富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 5: 脊椎 Instrumentation の正しい使い方 15:20〜16:05 発表5分、討論2分

座長: 中川 洋

1B3-2

Olerud Cervical Sytem の正しい使い方
Tips for proper use of Olerud Cervical System

高安正和 TAKAYASU Masakazu
高木輝秀、錦古里武、岩味健一郎

岡崎市民病院 脳神経外科

頸椎後方固定のinstrumentのうちOlerud Systemは頸椎に打ち込んだ各種anchor screwをロッドに締結することにより強固な固定が得られる。ただしこの締結が煩雑であり工夫を要する。我々の経験からOlerud Systemの正しい使い方について報告する。(対象と方法)1997年よりは33例に使用し、中下位頸椎固定の1例を除くとすべて頭蓋頸椎移行部であった。システムはinstrumentの支柱となるrod、固定用のanchor screw、これらの締結のためのconnectorからなる。このconnecting systemの自由度のため、各種anchor screw (transarticular, pedicle, Magerl, lateral mass等)を後でロッドに締結することができる点が最大の利点であり、締結の際の煩雑さが最大の欠点でもある。(結果)全例で良好な固定が得られた。RAの1例のみ2年後C2/3 transarticular screwのlooseningを来たし、再手術を行った。その他の合併症は一側のC2 pedicel screwの破損1例、後頭部のロッドによる褥瘡2例であった。(結論)Olerud Systemは優れたinstrumentであるが、ロッドとの締結を考慮したスクリュー挿入、後頭部のロッドによる褥瘡予防等に工夫が必要である


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム