富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 12: 穿通枝・静脈温存に関する基本手技 14:40〜15:30 発表5分、討論2分

座長: 塩川芳昭

2B5-3

解離性椎骨動脈瘤に対する直達手術 -穿通枝温存の観点から-
Preservation of perforators on direct surgery of VA dissecting aneurysms

鈴木恭一 SUZUKI Kyouichi
村松広行、堀内一臣、生沼雅博、佐久間潤、松本正人、佐々木達也、児玉南海雄

福島県立医科大学 脳神経外科

我々は、解離性椎骨動脈瘤 (dissecting VA AN) に対し以下の3点を考慮し手術を施行してきた。第1にorificeの閉鎖、第2は後下小脳動脈 (PICA) の温存、第3はVAから分岐する穿通枝の血流温存である。具体的にはorificeが存在する可能性のある範囲を全て含めてtrappingし、その範囲にPICAが含まれる場合は後頭動脈を吻合し血流を温存している。未だ解決し得ない問題は穿通枝の温存である。穿通枝温存が困難であった症例と穿通枝温存を意図した手術症例を供覧する。症例1:Proximal clipping後も増大し脳幹圧迫症状を呈した右dissecting VA ANでPICAは解離範囲内より分岐していた。右OA-PICA吻合後、動脈瘤遠位端からVA union間のVAより分枝する2本の穿通枝を確認し、この穿通枝より約10mm中枢側のVAにdistal clipをかけてANをtrappingした。術後、distal clipからunion間のVAが血栓化したと考えられる穿通枝梗塞を来した。症例2:PICA分岐部より遠位側に限局するdissecting VA ANの破裂によるSAH急性期例。Proximal clipping後、ANよりdistalのVAより分岐する穿通枝を確認。VAが盲端とならぬよう穿通枝の直前(中枢側)にdistalのクリップをかけてANをtrappingした。術後梗塞巣は認めなかった。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム