○○学校 本文へジャンプ
研究の紹介

教室の主要テーマとして、統合失調症に焦点をあてています。当教室の大きな特徴は、統合失調症を克服するために、臨床から基礎的研究にわたって、総合的な研究体制を構築していることです。早期診断・早期治療への取り組みも開始しています。以下に研究グループと主な課題を述べます。

臨床画像
脳画像による統合失調症の病態解明を中心テーマとして活動しています。主に構造的磁気共鳴画像(structural MRI)の関心領域法による体積計測とvoxel-based morphometry (VBM)の両方を用いて、高精度の解析と信頼性の高い結果を追求し、臨床的に意義のある研究を世界に発信することを目指しています。これまでの成果として、統合失調症と統合失調型障害の横断的比較に基づく、統合失調症の病態形成機序に関する研究論文などを公表してきました。現在は縦断的検討が重要課題となっています。また脳画像の臨床応用の試みとして、統合失調症の形態画像による補助診断法の開発にも取り組んでいます。その他に、思春期健常者の脳形態の発達的変化の検討やアルツハイマー病の脳画像解析も行っており、structural MRIだけでなく、脳血流SPECTやfunctional MRIによる研究も行っています。今後は国内外の優れた施設との連携を強め、神経精神疾患の脳画像研究を発展させていきたいと考えています。

臨床神経生理
デジタル脳波計を用いて安静時と課題遂行時の脳波、および終夜睡眠脳波を測定し、最新のコンピュータ技術を駆使した解析をもとに研究をおこなっています。また、課題遂行時の事象関連電位や探索的眼球運動により脳の情報処理機能の評価できるため、認知神経科学の観点から精神機能の解明にも取り組んでいます。具体的な研究テーマとしては、睡眠と記憶機構の関連。多変量解析や神経画像を用いた脳波解析。選択的注意や作動記憶、表情認知や情動知覚に関連した脳機能の検討。探索的眼球運動による精神疾患の病態生理の解明などがあります。

臨床薬理
統合失調症圏患者の認知・社会機能の向上をターゲットとした薬物療法の開発を目指し、国内・国際共同研究を交えた活動を展開しています。セロトニン受容体作動薬の認知機能障害改善効果の検討や、事象関連電位や脳機能画像の治療反応マーカーへの応用開発など、独創的な研究が進行中です。世界生物学的精神医学会(WFSBP、ウイーン)や国際神経精神薬理学会議(CINP、シカゴ)など権威ある国際学会では、米国や欧州からの第一線の研究者を集めたシンポジウムを主催した実績を持っています。先駆的な研究成果を、常に世界に発信している研究グループです。

遺伝子解析
精神疾患はまだ解明されていませんが、一部に遺伝要因が関与していると考えられています。我々は患者様の協力を得て、分子遺伝学的手法を用いた研究をおこなっています。また、動物実験でも、GeneChipを用いた方法やreal-time定量PCR法、さらに、今注目のRNAi法などを用いて、遺伝子レベルからの精神疾患の解明を目指しています。

薬理・生化学(基礎)
統合失調症の認知機能障害や社会的行動の異常などをターゲットとした、新規治療薬の開発を目指しております。産学連携による研究を展開し、脳内ペプチドの誘導体や神経保護・新生作用を持つ薬物が有効であることを発見するなど、創薬に直結する成果を発信中です。脳エネルギー代謝に対する神経伝達物質の作用など、新しい研究分野の開拓にも力を入れております。神経発達障害仮説に基づく統合失調症モデル動物の開発では世界屈指の研究サイトとして注目を集め、北米や欧州の主要なラボと共同研究や学術交流を行っています。当教室最多の人員を擁するグループです。

Up!