富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 4: 周術期合併症予防及び美容上の配慮 (2) 10:20〜10:50 発表5分、討論2分

座長: 藤津和彦

1B2-4

内視鏡下浅側頭動脈剥離術
Endoscopic assisted harvesting of the superficial temporal artery

久保重喜 KUBO Shigeki
長谷川洋、富永紳介*、吉峰俊樹**

富永病院 脳神経外科・神経内視鏡センター、富永病院 脳神経外科*、大阪大学 医学部 脳神経外科**

【目的】STA-MCA double anastomosisにおいてSTA頭頂枝,前頭枝の剥離のために種々の皮切デザインがあるが,頭皮の壊死,脱毛を予防するためにはsingle cutdown incisionが望ましい.そこでわれわれはSTA頭頂枝上においた必要最小限の線状切開から内視鏡を用いSTA前頭枝を剥離することを行っている.【方法】開頭部を想定してSTA頭頂枝に沿って約8cmの線状切開をおきSTA頭頂枝を剥離した.次いで,皮切部から直径4mm,長さ18cmの硬性鏡 (HOPKINS II, Karl Storz) を装着したOptical Retractor (Karl Storz) を挿入しこれを左手にて保持し,右手にてSTA前頭枝の剥離を行った.次いで,皮切部に約4cmの開頭を行いSTA-MCA double anastomosis を施行した.【結果】術野は狭いがやや長めの剥離子,剪刀にて剥離可能であり,側枝からの出血もバイポーラにて止血可能である.6〜8cmの前頭枝が30分程度の時間で剥離可能である.当方法により術後頭皮の壊死は認めず脱毛もきわめて少なくなった.【結論】当方法は必要最小限の皮切を採用するため,美容上も好ましくless invasive methodといえる.離れた部位に置いた皮切から十分な長さのSTAが剥離できるため手術の自由度を高めることができ,種々の血行再建手術に応用可能である.


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム