ニュース一覧

京都大学 竹内 理 先生をお招きして先端ライフサイエンスセミナーを開催しました

2017年7月21日(金)に、京都大学ウイルス・再生医科学研究所 教授 竹内 理 先生をお招きして、『mRNA分解による炎症応答調節メカニズム』について御講演頂きました。最新の研究内容を判りやすく講演していただき、また多くの皆様のご参加もあり、盛況のうちに開催することができました。

2017年07月21日

LC/MS/MSを用いたNADメタボロミクスに関する論文がBiomedical ChromatographyにオンラインでPublishされました

博士研究員の夜久が中心に行った、NADメタボロミクスに関する研究がBiomedical ChromatographyにオンラインでPublishされました。本論文では、トリプル四重極質量分析計(LC/MS/MS)によるMRM(Multiple reaction monitoring)法を使って、NADやNAD関連代謝物(NAD metabolome)を一斉かつ絶対定量する系を確立し、培養細胞やマウス組織などの夾雑物を多く含むサンプルでのNAD metabolomeの測定を可能にしました。さらに、これら測定系を用いてNAD関連代謝物の老化による変化を各種マウス臓器で測定したところ、肝臓や骨格筋では加齢とともにNADレベルの著明な低下を認めるのに対し、腎臓ではNADの大きな変化は見られませんでした。一方で、腎臓ではNAD前駆体であるNicotinamide mononucleotide(NMN)やNicotinamide riboside(NR)が他臓器と比較して非常に高い濃度で存在し、これらは老化で増加することが解りました。この結果はNAD代謝の加齢による変化が臓器により異なることを示唆するものであり、本測定系を用いることで、NAD代謝と老化に関する研究をさらに発展させることができると期待されます。

PubMedリンク
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29424941

2018年02月10日