富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

シンポジウム 2: 脳動脈瘤に対する基本的手術手技 16:40〜18:00

座長: 端 和夫、渡辺一夫

1A5-1

基本的なマイクロハサミの使い方
Basic procedure for micro scissors

原田洋一 HARADA Yoichi
中村俊孝、瀧澤克己、古明地孝宏、浅岡克行、佐藤正夫、上山博康

旭川赤十字病院 脳神経外科

(目的)上山式マイクロ箭刀を用いたクモ膜剥離の基本的手技を紹介する。(方法)このハサミは中腹が膨らみを持った薙刀状をしており、刃先まで微妙な弧を描く。この形状により切開時の刃先の視認性に優れ、ただ単に切開するだけでなく他の用途にも応用可能である。使用時には骨縁、筋肉などを利用して手指を固定する。マイクロ下において拡大下で間裂を正確に同定することを基本とし、剥離を始める。クモ膜を単に切開するだけでなく、1.刃先を用いてクモ膜を拡げtrabecullaeにする、剥離子としての使い方。2.刃の中腹を使って血管を押さえスペースを作る。3.刃先でクモ膜をつかむように把持して、割くように剥離する。4.刃先を中開きにしてカッターのように押し切る使い方。等がある。今回はハサミに焦点を絞ったが、脳ベラと吸引管での適切な補助を強調したい。Interhemispheric approachとpterional approachでの実際の使用例を提示する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム