富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

シンポジウム 3: 血管内治療における塞栓材料の正しい使い方 10:10〜11:20

座長: 長尾 省吾、宮地 茂

2A3-1

PVAの基礎知識と使用法
Embolization using PVA particles -basic knowledge and proper usage-

杉生憲志 SUGIU Keiji
徳永浩司、渡邊恭一、佐々原渉、伊達 勲

岡山大学 脳神経外科

脳神経血管内治療において種々の塞栓物質が使用されているが、polyvinyl alcohol (PVA) particleは粒子系塞栓材料の代表的なものとして広く認知されている。対象となる疾患は主に髄膜腫などの富血管性腫瘍、硬膜動静脈奇形、脳脊髄動 静脈奇形などが挙げられる。粒子系塞栓物質は一般にそのサイズによって塞栓効果 や合併症が規定される傾向が強いため、病変部及びその周囲の正常解剖に熟知した 上で、適切なサイズの粒子を選択することが重要である。またPVAの特徴として、粒 子が不整形で凝集しやすいためカテーテルの選択を含めて注意が 必要である。 PVAは生体内で分解されず、Gelform等に比較して再開通しにくいと言われている が、現実には再開通することはよく知られており永久 的塞栓物質とは考えない方が よい。我々が実際に行っている塞栓術を紹介しながら、PVAの基礎知識と使用法について解説を加えたい。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム