富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

一般演題 2: 手術手技機器の開発と工夫 (2) 10:15〜10:45 発表5分、討論2分

座長: 甲村英二

1A3-2

より簡便、安全な頚椎椎弓形成術を目指して
A more simple and safer cervical laminoplasty

西 正吾 NISHI Shogo
湯川弘之、川那辺吉文

高槻赤十字病院 脳神経外科

(目的)頚部脊柱管狭窄症CCSを持つ頚椎症や椎間板ヘルニアに対する椎弓形成術は盛んに行われている。CCSに対しては椎弓切除術から始まり、更に椎弓開放、自家骨・セラミック椎弓スペーサーを用いた椎弓形成術が行われるようになった。当初、椎弓形成術として項靱帯を温存し、正中観音開きにて椎弓スペーサーを糸にて固定してきた。糸を用いた椎弓スペーサーの固定の煩雑さからスクリューを用いた手法も出てきた。今回、我々の椎弓形成術を提示するとともに、スペーサー把持器更にはノギス、椎弓番号、ゴムフックなどにも工夫を凝らしたので紹介する。 (対象と方法)基本的にはC3-7までほぼ左右1cm幅で溝を設け正中切離後、弾力性を保ちつつ蝶番形成を行っている。その後、正中切離部硬膜側をドリルした後、スペーサーを固定する。横掴み把持器では椎弓とスペーサーの接合部が把持器の影となり見にくく手技に困難を要していた。そこで、横掴み方式を全く改め、硬膜に向かって前後掴みにする把持方式にした。CCS20例に応用した。(結果と考察)把持器を前後方式にすることでネジ穴作製時やスクリュー挿入時に直視可能となり安定した手技が可能となった。把持器の形状はスマートで手術時の体位で頚部を多少伸展してもつかえることなく椎弓スペーサーの離脱が可能で、固定をより簡便に行うことができた。又、ノギス、番号、ゴムフックも有用であった。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム