富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

シンポジウム 2: 脳動脈瘤に対する基本的手術手技 16:40〜18:00

座長: 端 和夫、渡辺一夫

1A5-2

シルビウス裂開放に関する留意点:術者教育の視点から
Opening sylvian fissure; teaching point of view

清水宏明 SHIMIZU Hiroaki
藤原 悟、冨永悌二*

広南病院 脳神経外科、東北大学大学院 神経外科学分野*

シルビウス裂開放手技に関する当科の留意点を主に術者教育の視点から報告する。前頭側頭開頭において前頭蓋底、蝶形骨縁を十分削除すると、シルビウス裂を脳表面から頭蓋底面移行部まで直視できる。distal approachではこの部の1-2cm末梢から開け始める。1)くも膜は鋭的剥離を基本とするが、太い血管とくも膜の剥離などでは鈍的操作を適宜併用。2)操作点のくも膜を緊張させるが、必ずしも広い範囲のくも膜を緊張させる必要はなく、吸引管による軽いretractionで十分なことが多い。脳ベラの使用は必要十分かつ必要最小限に。3) 太い動静脈はもちろん細い血管も、前頭葉、側頭葉のいずれに属するか判定したうえで血管のどちら側を剥離するか選択。非常にtightな場合は一カ所でinsula表面まで入ったあと深部から表面へと剥離。4) 前頭葉表面からsphenoparietal sinusに入る静脈が前頭葉の可動性を規定することが多い。前頭葉側の剥離では限界があり、sinusに入る部分周囲のくも膜の切開がより重要。必要あれば合流する側頭葉側のシルビウス静脈を側頭葉から剥離。5) 深部では前頭葉底部からの静脈が障害になりうるが十分剥離すると温存可能である。6)最終形はシルビウス裂が前頭葉底面となす角を軽くretractしてIC, A1, M1-2を一望できる視野を得ることであることを常に念頭におく。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム