富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 7: 手術手技機器の開発と工夫 (3) 16:40〜17:10 発表5分、討論2分

座長: 寺本 明

1B5-2

経鼻的下垂体腫瘍摘出術の基本アプローチと工夫
Basic transsphenoidal approach and its variation for pituitary tumors

岡 秀宏 OKA Hidehiro
宇津木聡、清水 暁、鈴木祥生、倉田 彰、藤井清孝

北里大学 医学部 脳神経外科

【目的】今回我々は、下垂体腫瘍に対する基本的なSublabial Transsphenoidal Approach(Hardy法:STA)と最近我々が行っているTransnasal Transsphenoidal Approach(TTA)の工夫について報告する。【対象・方法】演者が過去5年間に行ったSTAの42例とTTAの73例を比較した。従来のSTAはHardy法に準じた。TTAは右鼻腔内よりアプローチし、鼻中隔深部(Vomerの手前1cm)の鼻粘膜に約1cmの縦切開を置き、ノミにより骨性中隔を骨折させる。鼻鏡挿入後Vomerをドリル(レジェンドシステム)を使用し、摘出後蝶形骨洞内に到達。この際ドリルでVomerの外側を充分削除し、蝶形骨洞内のトルコ鞍の左右が充分確認出来るようにする。トルコ鞍底は上下左右に充分開放し、硬膜を開放後腫瘍摘出を行う。【結果】TTAの利点は(1)トルコ鞍までの到達時間の短縮、(2)鼻中隔穿孔がない、(3)正中の確認が容易、(4)粘膜損傷が少なく、術前と同様の粘膜構造を維持できる、(5)術後の鼻腔パッキングは手術側のみで翌日には除去可能である。一方、欠点はSTAより狭いことがあげられたが現在がドリルによる蝶形骨洞前壁の拡大削除により、深部ではSTAと同様の視野をえることが出来る。【結論】従来のSTAを改良し、経鼻的アプローチでありながらSTAに類似した視野の確保が可能な我々のTTAについて、その有用性について報告した。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム