富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 12: 穿通枝・静脈温存に関する基本手技 14:40〜15:30 発表5分、討論2分

座長: 塩川芳昭

2B5-1

脳神経外科手術における静脈温存のための基本手技
Preservation technique for cerebral veins in neurosurgical operation

渡部洋一 WATANABE Yoichi
及川友好、川上雅久*、鈴木恭一**、松本正人**、佐々木達也**、児玉南海雄**

福島赤十字病院 脳神経外科、太田西ノ内病院 脳神経外科*、福島県立医科大学 脳神経外科**

脳神経外科手術時に脳静脈を犠牲にすると、術後に静脈環流障害による出血や静脈性梗塞をきたす場合がある。特に脳動脈瘤手術ではpterional approachにおけるfronto-temporal bridging vein、interhemispheric approachにおけるfrontal bridging vein、subtemporal approachにおけるtemporal basal veinなどがapproachの際に邪魔になることが多いが、これらの静脈は出来る限り温存すべきである。そのため静脈周囲くも膜の切離により静脈をfreeにして伸長し術野を拡げる、bridging veinの静脈洞入口部ではSpongel やSurgicelをあてoozingやlacerationに備え、硬膜をbridging veinの両側で切離する、などの方法をとっている。静脈が動脈瘤のdomeに強く癒着していることもあり、この際にはマイクロピンセットを用いて静脈の外膜を把持しマイクロ鋏でsharp dissectionを行うのが有用である。また症例によっては皮質静脈の一時的な切断と再吻合を行い、静脈環流を維持することも有用である。以上の手技について供覧する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム