富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)C会場: 富山全日空ホテル 3階 ホワイエ

ポスター 1: 手術機器・手術法の開発と工夫 14:45〜15:15 発表3分、討論2分

座長: 伊関 洋

1C1-4

脳室ファイバースコープ用ストローシースの開発
Development of a plastic straw sheath for a ventricular fiberscope

久保重喜 KUBO Shigeki
長谷川洋、富永紳介*、吉峰俊樹**

富永病院 脳神経外科・神経内視鏡センター、富永病院 脳神経外科*、大阪大学 医学部 脳神経外科**

【目的】ファイバースコープを側脳室内に導入する際に使用するピールアウェイシースにはいくつかの問題点がある.我々はこれらの問題点に対処すべく,市販のプラスチックストロー,挿管チューブのスタイレット・ストッパー,脳室ドレナージチューブを利用して低コストの簡便な導入シースを開発し昨年の本学会にて発表した.その後,当シースに若干の改良を加え操作性を改善したので報告する.【方法】八光メディカルの協力によりプラスチックストローシース(外径6mm)の先端を先細とし,ガイドとして使う脳室ドレナージチューブ(外径5mm)との間の間隙をなくした.脳室ドレナージチューブには1cm刻みの目盛をつけ,シースストッパーの上面には縫合糸がかかりやすくするため凹凸をつけた。【結果・考察】シースの脳室内導入に際しては,脳室内に留置したドレナージチューブをガイドとしてその上を滑らせて導入するが,先細シースとすることにより導入の際の脳損傷の危険性が減少した.また,目盛付ドレナージチューブによりドレナージチューブ挿入の際の脳損傷の危険性も軽減した.さらに,シースストッパーの上面の凹凸により頭皮にかけた縫合糸が滑りにくくなった.今後さらに改良を加えて製品化を目指したい.


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム