富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 12: 穿通枝・静脈温存に関する基本手技 14:40〜15:30 発表5分、討論2分

座長: 塩川芳昭

2B5-2

脳動脈瘤手術にまつわる穿通枝・静脈温存に関する基本手技のノウハウ
Know-how of preservation and penetrating of venous system in cerebral aneurysm surgery

米田 稔 YONEDA Minoru
加藤庸子、佐野公俊、渡邊貞義、井水秀栄*、前田晋吾、垣内孝史、神野哲夫

藤田保健衛生大学 脳神経外科、浜松赤十字病院*

<目的>脳動脈瘤手術は穿通枝の温存が確実な動脈瘤柄部クリッピングよりも、より重要な必須事項となる。またくも膜下出血例では更に、静脈システムの温存が術後管理においても脳循環を含め極めて重要な必須事項となる。今回我々は、これまでに行なった治験例からこれらのノウハウにつき、そのテクニカルポイントを含めて報告する。<対象及び方法>1979年以降、3000余例の治験分析から報告する。特に1998年以降は、脳神経内視鏡を用いた穿通枝温存に心掛けた。<結果>神経内視鏡のクリッピング前後における瘤周辺の観察による穿通枝の温存は特に1)内頸動脈からの穿通枝 2)MCA early bifurcation の後方向き動脈瘤 3)後方向前交通動脈瘤の穿通枝 4)脳底動脈先端部動脈瘤の穿通枝の確認に必須機器と思われ、かつ有用性が高かった。静脈温存法としてはまずSylvius静脈の全体像を把握し静脈灌流を念頭に入れ、それに基づき、剥離部位を決症することが必要である。また両葉にまたがる静脈の例では血管の剥離を長く行い、特に急性期破裂動脈瘤ではその温存に心掛ける。<考察>術後のQOLに大きく関わる穿通枝・静脈温存に対する配慮は、時として確実なクリッピング以上にその必要性が求められる。基本的手技の獲得と術中の適切な判断など、我々の多数の経験からそのポイントやノウハウを報告する。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム