富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 4: 周術期合併症予防及び美容上の配慮 (2) 10:20〜10:50 発表5分、討論2分

座長: 藤津和彦

1B2-1

未破裂脳動脈瘤に対するpterional keyhole approach
Pterional keyhole approach for unruptured cerebral aneurysms

早瀬一幸 HAYASE Kazuyuki
佐々木雄彦 渡部寿一 中川原譲二 中村博彦

中村記念病院 脳神経外科

【目的】未破裂脳動脈瘤の開頭クリッピング術において、低侵襲で美容的配慮を行った開頭の工夫は様々になされているが、手術の安全性、汎用性の確保も重要である。我々はpterional approachの基本コンセプトを損なうことなく低侵襲で行える手術手技について報告する。【対象】未破裂脳動脈瘤9例。中大脳動脈瘤6例、内頸動脈瘤2例、前交通動脈瘤と中大脳動脈瘤の合併が1例である。【方法】皮切はhair lineとlinea temporalisが交差する部位から耳介前上端部の前方に至る約10cmの弧状で、側頭筋膜を皮切に沿って切開し、皮弁と同様に反転させる。側頭筋を横断することなく、筋繊維に沿って分けpterionを露出し、keyholeをpterionからlesser wingに続く部位に前頭葉と側頭葉の硬膜が見えるように開け、直径約4cmの骨窓を作製する。硬膜切開後は通常の顕微鏡操作でクリッピング術を行い、閉頭の際には硬膜上、頭皮下ドレーンは挿入しない。【結果】全症例でクリッピング術は可能であり、術後早期の創部腫脹はなく、顔面神経の温存もでき、美容上で顕著になりやすい頬骨弓上縁近傍での側頭筋萎縮はなかった。【結語】本手術法はpterional approachの基本である蝶型骨小翼を削除したスペースを利用してのtranssylvian approach、および低侵襲で美容上の問題点を軽減することが可能であった。今後症例を重ね、他部位の動脈瘤へ適応範囲を拡大し、患者満足度の上昇につなげたい。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム