富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 10: 基本的アプローチの know how (1) 10:20〜10:50 発表5分、討論2分

座長: 吉峰俊樹

2B3-2

Anteriortemporal approachの有用性
Utility of anterior temporal approach

水成隆之 MIZUNARI Takayuki
小林士郎、寺本 明*

日本医科大学 付属千葉北総病院 脳神経センター 脳神経外科、日本医科大学 脳神経外科*

Anterior temporal approachはpterional approachをmodifyしたものであり、側頭葉前面からSylvian veinやanterior temporal arteryを剥離することによって、フリーとなった側頭葉を後方へretractし、retrocarotid spaceを大きく展開させるものである。通常のpterional approachに比べてこのアプローチは、脳底動脈遠位部や後交通動脈.、P1からP2にかけての動脈瘤のみならず、retrocarotid spaceを占拠するような腫瘍に対しても極めて有用であると考えている。また、様々なオプションを追加することによって、subtemporal approachよりも上下方向へ展開しやすいといえるが、側頭葉の脳挫傷を起こしやすいことや前脈絡叢動脈の走行のしかたによっては十分な術野が得られないなどの問題点もある。われわれはこれまでに、種々の内頚動脈から後大脳動脈、脳底動脈にかけてに動脈瘤やcraniopharyngiomaなどに対してこのアプローチを用いてきた。今回、このアプローチの有用性について実際の症例を通して呈示し、このアプローチの適応と限界について検討したい。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム