富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 6: 術中モニタリング 16:05〜16:40 発表5分、討論2分

座長: 堀 智勝

1B4-3

術中VEPモニタリングの工夫
New approaches to intraoperative monitoring of visual evoked potential

佐々木達也 SASAKI Tatsuya
板倉 毅、堀内一臣、遠藤勝洋、佐久間潤、鈴木恭一、松本正人、児玉南海雄

福島県立医科大学 脳神経外科

目的:我々は術中の視覚誘発電位 (VEP)のモニタリングを行ってきたが、前頭側頭部の皮弁の翻転後に記録ができなくなったり、麻酔薬の影響と思われる振幅や潜時の変動がみられ、記録ができたとしてもモニタリングとして有用とはいえなかった。そこで、光刺激装置の光量を増やし、網膜誘発電位を加え光が網膜に到達していることを確認できるようにし、麻酔も誘発電位に影響の少ないプロポホールを用い、術中VEPの記録率を上昇させ得るか否かを検討した。対象および方法:対象は2004年1月以降、従来の約5倍の光量を有する発光ダイオードを用いた光刺激装置を用い、網膜誘発電位を記録し、プロポホール麻酔下に術中VEPの記録を試みた25例である。内訳は視神経近傍の腫瘍と動脈瘤が各々10例、側頭・後頭葉腫瘍5例で、開頭手術が24例、経蝶形骨洞手術が1例であった。皮弁の翻転後に網膜電位が消失または減弱する症例では皮弁の翻転程度を変えたり、光刺激装置の方向を変えて対応した。結果:25例中20例で安定したVEPの記録が可能であった。5例では安定した記録が得られなかったが、うち4例は術前から高度の視力・視野障害を認め、術前のVEPの振幅が小さかった症例であった。 結論:従来より明るい光刺激装置を試作し、プロポホール麻酔を用い、網膜誘発電位も参考にしたところ、従来より高率に術中VEPが記録できるようになった。今後さらに記録できる確率が高くなれば、定常的なモニタリングとして使用できるものと期待している。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム