富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)C会場: 富山全日空ホテル 3階 ホワイエ

ポスター 1: 手術機器・手術法の開発と工夫 14:45〜15:15 発表3分、討論2分

座長: 伊関 洋

1C1-5

V-Pシャントの腹部開創におけるラッププロテクターの使用経験
Possible availability of Wrap Protector for abdominal wound during V-P shunt procedure

伊勢田恵一 ISEDA Keiichi
合田雄二

高知県立安芸病院 脳神経外科

V-Pシャント術の手術手技はすでに確立されたものであるが、依然、ある一定の確率で、シャント機能不全・シャントシステム感染が発生する。今回我々は、腹腔鏡下手術などの腹部外科領域で使用されているラッププロテクターを、腹部の開創器として使用してみたので報告する。
ラッププロテクターは、変形可能な円形リングを上下にもつ円柱状のdeviceである。腹部切開創の皮膚と腹直筋下部を上下のリングで挟む様な形で挿入する。利点として、1)3cmほどの小切開で、十分広く腹膜を露出可能、2)筋鈎などの開創器は不要なので、1人で腹部操作可能、3)皮下脂肪の厚いケースでも術野を浅くできる、4)術中、創部周辺の皮膚を密封できるので感染対策としても有用、などが挙げられる。
些細なことではあるが、V-Pシャント術症例数は多い為、腹部開創器としてラッププロテクターは有用であると思われた。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム