富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 10: 基本的アプローチの know how (1) 10:20〜10:50 発表5分、討論2分

座長: 吉峰俊樹

2B3-1

頭蓋咽頭腫摘出におけるextradural temporopolar approachの要点
Technical essentials of extradural temporopolar approach for surgery of craniopharyngioma

佐々木雄彦 SASAKI Takehiko
瀬尾善宣、早瀬一幸、中川原譲二、中村博彦

中村記念病院 脳神経外科

目的:頭蓋咽頭腫のうちsubchiasmaに主座を置くものに対して、extradural temporopolar approachが有用であるが、その際の手術手技のポイントについて述べる。手術手技:approach側は腫瘍の側方への突出の少ない方にstalkが偏倚していることが多いので、その反対を選ぶ。上方への進展がよほど著しいものでない限りorbital rimを除去する必要はないが、側下方から見上げる視野を確保するためにはzygomatic archの切断を加え、中頭蓋窩底深くまで開頭を拡大した方がよい。視神経管、前床突起を削除した後、硬膜内に入り視神経鞘、内頸動脈硬膜輪を完全に切開するが、この時にoptic strutの削除を充分行う。腫瘍の摘出には内頸動脈の可動域を拡大して得られた視神経外側のスペースを主に利用し、視神経、視交叉下面と腫瘍の癒着部を直視下に剥離することが重要である。結論:このようなポイントを踏まえることにより、視神経、内分泌機能を温存した全摘出が可能になる。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム