富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

シンポジウム 3: 血管内治療における塞栓材料の正しい使い方 10:10〜11:20

座長: 長尾 省吾、宮地 茂

2A3-5

硬膜動静脈瘻に対する根治的経動脈的塞栓術ーNBCAの正しい使い方
Transarterial NBCA embolization of dural arteriovenous fistulas

村尾健一 MURAO Kenichi

国立循環器病センター 脳神経外科

硬膜動静脈瘻(dAVF)に対しては、経静脈的にシャント部分を閉塞するのが根治的である.しかし経静脈的ルートの無い症例や、静脈洞が正常灌流をもつ症例では治療が困難となる.このような症例に対し、液体塞栓物質による経動脈的塞栓術(TAE)を行い良好な治療結果を得ている.代表例をビデオで呈示し、合併症を出さずに根治を得るための方法につき考察する.n-butyl cyanoacrylate (NBCA)を用いる際には、シャント流量 、シャントまでの距離、NBCA 濃度、注入速度等、種々の因子が関与する.TAEのみで根治を得るには、NBCAを注入する動脈を選び、その他の流入動脈を近位部で閉塞しできる限りシャント流量を減らしたのち、シャント近傍まで誘導したマイクロカテーテルから低濃度(20%前後)のNBCAを静脈側まで注入する必要がある.そのためには、脳神経への血液供給と頭蓋内外の血管吻合(dangerous anastomosis)に関する正確な知識が要求され、更に液体塞栓物質への習熟を要する.


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム