説明: 説明: ○○学校

説明: 説明: 本文へジャンプ

 

研究業績

平成26年の公表論文と学会発表

 

 著 書

  1. 樋口悠子, 住吉太幹. 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス. 診断と治療へのアプローチ. 笠井清登, 鈴木道雄, 三村 將, 村井俊哉編, 福田正人監修. 東京: 中山書店; 2014. 神経生理検査(ERP), 精神疾患で認められる所見, 個別症例における有用性と限界; p.148-157.
  2. 樋口悠子, 住吉太幹, 鈴木道雄. 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス. 診断と治療へのアプローチ. 笠井清登, 鈴木道雄, 三村 將, 村井俊哉編, 福田正人監修. 東京: 中山書店; 2014. 事象関連電位からみる疾患; p.325-326, 330-332.  
  3. 樋口悠子, 住吉太幹. 統合失調症ケーススタディー〜症例が導く社会復帰・QOL向上への道〜. 大森哲郎監修. 大阪: メディカルレビュー社; 2014.【症例編】Ⅸ 認知機能の改善; p.153-155.
  4. 鈴木道雄, 高橋 努, 西川祐美子. 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス. 診断と治療へのアプローチ. 笠井清登, 鈴木道雄, 三村 將, 村井俊哉編, 福田正人監修. 東京: 中山書店; 2014. 脳構造画像 (MRI) 精神疾患で認められる所見; p. 30-36.
  5. 高橋 努, 笹林大樹, 鈴木道雄. 統合失調症ケーススタディー –症例が導く社会復帰・QOL向上への道– . 大森哲郎監修. 大阪: メディカルレビュー; 2014.早期治療のすすめ: ハイリスク症例—薬物治療を行った症例; p. 54-56.
  6. 高橋 努, 鈴木道雄, 西川祐美子. 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス. 診断と治療へのアプローチ. 笠井清登, 鈴木道雄, 三村 將, 村井俊哉編, 福田正人監修. 東京: 中山書店; 2014. 症例4 統合失調症; p. 218-220.
  7. 高橋 努, 鈴木道雄, 西川祐美子. 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス. 診断と治療へのアプローチ. 笠井清登, 鈴木道雄, 三村 將, 村井俊哉編, 福田正人監修. 東京: 中山書店; 2014. 症例6 統合失調症疑い; p. 226-228.
  8. 高橋 努, 鈴木道雄, 西川祐美子. 精神疾患の脳画像ケースカンファレンス. 診断と治療へのアプローチ. 笠井清登, 鈴木道雄, 三村 將, 村井俊哉編, 福田正人監修. 東京: 中山書店; 2014. 症例7 単純型統合失調症; p. 229-231.
  9. 高柳陽一郎,鈴木道雄.重症化させないための精神疾患の診方と対応. 水野雅文編.東京: 医学書院; 2014. 統合失調症の早期治療を支持するエビデンス; p.218-224.

 

 原 著

  1. Hashimoto R, Ikeda M, Yamashita F, Ohi K, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M,  Fukunaga M, Nemoto K, Takahashi T, Tochigi M, Onitsuka T, Yamasue H, Matsuo K, Iidaka T, Iwata N, Suzuki M, Takeda M, Kasai K, Ozaki N. Common variants at 1p36 are associated with superior frontal gyrus volume. Transl Psychiatry. 2014 Oct; 4: e472.
  2. Higuchi Y, Seo T, Miyanishi T, Kawasaki Y, Suzuki M, Sumiyoshi T. Mismatch negativity and P3a/reorienting complex in subjects with schizophrenia or at-risk mental state. Frontiers in Behavioral Neuroscience, 2014 May; 8: 172
  3. Kido M, Nakamura Y, Nemoto K, Takahashi T, Aleksic B, Furuichi A, Nakamura Y, Ikeda M, Noguchi K, Kaibuchi K, Iwata N, Ozaki N, Suzuki M. The polymorphism of YWHAE, a gene encoding 14-3-3epsilon, and brain morphology in schizophrenia: a voxel-based morphometric study. PLoS One. 2014 Aug; 9(8): e103571.
  4. Matsumoto J, Uehara T, Urakawa S, Takamura Y, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ono T, Nishijo H. 3D video analysis of the novel object recognition test in rats. Behav Brain Res. 2014 Oct; 272: 16-24.
  5. Mojtabai R, Cullen B, Everett A, Nugent KL, Sawa A, Sharifi V, Takayanagi Y, Toroney JS, Eaton WW. Reasons for not seeking general medical care among individuals with serious mental illness. Psychiatr Serv. 2014 Jun; 65(6): 818-821.
  6. Takahashi T, Nakamura Y, Nakamura Y, Aleksic B, Takayanagi Y, Furuichi A, Kido M, Nakamura M, Sasabayashi D, Ikeda M, Noguchi K, Kaibuchi K, Iwata N, Ozaki N, Suzuki M. The polymorphism of YWHAE, a gene encoding 14-3-3epsilon, and orbitofrontal sulcogyral pattern in patients with schizophrenia and healthy subjects. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2014 Jun; 51: 166-171.
  7. Takahashi T, Malhi GS, Nakamura Y, Suzuki M, Pantelis C. Olfactory sulcus morphology in established bipolar affective disorder. Psychiatry Res. 2014 Apr; 222(1-2): 114-117.
  8. Takahashi T, Wood SJ, Yung AR, Nelson B, Lin A, Yucel M, Phillips LJ, Nakamura Y, Suzuki M, Brewer WJ, Proffitt TM, McGorry PD, Velakoulis D, Pantelis C. Altered depth of the olfactory sulcus in ultra high-risk individuals and patients with psychotic disorders. Schizophr Res. 2014 Mar; 153(1-3): 18-24.
  9. Takeuchi M, Furuta H, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ochiai Y, Hosokawa M, Matsui M, Kurachi M. Does sleep improve memory organization? Front Behav Neurosci. 2014 Apr; 8: 65.
  10. Takayanagi Y, Petersen L, Laursen TM, Cascella NG, Sawa A, Mortensen PB, Eaton WW. Risk of schizophrenia spectrum and affective disorders associated with small for gestational age birth and height in adulthood. Schizophr Res. 2014 Dec; 160(1-3): 230-232.
  11. Takayanagi Y, Spira AP, Roth KB, Gallo JJ, Eaton WW, Mojtabai R. Accuracy of reports of lifetime mental and physical disorders: results from the Baltimore Epidemiological Catchment Area study. JAMA Psychiatry. 2014 Mar; 71(3): 273-280.
  12. 岡田直大, 笠井清登, 高橋 努, 鈴木道雄, 橋本亮太, 川上憲人. 日本人を対象とした生物学的精神医学研究のための教育歴をもとにした簡易社会経済状態(socioeconomic status: SES)尺度. 日本生物学的精神医学会誌. 2014; 25(2): 115-117.
  13. 岡田直大, 笠井清登, 高橋 努, 鈴木道雄, 橋本亮太, 亀山知道, 平松謙一, 斎藤 治, 丹羽真一. 日本人を対象とした生物学的精神医学研究のための利き手尺度. 日本生物学的精神医学会誌. 2014; 25(2):118-119.
  14. 塩谷亨. 花崎有紀子. 職場での自殺を巡る事後対応期間中の心理的衝撃と職務ストレスの実証的検討. 心理臨床学研究. 2014; 32(3): 325-335.

 

 総 説

  1. 樋口悠子, 住吉太幹. リエゾン外来における不安・抑うつへの対応- 5-HT1Aアゴニスト増強療法の応用-. 精神科. 2014; 24(5): 576-582
  2. 木戸幹雄, 高柳陽一郎, 高橋 努, 鈴木道雄. 治療抵抗性統合失調症と脳画像. 臨床精神薬理, 2014; 17(12) : 1651-1656.
  3. 高柳陽一郎, 澤明. 精神疾患と肥満. 日本臨床. 2014; 72(増刊4最新肥満症学): 384-388.

 

 学会報告

  1. Higuchi Y, Seo T, Miyanishi T, Kawasaki Y, Suzuki M, Sumiyoshi T: Mismatch negativity and P3a/reorienting complex in subjects with schizophrenia or at-risk mental state. 9th International Conference on Early Psychosis; 2014 Nov 17-19; Tokyo.
  2. KatsuraM, Tsujino N, Nishiyama S, Baba Y, OhmuroN, Higuchi Y, Takahashi T, Nemoto T, Matsuoka H, Suzuki M, Mizuno M, Matsumoto K. Early intervention for ultra-high risk youth in Japan: clinical practice in three leading centers. 9th International Conference on Early Psychosis; 2014 Nov 17-19; Tokyo.
  3. Kido M, Nakamura Y, Nemoto K, Takahashi T, Aleksic B, Furuichi A, Nakamura Y, Ikeda M, Noguchi K, Kaibuchi K, Iwata N, Ozaki N, Suzuki M. The polymorphism of YWHAE, a gene encoding 14-3-3epsilon, and brain morphology in schizophrenia: a voxel-based morphometric study. 22nd World Congress of Psychiatric Genetics; 2014 Oct 12-16; Copenhagen.
  4. Matsumoto J, Uehara T, Urakawa S, Takamura Y, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ono T, Nishijo H. 3D video analysis of object exploration in rats. Society for Neuroscience; 2014 Nov 15-19; Washington DC.
  5. Nishiyama S, Takahashi T, Higuchi Y, Furuichi A, Nishikawa Y, Matsuoka T, Sumiyoshi T, Suzuki M. Neurocognitive dysfunction in subjects with at risk mental state to predict transition to schizophrenia. 9th International Conference on Early Psychosis; 2014 Nov 17-19; Tokyo.
  6. Takahashi T, Suzuki M. Brain morphologic changes during the course of schizophrenia. In Symposium “Neurodevelopmental trajectories and psychiatric disorders”. 9th International Conference on Early Psychosis; 2014 Nov 17-19; Tokyo. [Invited lecture]
  7. Takahashi T, Nakamura Y, Nakamura Y, Aleksic B, Takayanagi Y, Furuichi A, Kido M, Noguchi K, Kaibuchi K, Ozaki N, Suzuki M. The polymorphism of YWHAE, a gene encoding 14-3-3epsilon, and orbitofrontal sulcogyral pattern in schizophrenia and healthy subjects. 4th Schizophrenia International Research Society Conference; 2014 Apr 5-9, Florence.
  8. Takahashi T, Nakamura Y, Malhi GS, Takayanagi Y, Furuichi A, Kido M, Noguchi K, Pantelis C, Suzuki M. Olfactory sulcus morphology in schizophrenia and established bipolar affective disorder. 16th World Congress of Psychiatry; 2014 Sep 14-18; Madrid.
  9. Takahashi T, Wood SJ, Yung AR, Nelson B, Lin A, Yucel M, Phillips LJ, Suzuki M, Brewer WJ, McGorry PD, Velakoulis D, Pantelis C. Altered depth of the olfactory sulcus in ultra high-risk individuals. 9th International Conference on Early Psychosis; 2014 Nov 17-19; Tokyo.
  10. Takayanagi Y. Accuracy of reports of lifetime mental disorders. WPA Section on Epidemiology and Public Health - 2014 Meeting; 2014 Oct 16-18; Nara.
  11. Takayanagi Y, Sasabayashi D, Nakamura M, Takahashi T, Furuichi A, Kido M, Nishikawa Y, Katagiri N, Sakuma A, Matsumoto K, Mizuno M, Suzuki M. Cortical thickness changes in subjects at risk for developing psychosis. 9th International Conference on Early Psychosis; 2014 Nov 17-19; Tokyo.
  12. Wang C, Tsuboi D, Kushima I, Kunimoto S, Yoshimi A, Nakamura Y, Koide T, Kimura H, Takasaki Y, Xing J, Uno Y, Okada T, Iidaka T, Aleksic B, Mori D, Suzuki M, Ujike H, Ikeda M, Iwata N, Kaibuchi K, Ozaki N. Novel rare disruptive variants in Rho GTPase Activating Protein 10 (ARHGAP10) in schizophrenia and autism spectrum disorder. 22nd World Comgress of Psychiatric Genetics; 2014 Oct 12-16; Copenhagen.
  13. 青木俊太郎,横光健吾,成瀬麻夕,飯坂彩乃,川辺ひかる,前田 香,安喰智美,鈴木香奈美,田中桃子,土屋垣内 晶,筒井明日香,西塚拓海,門田竜乃輔,坂野雄二 閾値下抑うつ症状に対する認知行動療法の有効性と今後の課題 ―メタアナリシスを用いた統計的レビュー―. 日本認知・行動療法学会第40回大会; 2014 Nov 1-3, 富山.
  14. 古市厚志,長島美稚子,池田英二,貫井慎也,大谷優子,鈴木道雄.内観法による職業性ストレスと抑うつ傾向の変化.第18回日本精神保健・予防学会;2014 Nov 15-16;東京
  15. 藤岡珠美, 池田英二, 増原 幸, 沢田与志一, 神通一仁, 樋口悠子, 高柳陽一郎, 高橋 努, 鈴木道雄. 自殺未遂者に対する電話フォローアップによる再企図防止効果~富山県自殺未遂者支援モデル事業~. 第11会日本うつ病学会; 2014 Jul 18-19; 広島.
  16. 樋口悠子,古市厚志,住吉太幹.リエゾン外来における不安・抑うつへの対応 - 5-HT1Aアゴニスト増強療法の応用.第11回 日本うつ病学会総会,2014,7,18-19:広島
  17. 樋口悠子, 住吉太幹, 瀬尾友徳, 宮西知広, 西山志満子, 鈴木道雄. 精神病発症リスク状態のミスマッチ陰性電位: シンポジウム11 前駆状態・初発統合失調症の神経生理学的研究. 第44回日本臨床神経生理学会学術大会, 2014, 11, 19-2:福岡
  18. 木戸幹雄, 中村由嘉子, 根本清貴, 高橋 努, Aleksic B, 古市厚志, 中村祐美子, 池田 匡志, 野口 京, 貝淵弘三, 岩田仲生, 尾崎紀夫, 鈴木道雄. 14-3-3イプシロンをコードするYWHAEの遺伝子多型と統合失調症患者の脳形態との関連:voxel-based morphometryを用いた研究. 第9回日本統合失調症学会; 2014 Mar 14-15; 京都.
  19. Matsumoto J, Uehara T, Urakawa S, Takamura Y, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ono T, Nishijo H.A 3D video analysis system for object exploration in rats.第37回日本神経科学大会.2014 Sep 11-13;横浜.
  20. 松本惇平, 上原隆, 浦川将, 高村雄策, 住吉太幹, 鈴木道雄, 小野武年, 西条寿夫. ラットの社会行動および物体探索行動の3次元ビデオ行動解析システム. 第57回日本神経化学会大会.2014 Sep 29-Oct 1;奈良.
  21. Nakamura M, Takahashi T, Nakamura Y, Aleksic B, Kido M, Sasabayashi D, Takayanagi Y, Furuichi A, Nishikawa Y, Noguchi K, Ozaki N, Suzuki M. DISC1 polymorphism and orbitofrontal sulcogyral pattern in schizophrenia and healthy subjects. 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会; 2014 Sep 29-Oct 1; 奈良.
  22. 中村美保子, 高橋努, 中村由嘉子, Aleksic B, 木戸幹雄, 笹林大樹, 高柳陽一郎, 古市厚志, 西川祐美子, 野口京, 尾崎紀夫, 鈴木道雄. 統合失調症患者および健常者におけるDISC1多型と眼窩前頭皮質の脳溝脳回パターン. 第36回日本生物学的精神医学会; 2014 Sept 29-Oct 1; 奈良.
  23. 西山志満子, 高橋 努, 古市厚志, 樋口悠子, 松岡 理, 松井三枝, 住吉太幹, 倉知正佳, 鈴木道雄. 自我障害尺度(SELF28)の開発とそれを用いた統合失調症の病期による横断的比較. 第18回日本精神保健・予防学会学術集会, 2014 Nov 15-16; 東京.
  24. 西山志満子, 高橋 努, 樋口悠子, 古市厚志, 數川 悟, 古田壽一, 鈴木道雄. At Risk Mental Stateと初回エピソード精神病における認知機能の比較. 第185回北陸精神神経学会; 2014 Jan 26; 金沢.
  25. 西山志満子, 高橋 努, 樋口悠子, 古市厚志, 西川 祐美子, 川﨑康弘, 住吉太幹, 鈴木道雄. 統合失調症の顕在発症を予測する前駆期の神経認知機能障害. 第14回精神疾患と認知機能研究会; 2014 Nov 8; 東京.
  26. 大口善睦, 古市厚志, 中村美保子, 西川祐美子, 木戸幹雄, 高柳陽一郎, 高橋 努, 鈴木道雄. SSRI投与後にセロトニン症候群を呈した老年期うつ病の一例. 第186回北陸精神神経学会; 2014 Jul 13; 内灘.
  27. 笹林大樹, 高柳陽一郎, 山口幸志, 道具伸浩, 高橋 努, 田中耕太郎, 鈴木道雄. 抗体陰性のまま再燃が疑われた抗NMDA受容体脳炎の一例.  第185回北陸精神神経学会; 2014 Jan 26; 金沢.
  28. 笹林大樹, 高柳陽一郎, 中村美保子, 高橋 努, 古市厚志, 木戸幹雄, 西川祐美子, 片桐直之, 佐久間篤, 松本和紀, 水野雅文, 鈴木道雄. At-risk mental stateにおける大脳皮質厚の変化. 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会; 2014 Sep 29-Oct 1; 奈良.
  29. 嶋 有希子, 古市厚志, 木戸幹雄, 薄井 勲, 高柳陽一郎, 高橋 努, 鈴木道雄. 幻覚妄想状態を示し橋本脳症が疑われた一例. 第186回北陸精神神経学会; 2014 Jul 13; 内灘.
  30. 鈴木道雄. 教育講演:統合失調症の脳構造画像研究からわかったこと. SST普及協会第20回全国経験交流ワークショップin前橋; 2014 Apr 24-25; 前橋.
  31. 高橋 努, 中村祐美子, Malhi GS, 高柳陽一郎, 古市厚志, 木戸幹雄, 笹林大樹, 中村美保子, 野口 京, Pantelis C, 鈴木道雄. 統合失調症および双極I型障害における嗅溝形態の変化. 第9回日本統合失調症学会; 2014 Mar 14-15; 京都.
  32. Takahashi T, Nakamura M, Nakamura Y, Aleksic B, Kido M, Sasabayashi D, Takayanagi Y, Furuichi A, Nishikawa Y, Noguchi K, Ozaki N, Suzuki M. DISC1 Ser704Cys polymorphism and midline brain structures in schizophrenia and healthy subjects. 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会; 2014 Sep 29-Oct 1; 奈良.
  33. Takayanagi M, TakayanagiY, Suzuki M, Sawa A, Barta PE, J. Tilak R, Cascella NG. Reduced anterior cingulate gray matter volume and thickness in subjects with deficit schizophrenia. 第9回日本統合失調症学会; 2014 Mar 14-15; 京都.
  34. Takayanagi Y, Petersen L, Laursen TM, Cascella NG, Sawa A, Mortensen PB, Eaton WW. Risk of schizophrenia spectrum and affective disorders associated with small for gestational age birth and height in adulthood. 第9回日本統合失調症学会; 2014 Mar 14-15; 京都.
  35. 立瀬剛志,須永恭子,藤森純子,倉知正佳,鈴木道雄,密田博子. 富山大学自殺対策の実績を踏まえた地域の「支えあいネットワーク」拠点形成事業.富山大学学際交流会; 2014 Mar 10; 富山.

 

 その他

  1. 松岡理, 樋口悠子. 抗精神病薬からみる精神疾患治療 -多様な疾患への適応-. PCP研究会; 2014, Aug 10, 金沢.
  2. 村中泰子, 松下健, 村西舞里子, 山本奈々穂, 前田己沙, 柳原智子, 樋口悠子, 古市厚志, 高橋努, 鈴木道雄. 富山大学における外来SSTの取り組み: 実施前後の社会的スキルの変化. SST普及協会第19回学術集会; 2014 Dec 12-13;
    宮城
  3. 西山志満子:「問題に対処するための考え方とコツ」認知行動療法を取り入れた心の健康づくり教室; 2014 Feb 7; 富山市保健所.
  4. 西山志満子: 「問題に対処するための考え方とコツ」認知行動療法を取り入れた心の健康づくり教室; 2014 Feb 13;八尾保健福祉センター.
  5. 西山志満子:「ストレス対策とメンタルヘルス」. 平成26年度富山市医師会看護メンタルへルス研修; 2014 Dec 14;富山市.
  6. 鈴木道雄. 統合失調症への早期介入の行方. 医報とやま; No.1606, 6-7, 2014
  7. 鈴木道雄. 健康きときと講座: 認知症と家族. VITA; No.98, 16, 2014
  8. 鈴木道雄. 統合失調症における脳構造変化の臨床的意義について. 統合失調症学術講演会; 2014 Apr 24; 前橋.
  9. 鈴木道雄. 認知症の実態と予防について: 認知症を遠ざける生活習慣. 塚原経友会講演会; 2014 Oct 22; 射水.


説明: 説明: Up!