富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

一般演題 2: 手術手技機器の開発と工夫 (2) 10:15〜10:45 発表5分、討論2分

座長: 甲村英二

1A3-1

Craniotomy 用 spiral cutter の改善、工夫
New spiral cutter for craniotomy

畑中光昭 HATANAKA Mituaki
尾金一民、昆 博之 、金森政之

十和田市立中央病院 脳神経外科

目的:cosmetic cranioplasty をめざし、craniotomy を工夫してきたが、そのひとつとして骨切溝幅を細くするため、骨切溝幅1mmのsmaller spiral cutter を作製、使用してきたが、骨の厚さにより、切れ味が一様でないため、切れ味の改善、工夫をし、螺旋を変えることにより、切れ味がより良い、安定したものをえたので、報告する。方法:脳神経外科用のcutterは術中カッターが自走せず、ドリルの方向制御を容易とするため左回りの刃の形態をとっている。難点は右回りと比べて切れ味が劣ることであった。そこで、切れ味を向上するため、工業用のcutter がドリルと同回転の右回りの刃の形態になっていることをヒントとして右回りのspiral cutterを作製した。難点としてのカッターが自走する可能性があるため、4人の術者でドリルの安全性と切れ味を評価した。結果:1.実験結果では左回りに比してシャープなcutting、自走による方向調整は難点が無かった。2.臨床的にも、骨の厚さの違いを含めて4術者とも切れ味の良さ、自走による方向制御の困難性が無いことが評価された。結論:spiral cutterの螺旋の方向を変えることにより、細いcutter の切れ味を向上させることができた。ドリルの自走、硬膜損傷、ドリルの破折も従来のcutterより少ないと思われた。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム