得意とする診療
外来担当医はこちら

  • 造血幹細胞移植

1.造血幹細胞移植とは


1)骨髄移植
骨髄中に全ての血液細胞の源となる「造血幹細胞」が存在することが知られ、これを骨髄機能が低下した患者に輸注する骨髄移植は70年代から臨床応用が始まった。免疫抑制剤や感染管理などの支持療法や、 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF) などのサイトカインによる造血刺激などの技術が確立してきた。血縁者ドナーが得られない患者のために英国で74年に骨髄ドナーバンクが設立され、わが国でも1991年日本骨髄バンクが発足し普及した。

2)末梢血幹細胞移植
末梢血中にも造血幹細胞が増加する事が知られ、化学療法やG-CSF投与により末梢血に動員しされた幹細胞を採取し、骨髄と同様に輸注する方法が末梢血幹細胞移植である。


2.造血幹細胞移植の種類


造血幹細胞移植には自家Autologousおよび同種Allogeneicがある。自家移植とは患者自身の造血幹細胞を凍結保存して、治療後に再輸注するものをいう。 同種移植とは血縁者または非血縁者から提供された造血幹細胞を輸注するものをいう。供給源によって骨髄・末梢血幹細胞・臍帯血移植がある。
骨髄末梢血臍帯血


3.当科における試み


当科では主に悪性リンパ腫や骨髄腫患者に対して自家末梢血幹細胞移植(auto-PBSCT) を行っている。自家末梢血幹細胞移植は自家骨髄移植に比べて血球回復が速やかであり、移植片への腫瘍細胞の混入が少ないこと、 骨髄採取に比べ採取が容易であるなどの利点を有することから急速に普及し自家骨髄移植に取って替わってきた。当科ではB細胞リンパ腫例に対しモノクロナル抗体による腫瘍細胞の除去(浄化)を併用した採取法を試みている。


4.今後の課題


当科では(血縁者間)同種骨髄/末梢血幹細胞移植を準備しており、スタッフの教育などを進め、2003年5月に倫理委員会の承認を得た。今後は適応ある患者に対して一般診療として同種移植を行う予定である。 そのために意欲的なスタッフを募集している。また移植症例数が増えると骨髄バンク登録施設に認められ、バンクからの(非血縁者間)同種末梢血幹細胞移植が行え、更には臍帯血移植、 ミニ移植などの新たな移植の技術を樹立することにより、より多くの患者に安全で有効な治療を提供することが期待される。

へ