富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

企画シンポジウム 2: 手術機器・医療材料の原理と正しい使い方: 合併症予防とその対策 -開閉頭時における合併症- 14:40〜16:00

座長: 田中隆一、江口恒良

2A4-1

開頭の基本と器具の正しい使い方~パーフォレーターのトラブルおよび正しい開頭法 ~
A reasonable manipulation of craniotome

鈴木善男 SUZUKI Yoshio

名古屋第二赤十字病院脳神経外科

開頭術は脳外科手術の基本操作であるが、皮膚切開、骨弁形成、硬膜切開などの過程におけるトラブルや合併症を経験することがある。骨弁形成時にクラニオトームによるトラブルが多く、ここでは、特にパーフォレーター(空圧頭蓋骨穿孔器用ドリル)の使用方法を中心に述べてみたい。
クラニオトームの取り扱いにおいては、その機構や使用における留意点などにあまり注意を払うことなく行われていることが多い。そのため、誤って頭蓋穿頭や切開時に硬膜、脳実質に損傷を与え、修復に苦労する例など経験することがある。
骨弁形成時のトラブルとしては、パーフォレーターによる硬膜下組織の損傷が最も深刻である。パーフォレーターの原理としては頭蓋骨の穿孔が終了すると同時に(抵抗がなくなった瞬間に)錐先の回転が停止するようになっているが、操作方法を誤ると錐先の回転が直ちに停止せず、硬膜などを傷つける場合がある。
今回は瑞穂医科工業のクラニオトームを用い、その原理と使い方について述べてみたい。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム