3ε- cells. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 28, 千葉.
  5. Honda H., Nagai Y., Miyake K. and Takatsu K.: 甘草及びその成分はTLR4を介した免疫応答を直接制御する Glycyrrhizae Radix and its components directly regulate TLR4-mediated immune responses. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 28, 千葉.
  6. Fukuda M., Anraku M., Ikutani M., Iseki M., Takahashi S., Takatsu K. and Takaki S.: Expression and function of MafB, a target transcription factor of Btk-mediated signaling in B cells and its relation to autoimmunity. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 28, 千葉.
  7. Okuyama Y., Ogura H., Asano S., Kanamoto M., Arima Y. Harada M. Shiraya S. Iwakura Y. Takatsu K., Kamimura D., Hirano T. and Murakami M.: MHCクラス2拘束性自己免疫疾患発症における4ステップモデル A Four-step Model for MHC Class II-Associated Autoimmune Diseases. 第40回日本免疫学会学術集会, 2011, 11, 28, 千葉.
  8. Fujisaka S., Usui I., Ikutani M., Kanatani Y., Senda S., Takikawa A., Aminuddin, Suzuki H., Ishiki M., Iwata M., Nagai Y., Takatsu K., Tobe K.: Obesity-induced hypoxia regulates the polarization of adipose tissue macrophages. 71st American Diabetes Association, 2011, June, 24-28, SanDiego, CA. USA.
  9. 藤坂志帆,薄井 勲,生谷尚士,仙田聡子,瀧川章子,AminuddinAminuddin,金谷由紀子,長井良憲,石木 学,戸邉一之:低酸素環境に対するM1/M2マクロファージの反応性に関する検討.第54回日本糖尿病学会年次学術集会,2011,5,19-21,札幌.
その他
  1. 高津聖志,長井良憲:自然炎症:免疫制御との接点,第12回Phatmaco-Hematologyシンポジウム,富山国際会議場,2011,6,18,富山(招聘講演)
  2. 長井良憲:脂肪組織の自然炎症におけるRP105/MD-1シグナルと可溶型MD-1の機能解析,新学術領域研究「自然炎症」第2回領域班会議,東京大学医科学研究所,2011,6,24,東京
  3. 長井良憲:抗肥満・糖尿病薬シーズ探索のための新評価系・モデルマウスの開発,第10回国際バイオEXPOバイオアカデミックフォーラム,東京ビックサイト,2011,7,1,東京
  4. Takatsu K.:Adjuvant activity of Ag85B protein of M. tuberculosis on CTL generation, In "Infections Diseases of Global Impact", BioValley Science Day, BioValley Life Sciences Week 2011, Congress Center Basel, 2011, 9, 20, Basel, Switzerland(招待講演)
  5. 長井良憲:メタボリック症候群における自然免疫制御機構,第32回富山大学和漢医薬学総合研究所特別セミナー,富山県民会館,2011,12,10,富山

ページの先頭へ

平成22年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. 生谷尚士, 高津聖志:第III部 成熟リンパ球のレセプターレパートリーの発生, 6 免疫系レセプターを介するシグナル伝達.「免疫生物学」原書第7版, 笹月健彦監訳,218-256,南江堂, 東京,2010.
  2. 柳橋努,高津聖志:Th1/Th2/Treg細胞とサイトカインによる分泌型IgA誘導・制御機構.「臨床粘膜免疫学」清野宏編集,186-194, シナジー,東京,2010.
原 著
  1. Takizawa H., Nishimura S., Takayama N., Oda A., Nishikii H., Morita Y., Kakinuma S., Yamazaki S., Okamura S., Tamura N., Goto S., Sawaguchi A., Manabe I., Takatsu K., Nakauchi H., Takaki S., and Eto K.: Lnk regulates integrin aIIbb3 outside-in signaling in mouse platelets, leading to stabilization of thrombus development in vivo. J. Clin. Invest., 120: 179-190, 2010.
  2. Yahagi A., Umemura M., Tamura T., Kariyone A., Begum M.D., Kawakami K., Okamoto Y., Hamada S., Oshiro K., Kohama H., Arakawa T., Ohara N., Takatsu K., and Matsuzaki G.: Suppressed induction of mycobacterial antigen-specific Th1-type CD4+ T cells in the lung after pulmonary mycobacterial infection. Int. Immunol., 22: 307-318, 2010.
  3. Shafiani S., Tucker-Heard G., Kariyone A., Takatsu K., and Urdahl K.B.: Pathogen-specific regulatory T cells delay the arrival of effector T cells in the lung during early tuberculosis. J. Exp. Med., 207: 1409-1420, 2010.
  4. Ramachandra L., Qu Y., Wang Y., Lewis C.J., Cobb B.A., Takatsu K., Boom W.H., Dubyak G.R., and Harding C.V. Mycobacterium tuberculosis synergizes with ATP to induce release of microvesicles and exosomes containing MHC-II molecules capable of antigen presentation. Infect. Immun., 78:5116-5125, 2010.
総 説
  1. 紅露拓, 高津聖志:IL-5による自然免疫制御. 医学のあゆみ, 234:458-463, 2010.
  2. 刈米アイ, 高津聖志:結核菌タンパク質のアジュバント効果. 感染症, 40:24-28, 2010.
学会報告
  1. Yamamoto S., Muramatsu M., Azuma E., Dohmoto M., Osawa T., Takahashi H., Takano K.I., Ikutani M., Nagai Y., Takatsu K., Usui I., Tobe K., Niida S., Shibuya M., Matsuda N., and Hattori Y.: Cerebrovascular pericytes are potentially derived from the circulating myeloid progenitors. Keystone Symposia, Angiogenesis in Health and Disease, 2010, 2, 28-3, 5, Keystone, Colorado.
  2. Kariyone A., Ikutani M., Nagai Y., and Takatsu K.: Molecular mechanisms of Th1-mediated antigen cross-presentation: roles of Iigp1 and ingenol. The 97th Annual Meeting of the American Association of Immunologists, 2010, 5, 7-11, Baltimore, Maryland.
  3. Honda H., Nagai Y., Miyake K., and Takatsu K.: Molecular basis of regulatory effect of medicinal plant components on the innate immune response through TLR4 signaling. The 97th Annual Meeting of the American Association of Immunologists, 2010, 5, 7-11, Baltimore, Maryland.
  4. Yamamoto S., Muramatsu M., Azuma E., Dohmoto M., Koo B.N., Mukouyama Y., Osawa T., Takahashi H., Takano K.I., Watanabe Y., Ikutani M., Nagai Y., Takatsu K., Usui I., Tobe K., Niida S., Shibuya M., Matsuda N., and Hattori Y.: NG2 positive cerebral microvascular pericytes are potentially derived from circulating myeloid progenitors. The 16th International Vascular Biology Meeting, 2010, 6, 20-24, Los Angeles, California.
  5. Kariyone A., Ikutani M., Nagai Y., and Takatsu K.: IFN-g-inducible GTPase regulates T-cell-mediated antigen cross-presentation by antigen-presenting cells. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  6. Nagai Y., Ohta S., Ikutani M., Kariyone A., Miyake K., and Takatsu K.; The RP105/MD-1 complex is required for TLR4/MD-2-dependent plasma cell differentiation and robust IgM production in marginal zone B cells. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  7. Ogasawara M., Matsunaga T., and Takatsu K.: Restorative effects of poly (I:C) plus loxoribine against TGF-beta-induced suppression of cytolytic activity of splenocytes. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  8. Iida R., Arakawa A., Ikutani M., Nagai Y., Takatsu K., and Kouro T.: B-1 cell lineage specification occurs between hematopoieic stem cell and prolymphocyte stages by differentiation environments. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  9. Ogura H., Murakami M., Okuyama Y., Tsuruoka M., Kitabayashi C., Kanamoto M., Nishihara M., Iwakura Y., Takatsu K., Kamimura D., and Hirano T.: IL-6 plays roles not only for developing Th17 but also for inducing an IL-6 amplifier in autoimmune diseases. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  10. Okuyama Y., Ogura H., Asano M., Kanamoto M., Arima Y., Iwakura Y., Takatsu K., Kamimura D., Murakami M., and Hirano T.: Specific antigen recognition by CD4+ T cells is not required for a MHC class II-associated autoimmune diseases. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  11. Itakura A., Ikutani M., Takatsu K., and Kikuchi Y.: Analysis of mouse strain-dependent contact hypersensitivity: production of antigen-specific IgM antibodies by B-1 cells. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  12. Iwasaki Y., Koyama J., Katayama H., Hamamichi R., Iseki M., Yamamoto K., Takatsu K., and Takaki S.: Lnk/SH2B3, a gene associated with risk of several autoimmune diseases regulates proliferation and retinoic acid production of dendritic cells. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  13. Yahagi A., Umemura M., Tamura T., Kariyone A., Begum D.M., Yoshida Y.O., Ishihara K., Takatsu K., and Matsuzaki G.: Suppressed induction of mycobacterial antigen-specific Th1-type CD4+ T cells in the lung after pulmonary mycobacterial infection. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  14. Katayama H., Iwasaki Y., Fujimoto M., Hamamichi R., Iseki M., Yoshida N., Takatsu K., and Takaki S.: The maintenance of gut-associated lymphoid tissues regulated by Lnk/Sh2B3 adaptor, a shared risk factor gene associated with type 1 diabetes and celiac disease. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  15. Kouro T., Iida R., Nagatake T., Arakawa A., Ikutani M., Kunisawa J., Kiyono H., and Takatsu K.: Participation of Bruton’s tyrosine kinase in immune response to nasal influenza vaccination. The 14th International Congress of Immunology, 2010, 8, 22-27, Kobe.
  16. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 東英梨月, 堂本光子, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 中枢神経発生期に脳微小血管へリクルートされるペリサイト前駆細胞の解析. 第39回日本心脈管作動物質学会, 2010, 2, 5, 名古屋.
  17. 藤坂志帆, 薄井勲, アグッサリム・ブクハリ, 生谷尚士, 金谷由紀子, 山崎夕, 鈴木ひかり, 仙田聡子, 石木学, アミヌディン, 瀧川章子, 浦風雅春, 小林正, 戸辺一之: 脂肪組織M1/M2マクロファージとインスリン抵抗性の関連について. 第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010, 5, 27-29, 岡山.
  18. 山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 渡邉淳, 堂本光子, 新飯田俊平, 服部裕一: 脳血管内皮細胞株を用いたendothelial microparticles (EMP) のin vitro産生系の確立およびin vivo病態モデルでの解析. 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010, 12, 1-3, 大阪.
  19. 山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 宮崎賢治, 佐竹美芽, 堂本光子, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 新飯田俊平, 服部裕一: マウス脳血管内皮細胞株を用いたEndothelial microparticles (EMP) のin vitro産生系の確立および疾患バイオマーカーとしての可能性の検討. 第33回日本分子生物学会 (BMB2010), 2010, 12, 7-10, 神戸.
  20. 藤坂志帆, 薄井勲, 金谷由紀子, 仙田聡子, 瀧川章子, Aminuddin, 生谷尚士, 長井良憲, 戸邉一之: 低酸素環境に対するM1/M2マクロファージの反応性に関する検討. Advans研究会, 2010, 12, 22-23,千葉.
その他
  1. 高津聖志:天然薬物の免疫制御を活用した医薬品シーズの開発?TGF-bの活性制御物質の探索. 第9回国際バイオEXPO, 東京ビックサイト, 2010, 7, 1, 東京.
  2. 高津聖志:感染・免疫・炎症の接点‐免疫アジュバントとIL-5の研究から学んだこと.金沢大学大学院医学研究科免疫学講義,2010, 6, 11, 金沢.
  3. 長井良憲:脂肪組織の自然炎症におけるRP105/MD-1シグナルと可溶型MD-1の機能解析. 新学術領域「自然炎症」第1回領域班班会議, 東京大学医科学研究所, 2010, 7, 28, 東京.
  4. 長井良憲:天然薬物の免疫制御を活用した医薬品シーズの開発.富山市新産業支援センター起業家セミナー, 富山市新産業支援センター, 2010, 8, 4, 富山.
  5. 高津聖志:天然薬物の免疫制御を活用した医薬品シーズの開発.ほくりく健康創造クラスター成果発表会, ホテル日航金沢, 2010, 9, 3, 金沢.
  6. 高津聖志:免疫アジュバントと抗腫瘍免疫. 宮城県立がんセンター研究所特別セミナー, 2010, 9, 10, 名取.
  7. 長井良憲:自然免疫システムによる慢性炎症の制御.第1回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム, 富山国際会議場, 2010, 10, 13, 富山.

ページの先頭へ

平成21年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. 高津聖志:第1章概論.「免疫学イラストレイテッド」原書第7版日本語監訳(高津聖志、清野宏、三宅健介監修), 南江堂, 東京, 2009.
  2. 平井嘉勝, 高津聖志:自然免疫.「カラー図説免疫」監訳(笹月健彦監修), メデイカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2009.
原 著
  1. Sonoda E., Matsumoto R., Hotoshi Y., Ishii T., Sugimoto M., Araki S., Tominaga A., Yamaguchi N., and Takatsu K.: Transforming growth factor beta induces IgA production and acts additively with interleukin 5 for IgA production. J. Exp. Med. 1989. 170: 1415-1420. J. Immunol., 182 (1): 14-19, 2009
  2. Mori Y., Iwasaki H., Kohno K., Yoshimoto G., Kikushige Y., Okeda A., Uike N., Niiro H., Takenaka K., Nagafuji K., Miyamoto T., Harada M., Takatsu K., and Akashi K.: Identification of the human eosinophil lineage-committed progenitor: revision of phenotypic definition of the human common myeloid progenitor. J. Exp. Med., 206(1): 183-189, 2009.
  3. Takatsu K., Kouro T., Nagai Y.: Interleukin 5 in the link between the innate and acquired immune response. Adv. Immunol., 101: 191-236, 2009.
  4. Tsukamoto Y., Nagai Y., Kariyone A., Shibata T., Kaisho T., Akira S., Miyake K., and Takatsu K.: Toll-like receptor 7 cooperates with IL-4 in activated B cells through antigen receptor or CD38 and induces class switch recombination and IgG1 production. Mol. Immunol., 46(7):1278-1288, 2009.
  5. Kouro T, Ikutani M, Kariyone A, and Takatsu K.: Expression of IL-5Ralpha on B-1 cell progenitors in mouse fetal liver and involvement of Bruton’s tyrosine kinase in their development. Immunol. Lett., 123(2):169-178, 2009.
  6. Koike M, Nakamura K, Furuya A, Iida A, Anazawa H, Takatsu K, and Hanai H.: Establishment of humanized anti-interleukin-5 receptor alpha chain monoclonal antibodies having a potent neutralizing activity. Hum. Antibodies. 18(1-2):17-27, 2009.
  7. Fujisaka S, Usui I, Bukhari A, Ikutani M, Oya T, Kanatani Y, Tsuneyama K, Nagai Y, Takatsu K, Urakaze M, Kobayashi M, and Tobe K.: Regulatory mechanisms for adipose tissue M1 and M2 macrophages in diet-induced obese mice. Diabetes. 58(11):2574-2582, 2009.
  8. Kouro T, and Takatsu K.: IL-5- and eosinophil-mediated inflammation: from discovery to therapy. Int. Immunol., 21(12):1303-1309, 2009.
  9. Ono R, Kumagai H, Nakajima H, Hishiya A, Taki T, Horikawa K, Takatsu K, Satoh T, Hayashi Y, Kitamura T, and Nosaka T.: Mixed-lineage-leukemia (MLL) fusion protein collaborates with Ras to induce acute leukemia through aberrant Hox expression and Raf activation. Leukemia. 23(12):2197-2209, 2009.
総 説
  1. 高津聖志, 生谷尚士, 板倉敦子:アレルギーをめぐるトレンド;B-1細胞、皮膚アレルギーフロンテイア, 7(2):120-122, 2009.
  2. 長井良憲, 高津聖志:IL-5と好酸球で誘導されるアレルギー性炎症 実験医学増刊「アレルギー疾患の免疫機構」, 27 (20): 107-113, 2009.
学会報告
  1. Nagai Y., Ikutani M., Kariyone A., Ohta S., Miyake K., and Takatsu K.: TLR4/MD-2 and RP105/MD-1 differentially regulate LPS responsiveness in B cells. The 96th Annual Meeting of The American Association of Immunologists(第96回アメリカ免疫学会), 2009, 5, 11, Seattle, Washington.
  2. Takatsu K, Kariyone A, Ikutani M, Honda H, Hirai Y, and Nagai Y.: Molecular Basis of Immune Response and Inflammation: Effects of Herbal Natural Products. The 12th International Symposium on Traditional Medicine: Establishment of Scientific Platform for Natural Medicine, 2009, 11, 26, Toyama (Invited lecture).
  3. Nagai Y., Ohta S., Miyake K., and Takatsu K.: TLR4/MD-2 and RP105/MD-1 differentially regulate LPS responsiveness in B cells. The 9th World Congress on Inflammation(第9回国際炎症学会), 2009, 7, 6-10, 東京.
  4. Nakamura T., Nagai Y., and Takatsu K.: PDCA-1 and mouse plasmacytoid dendritic cells. The 9th World Congress on Inflammation(第9回国際炎症学会), 2009, 7, 6-10, 東京.
  5. Sasaki S., Nagai Y., and Takatsu K.: Identification of soluble MD-1 and its role of autoimmune diseases. The 9th World Congress on Inflammation(第9回国際炎症学会), 2009, 7, 6-10, 東京.
  6. Honda H., Nagai Y., Miyake K., and Takatsu K.: Natural plant products modulate innate immunity via TLRs. The 9th World Congress on Inflammation(第9回国際炎症学会), 2009, 7, 6-10, 東京.
  7. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: ペリサイト前駆細胞は中枢神経発生期に脳微小血管へリクルートされる. 第51回日本平滑筋学会総会, 2009, 7, 21-23, 名古屋.
  8. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: Myeloid系細胞形成不全マウスを用いたペリサイト前駆細胞の発生学的検討および発現遺伝子解析. 第60回日本薬理学会北部会, 2009, 9, 26, 富山.
  9. Ogasawara M., and Takatsu K.: Involvement of antitumor immunity in inhibitory activity of epigallocatechin gallate on tumor metastasis in mice. 第68回日本癌学会学術総会, 2009, 10, 1-3, 横浜.
  10. Kariyone A., and Takatsu K.: Activated Th1 cells regulates genes involved in cross-presentation in antigen-presenting cells. 第68回日本癌学会学術総会, 2009, 10, 1-3, 横浜.
  11. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: Macrophage形成不全マウスおよびtime lapse imagingを用いたペリサイト前駆細胞の発生学的検討. 第17回日本血管生物医学会, 2009, 10, 8-9, 東京.
  12. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 東英梨月, 堂本光子, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 中枢神経発生期におけるペリサイト前駆細胞の脳微小血管網へのリクルートメント. 第19回日本循環薬理学会, 2009, 11, 27, 京都.
  13. Ogawa S., Umeda Y., Kuraoka M., Takahashi Y., Kouro T., Takatsu K., Kaminogawa S., Sato R., and Hachimura S: Phenotypic and functional analysis of unique intestinal CD3-IL-2R+ cells. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  14. Katayama H., Iseki M., Iwasaki Y., Ikutani M., Hamamichi R., Yoshida N., Takatsu K., and Takaki S: An adaptor protein Lnk/Sh2B3, negative regulator of lymphohematopoiesis, contributes to the maintenance of gut-associated lymphoid tissu. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  15. Ikutani M., Itakura A., Kouro T., Nagai Y., and Takatsu K.: Characterization of IL-5-producing cells in the peritoneal cavity. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  16. Kariyone A., Ikutani M., Nagai Y., and Takatsu K.: Regulation of Th1-mediated antigen cross-presentation by natural products. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  17. Ogura H., Okuyama Y., Kanamoto M., Arima Y., Tsuruoka M., Asano S., Iwakura Y., Takatsu K., Kamimura D., Murakami M., and Hirano T.: Specific antigen recognitions by activated CD4+ T cells are not necessary for the development of a MHC class II-associated arthritis. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  18. Ogasawara M., Ikutani M., Kariyone A., Nagai Y., and Takatsu K.: Characterization of antitumor metastatic mechanism regulated by Asialo GM1 positive NK cells. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  19. Yahagi A., Umemura M., Tamura T., Begum D., Yoshida-Okamoto Y., Shinjo K.,? Kariyone A., Takatsu K., and Matsuzaki G.: The influence of CD11c+ lung cells in induction of mycobacterial Ag-specific Th1 response in the lung. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 2009, 12, 2-4, 大阪.
  20. Ikutani M., Itakura A., Ogasawara M., Nagai Y., and Takatsu K: Characterization of IL-5-producing cells and analysis of their activity. 第32回日本分子生物学会年会, 2009, 12, 9-12, 横浜.
  21. 山本誠士, 村松昌, Bon-nyeo Koo, 向山洋介, 喜多紗斗美, 岩本隆宏, 東英梨月, 堂本光子, 渡邊泰秀, 小室一成, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 脳微小血管網を構成するペリサイトは造血系細胞由来である. 第32回日本分子生物学会年会, 2009, 12, 9-12, 横浜.
その他
  1. 高津聖志:免疫と感染のはなし、富山南ロータリークラブ卓話, 富山市電気ビル, 2009, 2, 20, 富山.
  2. 高津聖志:免疫とアレルギー治療の新しい戦略を求めて:IL-5の関与とそのなぞ 富山県ロータリークラブ卓話, 富山市電気ビル, 2009, 4, 21, 富山.
  3. 高津聖志:結核とサイトカイン, 免疫未来セミナー, 日本科学未来館, 2009, 5, 2, 東京.
  4. 高津聖志: 感染・免疫・炎症の接点 - 結核菌免疫とIL-5 の研究から学んだこと, 金沢大学大学院医学研究科免疫学講義, 2009, 6, 12, 金沢.
  5. 高津聖志:結核菌成分のアジュバント活性と創薬探索, 免疫サマースクール 2009? - 免疫学まるかじり, 淡路夢舞台, 2009, 7, 12, あわじ市.
  6. 長井良憲:TLRと会合分子による自然免疫制御, 北陸実験動物研究会, 第36回研究会特別講演, 富山大学生命科学先端研究センター, 2009, 9, 5, 富山.
  7. 長井良憲:病原体センサーによる自然免疫制御, 富山大学大学院医学薬学研究院(薬学)修士課程講義, 2009, 10, 27, 富山.

ページの先頭へ

平成20年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. 小池正道, 高津聖志:基礎科学を支える研究ツールとしての抗体に関する基礎知識.「抗体実験マニュアル」高津聖志、三宅健介、山元弘、瀧伸介 編集, 18-24, 羊土社, 東京, 2008.
  2. 長井良憲, 高津聖志:インターロイキン、インターロイキン受容体. 「分子細胞生物学辞典」第2版, 村松正實他編, 96-97, 東京化学同人, 東京, 2008.
原 著
  1. Hara-Yokoyama M., Kimura T., Kaku H., Wakiyama M., Inoue M., Kaitsu Y., Shirouzu M., Yokoyama S., Furukawa K., Iwabuchi K., Ogawa H., Katada T., Hirabayashi Y., Takatsu K., and Yanagishita M.: Alteration of enzymatic properties of cell-surface antigen CD38 by agonistic anti-CD38 antibodies that prolong B cell survival and induce activation. Int. Immunopharmacol., 8(1): 59-70, 2008.
  2. Xu W., Tamura T., and Takatsu K.: CpG ODN mediated prevention from ovalbumin-induced anaphylaxis in mouse through B cells pathway. Int. Immunopharmacol., 8(2):351-361, 2008.
  3. Wolf A. J., Desvignes L., Linas B., Banaiee N., Tamura T., Takatsu K., and Ernst J. D.: Initiation of the adaptive immune response to M. tuberculosis depends on antigen production in the local lymph node, not the lungs. J. Exp. Med., 205(1):105-115, 2008.
  4. Emslie D., D'Costa K., Hasbold J., Metcalf D., Takatsu K., Hodgkin P. O., and Corcoran L. M. : Oct2 enhances antibody-secreting cell differentiation through regulation of IL-5 receptor alpha chain expression on activated B cell. J. Exp. Med., 205(2): 409-421, 2008.
  5. Takizawa H., Eto K., Yoshikawa A., Nakauchi H., Takatsu K., and Takaki S.: Growth and maturation of megakaryocytes is regulated by Lnk/Sh2b adaptor protein through crosstalk between cytokine- and integrin-mediated signals. Exp. Hematol., 36(7): 897-906, 2008.
  6. Hosoi A., Takeda Y., Furuichi Y., Kurachi M., Kimura K., Maekawa R., Takatsu K., and Kakimi K.: Memory Th1 cells augment tumor-specific CTL following transcutaneous peptide immunization. Cancer Res., 68(10):3941-9, 2008.
  7. Takatsu K., and Nakajima H.: IL-5 and Eosinophilia. Curr. Opin. Immunol., 20(6): 288-294, 2008.
  8. Yamashita Y., Kouro T., Miyake K., Takatsu K., Kido M. A., Tanaka T., Goto M., and Kincade. P. W.: Participation of intercellular adhesion molecule-2 (CD102) in B lymphopoiesis. Immunol. Lett., 120: 79-86, 2008.
  9. Kobayashi T., Takahashi K., Nagai Y., Shibata T., Otani M., Izui S., Akira S., Gotoh Y., Kiyono H., and Miyake K.: Tonic B cell activation by Radioprotective 105/MD-1 promotes disease progression in MRL/lpr mice. Int. Immunol., 20(7):881-891, 2008.
  10. Welner R. S., Pelayo R., Nagai Y., Garrett K. P., Wuest T. R., Carr D. J., Borghesi L.A., Farrar M. A., and Kincade P. W.: Lymphoid precursors are directed to produce dendritic cells as a result of TLR9 ligation during herpes infection. Blood. 112(9): 3753-3761, 2008.
総 説
  1. 長井良憲, 塚本裕美子, 高津聖志:TLRシグナルとクラススイッチ組換え 臨床免疫・アレルギー科, 49 (3): 246-251, 2008.
学会報告
  1. Takatsu, K.: Ag85B of M. tuberculosis : a unique immunomodulatory activity for the control of acquired immunity, U.S.-Japan ???Immunology Board Meeting, 2008, 1, 25, Galveston, TX. (Invited lecture)
  2. Kakimi K., Hosoi A., Kimura K., Maekawa R., and Takatsu K .: Efficient expansion and activation of tumor-specific CTLs by transcutaneous CTL and Th1 epitope peptide immunization with TLR7 ligand. AACR Annual Meeting 2008, 2008, April, San Diego, CA,
  3. Takatsu K. : Role of IL-5 in the immune response and inflammation, 4th FIMSA Congress, 2008, 10, 20, Taipei, Taiwan. (Invited lecture)
  4. Takatsu K. : Drug Manufacturing and Innovative Drug Discovery in Toyama - Search for Immunoregulatory molecules, JETRO Swiss-Japanese Business Information Seminar, Life Science Sector, November, 2008, 11, 13, Geneva, Switzerland.
  5. Honda H., Nagai Y., Miyake K., and Takatsu K.: Search for a natural product that regulates innate immunity via TLRs. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  6. Iwasaki Y., Takizawa H., Yamamoto K., Takatsu K., and Takaki S.: Novel regulatory machinery for dendritic cells production mediated by Lnk/SH2B3, a negative regulator of lymphopoiesis. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  7. Ogawa S., Kuraoka M., Ueda Y., Takahashi Y., Kouro T., Takatsu K., Sato R., and Hachimura S.: Peyer’s patch CD3- IL-2R+ cells induce IgA CSR and enhance subsequent IgA secretion. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  8. Katayama H., Ikutani M.,Iwasaki Y., Yoshida N., Takatsu K., and Takaki S.: Regulated expression of Lnk/Sh2b3 adaptor protein in lymphohematopoietic system in the Lnk:GFP knock-in reporter mice. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  9. Kouro T., Ikutani M., Teratani A., Nagai Y., and Takatsu K.: B-1 cell restricted differentiation of IL-7R+ lymphoid progenitors from fetal liver. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  10. Nakamura T., Nagai Y., and Takatsu K.: PDCA-1 and mouse plasmacytoid DC precursor cells. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  11. Nagai Y., Ikutani M., Kariyone A., Ohta S., Miyake K., and Takatsu K.: TLR4/MD-2 and RP105/MD-1 differentially regulate LPS responsiveness in B cells. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
  12. Sasaki S., Nagai Y., and Takatsu K.: Identification of soluble MD-1 and its role in autoimmune diseases. 第38回日本免疫学会総会・学術集会, 2008, 12, 1-3, 京都.
その他
  1. 高津聖志:免疫とアレルギー治療の新しい戦略を求めて:IL-5の関与とそのなぞ 富山県ロータリークラブ卓話, 富山市電気ビル, 2008, 4, 21, 富山.
  2. 高津聖志:ウイルス感染と免疫 - 自然免疫と獲得免疫の接点, 富山大学大学院医学薬学研究部ウイルス学講義, 2008, 5, 15, 富山.
  3. 高津聖志:アレルギー性疾患とサイトカイン 富山大学薬窓会富山支部会特別講演, 2008, 6, 3, 富山.
  4. 高津聖志: 自然免疫と獲得免疫の接点 - 結核菌免疫とIL-5 の研究から学んだこと 金沢大学大学院医学研究科免疫学講義, 2008, 6, 14, 金沢.
  5. 高津聖志:免疫とアレルギーのはなし 第7回国際天然薬物と消化管エコロジーシンポジウム:市民公開講座, 富山市国際会議場, 2008, 8, 3, 富山.
  6. 高津聖志:免疫の仕組みと創薬探索 - IL-5 と結核菌研究から学んだこと 免疫サマースクール 2008 - 免疫学まるかじり -, 南淡路ロイヤルホテル, 2008, 8, 26, 南あわじ.
  7. 高津聖志:免疫の仕組みと創薬探索- 結核菌免疫IL-5 の研究から学んだこと 九州大学大学院医学研究院免疫学講義, 2008, 9, 11, 福岡.
  8. 高津聖志:免疫・アレルギーの現在そして近未来 フォーラム富山「創薬」第26回研究会「免疫・炎症とアレルギーをターゲットにした創薬」, 名鉄トヤマホテル, 2008, 9, 26, 富山.
  9. 長井良憲:Toll-like receptorによる自己免疫・アレルギー制御 フォーラム富山「創薬」第26回研究会「免疫・炎症とアレルギーをターゲットにした創薬」, 名鉄トヤマホテル, 2008, 9, 26, 富山.
  10. 高津聖志:結核菌とアジュバント活性 東北大学グローバルCOE Network Medicine創生拠点大学院セミナー, 2008, 12, 16, 仙台.

ページの先頭へ

平成19年度

著書原著総説学会報告その他

著 書
  1. 長井良憲,高津聖志:免疫とは「臨床アレルギー学 アレルギー専門医研修のために 改訂第3版」宮本昭正監修, 2-4, 南江堂, 東京, 2007.
原 著
  1. Seita J., Ema H., Ooehara J., Yamazaki S., Tadokoro Y., Yamasaki A., Eto K., TakakiS., Takatsu K., and Nakauchi H.: Lnk negatively regulates self-renewal of hematopoietic stem cells by modifying thrombopoietin-mediated signal transduction. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 104: 2349-2354, 2007.
  2. Nakajima H., and Takatsu K.: Role of cytokines in allergic inflammation. Int. Archives Allergy Immunol., 142: 265-273, 2007.
  3. Horikawa, K., Stephen W., Martin S.W., Pogue S.L., Kaiman Peng K., Takatsu K., and Goodnow C.G.: Enhancement and suppression of signaling by the conserved tail of IgG memory-type B cell antigen receptors. J. Exp. Med., 204: 759-769, 2007.
  4. Yana I., Sagara H., Takaki S., Takatsu K., Nakamura K., Nakao K., Katsuki M., Taniguchi S.I., Aoki T., Kato H., Weiss S.J., and Seiki M.: Crosstalk between neovessels and mural cells directs the site specific expression of MT1-MMP to endothelial tip cells. J. Cell. Sci., 120(Pt 9): 1607-1614, 2007.
  5. Kataoka, K., Sekine S., Fujihashi K., Kobayashi R., Suzuki H., Nagata H., Takatsu K., Shizukuishi S., McGhee J.R., and Fujihashi K.: Nasal cholera toxin elicits IL-5 and IL-5 receptor alpha-chain expressing B-1a B cells for innate mucosal IgA antibody responses. J. Immunol., 178: 6058-6065, 2007.
  6. Nakagome, K., Dohi M., Okunishi K., Tanaka R., Kouro T., Kano M.R., Miyazono K., Miyazaki J., Takatsu K., and Yamamoto K.: IL-5-induced hypereosinophilia suppresses the antigen-induced immune response via a TGF-beta-dependent mechanism. J. Immunol., 179: 284-294, 2007.
  7. Ariga, H., Shimohakamada Y., Tokunaga T., Kikuchi T., Nakata M., Kariyone A., Tamura T., and Takatsu K.: Instruction of naive CD4+ T-cell fate to T-bet expression and T helper 1 development: roles of T-cell receptor-mediated signals. Immunology. 122: 210-21, 2007.
  8. Wolf, A, SLinas B., Trevejo-Munez G.J., Kincade E., Tamura T., Takatsu K., and Ernst J.D.: Mycobacterium tuberculosis infects dendritic cells with high frequency and impairs their function in vivo. J. Immunol., 179: 2509-2519, 2007.
  9. Takahashi K., Shibata T., Akashi-Takamura S., Kiyokawa T., Wakabayashi Y., Tanimura N., Kobayashi T., Matsumoto F., Fukui R., Kouro T., Nagai Y., Takatsu K., Saitoh S., and Miyake K.: A Protein associated with Toll-like receptor(TLR) 4 (PRAT4A) is required for TLR-dependent immune responses. J. Exp. Med., 204: 2963-76, 2007.
総 説
  1. 長井良憲:自然免疫系細胞への分化におけるTLRの役割 臨床免疫・アレルギー科, 47 (5): 610-618, 2007.
  2. 紅露 拓, 高津聖志:IL-5/IL-5R系シグナル伝達におけるタンパク質相互作用, 生体の科学, 58 (5): 400-401, 2007.
学会報告
  1. Takatsu K.: Interleukin-5 and its receptor system in health and disease. International Eosinophil Society 2007, 2007, 7, 21, Snowbirds, Utah.
  2. Takatsu K.:Role of IL-5 in the allergic Inflammation World Allergy Congress 2007, 2007, 12, 4, Bangkok.
  3. 刈米アイ, 田村敏生, 高津聖志:P 25 CD4+ T細胞活性化とクロスプライミング増強の解析 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  4. Takaki S., Takizawa H., Iwasaki Y., Katayama H., Kubo C., and Takatsu K.: Dual-functional adaptor Lnk controls lymphohematopoietic cells by regulating cytokine-and adhesion-dependent signals. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  5. Ikutani M., Kouro T.,Takatsu K., and Takaki S.: A Hairy/Enhancer of Split Related Transcription Factor, a Target of Btk-Dependent PreBCR Signal, Controls Transition from ProB to PreB. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  6. Katayama H., Ikutani M., Yoshida N., Takatsu K., and Takaki S.: Dynamic Expression Patterns of Lnk, a Negative Regulatory Adaptor in Lymphohematopoiesis Revealed by Generating a GFP Knock-In Reporter Mice. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  7. Iwasaki Y., Takizawa H.,Yamamoto K., Takatsu K., and Takaki S.: Control of Dendritic Cell Production by Lnk/SH2B3 Adaptor Protein, a Negative Regulator of Lymphohematopoiesis. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  8. Hosoi A., Takeda Y., Maekawa R., Kimura K., Takatsu K., and Kamiki K.: Efficient expansion and activation of tumor-specific CD8+ T cells by transcutaneous peptide immunization with TLR7 ligand and Th1 epitope peptide. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  9. Yahagi A., Umemura M., Tamura T., Mst. Dilara Begum, Hamada S., Ohshiro K., Okamoto Y., Kariyone A., Takatsu K., and Matsuzaki G.: IL-10 delayed induction of Mycobacterium tuberculosis (Mtb)-specific Th1 immune response in the lung of Mtb-infected TCR-transgenic mice. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
  10. Umeda Y., Akema Y., Kuraoka M., Takahashi Y., Yamada K., Tsuji N., Kouro T., Totsuka M., Takatsu K., Kaminogawa S., Sato R., and Hachimura S.: Intestinal CD3-IL-2R+ cells respond to poly I:C stimuli and influenza virus infection. 第37回日本免疫学会総会・学術集会, 2007, 11, 20-22, 東京.
その他
  1. 高津聖志:免疫と炎症を制御するシグナル,IL-5の関与とその謎 第16回東京免疫フォーラム, 特別講演, 2007, 3, 8, 東京.
  2. Takatsu K.: Interleukin-5 in Health and Disease, International Symposium “Lymphocyte”, 2007, 3, 23, Tokyo.
  3. 高津聖志:免疫応答の調節と分子標的に魅せられて ? IL-5の研究から学んだこと- 東京大学医科学研究所, 退職記念講演会, 2007, 3, 8, 東京.
  4. 高津聖志:免疫のしくみと医薬品開発への応用 富山県医薬品連合会特別講演, 2007, 5, 24, 富山.
  5. 高津聖志:免疫と炎症の制御;動物モデル実験から学んだこと 北陸実験動物研究会特別講演, 金沢大学医学部, 2007, 6, 2, 金沢.
  6. 高津聖志:免疫と炎症を制御するシグナル ? IL-5とアダプター分子 - 富山大学大学院医学薬学研究部「大学院セミナー」, 2007, 6, 6, 富山.
  7. 高津聖志:免疫調節と造血制御;サイトカインとアダプター分子 自治医科大学大学院セミナー, 2007, 7, 6,
  8. 高津聖志:免疫バイオ研究と創薬探索 医療薬学フォーラム2007, 2007, 7, 14, 山形.
  9. Takastu K.: Molecular basis of IL-5 and its receptor system in the immune system and inflammation, Bio Wa-MedImmune Joint Seminar, 2007, 7, 16, Rockeville, MD.
  10. 高津聖志:免疫バイオ研究と創薬探索 免疫サマースクール2007:未来への架け橋, 2007, 8, 30, 福岡.
  11. 高津聖志:自然免疫と獲得免疫の接点 ? IL-5と結核菌研究から学んだこと ? 九州大学医学部講義, 2007, 9, 10, 福岡.
  12. 長井良憲:Toll-like receptorによる自然免疫・造血分化制御 佐賀血液・免疫研究会特別講演, 2007, 9, 21, 佐賀.
  13. 長井良憲:TLRシグナルによる造血分化制御機構 佐賀大学医学部分子生命科学講座免疫学分野シンポジウム, 2007, 9, 29, 佐賀.
  14. 細井亮宏, 竹田やよい, 前川隆司, 木村公則, 高津聖志, 垣見和宏:TLR7リガンドとThエピトープペプチドを用いた経皮ペプチド免疫による腫瘍特異的CTLの誘導,TLR7リガンドとThエピトープペプチドを用いた経皮ペプチド免疫による腫瘍特異的CTLの誘導, 基盤的癌研究会, 2007, 10, 津.
  15. 高津聖志:免疫とアレルギー疾患 ? 基礎から治療薬の作用機序まで -  富山県薬剤師会「薬と健康の週間」記念講演, 富山市電気ビル, 2007, 10, 20, 富山.
  16. Takatsu, K.: P25 transgenic mice that recognize and respond to dendritic cells infected with human M. tuberculosis, Guest Seminar, Center for Biomedicine, University of Basel, 2007, 10, 24, Basel.
  17. Takatsu, K.: Immunobiology of Ag85B and Peptide-25 of M. tuberculosis Th1 induction and adjuvant activity, Roche Research Institute, 2007, 10, 25, Basel.
  18. 高津聖志:免疫のしくみと抗体医薬 平成19年度富山県試験研究機関研究員交流会「基調講演」高志会館, 2007, 10, 29, 富山.
  19. 高津聖志:自然免疫と獲得免疫の接点:IL-5の役割となぞ 平成19年度厚生労働省免疫難病「免疫不全症とその治療」「特別講演」, 高志会館, 2007, 11, 30, 富山.

ページの先頭へ