富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

シンポジウム 2: 脳動脈瘤に対する基本的手術手技 16:40〜18:00

座長: 端 和夫、渡辺一夫

1A5-3

Pterional approachのknow how:その基本と応用
Standard and Variation of the Pterional approach

塩川芳昭 SHIOKAWA Yoshiaki

杏林大学 脳神経外科

Pterional approachは、脳神経外科手術で最も汎用性に富む基本手技であり、その本質はSylvius裂の充分な開放にある。脳表から深部に至るまでSylvius裂を広くかつ深く開くことが基本で、洗浄付き吸引管とマイクロハサミによるクモ膜の鋭的切開を行う。Standard openingとしては、開頭時のsphenoidotomyはmeningo-orbital bandが露出されるまで行い、Sylvius裂開放の範囲は末梢のM2からC2が露出されるまでとする。病変の存在部位に応じてpterional approachは以下の四方向に発展しうる。(1) Look-down: 低位の脳底動脈先端部や脚間槽病変。extradural anterior clinoidectomy、必要によりこれにPosterior clinoidectomyを加える。(2) Look-up: 高位の脳底動脈先端部や脚間槽病変。Orbitozygomatic craniotomy (3) Medial: 前交通動脈瘤。前頭葉A1 と M1が穿通枝だけでつながる状態までを頭蓋底から剥離し、interhemispheric fissureを開く。(4) Lateral: 脳底動脈先端部や脚間槽、内頚動脈後方病変。内頚動脈とM1およびその分枝を側頭葉から剥離して、ambient cisternに至る。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム