富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 9: 頭蓋底手術における合併症の回避 9:40〜10:20 発表5分、討論2分

座長: 大畑健治

2B2-3

Combined petrosal approach:S状静脈洞損傷への対処法
The technique for reparing sigmoid sinus injury

浅岡克行 ASAOKA Katsuyuki
上山博康、瀧澤克己、中村俊孝、古明地孝宏、佐藤正夫、原田洋一

旭川赤十字病院 脳神経外科

Combined petrosal approachはpetroclival region, posterior cavernous sinusなどへの手術到達法として非常に有用であり、近年繁用されている。本アプローチを安全に行うためには正確な解剖学的知識・drillingの技術・詳細な術前画像評価が必須であるが、それらをもってしても時に術中トラブルに見舞われることがある。S状静脈洞は壁が横静脈洞にくらべて薄く、またsigmoid sinus grooveを形成して側頭骨に食い込んだ形状となっているため、開頭時に損傷される危険がある。開頭側のS状静脈洞が著しく優位もしくは対側静脈洞が閉塞している場合、その損傷は術後の重篤な合併症に直結するため、確実に修復されなければならない。我々は損傷の程度により、以下の3法を使い分けている。1) Minor injury:Gelfoamを通常の3分の1の薄さにスライスしたものにfibrin glueのfibrinogen液を浸し、これを損傷部に密着させた後にthrombin液をかける方法、2) Medium injury:基本的には1)の方法と同様だが、損傷部との間にGoretexを挟む方法、3) Major injury:saphenous vein graftを用いたpatchもしくは静脈洞の完全再建。今回、我々が遭遇した静脈洞損傷の症例を提示し、その修復法を供覧する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム