本文へスキップ
大学院概要 博士後期課程 担当教員一覧 大学院入試情報 

大学院概要Outline

修士課程・博士後期課程 概要

 本学大学院は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究め、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与することを目的としています。

 ※本学の大学院構成は「富山大学大学院構成」(大学院サイトへジャンプします)をご覧ください。

 本学の看護領域には、修士課程(令和4年度より改組)博士後期課程があります。

     

修士課程-大学院総合医薬学研究科(修士課程)看護科学プログラム

  • 目的

 看護科学プログラムは,現代社会の多様な要請に応えるために、看護学専門領域における研究や学際的知見の成果を総合的に活用して、保健・医療・福祉の分野で活躍できる高度医療専門職業人又は教育研究者を育成することを目的とします。

  • 専攻の概要

  本プログラムは研究者コース専門看護師(CNS)コース(母子看護学分野母性看護CNS及びがん看護学がん看護CNS)、ナースプラクティショナー(NP)コースを設置します。このうち、 専門看護師(CNS)コース、ナースプラクティショナー(NP)コースは看護師経験が必要です。また、ナースプラクティショナー(NP)コースは少数精鋭教育を行うため、年間2名程度を目安にします【NPコースは現在申請中】。

  • ディプロマ・ポリシー

【修了認定・学位授与の方針】
・看護学とその学際領域における幅広く深い学識を持ち、一連の研究プロセスと網羅的に立案・展開できる研究能力を身に付けている。
・看護の現状認識と将来の展望に立ち、保健医療福祉における課題を総合的・組織的に把握し、解決を図ることができ、看護の高度で専門的な職業人として国際的にも信頼・通用する卓越した知識・能力を身に付けている。
 上記の人材の育成を目的に、以下に示す「基盤的能力」「専門的学識」「倫理観」「創造力」として、十分な学修成果を上げた者に修士(看護学)の学位を授与する。

【診療看護師(NP)育成に関する独自ディプロマ・ポリシー】
 以下の能力を身につけたものに学位を授与する。
①包括的健康アセスメント能力
➁医療処置管理の実践能力
③熟練した看護の実践能力
④看護管理能力・チームワーク・協働能力
⑤倫理的意思決定能力

  • カリキュラム・ポリシー

【教育課程編成方針】
・看護科学プログラムでは、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる4つの能力を体系的に修得できる教育課程を編成する。
・看護学専門領域における研究や学際的な動向について多角的に情報を収集し、より質の高い看護実践・教育を導く看護研究課題を設定し、研究論文作成・公表に必要な基本的研究方法を体系的に修得する教育課程を編成する。
・看護の対象すなわち個人・家族・集団・コミュニティを包括的・全人的に理解し、学際的知見を総合的に取り入れ、国際的にも信頼・通用する確かな看護実践能力と指導力、さらに保健医療福祉に携わる専門職としてのマネジメント能力を体系的に修得する教育課程を編成する。
・ホリスティックな看護と伝統的なケアを含めた統合医療の観点を取り入れ、高い倫理観のもと看護の根元を追究し続ける素養を修得する教育課程を編成する。

【教育課程実施方針】
 看護科学プログラムにおける教育は,大学院共通科目,研究科共通科目,看護科学プログラムの各科目,学位論文指導により実施する。
①1年次より、学位論文の研究課題・計画を検討する。倫理手続きを遵守し研究を遂行し、修士(看護学)の学位論文を作成する。
②看護の指導者・研究者に必要な基盤となるプログラム共通科目と、各専門領域における質の高い実践を導き出す看護学特論を置く。
③専門看護師およびナースプラクティショナーの教育課程を置き、看護専門領域の高度専門職業人を養成するコースを併設する。


【診療看護師(NP)育成に関する独自カリキュラム・ポリシー】
①診療看護師(NP)養成教育課程基準に基づいた共通科目、専門科目(実習、課題研究を含む)で構成する。
➁共通科目は、大学院共通科目と研究科共通科目を含む文・理・医療の学際的な科目の履修により幅広い知識の修得を基盤とし、チーム医療・多職種協働を実践できる教育課程を編成する。
③NP基盤科目では、高度実践看護師に共通内容として求められる知識と技術の修得に必要な教育課程を編成する。
④NP専門科目では診療の実際を学ぶことを通し、診療看護師(NP)の役割を担うための実践力を養う教育課程を編成する。
⑤実践課題研究では、急性期領域または慢性期領域における課題に取り組み、研究能力の育成をはかる。

  • アドミッションポリシー

【入学者受入れの方針】
 看護学とその学際領域における幅広く深い学識を持ち、研究遂行能力または高度で専門的な職業人に必要な能力を養うという目的を理解し、次の資質をもつ学生を求める。
①高度な先端医療に対応できる技術、心理や生命倫理など全人的な理解、人々のQOLや自己回復を引き出す能力、保健医療福祉の課題などの熟達した対応が求められる分野で活躍したいと考えている者
②看護の現状認識と将来の展望にたって保健医療福祉の課題を総合的・組織的に把握し、課題に対応できることを目指す優れた看護実践のためのキャリア形成を求めている者

【入学者選抜の基本方針(入試種別とその評価方法)】
●一般入試
 入学者の選抜は、小論文・適性検査、外国語(英語)試験及び口述試験の成績により、高度な看護実践能力と看護研究方法を修得するための基盤となる基礎的な知識、研究遂行能力等を評価する。
●社会人特別入試
 入学者の選抜は、業績審査、外国語(英語)試験及び口述試験の成績により、高度な看護実践能力と看護研究方法を修得するための基盤となる看護実践実績及び(業務)研究実績、研究への関心・遂行能力等を評価する。

【診療看護師(NP)育成に関する独自アドミッション・ポリシー】
①急性期領域または慢性期領域における知識と実践経験を有する者
➁医療処置と管理に関心をもち、積極的に学ぶ意思を有する者
③診療看護師(NP)として、看護の役割拡大を目指す意思を有する者
④チーム医療において、多職種連携ができる能力を有する者
⑤人間と文化の多様性を理解し、寛容な心と謙虚な姿勢を有する者

  • 課程修了の要件

 原則として2年以上在学し、研究者コースにあっては30単位以上(母子看護学を選択した場合は32単位以上)、専門看護師(CNS)コースにあっては母子看護学分野母性看護CNSコース及びがん看護学がん看護CNSコースにあっては54単位以上、ナースプラティクショナー(NP)コースにあっては、急性期領域:65(+6)単位以上、慢性期領域:60(+6)単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格しなければなりません。
 在学期間に関しては、特に優れた業績を上げたと認める者については、この課程に1年以上在学すれば足りるものとします。
 また、学生が職業を有している等の事情により、標準修業年限(2年)を超えて最長4年間にわたり計画的に課程を履修し、修了することを申し出たときは、その計画的な履修を認めることがあります。

  • 取得できる学位

 修士(看護学)


富山大学医学部

富山大学医学部看護学科富山大学

富山大学附属病院