ページ内を移動するためのリンクです。

大学院

博士課程後期

指導教員研究内容一覧(博士後期)

分野 指導教員 主な研究内容
基礎看護科学 教 授
西谷 美幸
  • 看護実践の現象と理論をつなぐ研究方法を駆使することにより、実践の科学としての看護学の構造の明確化と実践知の創出に関する研究
  • 看護実践・看護教育・看護管理に関して、汎用性の高い論理の構築
教 授
比嘉 勇人
  • 量的および質的なアプローチを用いた混合研究法による、メンタルまたはスピリチュアルな次元の看護現象に焦点を当てた研究
臨床・生体機能看護科学 教 授
金森 昌彦
  • 看護実践に東洋医学的な未病の概念を取り入れるために、運動習慣・食事習慣・生活習慣を改善し、疾病や障害の予防につなげるバイオセラピーに関する研究
教 授
堀 悦郎
  • 非言語的コミュニケーション要素について、行動科学的、生理学的、神経心理学的及び認知心理学的側面からのアプローチにより、日常的な看護業務に必要なコミュニケーションの基礎的メカニズムに関する研究
教 授
八塚 美樹
  • がん緩和領域における患者とその家族、ストレスマネジメント能力が必要な看護職に対する全人的・包括的な看護と伝統的なケアを含めた看護の高度な看護実践・教育を導く体系化と看護理論の構築を追及する研究
  • 自己の再生力、自然治癒力を活性化する生活因子の探究と看護支援モデルの開発に関する研究
教 授
安田 智美
  • 褥瘡予防のための看護技術の評価と検証、栄養評価等の開発及び障害を持つ患者の社会復帰のための教育及び支援法などに関する研究
教 授
長谷川 ともみ
  • ヒトの生体防御システム、特に感染防御の視点から看護実践に応用できる技術開発と、実験操作の手法を用いた評価に関する研究
地域ケアシステム看護科学 教 授
田村 須賀子
  • コミュニティで生活を営む個人と家族、生活共同体・地域住民集団に対する看護援助の特質を追究する看護研究
    ①個人と家族が対象である家庭訪問における看護過程
    ②地域住民に働きかける保健サービスの事業・施策化・健康な地域づくり活動における看護過程
教 授
新鞍 真理子
  • 高齢者とその家族に対して、個人や集団の伝統的な価値観や生活様式を尊重した日本型サクセスフルエイジングを目指す看護に関する研究