富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)C会場: 富山全日空ホテル 3階 ホワイエ

ポスター 1: 手術機器・手術法の開発と工夫 14:45〜15:15 発表3分、討論2分

座長: 伊関 洋

1C1-3

Microknifeとして注射針を使用するためのneedle holderの開発
Needle holder for disposable injection needle used as a microknife

岡部慎一 OKABE Shinichi
佐藤明善、伊藤 聡、金子庸生、北島 悟、原田直幸

聖麗メモリアル病院 脳神経外科

注射針の先端をmicroknifeとして使用することにより、微細な組織の剥離切開が容易となる。しかし、今まで注射針の保持に適するものがなく、モスキート鉗子などを利用していたが、その安定性が充分ではなかった。そこで、容易に注射針を着脱可能なステンレス製バイオネット形のneedle holderを開発した(欧和通商)。このholderにより、必要時直ちに注射針をmicroknifeとして使用可能となった。クモ膜の切開、クモ膜、脳表、硬膜からの静脈剥離、動脈瘤と癒着血管の剥離、深部硬膜の切開など用途は多い。注射針の刃の方向も自由に向けることが出来るため、深部手術時の操作性に優れている。深部操作で、注射針の先端が見にくい時には、注射針の途中を曲げて使用することにより、容易に操作部分を視野に入れることが出来る。Needle holderの有用性について、実際の使用状況を報告する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム