富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

一般演題 1: 手術手技機器の開発と工夫 (1) 9:45〜10:15 発表5分、討論2分

座長: 永廣信治

1A2-1

後頭動脈をdonorとするバイパスのための後頭動脈剥離と局所解剖
Topographical microanatomy of suboccipital muscles and occipital artery for occipital arterial bypass

谷川緑野 TANIKAWA Rokuya
杉村敏秀,日野 健,泉 直人,三井宣幸,山内朋裕,橋本政明,橋爪 明*,藤田 力**

特別医療法人明生会 網走脳神経外科リハビリテーション病院、桂が丘クリニック*、美幌クリニック**

OA-PICAバイパスなどのような後頭動脈をドナーとするバイパスを行う際の後頭動脈剥離は,後頭動脈が後頭下筋群の間を走行していることにより,解剖学的把握が比較的難しく,各筋肉の同定自体が術野では難しい場合があるため,十分な長さの後頭動脈を短時間で剥離することが困難であると指摘されることが多い.後頭動脈を効率よく容易に剥離するための微小外科解剖の把握と,われわれの行っている工夫について実際の剥離テクニックを供覧し検討する.皮切は対象病変によって多少変更されるが基本的にはretromastoid C shape skin incisionで,sternocleidomastoid, splenius capitus, semispinalis capitus, longisusmus capitus, oblique capitus sup, rectus capitus posterior major, minorの各筋肉の同定と停止骨からの剥離温存がkey pointとなる.この際後頭動脈がspleniusとsemispinalisの間のレイヤーを静脈叢とともに走行しているのを同定し,longisusmusの外側前方まで剥離をする必要がある.手術の実際を供覧する.


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム