富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 12: 穿通枝・静脈温存に関する基本手技 14:40〜15:30 発表5分、討論2分

座長: 塩川芳昭

2B5-4

脳神経減圧術における静脈と穿通枝の温存テクニック
Surgical techniques for a preservation of veins and perforators in MVD

田辺英紀 TANABE Hideki
田村陽史、住岡真也、池永 透、山田佳孝、渡部卓治、飯田恭子、近藤明悳*

城山病院 脳・脊髄外科センター 脳神経外科、城山病院 脳・脊髄外科センター 脳神経減圧研究所*

合併症ゼロが求められるMVDにおいて、三叉神経痛(TN)手術の重篤合併症に関与し得るpetrous veinの処理、顔面痙攣(HF)手術の聴力低下や顔面神経麻痺に関与し得る穿通枝の処理は、一方で完全な減圧が求められる機能的手術である故に極めて重要である。MVDにおけるこれらpetrous veinと穿通枝の処理に関する基本テクニックについて述べる。1、TN手術におけるpetrous vein:術野を手前で横切るこの静脈はlateral groupであり、上部小脳半球を牽引しながらこの静脈を被うクモ膜を全周性に剥離すると静脈の可動性が得られ、減圧操作の殆どが静脈損傷なしに可能となる。さらに小脳のhorizontal fissureから小脳錐体面に続くpetrosal fissureを開くと、fissure内を走行してくるpetrous veinの可動性がさらに増して、三叉神経のREZ周囲の中小脳脚を容易にみることが可能となる(petrosal fissure approach)。この操作は同時に第8脳神経に影響する小脳半球下部の牽引を極めて少なくすることができる。神経に接するために責任血管として問題となるmedaial groupにおいては丁寧に神経と静脈とのクモ膜を切開することで、切除することなく剥離が可能で、発症の一つの要素である神経軸の歪みを正すことにも通じる。2、HF手術における穿通枝:責任血管であるPICA、AICAを転位させる場合に制限を生じるような穿通枝は、Vinyl spongeのprosthesisの中央に割を入れて、その割に穿通枝を保護するように挟みながら、責任血管と脳幹の間にprosthesisを挿入して減圧を行う。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム