富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)A会場: 富山全日空ホテル 3階 鳳

企画シンポジウム 2: 手術機器・医療材料の原理と正しい使い方: 合併症予防とその対策 -開閉頭時における合併症- 14:40〜16:00

座長: 田中隆一、江口恒良

2A4-3

ラピッドフラップを用いた骨再建による合併症予防効果および留意点

丸山隆志 MARUYAMA Takashi
堀 智勝

東京女子医科大学 脳神経外科

クランプタイプの頭蓋骨片固定システムラピッドフラップの開発はチタンプレートによる再建術と比較し簡便にかつ美容上も十分な骨形成が可能である。
テント上の開頭術の場合、burr holeの陥没予防と強固な骨形成の両者を短時間の操作で満たすことできることが一番のメリットである。また、髄液漏や感染などの合併症の多い後頭蓋窩手術の場合にも積極的にラピッドフラップを用いて良好な成績をおさめている。聴神経腫瘍摘出においてaircellの開放された症例での骨再建にラピッドフラップを用いることにより、開放されたaircellのpackingと強固な骨接着が得られ、皮下貯留を含めた髄液漏、創部感染の発生率を4%にまで低下することが可能であった。
本装置では使用方法を誤るとクランプの逸脱を招くことがあるため、安全な操作方法の手順および骨切開部の長期経過での陥没を予防するコツについて解説を行う。また本装置の使用時に一番の問題であったクランプによる上矢状洞の損傷を防ぐことを目的としてスピンダウン方式による改良型のクランプの作製を行ったので、その改良点および操作方法についての紹介を行う。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム