富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 8: 手術手技機器の開発と工夫(4) 9:00〜9:40 発表5分、討論2分

座長: 黒岩敏彦

2B1-1

確実な脳室穿刺のための器具の開発
A guide for ventricular catheter placement.

遠藤雄司 ENDO Yuji
宗像良二、村松広行、市川 剛、堀内一臣、佐藤 拓、遠藤勝洋、佐久間潤、鈴木恭一、松本正人、佐々木達也、児玉南海雄

福島県立医科大学 脳神経外科

目的:脳室ドレナージ術においては、1回の穿刺で脳室に達しなかったり、穿刺できてもドレナージチューブが思わぬ位置に留置されている事を少なからず経験する。そこで、我々は確実に脳室前角に穿刺できるようにガイド機能を持たせた器具の開発を試み、臨床に応用したので報告する。方法:Nasionから10cm頭頂側でmidlineから3cm外側の位置を設定する。この部の骨面を露出し、この骨面に直角(垂直)に脳室カニューレを穿刺していけば確実に側脳室前角に向かうことはこれまで多くの脳神経外科医が経験していることであり、またGhajarの器具もこの原則にのっとっている。本器具はステンレス製で、骨面を確実に捉えるようにした十字部分と骨面に垂直に穿刺するための円筒部分から構成されている。我々は、まずburr holeを1ケ開け、本器具の十字の部分が確実に骨面と密着した形に設定する。十字部分の中心にカニューレの直径に合わせた円筒を垂直にすることにより、カニューレを骨面に垂直に穿刺できるようにした。水頭症20症例(5歳〜83歳)に本器具を用いて脳室穿刺を行った。結果: 20症例連続全例で1回の穿刺で脳室穿刺が可能であった。結語:我々が開発した器具を用いることで、確実な脳室前角穿刺が可能であると考えられた。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム