説明: 説明: ○○学校

説明: 説明: 本文へジャンプ

 

研究業績

平成27年の公表論文と学会発表

 

 

◆ 著 書

  1. 鈴木道雄. 今日の治療指2015年版. 山口 徹・北原光夫監修.福井次矢・高木 誠・小室一成総編集.東京:医学書院;2015.統合失調症(初回エピソード); p.960-961.
  2. 鈴木道雄. 標準精神医学第6版.野村総一郎・樋口輝彦監修.尾崎紀夫・朝田 隆・村井俊哉編集.東京:医学書院;2015.統合失調症; p.297-320.
  3. 高橋 努, 鈴木道雄. 精神疾患のバイオマーカー. 中村 純編. 東京: 星和書店; 2015. 第4章, 統合失調症や気分障害のMRの最新知見バイオマーカー(I); p. 45-56.

◆ 原 著

  1. Hiraishi H, Kikuchi M, Yoshimura Y, Kitagawa S, Hasegawa C, Munesue T, Takesaki N, Ono Y, Takahashi T, Suzuki M, Higashida H, Asada M, Minabe Y. Unusual developmental pattern of brain lateralization in young boys with autism spectrum disorder: Power analysis with child-sized magnetoencephalography. Psychiatry Clin Neurosci. 2015 Mar; 69(3): 153-60.
  2. Ito S, Nemoto T, Tsujino N, Ohmuro N, Matsumoto K, Matsuoka H, Tanaka K, Nishiyama S, Suzuki M, Kinoshita H, Ozawa H, Fujita H, Shimodera S, Kishimoto T, Matsumoto K, Hasegawa T, Mizuno M. Differential impacts of duration of untreated psychosis (DUP) on cognitive function in first-episode schizophrenia according to mode of onset. Eur Psychiatry. 2015 Nov;30(8):995-1001
  3. Kikuchi M, Yoshimura Y, Hiraishi H, Munesue T, Hashimoto T, Tsubokawa T, Takahashi T, Suzuki M, Higashida H, Minabe Y. Reduced long-range functional connectivity in young children with autism spectrum disorder. Soc Cogn Affect Neurosci. 2015 Feb; 10(2): 248-54.
  4. Kimura H, Tsuboi D, Wang C, Kushima I, Koide T, Ikeda M, Iwayama Y, Toyota T, Yamamoto N, Kunimoto S, Nakamura Y, Yoshimi A, Banno B, Xing J, Takasaki Y, Yoshida M, Aleksic B, Uno Y, Okada T, Iidaka T, Inada T, Suzuki M, Ujike H, Kunugi H, Kato T, Yoshikawa T, Iwata N, Kaibuchi K, Ozaki N. Identification of rare, single-nucleotide mutations in NDE1 and their contributions to schizophrenia susceptibility. Schizophr Bull. 2015 May; 41(3):744-53.
  5. Otsuka S, Matsui M, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M. The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training for Japanese patients with schizophrenia: a pilot study. Advances in Psychiatry. 2015; Article ID 314804:12 pages.
  6. Posporelis S, Paspali A, Takayanagi Y, Sawa A, Banerjea P, Kyriakopoulos M. Demographic and clinical correlates of suicidality in adolescents attending a specialist community mental health service: a naturalistic study. J Ment Health. 2015 Aug; 24(4):225-9.
  7. Takahashi T, Itoh H, Nishikawa Y, Higuchi Y, Nakamura M, Sasabayashi D, Nishiyama S, Mizukami Y, Masaoka Y, Suzuki M. Possible relation between olfaction and anxiety in healthy subjects. Psychiatry Clin Neurosci. 2015 Jul; 69(7): 431-8.
  8. Takahashi T, Nakamura M, Nakamura Y, Aleksic B, Kido M, Sasabayashi D, Takayanagi Y, Furuichi A, Nishikawa Y, Noguchi K, Ozaki N, Suzuki M. The Disrupted-in-Schizophrenia-1 Ser704Cys polymorphism and brain neurodevelopmental markers in schizophrenia and healthy subjects. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2015 Jan 2; 56: 11-7.
  9. Takayanagi Y, Spira AP, Bienvenu OJ, Hock RS, Carras MC, Eaton WW, Mojtabai R. Antidepressant use and lifetime history of mental disorders in a community sample: results from the Baltimore Epidemiologic Catchment Area Study. J Clin Psychiatry. 2015 Jan; 76(1):40-4. 
  10. Takayanagi Y, Spira AP, McIntyre RS, Eaton WW. Sex hormone binding globulin and verbal memory in older men. AmJ Geriatr Psychiatry. 2015 Mar; 23(3):253-60.
  11. 前田 香,関口真有,堀内 聡,Justin W. Weeks,坂野雄二.Fear of Positive Evaluation Scale日本語版の信頼性と妥当性の検討. 不安症研究. 2015 6(2):113-120.
  1.  

◆ 総 説

  1. 水野雅文、鈴木道雄、松本和紀、中込和幸、下寺信次、盛本翼、岸本年史、川﨑康弘、舩渡川智之、根本隆洋、藤井千代. 地域ケアの時代における精神疾患―早期発見・早期支援の課題と可能性.精神医学. 2015; 57(2): 89-103.
  2. 鈴木道雄. 統合失調症は進行性の脳疾患か? 日本社会精神医学会雑誌. 2015; 24(4): 360-364.
  3. 高橋 努. 統合失調症でみられる脳形態変化 —病態解明から臨床応用に向けて—. こころの科学. 2015; 180: 75-8.
  4. 高橋 努. 精神病発症危険群における脳画像研究. 日本社会精神医学会雑誌. 2015; 24(4): 415-20.
  5.  

◆ 学会報告

  1. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M. Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching in schizophrenia. International Neuropsychological Society 43rd Annual Meeting; 2015 Feb 4-7; Denver, Colorado.
  2. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M. Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching for Japanese patients with schizophrenia.15th International Congress on Schizophrenia Research; 2015 Mar 29 – Apr 1; Colorado Springs, Colorado.
  3. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training in schizophrenia. Symposium [Cognitive rehabilitation and supported employment for persons with schizophrenia], WPA Regional Congress Osaka Japan 2015; 2015 Jun 4-6; Osaka.
  4. Miyanishi T, Higuchi Y, Seo T, Suzuki M, Sumiyoshi T. LORETA current source density for duration mismatch negativity in early schizophrenia and at-risk mental state. Annual Joint Meeting of ENCP, ISNIP and ISBET; 2015 Sep 9-13; Munich.
  5. Sasabayashi D*, Takayanagi Y, Nakamura M, Takahashi T, Furuichi A, Kido M, Nishikawa Y, Katagiri N, Sakuma A, Koike S, Yamasue H, Matsumoto K, Mizuno M, Kasai K, Suzuki M. Cortical thickness changes in individuals at risk of psychosis. 29th European College of Neuropsychopharmacology (ECNP) Congress; 2015 Aug 29- Sep 1; Amsterdam.
  6. Schulze T, Gur R, Sawa A, Schneider F, Koob G,Cuthbert B, Halene T, Chen C, Liu C, Weiss S, Bhatia T, Ibrahim I, Nimgaonkar V, Gur R, Schneider I, Takayanagi Y. Training Aspects of International Research collaborations: Experiences from Multinational Initiatives in Biological Psychiatry between the USA, Europe, Asia, and Africa. 54th Annual Meeting of the American College of Neuropsychopharmacology; 2015 Dec 6-10; Hollywood, Florida.
  7. Suzuki M. Neurobiological basis for psychosis development in adolescence and early adulthood. International Symposium: Adolescent brain & mind and self regulation. Supported by the Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas, MEXT, JAPAN “Adolescent Mind & Self Regulation”; 2015 Nov 1; Tokyo(招待講演).
  8. Takahashi T. Progress in neuroimaging study for prodromal psychosis. In Symposium “An updated prodromal psychosis research in Asia”. WPA International Congress of Psychiatry; 2015 Nov 18-25; Taipei. [invited lecture]
  9. 荒井穂菜美,青木俊太郎,前田 香,二瓶正登,岩野 卓,冨岡奈津代,堀内 聡,坂野雄二.Fear of Negative Evaluation Scale 日本語短縮版の妥当性の検討. 第15回日本認知療法学;,2015 July 17-19; 東京.
  10. 古市厚志,木戸幹雄,掛下幸太,嶋 有希子,中村美保子,大口善睦,藤岡珠美,中村主計,高柳陽一郎,鈴木道雄.炭酸リチウムと降圧薬を併用中にリチウム中毒に至った双極性障害の一例. 第187回北陸精神神経学会; 2015 Jan 25; 金沢.
  11. 古市厚志,松岡 理,中坪太久郎,今村理佐,薮田 歩,山本奈々穂,竹内あゆみ,西山志満子,柴田真由子,宮本嘉明,松井三枝,倉知正佳,鈴木道雄.富山大学附属病院における統合失調症の家族心理教育―介入3年後の転帰調査.第34回日本社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  12. 樋口悠子, 住吉太幹, 瀬尾友徳, 西山志満子, 宮西知広, 鈴木道雄. 統合失調症発症リスク状態におけるミスマッチ陰性電位の縦断的な変化と日常生活技能との関連. 第34回日本社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  13. 樋口悠子, 住吉太幹, 瀬尾友徳, 西山志満子, 鈴木道雄.統合失調症および精神病発症リスク状態におけMMN/P3a/reorienting complexの特徴.第10回日本統合失調症学会; 2015 Mar 27-28; 東京
  14. 樋口悠子、住吉太幹、西山志満子、瀬尾友徳、鈴木道雄.早期統合失調症におけるミスマッチ陰性電位の臨床的意義.シンポジウム4 ミスマッチ陰性電位(MMN)による統合失調症研究. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会; 2015 Nov 5-7; 大阪.(招待講演)
  15. 樋口悠子、住吉太幹、瀬尾友徳、西川祐美子、中村美保子、伊藤博子、西山志満子、水上祐子、鈴木道雄.統合失調症および精神病発症リスク状態に対するω-3不飽和脂肪酸の効果研究.第19回日本精神保健・予防学会; 2015 Dec 12-13; 仙台.
  16. 星野貴俊、越智大輔、松井三枝、大塚貞男、高橋芳雄、鈴木道雄. 統合失調症患者の言語記憶過程における方略利用と脳活動. 前頭葉活動と意味的クラスタリング方略の関連. 第50回北陸心理学会; 2015 Dec 5; 金沢.
  17. 伊藤博子,趙 慶利,近藤 隆,上原 隆,川田秀樹,鈴木道雄,倉知正佳. 抗精神病薬の抗酸化活性−細胞内外の活性酸素消去能および放射線誘発アポトーシス抑制活性について.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会; 2015 Sep 24-26; 東京.
  18. 久島 周,アレクシッチ ブランコ,椎野智子,吉見 陽,大矢友子,木村大樹,Chenyao Wang,高崎悠登,石塚佳奈子,鈴木道雄,糸川昌成,大森哲郎,染谷俊幸,吉川武男,Jingrui Xing,武田雅俊,橋本亮太,岩田仲生,池田匡志,尾崎紀夫. 統合失調症の発症に強い影響を与える稀なゲノムコピー数変異(CNV)の検討.シンポジウム:臨床知に根ざした神経科学を担う人材育成.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会; 2015 Sep 24-26; 東京.
  19. 木戸敏喜, 嶋有希子, 陸田典和, 笹林大樹, 古市厚志, 高柳陽一郎, 髙橋 努, 鈴木道雄. 種々の検査所見から初期レビー小体型認知症が疑われた一例. 第188回北陸精神神経学会; 2015 Jul 26; 福井.
  20. 陸田 典和, 嶋 有希子, 木戸 幹雄, 瀬尾 友徳, 榎戸 芙佐子, 谷野 亮一郎, 田口 芳治, 高嶋 修太郎, 西山 志満子, 高柳 陽一郎, 高橋 努, 鈴木 道雄. 統合失調症として加療されていたFahr病が疑われる一例. 第188回北陸精神神経学会; 2015 Jul 26; 福井.
  21. 中村美保子*, 高橋努, 片桐直之, 佐久間篤, 笹林大樹, 高柳陽一郎, 古市厚志, 木戸幹雄, 西川祐美子, 松本和紀, 水野雅文, 鈴木道雄. At-risk mental stateにおける眼窩前頭皮質の脳溝脳回パターンと脳溝数. 第19回日本精神保健・予防学会学術集会; 2015 Dec 12-13; 仙台.
  22. 二瓶正登,前田 香,青木俊太郎,土屋垣内 晶,矢島順平,坂野雄二.Short Fear of Negative Evaluation scaleの因子構造検討.第7回日本不安症学会学術大会; 2015 Feb 14-15; 広島.
  23. 西山志満子,住吉太幹,樋口悠子,古市厚志,鈴木道雄.認知行動療法により認知機能が改善したUltra High Riskの一例.第34回日本社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  24. 西山志満子,高橋 努,樋口悠子,西川祐美子,古市厚志,松岡理,數川 悟,引網純一,住吉太幹,川﨑康弘,倉知正佳, 鈴木道雄.富山県におけるUltra High Riskを対象とした早期介入の実践と課題.第34回日本社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  25. 西山志満子,高橋 努,樋口悠子,水上祐子,鈴木道雄.Ultra-High Clinical Risk of Psychosisにおける萌芽的自我障害の縦断比較.第19回日本精神保健・予防学会学術集会; 2015 Dec 12-13; 仙台.
  26. 岡田直大, 福永雅喜, 山下典生, 越山太輔, 山森英長, 大井一高, 安田由華, 藤本美智子, 渡邉嘉之, 八幡憲明, 根本清貴, 磯部昌憲, 磯村周一, 夏堀龍暢, 成田 尚, 橋本直樹, 宮田 淳, 小池進介, 高橋 努, 山末英典, 松尾幸治, 鬼塚俊明, 飯高哲也, 吉村玲児, 渡邉義文, 鈴木道雄, 武田雅俊, 尾崎紀夫, 笠井清登, 橋本亮太ENIGMA-SZJ:統合失調症の皮質下体積のメタアナリシス. 第37回日本生物学的精神医学会; 2015 Sep 24-26; 東京.
  27. 越智大輔, 松井三枝, 大塚貞男, 星野貴俊, 石井政栄, 樋口悠子, 高橋 努, 鈴木道雄. 統合失調症における記憶の組織化と前頭前野の脳活動-NIRSによる検討. 第10回日本統合失調症学会; 2015 Mar 3, 27-28; 東京.
  28. 越智大輔、松井三枝, 高橋芳雄、大塚貞男、星野貴俊、石井政栄、笹林大樹、樋口悠子,高橋努、鈴木道雄. 統合失調症患者における記憶体制化に関わる脳機能の検討. 第18回日本光機能イメージング学会; 2015 Jul 22; 東京.
  29. 笹林大樹*, 西山志満子, 古市厚志, 瀬尾友徳, 嶋有希子, 藤岡珠美, 山口幸志, 高柳陽一郎, 鈴木道雄. 入院による集中的な認知行動療法により重度の生活障害が改善した強迫性障害の1例. 第187回北陸精神神経学会; 2015 Jan 25; 金沢.
  30. 笹林大樹*, 高柳陽一郎, 中村美保子, 高橋努, 古市厚志, 木戸幹雄, 西川祐美子, 片桐直之, 佐久間篤, 小池進介, 山末英典, 松本和紀, 水野雅文, 笠井清登, 鈴木道雄. At-risk mental stateにおける大脳皮質厚の変化. 第10回統合失調症学会;2015 Mar 27-28; 東京.
  31. 瀬尾友徳,八島不二彦,今井優子,原澤さゆみ,野原美幸,村井由紀,竹澤みどり,立浪勝,鈴木道雄,喜田裕子,北村潔和.富山大学における学生支援ー自殺防止を中心とした取り組み―.第34回日本社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  32. 住吉太幹、宮西知広、樋口悠子.LORETA current source density for duration mismatch negativity in early schizophrenia and at-risk mental state. シンポジウム8  LORETAの新展開. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会; 2015 Nov 5-7; 大阪(招待講演)
  33. 鈴木道雄. 会長講演; 統合失調症は進行性の脳疾患か?第34回日本社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山(招待講演).
  34. 鈴木道雄. 教育講演; 精神疾患における脳構造画像の臨床的意義.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会; 2015 Sep 24-26; 東京(招待講演).
  35. 鈴木道雄. 脳についての研究成果を当事者や家族とこう共有する.シンポジウム:精神疾患についての研究の成果を当事者や家族と共有するための工夫.第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会; 2015 Sep 24-26; 東京(招待講演).
  36. 高橋 努, 樋口悠子, 西川祐美子, 西山志満子, 水上祐子, 中村美保子, 笹林大樹, 伊藤博子, 鈴木道雄. 統合失調症における嗅覚機能の障害. 第10回日本統合失調症学会; 2015 Mar 27-28; 東京.
  37. 高橋 努, 西川祐美子, 中村美保子, 笹林大樹, 樋口悠子, 水上祐子, 西山志満子, 伊藤博子, 鈴木道雄. At-risk mental stateにおける嗅覚機能の障害. 第19回日本精神保健・予防学会学術集会; 2015 Dec 12-13; 仙台.
  38. 高橋芳雄、松井三枝、越智大輔、小野田佑美、石井政栄、三浦佳代子、上野照子、大塚貞男、古市厚志、笹林大樹、樋口悠子、高橋努、鈴木道雄. 統合失調症の認知機能改善療法による神経可塑性の寄与に関する予備的検討. 第15回精神疾患と認知機能研究会; 2015 Nov 14; 東京.
  39. 高柳陽一郎. 疫学調査における、精神疾患と身体疾患の生涯有病率の推定の精度に関する研究. 第34回社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  40. 高柳陽一郎. 抗うつ薬の使用と精神疾患の生涯有病率に関する疫学研究 -米国の地域疫学調査より. 第34回社会精神医学会; 2015 Mar 5-6; 富山.
  41. 高柳 陽一郎, Petersen L, Laursen T, Cascella G, Sawa A, Mortensen B, Eaton W.  Small for gestational age 及び成人早期の身長と統合失調症スペクトラム障害/気分障害の発症リスクとの関連に関する研究. 第10回日本統合失調症学会; 2015 Mar 27-28; 東京.
  42. 高柳 陽一郎, Kulason S, 笹林 大樹, 中村 美保子, 高橋 努, 古市 厚志, 木戸 幹雄, 西川 祐美子, 片桐 直之, 佐久間 篤, 松本 和紀, 水野 雅文, Ratnanather T, 鈴木 道雄. Labeled Cortical Distance Mappingを用いた、精神病発症高リスク群における前部帯状回と中前頭回の形態研究. 第37回日本生物学的精神医学会; 2015 Sep 24-26; 東京.
  43. 高柳陽一郎. 精神病発症リスク状態の脳形態画像:発症予測の可能性について. シンポジウム1: 早期精神病の画像研究Update. 第19回日本精神保健・予防学会学術集会; 2015 Dec 12-13; 仙台 (招待講演).

◆ その他

  1. 古市厚志.長期間の経管栄養から離脱できたレビー小体病の一例.文部科学省・課題解決型高度医療人材養成プログラム 北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ) 第2 回デメンシアカンファレンス; 2015 May 27; 富山.
  2. 樋口 悠子、住吉 太幹、伊藤 博子、西山 志満子、水上 祐子、鈴木 道雄.統合失調症および精神病発症リスク状態に対するω-3不飽和脂肪酸の効果研究.第48回精神神経系薬物療法治療研究報告会; 2015 Dec 4; 大阪.
  3. 西山志満子,鈴木道雄:ARMS CBT事例検討.日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合委託事業Health and Labour Sciences Research Grants for Comprehensive Research on Persons with Disabilities「精神疾患患者に対する早期介入とその体制の確立のための研究」班 平成27年度 第1回班会議; 2015 Sep 19; 東京.
  4. 西山志満子,鈴木道雄:ARMS CBT事例検討2.日本医療研究開発機構(AMED) 障害者対策総合委託事業Health and Labour Sciences Research Grants for Comprehensive Research on Persons with Disabilities「精神疾患患者に対する早期介入とその体制の確立のための研究」班 平成27年度 第2回班会議; 2015 Dec 26; 東京.
  5. Suzuki M. Editorial; Targets in schizophrenia. Psychiatry Clin Neurosci. 2015 May; 69(5):241-2.
  6. 鈴木道雄. 巻頭言; 電気けいれん療法の歴史と今後. 精神神経医学雑誌. 2015; 117(2): 77.
  7. 鈴木道雄.統合失調症の脳構造画像研究からわかったこと.SSTニューズレター. 2015; 27(2): 2-10.
  8. 鈴木道雄.第34回日本社会精神医学会を主催して.日本社会精神医学会雑誌. 2015; 24(3): 261-262.
  9. 鈴木道雄. 巻頭言; バイオマーカー研究について. 日本生物学的精神医学会誌 2015; 26(3): 127.
  10. 鈴木道雄. 認知症の予防と治療. 富山県いきいき長寿大学;すこやか健康講座;2015 Jun 30; 富山
  11. 鈴木道雄. 認知症の予防と治療. 富山県いきいき長寿大学;すこやか健康講座;2015 Jul 10; 高岡
  12. 鈴木道雄.認知症の診断と治療:レビー小体型認知症を中心に.糸魚川市医師会学術講演会;2015 Jul 16; 糸魚川
  13. 高橋 努. 統合失調症の疾患経過中にみられる脳形態変化. 第4回教員研究交流会; 2015 Jan 22; 富山.
  14. 高橋 努. 精神病性障害の早期神経発達指標に着目した脳形態画像研究. 第11回統合失調症研究会; 2015 Feb 14; 東京.
  15. 高橋 努. 精神疾患の脳画像解析研究 —病態解明から臨床応用に向けて—. 第32回とやま賞受賞記念講演会; 2015 May 26; 富山.
  16. 高柳陽一郎. 抗精神病薬服用者の肥満. 日本医事新報. 2015; 4767: 65-66.


説明: 説明: Up!