医学生・研修医の皆様へ

  • 第3内科専門教育の特徴
  • 初期研修医プログラム
  • 研修日誌
  • 研修に関するQ&A  ’LINE version’

01 専門性を重視したチーム制

 第三内科の病棟研修は、専門性を重視したチーム制をとっています。
 ・血液専門チーム
 ・消化管専門チーム
 ・肝胆膵専門チーム
各チームは卒後10年目以上の指導医、5~10年目の専門医、その下に卒後3年目の後期研修医で構成されます。研修中は孤立することなく複数の指導医から学ぶことができます。


02 技術の早期習得

 第三内科では研修早期から様々な手技を実践し『習うより慣れろ』で徹底した指導をしています。
 ・腹部エコー
 ・中心静脈カテーテル挿入
 ・内視鏡
 ・腹腔穿刺、胸腔穿刺、骨髄穿刺など


03 救急医療への対応

 第三内科の病棟は重症の患者が多いため、中心静脈の確保や気管内挿管の頻度が高く、患者の急変に対応できる能力がつきます。また、救急患者の中で最も多い症状である『腹痛』への適切な対応能力が育成され、全身管理のできる臨床医になれます。


04 専門医の取得に断然有利

専門研修の1年目(卒後3年目)
 基本的に富山大学附属病院医員として大学で勤務し、消化器・血液の基礎を徹底的に学びます。大学病院では、疾患ごとの診療グループ(血液、腫瘍内科、消化管、肝臓)が設けられ、それぞれのグループでは指導医・主治医・研修医がチームとなって診療・教育に当たります。週1回の血液カンファレンス、消化器カンファレンス、肝臓カンファレンスのほかに、外科とのキャンサーボードを通して、内科・外科で治療方針検討しています。 さらに各種技術の習得(内視鏡検査、超音波検査、消化管造影検査、血管造影検査、骨髄検査・骨髄像読影)にも十分な指導を行っています。

各種専門医の取得に断然有利
すべてのサブスペシャリティー専門医取得の基盤になる日本内科学会の専門医の取得は、初期研修終了後も、富山大学内科領域を横断的にローテーションできる画期的な制度を設けています。

基本領域となる、内科専門医の取得後は、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、肝臓学会専門医の取得、血液学会専門医の取得が必要です。
 第三内科には、基本領域(内科)の指導医、サブスペシャリティー学会(日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本血液学会)の指導医、がん薬物療法専門医、日本消化管学会指導医、カプセル内視鏡学会指導医など、多くの学会の指導医がいます。

専門医取得の近道は充実した関連病院
これらの専門医資格をスムーズに、また資格取得に最低限必要な症例数をはるかに上回る経験を積むためには、「充実した関連病院」が必要です。当科は県内主要な病院の内科・消化器内科部門に数名以上の当科出身の指導医が在籍しており、何でも相談できる体制を整えています。

関連病院の特徴と当科出身指導医数 (2018.04現在)

 表はスライドします

病院名 所在地 規模

特色など

指導医数
高岡市民病院 高岡市 476床 高岡市の中心に位置し、厚生連高岡病院と並ぶ中心的な病院。消化器内科はすべて当科からの派遣、症例数も多く、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医の研修病院として人気。 5
高岡ふしき病院 高岡市 199床 高岡市の北部に位置し、消化器内科医はすべて当科からの派遣、地域に密着した医療や検診などの医療も研修できる。 3
厚生連高岡病院 高岡市 681床 高岡市の中心に位置し、地域がん連携拠点病院であるとともに、3次救急を担う中心的な病院。消化器内科は6名のうち4名が当科からの派遣医師。症例数も多く、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医の研修病院として人気があり、消化器癌の化学療法の症例も多い。 4
済生会高岡病院 高岡市 270床 高岡市の南部に位置し、消化器内科医はすべて当科からの派遣、症例数も多く、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医の研修病院。 1
済生会富山病院 富山市 250床 富山市の東部に位置し、消化器内視鏡センターをもつ。消化器内科医5名はすべて当科からの派遣。症例数も多く、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医の研修病院として人気。 3
富山赤十字病院 富山市 485床 富山市を代表する総合病院、消化器内科医7名はすべて当科からの派遣。症例数も多く、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医の研修病院として人気。 5
富山西総合病院 富山市 153床 西総合病院は富山市婦中町に富山西リハビリテーション病院と併設し、急性期から回復期、慢性期さらに在宅医療、介護サービスに至るまでトータルに行います。 3
富山労災病院 魚津市 300床 魚津市の中核病院で、地域がん連携拠点病院でもある。消化器内科4名のうち、3名が当科からの派遣医師。 3
厚生連糸魚川総合病院 新潟県
糸魚川市
269床 新潟県糸魚川市の中核病院。消化器内科医はすべて当科からの派遣、症例数が非常に多く、消化器病専門医や消化器内視鏡専門医の研修病院として人気。多くの肝臓専門医を擁し、肝疾患の診療のレベルも高い。 4
厚生連上越総合病院 新潟県
上越市
308床 新潟県上越市の中核病院。消化器内科3名のうち、2名が当科からの派遣医師。症例が多く、内科の研修に適した病院。 1



05 積極的な学外研修の導入

入局後3年目以降は、日本のトップレベルの施設へ積極的に派遣し、知識・技術・人脈形成を実行しています。これまでの研修先、研修実績は下表をご覧ください。将来の希望に合わせて、ここにない研修先・研修プランも提供します!!

 表はスライドします

施設名 所在地

特色など

派遣実績
国立がん研究センター
研究所
東京都
中央区
国立がんセンターにあるがん研究所。日本のがん研究の最先端の研究が可能。2010年までに2名を派遣し、胃癌のDNAメチル化研究で世界的な成果を報告し、学位を取得している。 2
自然科学研究機構
生理学研究所
愛知県
岡崎市
岡崎統合バイオサイエンスセンターは生理学的な研究では、世界最高レベルの研究が可能。2008年から1名を派遣し消化管運動の研究を行った。現在も消化管レセプターの研究で活躍中。 1
札幌北楡病院 札幌市 造血幹細胞移植(骨髄移植)の実績は、日本でトップクラスの移植専門病院。血液専門医の養成のための研修が十分にできる。2005年から1人が2年間ずつ、現在までに3名の医師が研修を受け、大学で移植医療の最前線で活躍している。 1
国立がん研究センター
中央病院
東京都
中央区
日本のがん診療の中心施設。腫瘍内科の養成のため、がん化学療法の専門知識・技能を習得。現在まで3系の派遣実績があり、腫瘍内科の要として活躍している。 3
国立がん研究センター
東病院
千葉県
柏市
日本のがん診療の中心施設の1つ。腫瘍内科の養成のため、がん化学療法の専門知識・技能を習得。また、内視鏡治療も同時に研修可能。以前から派遣実績があるが、2008年に1名、2010年にも1名派遣し大学病院でのがん診療の中心的役割を担っている。 2
静岡がんセンター 静岡県
駿東郡
静岡県立がんセンターでは、消化器内視鏡による最先端の治療を研修。特に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の習得が可能である。2019年には1名のレジデントを派遣します! 1
愛知県がんセンター
研究所
愛知県
千種区
主に血液悪性腫瘍(主に白血病と悪性リンパ腫)の病因・病態の解明とその臨床応用をめざした研究を行っています。 1









新潟県厚生連糸魚川総合病院

渕野 真代 先生


 入局3年目の渕野です。初期研修で糸魚川でも勤務していました。ここは糸魚川市で唯一の総合病院であり、市内の救急車はすべて当院に搬送されます。そのためさまざまな症例を経験することができ、研修病院としても人気のある、活気ある病院です。
 当院は院長先生をはじめ7名の富山大第3内科の消化器内科医が勤務しています。さらに!木曜日に血液内科の佐藤教授、金曜日には胆膵内視鏡の安田教授が来られ、僻地ではありますが多くの指導医やスペシャリストの先生から直接指導を受けることのできる、これ以上ない恵まれた環境で研修させていただいています。上級医の先生方はみなさんどこか余裕があって、優しく熱心に指導して下さいます。和気あいあいとした雰囲気でとても楽しいです。

厚生連高岡病院

髙木 宏明 先生


今年の4月から厚生連高岡病院へ赴任しました。私は昨年度までは富山大学におり3月の送別会では、「関連病院で、一番忙しいかもしれない病院なので頑張って」と言われましたが、確かに忙しいです。ただ、忙しいだけではなく充実しています。外来の初診は消化器内科全領域を診る方針となっており、TCS・ERCP・ESDはもちろんですが、HCCの加療やB・C型肝炎の治療も担当しています。
 当院の消化器内科医は8名いますが5名は当科出身です。症例数が充実しており、消化器を幅広く診ることができ、他科との連携も充実していますので、しっかりと消化器内科を研修したい若手の先生はお待ちしています!

富山赤十字病院

植田 亮 先生


 富山赤十字病院は富山駅前にある立地条件もあり、毎日多数の患者さんが来院され忙しい日々を送っています。私は消化器内科だけでなく腫瘍内科としても診療をさせてもらっているため、消化器癌以外の癌腫も診療することがあります。6月からは安田教授が週に一度、内視鏡検査の指導に来てくださるようになり、胆膵系の検査や超音波内視鏡検査のレベルが徐々に上がってきているように思います。
 休日は当番制で入院患者さんの診療や内視鏡をすることになっていまが、非番の時は学会や研究会、趣味の事などで気軽に出かけることができ、メリハリのある生活を送っています。私ごとですが、この当番制のおかげで体を動かす時間が確保され、時々マラソン大会に出るようになりました。
 救急指定病院に勤務しながらこれだけ趣味のことをできるのは、当科出身の先生だけで構成された消化器内科であるからこその協力・連携体制のおかげです。こんな感じで、富山赤十字病院は忙しいながらも、精神的・身体的的な休息の時間も確保され、非常に働きやすい病院です。

研修に関するQ&A
医学生
初期研修ではどのようなプランが良いですか?
医学生
1か月で回りたいのですが…
手技量が多いので、多くを学べる3か月ローテをお勧めします。内視鏡やCV挿入、カテーテルやエコー下処置もできます!
既読
11:30
最初の1か月は病棟慣れが中心となってしまうため物足りませんよ。
既読
11:33

初期研修医
第3内科に入局したあとのキャリアパスを教えてください。
入局1年目は大学で研修します。2年目以降は関連病院で2~3年間研修を行い、内科専門医資格取得を目指しつつ、消化器・血液に特化した研修も並行して行います。
既読
08:30
さらには個人の得意分野開拓のため、臨床・研究のための国内・海外留学を積極的に行っています。同時に大学院進学も推奨しています。
既読
10:18
既読
10:30
他大学出身
医局の先生は富山大学出身者のみですか?
多くは富山大学出身の先生ですが、他大学出身者も多いのが特徴です。
既読
0:42
富山県出身で富山に戻りたい! そんな先生はぜひともご相談ください。
既読
1:31
他大学出身
いや、富山県出身ではないのですが…
Iターンも大歓迎です。関連病院も多くキャリアや働き方に合わせたプランを提案します。
既読
22:02
既読
23:22
女性医師
消化器や血液は女性にとってきつくないですか?
今はいろいろな働き方が求められる時代です。個人のライフプランに合わせた働き方を提案しています。
既読
17:33
2019年の入局者は75%が女性です。
既読
17:35
都会っ子
富山で症例数とか技術とか研究とか。大丈夫ですか?
富山にないものは、その道の中心的施設で研鑽してもらいます。症例数については医師一人当たりに換算するとむしろ多いのではないかと思います。
既読
12:43
まだまだ富山にないものが多くあります。あなたが第1人者になれるチャンスです。
既読
12:45
既読
12:52