富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 9: 頭蓋底手術における合併症の回避 9:40〜10:20 発表5分、討論2分

座長: 大畑健治

2B2-2

経錐体骨到達法における周術期合併症予防の工夫について
Complication avoidance and management in the anterior and posterior combined transpetrosal approach

高見俊宏 TAKAMI Toshihiro
大畑建治、後藤剛夫、西尾明正、露口尚弘、原 充弘

大阪市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科

【はじめに】前方後方合併経錐体骨到達法では広範な術野展開が可能となる一方で、展開操作に伴う手術合併症発生の危険が存在する。安全かつ効率的手術を行うために、当施設で行っている工夫について報告する。【症例】過去3年間に前方後方合併経錐体骨到達法で手術治療を行った髄膜腫11例および脊索腫2例について検討した。検討項目は、脳静脈灌流障害(特に側頭葉灌流静脈およびS状静脈洞)、聴力障害、髄液漏の3点とした。【手術方法】髄膜腫症例では、皮膚弁翻転の際にあらかじめ有茎側頭筋膜皮弁を採取しておく。乳様突起を囲むように側頭後頭下開頭を行い、乳様突起外板のみ切離して錐体骨削除を行う。錐体骨前方および後方からの術野を確保するが、内耳三半規管の削除は部分削除に止めて、総脚および膨大部を温存する。腫瘍摘出後は、有茎側頭筋膜皮弁および腹壁脂肪を用いて頭蓋底再建を行う。【結果】脳静脈灌流障害の検討では、手術に伴う直接の灌流障害はなかったが、一過性の失語症状を呈した症例を2例経験した。それらの2例の病変側はいずれも左側であり、画像診断上は特に問題を認めず、保存的治療で2例とも数日の経過で回復した。聴力障害の検討では、意図的に聴力を犠牲にした症例を除いて、錐体骨削除に伴う有意な聴力低下は認めなかった。髄液漏発生では、全例で術後スパイナルドレナージによる徹底髄液圧管理を行った結果、髄液漏が遷延した症例はなく再手術を要しなかった。【結論】実際の手技について、代表例を提示して紹介する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム