富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 8: 手術手技機器の開発と工夫(4) 9:00〜9:40 発表5分、討論2分

座長: 黒岩敏彦

2B1-4

エコー下ナビゲーション用universal-joint-device
A simple universal-joint- device for neuroendoscopic surgery

赤井文治 AKAI Fumiharu
内山卓也、住井利寿、眞島 静、種子田護

近畿大学 医学部 脳神経外科

神経内視鏡手術は一定の評価を得るに至ったが、手技の向上,安定には従来から器具の開発が叫ばれている。さらに神経内視鏡手術はkey-hole surgeryといっても過言でない。軟性鏡下、硬性鏡下の手術を問わずbar-holeからのコリドール即ち穿刺方向の設定は最初の段階で最も重要な事項であり、之に失敗すれば手術の目的を達成できない。深部の標的を正確に捉えるには高価かつ時間を要するナビゲーションシステムが必要となる。これを解決すべく簡単かつ安価なエコー下のナビゲーションを試みている。bar-holeは15-18mmを想定し、bar-holeに入る部分とマルチジョイントの球体を入れる円柱部分、エコー中の水をできるだけ逃がさないようにするため、円柱に取り付けたスカート部分より構成される極めて単純な構造である。球体の中心にはbar-holeタイプのエコープローブが入るように13mmの円柱を穿ち、穿刺方向を決定した後は球体を単純にねじで側方より固定することとした。結果;bar-hole(穿頭部位の骨の厚さ、穿頭径により異なるが)によるプローブの動きの制限を受けるが穿頭位置で解決できる範囲であった。現在使用した場面は、内視鏡下血腫除去、軟性鏡、硬性鏡による脳室内手術の脳室穿刺、脳室腹腔シャント時の脳室穿刺、腫瘍生検である。今後改良すべき点も含めて報告する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム