得意とする診療
外来担当医はこちら

  • 食道癌の治療
  • 胃癌の化学療法
  • 大腸癌の化学療法
  • 膵癌の化学療法

 当科では、食道がんの治療として、切らずに(外科手術せずに)根治が期待できる化学放射線療法を積極的に行っています。
 手術で治療できる食道がんに対する標準的な治療は外科手術です。しかし、外科手術を希望しない患者様がいることも事実です。化学放射線療法は、抗がん剤と放射線治療を同時に行うことで食道がんを治療する方法です。体への負担が外科手術に比べて軽く、食道の機能を温存することが期待されます。 手術可能な食道がんと診断された方で、外科手術以外の治療に興味がある方は、一度当科を受診することをお勧めします。

 食道がんに対して外科手術が行われる場合でも、手術前に化学療法を行った方が、治療がうまくいく(生存率が向上する)ことが明らかになりました。
当科では食道がんの手術が予定されている方に、この手術前の化学療法を行っています。当院の外科(第二外科)と患者様の情報を共有して診療していますので、当科に受診頂ければ適切な化学療法を施行したうえで、当院の外科で手術を受けて頂けます。 外科治療が必要な食道がんと診断されている方で、手術前の化学療法に興味のある方は一度当科を受診することをお勧めします。

 当科では、定期的に国立がん研究センターに医師を派遣し、国立がん研究センターと同等の治療を行えるように最新の治療を研修しています。また、これらの標準的な治療のみだけではなく、より進んだ治療の開発を目指しています。 当院は、国内トップの臨床研究グループである、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の正式メンバーとして、食道がんの新規治療開発にも参加しています。

 外科手術で治療が難しく、化学療法が必要な胃がん患者さんに対して、当科では、医学的に効果が証明されている化学療法を積極的に行っています。
胃がんに対して使用されている薬剤は、5-FU系の薬剤、シスプラチン、イリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセルなどで、これらを単剤もしくは併用して治療します。
 当科で開発された新規胃がん治療法としては5-FU系の薬剤であるS-1(エスワン)と、シスプラチン、ドセタキセルの3剤を、副作用が強くならないように注意して併用投与する方法があります。この治療法については、 消化器がん治療の国際的な学会であるASCO-GI 2011(American Society of Clinical Oncology, 2011 Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco)にて報告しました。 今まで報告されている3剤を併用する治療法と比較して副作用が少なく、また現在国内で行われている標準的な治療を上回る効果を示すことが期待される治療法です。
 また、2011年4月からは、胃がんに対する新規抗がん剤として、分子標的治療薬であるトラツズマブが使用可能となりました。 これらの最新の分子標的薬は、その効果がある患者様が限られることもあり、がん治療の専門施設で検査をしてから治療を受けることが必要な薬です。 化学療法が必要と診断された胃がん患者様は、当科に受診頂き、これらの検査を行ってから治療を受けられることをお勧めします

 大腸がんの化学療法は現在急速な進歩を示しています。世界各地で臨床試験が行われることにより新規の治療が開発され、それに伴い化学療法が行われている大腸がんの患者様の生存期間がどんどんと延長してきています。 これらの中には、治療開始時には手術での切除が困難と判断されていたにも関わらず、化学療法開始後に腫瘍が縮小し、外科切除が可能となって、根治的な手術が施行された方も含まれています。
 現在、大腸がんの化学療法に使われる薬には5FU系の薬剤、オキサリプラチン、イリノテカンなどの従来の抗がん剤に加えて、ベバシズマブ、セツキシマブ、ベクティビックスなどの新規の分子標的治療薬があります。 これらの薬を組み合わせて治療して行くのが世界的に一般的な治療法です。当科では、過去に行われた臨床試験の結果も考慮し、それぞれの患者様にとって最適となる薬の組み合わせを考えて治療方法を決定しています。 次々に開発される大腸がんの化学療法において患者様の体調や状況を判断し、腫瘍の特性を検査して治療方法を決定する為には、十分に大腸がんの化学療法の経験を積んだ医師の下での治療することが望まれます。 大腸がんで化学療法が必要と診断された患者様は当科に受診されることをお勧めいたします。
 また、当科では全国のがん治療主要施設と連携し、新規治療法の開発(臨床試験)も行っています。さらに、富山大学の特性を生かし、漢方薬を利用した大腸がん化学療法の副作用を軽減する方法の研究も行っています。 化学療法の副作用が軽減されることで、安定して化学療法を継続することができるようになり、全体の治療がうまくいくことを期待しています。これらの治療法に興味がある患者様も当科に受診されることをお勧めいたします。

現在、膵臓がんに対する抗がん剤にはジェムザールという点滴薬と、S-1(エスワン)という内服薬があります。これらをどのように使用すべきかを検証する臨床試験(GEST試験)が日本と台湾の膵臓がん治療主要施設で行われましたが、 当科もこの試験に参加しています。試験の結果は国際的ながん治療の学会であるASCO2011(American Society of Clinical Oncology, 2011 Annual Meeting, Chicago.)で報告されました。 これらの臨床試験結果を踏まえて、当科では膵臓がん患者様に最適な化学療法を行っています。
また、当科は国内トップの臨床研究グループである、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の正式メンバーとして新規治療開発にも協力しています。

へ>