富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 5: 脊椎 Instrumentation の正しい使い方 15:20〜16:05 発表5分、討論2分

座長: 中川 洋

1B3-3

頸椎症に対する術式選択〜RABEA (titanium cage)を用いた前方固定術と経椎体法の比較
Slection of anterior approach-using RABEA or transvertebral approach

木暮一成 KOGURE Kazunari
井須豊彦**、小林士郎、寺本 明*

日本医科大学 付属千葉北総病院 脳神経センター、日本医科大学 脳神経外科*、釧路労災病院 脳神経外科**

【目的】変形性頸椎症に対する手術法につき、当科におけるinstrumentationの適応も含め考察した。【方法】変形性頸椎症に対して経椎体法を主に適応してきたが、著明なkyphosisがあり、aliamentの矯正が望まれる症例にRABEA (SIGNUS社製) を用いて前方除圧固定術を施行した。RABEAは長方体、打ち込み型のtitanium cageでこれまでに11例につき、頸椎頸髄症スコア(日整会)、可動域、彎曲指数、また手術椎間のdisc height,椎体の高さの変化等踏まえ、経椎体法と比較した。【成績】RAVEAは接地面積が大きく安定した固定性を持ち、またangle typeの使用によりkyphosisの改善に寄与できると考えられる。術後可動域平均52.7、彎曲指数3.1と明らかな後彎形成はなく短期間のfollow upではあるがsinkingなどの問題もない。【結論】1.経椎体法は椎体の変形、後彎形成はなく、低侵襲手術の一つであり、多椎間病変に適応しても問題はない。また外側病変には良い適応となる。2.経椎体法は術前からkyphosisを呈する例、重篤な脊髄症状を呈する例では適切でなく、ariamentを矯正する固定術を追加すべきである。3.RABEA titanium cageは安全かつ有用なinterbody fusion instrumentである。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム