医学部入学案内

学部入試情報

医学部入学者受入方針

 医学部では、生命の尊厳を理解し、医療人として不可欠な倫理観と温かい人間性を備え、専門的知識及び技能を生涯にわたって維持し向上させる自己学習の習慣を持ち、国際的視野に立って医学、医療の発展、及び地域医療等の社会的ニーズに対応できる人材を養成することを目的とします。

求める学生像

医学科

医学科は以下の素質を有する優秀な人材を求めています。
1)
基礎学力があり医学に深い関心を持つ人
医師は患者さんに対する思いやりを専門的知識・技能を通じて発揮する存在です。広範囲な医学の修得のためには、基礎学力と医学に対する深い関心が必要です。
加えて、学力だけでなく、思考力、協調性、積極性並びに将来医師として社会に貢献していこうという強い意欲が必要です。
2)
公的精神が豊かで創造力のある意欲的な人
公的精神とは、広い心で人々のことを公平に考えるということです。医学は未知なことが多い分野です。その解決には創造力と日進月歩の医学を学び続ける意欲が必要です。

看護学科

  看護は人間の健康全般に関わる領域です。病める人々のみでなく、その家族及び地域で生活する多くの人々から、深い信頼と多くの期待が寄せられます。それに応えるためには、学生時代から、人間性の涵養とともによく学ぶ習慣を身につけることが必要です。
このことより看護学科は、以下の素質を有する優秀な人材を求めています。
1)
基礎学力があり看護学に深い関心を持つ人
身体的・精神的そして社会的・文化的要素全てを統合した人間の理解が看護の基本です。得意不得意はあるとしても全ての課題に興味の持てる人を求めます。
2)
人間に強い関心をもち、人々の安寧のために働くことを希望する人
看護の対象となる人々はあらゆる年齢層にわたります。身体的特徴はもとより人生観・価値観さらには生活環境もそれぞれに異なる人々です。看護を学ぼうとする人に期待する素質は、生きている人それぞれの全体に強く関心を持てることであり、人々の安寧のために働きたいと思う気持ちです。
3)
他者との連携を保てる人
保健や医療、福祉に関わる多様な職種が各々の専門性と責任感をもって人々にサービスを提供する時代です。チームの中で自己を発揮できる人を求めます。

医学科

医学科 募集定員 105名

 医学科では、日々進歩する医学の知識、技術を身につけ、医師・医学者として、豊かな人間性を備えた医療の実践及び医学の発展に取り組むことのできる人材を養成することを目的としています。
 医学科の専門教育では,臨床前教育として、臨床の各科に基礎医学の先生も加わり教員がチームを組んで統合的に各臓器・疾患の教育を行っています。5、6年次の臨床教育に入る前に臨床前教育に関する知識と実技の全国共用試験に合格する必要があります。臨床教育では、大学附属病院と県立中央病院での各科の臨床実習に加えて、地域や海外の病院で選択制臨床実習が実施されています。
 卒業後は、臨床医として2年間の初期臨床研修に入る他に、大学院博士課程に進学し研究者の途、あるいは医療行政や健康福祉増進関連機関に勤務する途など多様な選択があります。

看護学科

看護学科 募集定員 80名

 看護学科では、全人的な看護の役割と責務を認識し、看護師、保健師および助産師としての専門的な対応ができる人材を養成することを目的としています。
 入学後は、教養教育科目および看護基礎科学について学び、介護体験実習や基礎看護実習を通じて看護における基本的考え方や技術を学びます。3年次の後半からは、学内の講義や演習・実習で学んだ知識や技術を統合し、根拠に基づいた看護を実践するために附属病院および地域の関連施設にて臨地実習を行うとともに、大学教育の集大成となる看護研究(卒業論文)の作成に取りかかります。また、本学科では看護師、保健師、助産師の国家試験受験資格を取得でき、卒業前に行われる国家試験に合格することで免許を得ることができます。
 卒業後は、病院勤務、修士課程進学、医療行政や健康福祉増進関連機関勤務など多様な選択があります。
 なお、平成23年3月に新しい研究棟が完成し、4月から新しい講義室や看護実習室でも授業が行われています。

入試情報リンク

学部入試情報

  • 富山大学医学部 学部案内 pdfダウンロード
ページ上部へ移動する