富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 10: 基本的アプローチの know how (1) 10:20〜10:50 発表5分、討論2分

座長: 吉峰俊樹

2B3-3

中心溝深部病変に対するtrans-sulcal approach
A minimally invasive trans-sulcal approach to the para-central inner lesion

三國信啓 MIKUNI Nobuhiro
西田南海子、多喜純也、江夏 怜、橋本信夫

京都大学 脳神経外科

目的:中心溝近傍の病変で、特に脳表には達していない深部病変に対するtrans-sulcal approachのknow howを検討する。方法:中心溝または中心後溝深部のanaplastic astrocytoma, cortical dysplasia, cavernous angiomaを持つ4患者を対象とした。MRI, functional mappingを行い最も安全なルートを確認後に、覚醒下手術によって術中の神経症状を検査しながら脳溝を開いて病変に達した。結果:全ての病変は上肢または下肢の一次運動感覚野直下に存在していた。神経症状を呈することなく病変に到達できた。結論:脳の解剖、機能の情報に基づいた顕微鏡手術の基本的手技によって、脳機能野深部病変へのアプローチが可能となる。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム